偏頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛、薬物乱用頭痛の症状の特徴、原因、薬

crack-in-the-ground

他の病気が原因で起こっている頭痛を除くと、頭痛持ちの方の頭痛は、次の4種類のどれかであることが多いです。

頭痛の種類 有病率
偏頭痛
(片頭痛)
8.4%
緊張型頭痛 20~25%
群発頭痛 不明
(0.1%~0.4%?)
薬物乱用頭痛 不明

有病率とは、一時点における単位人口に対する患者の割合のことです。有病率が高い病気は、発病する確立が高い病気です。

薬物乱用頭痛は、あまり知られていないためか、有病率の詳細が不明です。しかし、緊張型頭痛、偏頭痛に続いて3番目なのではないかと考えられています。

今回は、主な頭痛4種の痛みの特徴、原因、薬について解説します。

ときどき記載している【A】などは、慢性頭痛の診断ガイドラインの推奨グレードのことです。

慢性頭痛の診断ガイドラインの推奨グレード

A 強く勧められる
B 勧められる
C 勧めるだけの根拠が明確でない

スポンサーリンク

偏頭痛(片頭痛)

正式には「片頭痛」と書きますが、世間では「偏頭痛」として知られています。

偏頭痛の有病率は8.4%程度で、性別では女性のほうが男性と比べて3.5倍程度有病率が高くなります。

偏頭痛が女性に多い理由は、女性は生理が約1月に1回起こるため、生理前や生理中に偏頭痛が起こるからだと考えられています。

偏頭痛の痛みは、中程度~重度であることが多く、治療薬は市販の頭痛薬から処方箋薬まで、幅広くあります。偏頭痛の頻度が高い、痛みが強い場合は、偏頭痛の予防薬を使うこともあります。

【偏頭痛予防薬の効果と副作用】デパケン、トリプタノール、インデラル、ミグシス、テラナス、セレニカ
偏頭痛の頻度が高い場合や、痛みが強く日常生活に支障をきたす場合などは、偏頭痛予防薬が有効かもしれません。偏頭痛の予防効果が高いと推奨されている5種類の薬について解説します。

偏頭痛 痛みの原因

偏頭痛の原因は、まだ完全に解明されているわけではありませんが、頭の中の太い血管が拡がることが原因とされています。

頭の中の太い血管が拡張すると、頭の中で一番大きな神経である三叉神経が圧迫されます。

圧迫刺激を受けた三叉神経からは、痛みの原因物質(神経ペプチド)が放出され、血管の周りに炎症を起こします。

さらに、刺激が脳に伝わる途中で視覚中枢、聴覚中枢、嘔吐中枢にも刺激が伝わります。

偏頭痛 症状の特徴

偏頭痛は、中等度から重度の脈を打ったようなズキズキした片側性(ときに両側性)の頭痛症状が4〜72時間持続します。

偏頭痛が起こっている間は、吐き気がある場合が多く(吐く場合もあります)、光や音や臭いに過敏になります。

偏頭痛中は、動くと症状が悪化するため、日常生活や社会生活に支障を来たします。

さらに、偏頭痛の30%くらいの方には、偏頭痛が起こる前に「前兆」と呼ばれる前触れ症状がある場合もあります。

主な前兆の症状は、視覚性前兆、感覚性前兆、言語性前兆です。

  • チカチカ・ピカピカとして視界の一部が見えずらくなる
  • 視界にギザギザの線が入ったり、一部が暗くなる
  • チクチク感が現れ、それが顔面全体などに広がっていく
  • 理由もなく、言葉につまりやすくなる

偏頭痛の薬

軽度の痛みには、アセトアミノフェン【A】、非ステロイド性抗炎症薬【A】や使われます。これらの薬は、市販薬として販売されているため、セルフケアすることも可能です。

しかし、偏頭痛は中程度以上の痛みを伴う事がおおいため、エルゴタミン【B】やトリプタン【A】が、痛みの治療のメインとなることが多いです。

また、吐き気を伴う偏頭痛には、吐き気止めが使用されます。

エルゴタミン【推奨グレードB】

名称 有効成分
クリアミン エルゴタミン 他
ジヒデルゴット ジヒドロエルゴタミンメシル
ヒポラール

トリプタン【推奨グレードA】

偏頭痛薬レルパックス(エレトリプタン)、アマージは効かない?副作用と再発予防効果
偏頭痛薬はサッと効いてサッと体から薬が抜けていくため、予防効果はないと考えられてきました。しかし、レルパックス(エレトリプタン)とアマージは、他の偏頭痛薬とは違う特徴を持っています。

