鉄欠乏性貧血薬 フェロミアの効果、副作用(便秘、下痢、吐き気)、飲み合わせ

スポンサーリンク
貧血で体調不良な女性

鉄は赤血球に含まれるヘモグロビンを作るのに必要な栄養素のひとつです。

ヘモグロビンは、肺で取り込んだ酸素を全身に運んでいます。

鉄分が不足すると、ヘモグロビンの合成ができなくなり酸素不足を起こして貧血状態になります。

日本人の食事摂取基準(2015年版)によると、鉄分の食事からの推奨接種量は約10mgですが、生理時・妊娠中・授乳時などはそれ以上の鉄分を摂る必要があります。
(男性と比べると女性は貧血が多い)

鉄欠乏性貧血薬フェロミアは、そのような鉄分不足で起こる貧血症状を改善します。

スポンサーリンク

貧血の種類
(貧血になる原因)

貧血は原因別に数種類に分類されています。

貧血の種類 主な原因
鉄欠乏性貧血
葉酸欠乏性貧血
悪性貧血
赤血球を作る材料がなくなる
再生不良性貧血 赤血球が作れなくなる
溶血性貧血 赤血球が壊れやすくなる
出血性貧血 赤血球が減る(多量出血など)

貧血の中でも圧倒的に多いのが鉄欠乏性貧血です。

鉄欠乏性貧血

貧血とは、血液中の赤血球の数やヘモグロビン量が少ないが続き、酸素が不足した状態をいいます。

そして、鉄不足によって起こる貧血を、鉄欠乏性貧血といいます。

ヘモグロビンと鉄の関係

赤血球に含まれるヘモグロビンは、肺で取り込んだ酸素を全身へ送っています。

ヘモグロビンの合成に必要な栄養素は、ビタミンB12葉酸などです。

特に妊娠中はこれらの栄養素の需要が増大します。

妊娠前から葉酸を接種することで、赤ちゃんの障害、流産、奇形を予防し、妊婦の貧血、つわりの予防効果を期待できます。効率的な葉酸サプリメントの飲み方とは?

これらの栄養素が不足すると、ヘモグロビンが合成できなくなり貧血を起こします。

鉄欠乏状態から鉄欠乏性貧血へ

健康体では、鉄分の一時的な鉄不足を補うため、余った鉄分は肝臓などに貯蔵鉄として一定量ストックしています

鉄分が不足してくると、貯蔵鉄が減っていき貧血ではない鉄欠乏状態となります。
(血清フェリチンの低下)

貯蔵鉄を使い果たし血中の鉄分(血清鉄)が減ると貧血状態となり、少しずつ貧血症状が表れます。

血清鉄と貯蔵鉄
※全身をめぐる血清鉄は、例えると現金
※貯蔵鉄は、例えると貯金
※現金(血清鉄)さえあれば、貯金(貯金)がなくても破綻しない(貧血にならない)

臨床検査値の目安

  ヘモグロビン 血清フェリチン
貧血でない鉄欠乏状態 12g/dl以上 12ng/mL以下
鉄欠乏性貧血 12g/dl以下

※鉄欠乏性貧血は赤血球数、ヘマトクリット、平均赤血球容積なども見て、総合的に診断されます。

鉄欠乏性貧血の症状

鉄欠乏性貧血を起こすと次のような症状が表れます。

【部分的症状】

  • 爪が割れやすくなる
  • 口のはしや舌が荒れる
  • 肌がカサカサする
  • 頭痛
  • めまい

【全身症状】

  • 免疫力低下
  • すぐに疲れる(易疲労)
  • 動悸・息切れ

妊娠後期に鉄欠乏性貧血になると、

低出産体重児・早産児の出産になる場合があり、生後4週~8週で鉄欠乏性貧血(未熟児晩期貧血)になるリスクが高いです。

※低出生体重児:2500g以下で生まれた赤ちゃん
※早産児:妊娠37週未満で生まれた赤ちゃん

赤ちゃんや子供が鉄欠乏性貧血になると、精神・運動・自律神経の発達を遅らせます。

深刻な状態となる場合があり注意が必要です。

子供の鉄欠乏性貧血は、1歳までに乳幼児健診で発見される場合が多いです。3カ月以上鉄欠乏性貧血が続くと、精神的発達、運動発達、自律神経の発達が遅れることが分かっています。

鉄欠乏性貧血薬の種類

鉄欠乏性貧血の治療に用いる鉄剤は内服薬と注射薬がありますが、ほとんどは内服の鉄剤を使います。

現在使用されている内服の鉄剤は6種類です。

鉄欠乏性貧血薬 成分名
フェロミア クエン酸第一鉄
フェログラデュメット 硫酸鉄
スローフィー
テツクールS
フェルム フマル酸第一鉄
インクレミン ピロリン酸第二鉄

