インフルエンザにロキソニン、バファリン、ボルタレン、PL NGは?

スポンサーリンク

解熱剤と言えば次の薬を想像するのではないでしょうか。

  • ロキソニン
  • カロナール
  • バファリン
  • ボルタレン
  • PL?
  • ピーエイ?

この中で、圧倒的に解熱剤として使われている薬がロキソニンカロナールです。

インフルエンザに解熱剤ロキソニンを使う医師もいれば、使わない医師もいます。

他の薬はどうでしょうか?

スポンサーリンク

インフルエンザに解熱剤を使う理由

  • 解熱剤で熱を下げると、インフルエンザが早く治る
  • 抗生物質はインフルエンザや風邪に効果がある

と思っている方が驚くほど多いです。

クラリス・クラリシッドは抗生物質(抗生剤)ですので細菌には効果がありますが、ウイルスには全く効果がありません。 では、なぜクラリス・クラリシッドは風邪に使われるのでしょうか?

しかし、これらの考えは間違いです。

インフルエンザに解熱剤を使う本当の理由は、

インフルエンザの発熱によるだるさ、つらさ、関節痛、頭痛などを軽減して、インフルエンザが治るまでの期間を楽に過ごすためです。

しかし、インフルエンザに解熱剤を使うデメリットもあります。

  • インフルエンザの罹患期間(りかんきかん:症状が出ている期間)が長くなる
  • インフルエンザの症状を悪化させる

解熱剤で熱を下げると、発熱による殺ウイルス作用が弱くなるからです。

インフルエンザに使用しない解熱剤
(バファリン、ボルタレン、PL、ピーエイなど)

インフルエンザに使わない解熱剤もあります。

インフルエンザに使用しない医療用解熱剤

インフルエンザに使わない、使えない解熱剤もあります。

  1. サリチル酸系の主成分を含む解熱剤
    PL配合顆粒、ピーエイ配合錠、バファリン配合錠など

  2. ジクロフェナクを含む解熱剤
    ボルタレン

  3. メフェナム酸を含む解熱剤
    ポンタール

サリチル酸系の主成分
アスピリン、サリチル酸ナトリウム、サザピリン、サリチルアミド、エテンザミドなど

  • ジクロフェナクナトリウム製剤を投与後にライ症候群を発症したとの報告がある
  • 同効類薬(サリチル酸系医薬品)とライ症候群との関連性を示す海外の疫学調査報告がある
  • 本剤を小児のウイルス性疾患の患者に投与しないことを原則とするが、
    投与する場合には慎重に投与し、投与後の患者の状態を十分に観察する

ボルタレン錠添付文書より

小児のインフルエンザに伴う発熱に対しては、原則として本剤を投与しない

ポンタールカプセル添付文書より

インフルエンザと市販解熱剤

「バファリン」という名の付く市販解熱剤がありますが、医療用のバファリン配合錠とは成分が違います。

バファリン配合錠=アスピリン+ダイアルミネート

そのため、バファリンと名の付く全ての市販薬がインフルエンザの解熱剤に使えないわけではありません。

商品名 主成分 インフルエンザに使用
バファリンルナJ アセトアミノフェン
小児用バファリン
キッズバファリンシロップ
バファリンEX ロキソプロフェン
(ロキソニンと同成分)
△~○
バファリンプレミアム イブプロフェン
アセトアミノフェンなど
バファリンルナi
バファリンA アスピリン ×
タミフル、イナビルなどのインフルエンザ薬は、インフルエンザの罹病期間の短縮効果と、重症化抑制効果があります。インフルエンザに対する効果には違いがあるのでしょうか?

PL配合顆粒の市販薬発売

PL配合顆粒の市販薬が2017年に発売になりましたが、風邪にPL配合顆粒やピーエイ配合錠を使う医師は減りつつあります。

※PL顆粒の市販は、PL配合顆粒4/5の成分量です。

おそらく、PL配合顆粒(ピーエイ配合錠)の風邪症状に対する効果がイマイチで、

緑内障、一部の前立腺肥大症に使用できないなど、意外と飲み合わせに気を使うからでしょう。

さらに、眠気の副作用もあります。
(それでも根強いPLファンはいます)

インフルエンザ予防の基本は、ワクチンによる予防接種ですが、タミフル、イナビルは、緊急的、一時的に予防薬として使用されることがあります。飲み方、使い方、タイミング、効果について解説します。

インフルエンザにロキソニンは禁忌ではない

  • 頭が痛いからロキソニン
  • 腰が痛いからロキソニン
  • 膝が痛いからロキソニン
  • 歯が痛いからロキソニン…

ロキソニンなしでは生きていけないくらい、ロキソニンは使われています。

頓服でロキソニンを飲む場合、あまりムコスタ、セルベックス併用の必要性を感じませんが、毎日ロキソニンを飲む場合はムコスタ、セルベックスは必須です。

ロキソニンの湿布も市販化されるくらいです。

国民的鎮痛剤ロキソニンには、ロキソニンテープとロキソニンパップという湿布もあります。これらの湿布は、大人の首肩腰肘膝の痛みを取る目的で使われていますが、子供や妊婦の痛みにも使っていいのでしょうか?

大人の場合、ロキソニンとライ症候群インフルエンザ脳症との関連性は、今のところ見つかっていません。

そのため、大人のインフルエンザには、解熱剤ロキソニンは普通に使われています。
(インフルエンザにロキソニンが禁忌ではない)

ただ、

2016年3月22日にロキソニンの添付文書に「重大な副作用」の項目に「小腸・大腸の狭窄・閉塞」が追記されました。

その情報を某週刊誌がセンセーショナルに書いてしまったためか、ロキソニンではなくカロナールを選択する医師も増えてきたような気はします。

また、ロキソニンは子供に対する安全性は確立されていません。

子供はロキソニンもダメ、ボルタレンもダメ、バファリンもダメであるならば、子供のインフルエンザの解熱剤にはカロナール(アセトアミノフェン)1択です。

カロナールは昔からある解熱剤です。インフルエンザにも安心して使えます。あまり効かないイメージもあるかもしれませんが、最近は見直されてきています。

まとめ

  1. インフルエンザに解熱剤を使う理由は、インフルエンザによる発熱によるだるさ、つらさを軽減して、インフルエンザが治るまでの期間を楽に過ごすため
  2. 解熱剤を使えば、インフルエンザが早く治るわけではない
  3. インフルエンザに解熱剤を使うデメリットもある
  4. インフルエンザにロキソニン服用が禁忌ではない
  5. ロキソニンとライ症候群やインフルエンザ脳症との関連性は見つかっていないが、ロキソニンを使わずカロナールを使う医師が多い
  6. 子供のインフルエンザの発熱にはカロナールの1択
    (×ロキソニン、ボルタレン、ポンタール)
  7. 医療用バファリンと市販薬バファリンは成分が違う
  8. そのため、インフルエンザに医療用バファリンはNG、市販用バファリンはOKの場合もある