紫外線UVA、UVBの違いと、日焼け、シミ、しわ、そばかすの原因

sun

「子供の日焼けした小麦色の肌は、健康のシンボル」

今から30年くらい前、私が小学生だった時は、夏休み後の日焼けの強さを自慢し合ったものです。

今はどうでしょうか?

多少日焼けした子供は見かけますが、極端に日焼けした子供はあまり見かけなくなりました。

「多量の紫外線は、体にとっても肌にとっても有害である」という正しい知識が一般的に広まってきているからだと思います。

あなたはどんな紫外線対策をしていますか?

  • 日焼け止めを塗っている?
  • ビタミン剤やサプリを飲んでいる?
  • 日傘をさしている?
  • サンバイザーを使っている?
  • UVガード加工された手袋をしている?

どれも強力な紫外線をシャットアウトするために有効な方法です。

そして、紫外線による日焼け対策を万全にするには、紫外線のことをよく知る必要があります。

スポンサーリンク

紫外線(UVA、UVB、UVC)とは

紫外線はUV(Ultra Violet)と英語表記することが多いです。

UVA、UVB、UVCの波長になる違い

紫外線は、波長の長さによって3つに分類さています。

UVCが一番短い波長です。

紫外線は、波長が短いほど体や肌に有害ですので、UVCが最も体や肌に有害ということになります。

UVCはオゾン層で吸収されるため、通常地上に降り注ぐことはありません。

将来、オゾン層が薄くなり、UVCが地上に降り注ぐようになったとき、外出が困難になります。そして、いつか地球に住めなく日がやってくるでしょう。

一方、波長が長いUVAは、体や肌に無害かといえばそうではありません。

波長が長い紫外線は、皮膚の深くに入りこむという性質があります。

今のところ紫外線で問題になるのは、UVBとUVAです。

紫外線(UVAとUVB)の季節変動

UVBは、UVBと比較すると、地上に降り注ぐ量は少ないですが、季節により変動が激しい紫外線です。

UVBは、春の4月くらいから増え始め、夏の8月頃に最大になると一般的にいわれます。秋の運動会を迎える10月頃は、夏の1/2程度になり、冬は1/5程度になります。

一方、UVAはUVBと比較すると、季節による変動がかなり少ない紫外線です。

冬が少ないのはUVBと同じですが、UVAのピークを迎える5月~6月の1/2程度です。

紫外線UVBはシミ、そばかす、皮膚がん、白内障の原因

ほとんどのUVBは、オゾンで吸収され、大気中でさらに吸収を受けます。そのため、地上に降り注ぐUVB量はわずかです。

しかし、わずかなUVBですら、体や肌には有害で、サンバーン(赤い日焼け)、シミ、そばかす、皮膚がん、白内障の原因になります。

紫外線UVBのよるサンバーン(赤い日焼け)

人によって浴びるUVBには個人差がありますが、UVBを浴びるとサンバーン(赤い日焼け)を起こします。

UVBとUVAの日焼けを起こすエネルギーを比較すると、UVBはUVAの1000倍近い力があるといわれています。

サンバーン(sun-burn)とは名前の通り、日焼けによるやけどです。肌が真っ赤になったり、水ぶくれができたりします。

紫外線UVBのよるシミ、そばかす

UVBは、サンバーン(赤い日焼け)以外には、すぐに何か症状がでるわけではありません。しかし、長年UVBを浴び続けると、光による老化現象(シミ、そばかす)を進行させます。

UBVは、シミ、そばかすを起こす原因になります。

トランサミン(トラネキサム酸)とシナール(ビタミンC)の美白効果(シミ、肝斑)
加齢とともに気になるシミ。肝斑薬トランサミンや美白ビタミンのシナールなどの飲み薬や塗り薬を使って、ある程度のシミは消すことができると言われています。

紫外線UVBのよる皮膚がん

UVBの強力なエネルギーは、細胞内にあるDNAに直接影響を与えます。

DNAには傷を修復する機能がそなわっているため、通常100%修復します。しかし、DNAの傷害が度重なると、修復の誤りを起こしたり、修復されなかったりするときが出てきます。

それが、皮膚がんの原因になります。

紫外線UVBのよる白内障

白内障は、加齢が原因の老人性白内障が有名ですね。UVBは、加齢とともに進む、白内障の進行を加速させます。

日焼け止め(サンスクリーン)の塗る量、回数、使い方と選び方
日焼け止めには、日常用、レジャー用、海・山用、海・プール用、敏感肌用、絶対焼かない人用?などがあります。これらは、SPF、PA、紫外線吸収剤、紫外線散乱、,耐水性を基本として作られています。

紫外線UVAはサンタン(黒い日焼け)、しわ、たるみの原因

UVAは、紫外線の中では最も波長が長いです。

波長が長いUVAは、オゾン、大気などの吸収をあまり受けません。

そのため、地上にはUVBの約20倍のUVAが降り注いでいます。

UVAの体や肌への影響度は、UVBと比較すると少ないものですが、UVAも長年蓄積されると体や肌には有害で、サンタン(黒い日焼け)、しわ、たるみの原因になります。

紫外線UVAによるサンタン(黒い日焼け)

サンタンとは、すぐに肌が黒くなるタイプの日焼けのことをいいます。

日焼けの原因は、圧倒的にUVBによる割合が高いですが、UVAはガラスや服などの遮断物を通過します。

UVAは、UVAカット加工品や、日焼け止め(サンスクリーン)などを使用しないと遮断することができません。

ガラス越しでも、UVAによる日焼けを起こします。

紫外線UVAによる、しわ、たるみ

UVAはガラスや服などの遮断物を通過するのでしたね。

UVAとUVBの肌への到達度

UVAとUVBの肌への到達度

出典:コーセーHP(一部改編)

UVAは肌の真皮まで到達してしまうため、コラーゲンやエラスチンを壊し、肌の老化の原因になることがあります。

生まれたての赤ちゃんの肌はつるつる、すべすべです。

しかし、年齢を重ねていくにつれ、肌は自然に老化して弾力性(ハリ)がなくなってきます。さらにUVAを浴び続けると、光老化を起こし、ある日しわ、たるみとなって現れてしまいます。

つまり、UVAは日焼けよりも、しわ、たるみなどのエイジングの問題となる紫外線なのです。

まとめ

  1. 多量の紫外線は、体にとっても肌にとっても有害
  2. UVBは、サンバーン(赤い日焼け)、シミ・そばかす、白内障、皮膚がんの原因
  3. UVAは、サンタン(黒い日焼け)、しわ・たるみの原因
  4. 紫外線は、季節差がある