名称 有効成分
イミグラン スマトリプタン
ゾーミッグ ゾルミトリプタン
レルパックス エレトリプタン
マクサルト リザトリプタン
アマージ ナラトリプタン

吐き気止め【推奨グレードA】

名称 有効成分
プリンペラン メトクロプラミド
ナウゼリン ドンペリドン

吐気がひどく、飲み薬を飲めない場合は、ナウゼリン坐薬がいいかもしれません。

※アセトアミノフェン【A】、非ステロイド性抗炎症薬【A】は緊張型頭痛の項目に記載しています。

その頭痛は偏頭痛かもしれませんよ 原因、症状、前兆、予兆まとめて解説
偏頭痛は厄介な頭痛のひとつです。痛み症状は強く、寝込むこともあります。また、吐き気と前触れ症状(前兆・予兆)も起こることがあり、悩みを増幅させます。

緊張型頭痛(緊張性頭痛)

一昔前は、緊張性頭痛とも言われていました。

緊張型頭痛の有病率は20~25%程度で、生涯有病率は30%~80%程度と言われ、一生のうち一度は体験する頭痛として知られています。

緊張性頭痛は、性別では、女性のほうが男性と比べて1.5倍程度有病率が高くなります。

緊張性頭痛の痛みは、軽度~中程度であることが多く、市販の頭痛薬で改善できる頭痛タイプでもあります。

しかし、緊張型頭痛は頻発しやすい頭痛です。

そのたびに市販の頭痛薬を連用することで、頭痛スパイラルに陥ることがあります。頭痛薬は1週間に2~3回まで等、使用を制限して服用すべきです。

頭痛の原因は頭痛薬!飲みすぎは薬物乱用頭痛を起こすから危険
頭痛薬を飲んでいるのに、頭が痛い。飲んだら一時的に痛みはおさまるが、また痛くなる。このような症状がある方が増えてきています。薬剤乱用頭痛と呼ばれ、頭痛薬が原因で頭痛が起こっています。

緊張型頭痛 痛みの原因

緊張型頭痛では、肩、首の筋肉の緊張した状態が長く続くことによる血流の悪化が原因と考えられています。

つまり、緊張型頭痛は長時間のデスクワーク、パソコンなど同じ姿勢を続けた後や、長くストレスがかかった後に起こりやすいです。

緊張型頭痛 症状の特徴

緊張型頭痛では、頭全体(両側)の圧迫感や締付けられている感覚があり、頭痛がだらだらと長時間続きます。

偏頭痛と違い、動いても症状が悪化することがなく、むしろ動いたほうが緊張状態から開放されるため、症状が改善することがあります。

偏頭痛のような吐き気はないかわりに、めまいを感じることがあります。

緊張型頭痛の薬

アセトアミノフェンや非ステロイド性抗炎症薬が、緊張型頭痛に有効です。妊娠中も緊張型頭痛を起こすことがありますが、その際はアセトアミノフェンを選択して下さい。

市販の頭痛薬では、カフェインが入っているタイプのものもあります。

カフェインは少量では頭痛を和らげる効果がありますが、依存を起こすことがあるため、連用には注意が必要です。

筋弛緩薬は緊張をほぐして、頭痛の原因を取り除いてくれます。

偏頭痛では、トリプタンと呼ばれる鎮痛剤が有効ですが、緊張型頭痛にはトリプタンは効果がありません。

アセトアミノフェン【推奨グレードA】

処方箋薬 市販薬の例 有効成分
カロナール タイレノールA アセトアミノフェン
コカール

アセトアミノフェンには座薬もあります。

非ステロイド性抗炎症薬【推奨グレードA】

処方箋薬 市販薬の例 有効成分
ナイキサン ナプロキセン
インダシン インドメタシン
ボルタレン ジクロフェナク
ロキソニン ロキソニンS ロキソプロフェン
ブルフェン イブA錠 イブプロフェン

市販薬には、アセトアミノフェンとイブプロフェンの合剤「バファリンプレミアム」もあります。

筋弛緩薬(筋弛緩作用がある薬の例)

処方箋薬 市販薬の例 有効成分 推奨グレード
テルネリン チザニジン B
デパス エチゾラム
葛根湯 ツムラ漢方葛根湯
エキス顆粒A
カッコン
マオウ 他

薬以外では、緊張型頭痛に入浴、マッサージ、頭痛体操(ストレッチ)が有効です。

特に、頭痛体操は、コストがかからず、いつどこでも行うことができます。慢性頭痛の診断ガイドラインでも推奨グレードBに位置づけられ推奨されています。

群発頭痛

群発頭痛の有病率は不明ですが、0.1%~0.4%程度ではないかと推測されています。性別では、男性の方が女性より3~7倍程度有病率が高いです。

一度、群発頭痛が起こると、毎日のように決まった時間(夕方から睡眠時が多い)に群発頭痛を起こすようになります。

それがたいてい1ヶ月~2ヶ月継続します。その1ヶ月~2ヶ月の群発頭痛を起こす期間のことを群発期と言います。

群発頭痛 痛みの原因の仮説

群発頭痛の根本的な原因は、まだわかっていません。数種の仮説があります。

  1. 視床下部に原因があるという説
  2. 三叉神経と血管の関連性が原因という説
  3. 三叉神経の過剰興奮が原因という説
  4. 内頸動脈(目の後ろにある)が拡張することが原因という説

