焼けない日焼け止めはSPFとPAでわかる? サンバーンとサンタンの違い

紫外線の有害作用が広がり、さまざまな日焼け対策が行われるようになりました。

絶対焼けないためには全身何かで覆ってしまうのが、最も効果がある対策かもしれませんが、なかなかそういうわけにもいきません。

少なくとも手や顔は露出します。

そこで登場するのが日焼け止め(サンスクリーン)です。

さまざまな日焼け止めがありますが、選び方が間違っていると、肌への負担が増えるばかりで、焼けない効果が得られません。

焼けないために、日焼け止めの表示(SPF、PA)が何を意味しているのかを解説します。

サンバーンとサンタンの日焼けの違いも確認していきましょう。

スポンサーリンク

日焼け サンバーンとサンタンの違い

日焼けには、サンバーンサンタンがあります。

サンバーンは日焼け直後から見られる赤い日焼けで、肌が赤く炎症を起こしています。
サンタンはサンバーンが消えた後から起こり、肌が黒くなってくるのが特徴です。

日焼けサンバーンとサンタンの違い

サンバーン(赤い日焼け)

サンバーンは、名前(sunburn)のとおり日焼けによる火傷(やけど)です。

サンバーンは日焼けしてすぐに赤くなり、1日くらいでピークを迎えます。その後2.3日で赤みが取れてきます。

サンバーンはひりひりとした痛みを伴い、強い紫外線を短時間で浴びた場合、水ぶくれができたり皮がめくれる場合もあります。

後で、皮膚科を受診しなくてはならなくなる日焼けもサンバーンです。

肝斑とシミとそばかすの違い 共通は紫外線でメラニン色素沈着!
肝斑・そばかす・シミは発生する原因が違いますが、紫外線で悪化することで共通しています。年齢を重ねてシミが出たくなかったら、子供のころからの紫外線対策が重要です。

サンバーンは、後述する日焼け止めのSPFが深く関わっています。

サンタン(黒い日焼け)

サンタンは、サンバーンが取れて数日後から少しずつ肌が黒くなる日焼けです。

サンタンは、数週間から数カ月肌の黒さを保ち、自然に元の肌色へ戻ります

サンタンは紫外線に対する防御反応です。

美白志向の高い女性にとっては肌が黒くなることは悪ですが、サンタンで肌が黒くなることで紫外線から細胞を守っているのです。

なぜ紫外線で日焼け、シミが起こるのか? UVA、UVBの違いは?
地上に降り注ぐ紫外線はUVAとUVBがあり、どちらも体が肌に有害です。日焼け、しわ、シミ、そばかす、皮膚がん、白内障の原因です。若いときから対策をすることは大切です。

サンタンは、後述するSPFとPAが関わっています。

サンバーンを起こしやすい人

肌色の黒さは、紫外線に対する抵抗力の強さでしたね。

肌のタイプは、肌の白いタイプⅠから、肌の黒いタイプⅥまで6段階に分けられています。

日本人の肌のタイプはタイプⅡからⅣくらいです。色白の人はタイプⅡが多く、色黒の人はタイプⅣが多くなります。

肌のタイプ

サンバーン サンタン
すぐに赤くなる 黒くなりにくい
平均的 平均的
あまり赤くならない 黒くなる

日焼け止めの効果:
SPFが高いと焼けない?

SPFとは

SPFとは、UVBによるサンバーンを起こす時間を延長できる力の強さです。

SPF:Sun Protection Factor

つまり、SPFはサンバーンを起こさないための防御効果の指標です。

ただし、SPFが高い日焼け止めが絶対焼けないわけではありません。

SPFとサンバーン

肌のタイプにもよりますが、

日焼けをすると、20分程度で赤くなるサンバーンが起こり始めます。

日焼け止めを塗らない状態がSPF1です。

SPF○の日焼け止めを使うことで、肌が赤くなる日焼けを計算上は延長できるのです。

  • SPF30:20分×30=60分
  • SPF50:20分×50=1000分

日焼け止めのSPF表記は50が最大で、SPF50以上の場合はSPF50+と表記します。

SPF50の場合、計算上は半日以上焼けないことになりますが、実際はそこまで焼けない効果は持続しません。

なぜならば、通常の日焼け止めは汗などで肌からはがれおちたりして、期待した効果が得られなくなるからです。

汗や海に強い日焼け止めをウォータープルーフタイプの日焼け止めといいます。

アネッサ&アリー ウォータープルーフ日焼け止め 海で焼けないは?
日焼け止めの2大勢力資生堂とカネボウ。海でも焼けないといわれる、アネッサとアリーのウォータープルーフ日焼け止めを比較します。

日焼け止め効果の成分には、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤(ノンケミカル)が使用されます。

敏感肌日焼け止めに紫外線吸収剤はNG? 肌に優しいのはノンケミカル?
日焼け止めの紫外線吸収剤は、肌に負担がかかります。よく聞く話ですが、一概にそうとも限りません。紫外線散乱剤(ノンケミカル)と紫外線吸収剤には、メリット・デメリットがあります。

日焼け止め効果:
PAが高いと焼けない?

PAとは、UVAに対する防止力を表す指標です。

PA:Protection Grade of UVA

日焼け止めへのPA表記方法はSPFとは違い、数字では表記されていません。

PAは効果を「+」の数で表記し、「PA+」~「PA++++」の4段階があります。
当然、UVAに対する防御効果は「+」の数が多いほど効果があります。

UVBの方が肌への影響があるため、PAよりSPFの方が注目されがちですが、UVAの紫外線量は季節による変動が少ないため、年中降り注いでいます。

UVAの日焼けで、サンバーンに気付かない間にサンタンを起こしていることがあります。
日焼け止めのPA表記にも注目です。

時間帯、季節、曇り具合で紫外線量は違う! UV指数で日焼け対策
紫外線の日焼けの影響は、天気、季節、時間帯などで違うといいます。世界共通の指標であるUV指数(UVインデックス、紫外線指数)を使って解説します。

まとめ

  1. サンバーンは日焼けによるやけど。
    紫外線を浴びて20分程度で起こり始め、24時間後に最大になる
  2. サンタンはサンバーンが治まった後の鈍い日焼けで、数週間から数カ月肌の黒さを保ち、自然に元の肌の色へ戻る日焼け
  3. SPFはサンバーンを起こさないための、UVBに対する防御効果を表す指標
  4. PAは、UVAに対する防御効果を表す指標
  5. UVAは季節による紫外線量の変動が少ないため、冬のうっかり日焼けに注意
    PAにも注目
  6. SPF、PAは防御効果を示す指標で、理論上は数字が高ければ焼けないことになるが、過信できない