【給与明細の見方】給与と賞与から天引き(源泉徴収)される社会保険料、所得税の計算

pay-statement-eye-catch

銀行口座に入金される金額は、給与から社会保険料や税金などが差し引かれています。

社会保険料はともかく、税金は本来ならば自分で計算して納めるのが原則です。

しかし、サラリーマンの場合は、税金を会社(給与支払者)が計算して給与や賞与から天引き(源泉徴収)するルールになっています。(一部例外あり)

給与・賞与から天引き(源泉徴収)される主な項目は次の6種類です。

  1. 健康保険料
  2. 介護保険料
  3. 厚生年金保険料
  4. 雇用保険料
  5. 所得税
  6. 住民税(入社2年目以降)

1~4は社会保険料、5.6は税金です。

天引き(源泉徴収)される金額の計算方法を解説します。

モデルケース

  • 森田和さん 50歳(平成26年)
  • 専業主婦の妻、20歳の長男、12歳の長女を養う
  • 会社は神戸市にあり、規模は小規模(健康保険組合なし)
  • 給与は月額40万円
  • 賞与は年2回、各60万円

本記事は平成26年度の資料を使用しますが、平成27年度以降も考え方は共通です。

スポンサーリンク

社会保険料の天引き(源泉徴収)

サラリーマンである森田和さんの場合は、社会保険料として次の4種類が天引き(源泉徴収)されます。

  1. 健康保険料
  2. 介護保険料
  3. 厚生年金保険料
  4. 雇用保険料

給与明細には次のように記載されています。

給与

給与明細の社会保険欄

賞与

給与明細の社会保険欄(賞与)

給与明細の見方(計算方法)
健康保険料と介護保険料

協会けんぽのHPにある平成26年度保険料額表を使用します。
(最新版の保険料額表

会社の事業所は神戸市です。兵庫県の保険料額表を使用します。
(健康保険料の負担率は健康組合・都道府県により異なります)

保険料額表の見方

保険料表の見方(健康保険料)

健康保険料と介護保険料を計算するときは、標準報酬月額を使います。

標準報酬月額とは
標準報酬月額とは、社会保険料や健康保険料などを決定するための基礎となる報酬額のことです。
標準報酬月額を決める際の報酬は、労働の対価として受けるものすべてを含みます。
(給与、通勤手当、残業手当など)
一般的に、標準報酬月額は4月~6月の3カ月間の報酬で決定され、その年の9月~来年の8月まで適応されます。

給与から天引き(源泉徴収)される

  • 健康保険料を調べたいときは、標準報酬月額に対応する「健康保険第2被保険者に該当しない場合」「折半額」の金額を見ます。
  • 介護保険料込みの健康保険料を調べたいときは、標準報酬月額に対応する「健康保険第2被保険者に該当する場合」「折半額」の金額を見ます。

今回のケースの報酬月額は40万円ですので、保険料額表から標準報酬月額は41万円とわかります。

40歳以上になると、介護保険料の支払い義務が生じます。

今回のケースは50歳の方ですので、「標準報酬月額41万円」「健康保険第2被保険者に該当する場合」「折半額」の金額をみて、24,026円。

給与の健康保険料(介護保険料込)
=24,026円
(年間:288,312円)

給与明細の健康保険料と介護保険料の見方(給与)

賞与の給与明細の見方(計算方法)
健康保険料と介護保険料

賞与の健康保険料と介護保険料を計算するときも、給与の計算と同様に保険料額表を使用します。

賞与は60万円ですので、標準月額は59万円に対応する「健康保険第2被保険者に該当する場合」「折半額」をみて、34,574円

1回の賞与にあたり
健康保険料(介護保険料込)
=34,574円
(年間:69,148円)

給与明細の健康保険料と介護保険料の見方(賞与)

給与と賞与の給与明細の見方(計算方法)
厚生年金保険料

年金はいくらもらえるか?(遺族基礎年金+遺族厚生年金の支給額)
遺族年金がいくらもらえるのかを計算せず、生命保険は検討できません。遺族年金には、遺族基礎年金と遺族厚生年金がありますが、受給条件や年金支給額の条件が異なります。

保険料額表の見方(厚生年金保険料)

保険料額表の右側には、厚生年金保険料の金額も記載されています。

厚生年金保険料を計算する場合は、
毎月の給与、賞与に対応する月間報酬月額の「厚生年金保険料」「一般の被保険者」「折半額」を見ます。

今回のケースでは

  • 給与の厚生年金保険料=35,096円
    (年間:421,152円)
  • 賞与の厚生年金保険料=50,504円
    (年間:101,008円)

保険料額表の見方のまとめ
(給与・賞与から天引き(源泉徴収)される健康保険料と厚生年金保険料)

給与賞与から天引き(源泉徴収)される健康保険料と厚生年金保険料

給与と賞与の給与明細の見方(計算方法)
雇用保険料

雇用保険料は、事業の種類によって雇用保険料率が異なります。

平成26年.平成27年の雇用保険料率

 事業の種類 本人負担 事業主負担
一般の事業 0.5% 0.85%
農林水産・清酒製造の事業 0.6% 0.95%
建設の事業 0.6% 1.05%

健康保険料や厚生年金保険料は、標準報酬月額が一度決定されると、たいていの場合1年間固定されますが、
雇用保険料は、残業手当などの関係で毎月給与が一定でない場合、毎月雇用保険料が異なることがあります。

一般の事業に該当する会社であるならば、平成26年の本人の雇用保険料率は0.5%です。

  • 給与の雇用保険料
    40万円×0.5%=2,000円
    (年間24,000円)