現在、大人にはフェロミア子供にはインクレミンがよく使われています。

鉄剤フェロミアは空腹時の吸収が良好ですが、吐き気の副作用が服用初期に出やすく継続が困難になるケースもあります。

その場合は吐き気の副作用がマイルドなフェログラデュメット、インクレミン、もしくは注射薬(フェジン)が使用されます。

鉄剤フェログラデュメットはゆっくり溶けるため、胃の副作用がフェロミアと比較すると少ない特徴があります。フェログラデュメットとフェロミアの違いを比較しながら解説します。

鉄欠乏性貧血薬フェロミアの吸収

フェロミアはクエン酸第一鉄を主成分とする鉄欠乏性貧血薬です。

フェロミア錠50mg

鉄イオンは2価と3価があります。

  • 第一鉄:2価の鉄イオン(Fe2+)
  • 第二鉄:3価の鉄イオン(Fe3+)

吸収されやすいのは2価の鉄イオンです。

3価鉄イオンは、ビタミンCや胃液で2価鉄イオンに変換されてから吸収されます。

酸性から塩基性まで広いpH域で吸収できるため、フェロミアは食事の影響を受けにくいです。
(鉄は胃の酸性が強い(pHが低い)ほど吸収されやすい)

フェロミアの吸収率
フェロミアインタビューフォームを参考に作成

また、フェロミアは次のような方でも十分な効果が期待できます。

  • 胃酸分泌が低下している高齢者
  • 胃を取った方
  • 胃酸分泌抑制系胃薬を服用している方

胃酸分泌抑制系胃薬:
ネキシウム、パリエット、タケプロン、ガスター、プロテカジンなど。

詳細はこちらの記事で

頓服でロキソニンを飲む場合、あまりムコスタ、セルベックス併用の必要性を感じませんが、毎日ロキソニンを飲む場合はムコスタ、セルベックスは必須です。

フェロミアの飲み方(用法用量)

大人は2~4錠を1日1回から2回に分けて食後服用。

これが標準的なフェロミアの飲み方です。

例)フェロミア錠50mg 2錠
       朝食後 14日分

フェロミアの効果

フェロミアは、ヘモグロビン量、血清鉄量、貯蔵鉄量を増やして鉄欠乏性貧血状態を改善します。

  • 鉄欠乏性貧血症状(だるさ、動悸、息切れ、めまい)への効果
    89.1%(改善以上)

  • 血液検査の数値(ヘモグロビン、血清鉄、血清フェリチンなど)への効果
    72.7%(改善以上)

フェロミアはいつまで飲む?
(効果はいつ表れる)

フェロミアの飲み始めると、意外と効果はすぐに表れます。
(疲れる、動悸・息切れなどの鉄欠乏性貧血の全身症状は早く回復する)

とはいえ、

鉄欠乏性貧血の症状がなくなったからといって、鉄欠乏性貧血薬フェロミアを止めてはいけません。

なぜなら、鉄欠乏性貧血の症状の消失は、血清鉄を正常化したにすぎないからです。

鉄分のストックである貯蔵鉄も正常化しないと、鉄欠乏性貧血の再発リスクととなり合わせです。

フェロミアの効果がいつ表れるか(血清鉄と貯蔵鉄)

  • 血清鉄正常化の目安:1~2カ月
  • 貯蔵鉄正常化の目安:約6カ月

フェロミアと抗生物質の飲み合わせ

フェロミアは相性の悪い薬(飲み合わせがよくない薬)があります。

ニューキノロン系抗菌薬、テトラサイクリン系抗生物質、セフゾン(セフジニル)は、

鉄、カルシウム、マグネシウムなどの金属イオンを含む薬と一緒に飲むと、吸収が悪くなり効果が減弱するため間隔をあけて飲む必要があります。

ニューキノロン系抗菌薬の例

  • クラビット(レボフロキサシン)
  • オゼックス(トスフロキサシン)
2000年くらいからマクロライド耐性マイコプラズマが増え、マイコプラズマ肺炎の治療が思うように進まない例が見られるようになっています。

テトラサイクリン系抗生物質の例

  • ミノマイシン(ミノサイクリン)
  • ビブラマイシン(ドキシサイクリン)
皮膚科でよく使われるニキビの抗生物質飲み薬は、ミノマイシン、ビブラマイシン、ルリッドです。学会の推奨度もBランク以上で、効果もお墨付きです。

