フェログラデュメットとフェロミアの違い 鉄剤の使い分けはこれでOK!

スポンサーリンク
貧血で倒れ込みそうな男性

大人の鉄欠乏性貧血にはフェロミアがよく使われますが、フェロミアは吐き気、胃痛などの胃の副作用頻度が高いです。

一方、フェログラデュメット(正式にはフェロ・グラデュメット錠)はゆっくり薬が溶けるため、胃の副作用がフェロミアと比較すると少ない特徴があります。

フェログラデュメットとフェロミアの違いを4つの角度から比較して解説します。

  1. 鉄成分と鉄吸収
  2. 効果
  3. 飲み方
  4. 副作用
スポンサーリンク

フェログラデュメットとフェロミアの使い分け

「フェログラデュメットとフェロミアの違い」をまとめるとこうです。

フェログラデュメット フェロミア
主成分 硫酸鉄 クエン酸第一鉄
効果 同等
胃への刺激 少なめ 多め
食事の影響 受けやすい 受けにくい
飲み方 空腹時~食直後 食後
副作用 6.0%※1 6.13%※2

※1:国内文献を参考にした集積結果
※2:使用成績調査6年間の累積結果

効果の差はないため、副作用を抑えて鉄欠乏性貧血を治療するためにはフェログラデュメットがおすすめです。

しかし、フェロミアを処方する医師が圧倒的に多いです。

<フェロミアを処方する理由>

  • 昔から使っているので使い慣れている
  • 鉄吸収の面で信頼ができる
  • 食事の影響を受けにくい

<フェログラデュメットを処方する理由>

  • 胃腸系の副作用頻度が低い
  • フェロミアでダメだったため

フェログラデュメットとフェロミアの違いを4つの角度から比較してみていきましょう。

フェログラデュメットとフェロミアの違い1
鉄成分と鉄吸収

フェログラデュメット硫酸鉄を主成分とする鉄欠乏性貧血薬です。

フェログラデュメット錠

フェログラデュメットは大量の鉄が胃を刺激しないように、胃酸でゆっくり溶ける工夫がされています。

そのため、フェログラデュメットは鉄剤吸収のよい空腹時に飲んでも、吐き気や胃痛の副作用が出にくい特徴があります。

一方、フェロミアクエン酸第一鉄を主成分とする鉄欠乏性貧血薬です。

フェロミア錠50mg

鉄は胃の酸性が強い(pHが低い)ほど吸収されやすいです。

フェロミアは酸性から塩基性まで広いpH域でよく溶けるため吸収率が高く、食事の影響を受けにくい特徴があります。

フェロミアの吸収率

フェロミアインタビューフォームを参考に作成

そのため、フェロミアは次のような方でも効果が期待できます。

  • 胃酸分泌が低下している高齢者
  • 胃を取った方
  • 胃酸分泌抑制系胃薬を服用している方

フェログラデュメットとフェロミアの違い2
効果

鉄剤はヘモグロビン量と貯蔵鉄量を増やして鉄欠乏性貧血状態を改善します。

鉄欠乏性貧血を対象とした二重盲検比較試験では、フェログラデュメットとフェロミアの効果の違いはほとんどありませんでした。

各鉄剤28日間服用前後のヘモグロビン値

フェログラデュメットとフェロミアの効果の違い

フェログラデュメットのインタビューフォームを参考に作成

というのも、鉄分の食事からの1日推奨接種量約10mg(成人女性)に対して、1日50mg以上の鉄剤を服用するからです。

多少吸収の差が出ても、効果にはほとんど影響がありません。

ただし、鉄剤は酸化マグネシウムや特定の抗生物質と飲み合わせ注意で、これらの薬とは時間を開けて飲む必要があります。

鉄剤(フェロミア/フェログラデュメット/インクレミン)は飲み合わせに注意!

フェログラデュメットとフェロミアの違い3
飲み方(用法用量)

成人のフェログラデュメットの飲み方は、1~2錠を1日1回から2回に分けて空腹時服用です。ただし、吐気などの副作用が強いときは食直後服用でもOKです。

一方、フェロミアの飲み方は、1~2錠を1日1回から2回に分けて食後服用です。

フェログラデュメットと同じように、鉄の吸収をよくするためにあえて「食前」にという飲み方もありますが、吐き気や胃痛などの副作用が出て飲み続けられなくなるかもしれません。

フェロミアの効果はいつ?貧血にはこういう飲み方がパーフェクト!

フェログラデュメットとフェロミアの違い4
副作用

鉄欠乏性貧血を対象とした二重盲検比較試験では、フェログラデュメットとフェロミアの胃腸系副作用頻度に大きな違いが見られました。

各鉄剤28日間服用中の副作用

フェログラデュメットとフェロミアの副作用頻度の比較

下軸:20例中の副作用数

フェログラデュメットのインタビューフォームを参考に作成

この試験結果から、フェロミアは吐き気、下痢、便秘などの胃腸系副作用が多く、フェログラデュメットはプラセボ(偽薬)と副作用頻度が変わらないことがわかります。

フェロミアのツライ副作用 便秘、下痢、吐き気、腹痛はいつまで続くの?

フェログラデュメットは吐き気、便秘がキツイ?解決方法はこう!

まとめ

  • フェログラデュメットの鉄は胃でゆっくり溶ける特徴がある
  • フェロミアの鉄は食事の影響を受けにくい
  • フェログラデュメットとフェロミアでは、効果の違いは少ない
  • 原則、フェログラデュメットは食前、フェロミアは食後に飲む
  • 鉄剤は胃腸系副作用が多いが、フェログラデュメットはフェロミアと比較するとその頻度が低い