  • 賞与の雇用保険料
    60万円×0.5%=3,000円
    (年間6,000円)
給与所得控除はサラリーマンの経費!給与所得控除後の金額の計算方法
サラリーマンは、会社や個人事業者と違って経費がない(使えない)という話を聞きますが、そんなことはありません。給与所得者控除がサラリーマンの経費です。

所得税の天引き(源泉徴収)

給与・賞与から所得税を天引き(源泉徴収)する場合は、源泉徴収税額表(平成26年度版)を使用します。

源泉徴収税額表には「月額表」「日額表」「賞与に対する源泉徴収税額の算出率の表」の3種類があります。

一般的なサラリーマンの場合、毎月の給与から所得税を天引き(源泉徴収)する場合は「月額表」。
賞与から所得税を天引き(源泉徴収)する場合は「賞与に対する源泉徴収税額の算出率の表」を使用します。

所得税の天引き額(源泉徴収税)は、給与・賞与の額扶養家族の人数によって異なります。

しかし、給与・賞与から天引き(源泉徴収)した所得税は仮の所得税(源泉徴収税)ですので、年末調整で本当の所得税に調整されます。

源泉徴収税額表の見方

源泉徴収税額表「甲欄・乙欄」

源泉徴収税額表には「欄」と「欄」があります。

「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を会社に提出している場合は「甲欄」、提出がない場合は「乙欄」で天引き(源泉徴収)します。

「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」は、毎年11月~12月の間に会社(給与支払者)から来年分の提出を求められます。

そのため、ほとんどの場合は源泉徴収税額表の「甲欄」を使用します。

源泉徴収税額表「扶養親族等の数」

源泉徴収税額表の甲欄の「扶養親族等の数」とは、原則、配偶者控除を受ける配偶者と扶養親族の合計です。
ただし、年少扶養親族(16歳未満の扶養家族)除きます。
(※障害者は特殊な数え方をします。知りたい方は扶養親族等の求め方をどうぞ)

配偶者控除、年少扶養親族についてはこちら

配偶者控除、配偶者特別控除、扶養控除を使いこなせ!金額と条件
結婚や出産のイベント後は、配偶者控除、配偶者特別控除、扶養控除などの控除を受けて税金を下げることができます。独身は税金が高いと言われるのはこのためです。

今回のケースの扶養親族の数は、専業主婦の妻、20歳の長男の合計2人です。

源泉徴収票「社会保険料等控除後の給与」

サラリーマンの社会保険料等とは、健康保険料、介護保険料、厚生年金保険料、雇用保険料の合計額です。

給与明細の社会保険料等

給与明細の見方(計算方法)
給与の所得税

社会保険料等控除後の給与
=(給与)-(社会保険料等)
=40万円-61,122円
=338,878円

給与所得の源泉徴収税額表(平成26年分)
社会保険料等控除後の給与
扶養家族の数
0 人 1 人 2 人 3 人
以 上 未 満 税 額
326,000 329,000 10,630 7,840 6,230 4,610
329,000 332,000 10,870 7,960 6,350 4,740
332,000 335,000 11,120 8,090 6,470 4,860
335,000 338,000 11,360 8,210 6,600 4,980
338,000 341,000 11,610 8,370 6,720 5,110
341,000 344,000 11,850 8,620 6,840 5,230
344,000 347,000 12,100 8,860 6,960 5,350

国税庁の資料より作成

  1. 社会保険料等控除後の給与=338,878円
  2. 「甲欄」扶養家族の数=2人

2つの条件を満たす源泉徴収税額は6,720円です。

毎月の給与から6,720円、年間80,640円が天引き(源泉徴収)されます。

次に賞与の天引き(源泉徴収)分を計算します。

給与明細の見方(計算方法)
賞与の所得税

賞与の天引き(源泉徴収)額は、賞与額と前月の給与をもとに計算されます。

賞与に対する源泉徴収税額の算出率の表には前月の社会保険料等控除後給与等の金額」があります。

今回のケースでは、
前月の社会保険料等控除後給与等の金額=社会保険料等控除後給与等の金額ですので、
前月の社会保険料等控除後給与等の金額=338,878円

賞与に対する源泉徴収税額の算出率表

  1. 甲欄
  2. 扶養家族の数=2人
  3. 前月の社会保険料等控除後給与等の金額=338,878円

3つの条件を満たす、源泉徴収料率6.126%です。
(下表)

賞与に対する源泉徴収税額の算出率の表(平成26年分)

源泉徴収料率
扶養家族等の数
0 人 1 人 2 人
前月の社会保険料等控除後給与等の金額
以上 未満 以上 未満 以上 未満
0% 68000 94000 133000
2.042% 68,000 79,000 94,000 243,000 133,000 269,000
4.084% 79,000 252,000 243,000 282,000 269,000 312,000
6.126% 252,000 300,000 282,000 338,000 312,000 369,000
8.168% 300,000 334,000 338,000 365,000 369,000 393,000

国税庁の資料より作成

賞与60万 ×6.126% =36,756円

賞与は2回ありますので、賞与分として年間73,512円が天引き(源泉徴収)されます。

給与と賞与から
合計154,152円が天引き(源泉徴収)されます。

年末調整後の源泉徴収票の見方と源泉徴収税(所得税)の計算
源泉徴収票には、所得税を計算した時の根拠となった数字が記載されています。源泉徴収票の理解が所得税を理解することの第一歩です。所得税・住民税の軽減のために控除をうまく利用しましょう。

まとめ

  1. 給与・賞与から天引き(源泉徴収)される社会保険料は4種類
    (健康保険料、介護保険料、厚生年金保険料、雇用保険料)
  2. 給与・賞与から天引き(源泉徴収)される税金は2種類
    (所得税、住民税)