これらの薬はフェロミアとの飲み合わせ注意で、一緒に飲むときは2時間以上間隔をあけて飲むのが原則です。

セフゾンは特に鉄剤と一緒に服用すると吸収が90%低下します。

フェロミアとは3時間以上間隔を空けて服用するのがよいです。

フェロミアは便秘の副作用が多いため、便秘薬が必要になる場合もあります。

酸化マグネシウム(マグミット)も飲み合わせが良くないため、2時間以上間隔をあけて服用します。

酸化マグネシウムは大腸を刺激するタイプの便秘薬ではないため、お腹が痛くなりにくくクセになりにくい自然な排便を促す薬です。
飲み合わせ注意薬の例 主な治療目的 含む
酸化マグネシウム
(マグラックス)
便秘 Mg
マグミット    
SM配合酸 胃の不快感 Ca
Mg
アスパラCA 骨粗鬆症 Ca

フェロミアとお茶の飲み合わせ

フェロミアなどの鉄剤とお茶(特に緑茶)は、飲み合わせが良くないことは有名かもしれません。
(薬をわざわざお茶で飲む必要がありませんが…)

お茶に含まれるタンニン酸が鉄剤の吸収を悪くするからです。

しかし、タンニン酸(お茶)が鉄剤フェロミアの吸収を悪くするのは事実ですが、

フェロミアは1錠あたりの鉄含有量が50mgと圧倒的に多いため、多少吸収が悪くなっても効果に影響しません。

日本人の食事摂取基準(2015年版)によると、鉄の食事からの推奨接種量は約10mgです。
食事からの鉄吸収率10%前後ですので、約1mgが体に取り込まれます。

フェロミアとシナールの飲み合わせ

フェロミア(鉄剤)とシナール(ビタミンC)の併用もよく行われます。

鉄剤はビタミンCと併用すると吸収率がよくなるからです。

しかし、フェロミア(鉄剤)とシナール(ビタミンC)を併用しても、鉄欠乏製貧血症状の改善効果は変わらないというデータもあります。

シナール(ビタミンC)には、メラニン色素の過剰生成を抑え、シミをうすめたり予防したりする美白効果があります。肝斑薬トランサミン(トラネキサム酸)との併用も多いです。

フェロミアの副作用
(便秘、下痢、吐き気)

フェロミアは便秘、下痢、吐き気などの消化器系副作用の頻度が高いです。

副作用 副作用頻度
嘔気(悪心) 3.02%
嘔吐 1.79%
下痢・軟便 1.02%
胃痛 0.49%
便秘 0.46%

フェロミアは、データ以上に吐き気、胃痛の副作用が多い印象があります。

吐き気を軽減するためには、

フェロミアの用量を減らす。注射に変更する。胃薬を併用するなどが有効です。

ガスモチンは胃薬ですが、消化管全体に働きかけ腸にも効果がおよぶため、便秘がちの方に便秘薬の併用薬として使用される場合もあります。

フェロミアで便が真っ黒に

フェロミアを飲むと、びっくりするくらい便の色が黒くなります。

フェロミアの吸収されなかった鉄分が、排泄の過程で酸化鉄や硫化鉄になるからです。
(鉄がサビて真っ黒になったのをイメージしてください)

フェロミアには子供用に顆粒剤もあります。

フェロミア顆粒はしっかり飲み込まないで歯につまったりすると、歯が黒く着色します。

フェロミア顆粒服用後は口をゆすいで、毎日の歯磨きをしっかりしなくてはなりません。

まとめ

  1. 貧血はヘモグロビン量が減り、酸素が不足した状態をいう
  2. 鉄不足によって起こる貧血を、鉄欠乏性貧血という
  3. 大人の鉄血欠乏性貧血にはフェロミア、子供にはインクレミンの使用が多い
  4. フェロミアは食事の影響を受けにくい
  5. フェロミアは、ヘモグロビン量、血清鉄量、貯蔵鉄量を増やす効果がある
  6. フェロミアは貯蔵鉄が回復するまで(約6カ月間)服用を続ける
  7. フェロミアと飲み合わせのよくない抗生物質は2~3時間あけて服用する
  8. フェロミアとお茶は飲み合わせがよくないが、鉄血欠乏性貧血への効果には影響はない
  9. シナールはフェロミアの吸収をよくするが、鉄血欠乏性貧血への効果は変わらない
  10. フェロミアは便秘、下痢、吐き気などの消化器系副作用の頻度が高い
  11. フェロミアから子供用のインクレミンシロップに変更すると、吐き気が軽減される場合がある
  12. フェロミアを飲むと、便が真っ黒になるが気にしない