群発期において、群発頭痛を引き起こす最大の原因はアルコールです。

飲酒後1時間後くらいに、ほぼ痛みがでます。

群発頭痛 症状の特徴

群発頭痛は、持続時間は15分~3時間程度と比較的短いですが、「目をえぐられるような」と表現されるくらいの激しい痛みが特徴です。

群発頭痛は、次のような症状を伴うことが多いです。

  • 目の充血、涙
  • 鼻水、鼻づまり
  • まぶたの腫れ
  • 顔の汗
  • 興奮、落ち着きのなさ

群発頭痛の薬

群発頭痛には市販薬は無効です。医療用の限られた薬のみ、効果があることがわかっています。

群発頭痛の保険治療で使える薬は、イミグラン注射【A】です。

群発頭痛は短時間に猛烈な痛みが起こるため、トリプタンの中で最も速く効く、イミグラン注射が特に有効です。

イミグラン注射の有効率群発頭痛に対するイミグラン注射の有効率

出典:イミグランキット皮下注3mgインタビューフォーム

群発頭痛が起こってから薬の使い方を確認していては、速やかにイミグラン注射を使用できず、注射のタイミングを逃します。

そのため、事前に群発頭痛の薬の使い方をマスターしておく必要があります。

また、イミグラン点鼻液やゾーミッグが、群発頭痛にある程度効果があることがわかっていますので、それらが群発頭痛の薬として使用されることもあります(保険適応なし)。

薬物乱用頭痛

頭痛薬が頭痛を生みます。それが薬物乱用頭痛です。

薬物乱用頭痛の特徴

頭痛薬を飲んでいるのに、頭が痛い。頭痛薬を飲んだら一時的に痛みはおさまるが、また痛くなります。

薬物乱用頭痛の原因

薬物乱用頭痛の原因は、アセトアミノフェン、非ステロイド性抗炎症、エルゴタミン、トリプタン等の頭痛薬の連用です。

軽度の頭痛であれば、市販の頭痛薬でも比較的よく効きます。

また、軽度の頭痛で主に使用されるアセトアミノフェン、非ステロイド性抗炎症などの頭痛薬はドラッグストア等で簡単に入手できます。

そのことが、薬物乱用頭痛を発生させる原因にもなっていると言われています。

薬物乱用頭痛がおこる発生メカニズムは、まだ解明されていませんが、頭痛薬が癖になり、飲み続けることによって、痛みに対する感覚が敏感になると考えられています。

薬物乱用頭痛の薬

残念ながら、薬物乱用頭痛の薬はありません。

薬物乱用頭痛の治療方法は、頭痛薬を中止することです。

しかし、頭痛薬を中止すると、反跳頭痛というさらにひどい頭痛に襲われることがあります。

反跳頭痛に対処するために、頭痛予防薬を使いますが、この薬も効果に個人差があり、頭痛予防薬の指針も完成されていません。

薬物乱用頭痛にならないように、頭痛薬の飲みすぎに注意して、頭痛をうまいことコントロールすることが大切です。

頭痛の原因は頭痛薬!飲みすぎは薬物乱用頭痛を起こすから危険
頭痛薬を飲んでいるのに、頭が痛い。飲んだら一時的に痛みはおさまるが、また痛くなる。このような症状がある方が増えてきています。薬剤乱用頭痛と呼ばれ、頭痛薬が原因で頭痛が起こっています。

偏頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛、薬物乱用頭痛の比較表

偏頭痛 緊張型頭痛 群発頭痛 薬物乱用頭痛
有病率 8.4% 20~25% 不明(0.1~0.4%?) 不明
男女差 女性 女性 男性 不明
発生周期 女性の場合は生理 ない 夕方~睡眠時 頭痛薬の服用頻度
痛みの程度 中程度~重度 軽度~中程度 重度以上 軽度~重度
痛みの持続時間 4~72時間 30分~7日 15分~3時間 さまざま
痛みの場所 頭の片側が多い 頭全体 目の奥、こめかみ さまざま
動作の影響 動作で悪化する 動作で改善する 関連性が低い ない
痛み以外の症状 吐き気 めまい感 目の充血・涙 さまざま
光過敏 肩こり 鼻水・鼻つまり
音過敏 首こり まぶたの腫れ
臭過敏 興奮
原因(誘因) 生理 ストレス アルコール 頭痛薬
ストレス 肩こり
食事 首こり
睡眠
前兆・予兆 ○~× × × ×