トラマゾリン、プリビナ、コールタイジン点鼻薬の使いすぎはダメ!

スポンサーリンク

花粉症治療のメイン点鼻薬は、アラミスト、ナゾネックス、フルナーゼ、エリザスなどのステロイド点鼻薬です。

しかし、ステロイド点鼻薬は効果を実感できるまで1週間程度かかるため、評判はあまりよくありません。

ナゾネックス点鼻薬は花粉症にすぐに効かない!効いてくるのはX日後

一方、トラマゾリン(旧名称トーク)、プリビナ、コールタイジンなどの鼻づまり点鼻薬(鼻づまりスプレー)は即効性があるため人気があります。

しかしながら、トラマゾリン、プリビナ、コールタイジンは、使いすぎると点鼻薬に依存したり効かなくなることがあり、気を付けて使わなくてはなりません。

※鼻づまり点鼻薬(スプレー)は通称名で、正式には点鼻用血管収縮薬です。

スポンサーリンク

トラマゾリン、プリビナ、コールタイジン点鼻薬とは

鼻づまり点鼻薬(トラマゾリン、プリビナ、コールタイジン)

左:トラマゾリン(点鼻容器が別途必要)
中:プリビナ(点鼻容器が別途必要)
右:コールタイジン

↓点鼻容器

点鼻容器

出典:シンリョウHP

トラマゾリン、プリビナ、コールタイジンは花粉症による鼻粘膜の腫れを抑え、鼻づまりに即効性があるため人気があります。

しかし、トラマゾリン、プリビナ、コールタイジンの使いすぎはいけません。

鼻づまり点鼻薬は使い方を間違えると恐ろしい点鼻薬依存になることがあるからです。

トラマゾリン、プリビナ、コールタイジン点鼻薬は血管収縮薬

トラマゾリン、プリビナ、コールタイジン点鼻薬の主成分は血管収縮剤(鼻の血管を収縮させる成分)です。

血管収縮剤 点鼻薬
トラマゾリン トラマゾリン
ナファゾリン プリビナ
テトラヒドロゾリン コールタイジン

鼻は細い血管(毛細血管)が多く、これら成分が入った点鼻薬はこの毛細血管を収縮させます。毛細血管を収縮することで、鼻の腫れが小さくなってウソのように鼻づまりが楽になるのです。

ほとんどの市販点鼻薬が使った後にスゥーッと鼻が通るのは、このいずれかの血管収縮剤が入っているからです。

本当に危ない!花粉症点鼻薬の市販をおすすめしない3つの理由

花粉症の季節は、鼻づまりがひどくてとにかくツライです。そのようなときに、この圧倒的な効果を体験してしまったらどうなるでしょうか?

虜になり、ついつい使いすぎてしまうのでしょう。

トラマゾリン、プリビナ、コールタイジンと点鼻薬依存

先に解説した通り、鼻づまり点鼻薬にはナファゾリン、トラマゾリン、テトラヒドロゾリンなどの血管収縮剤が含まれています。

血管収縮剤は鼻の腫れを素早く抑えられるため、鼻はスッキリします。

しかしながら、トラマゾリン、プリビナ、コールタイジンは、一時的に鼻粘膜の腫れをとって鼻がスッとしているにすぎません。

血管収縮剤の効果の持続時間は短く、しばらくすると、また鼻づまりを起こすからです。

そして、鼻がつまるから、さらに鼻づまり点鼻薬を使うようになります。

薬剤性鼻炎と点鼻スパイラルの説明

そのうち、鼻づまり点鼻薬に依存して止められなくなります。

最終的に、鼻の粘膜が厚く腫れあがったような状態になり、トラマゾリン、プリビナ、コールタイジンは効かなくなります。

この症状を薬剤性鼻炎といいます。

血管収縮剤の入った内服薬にディレグラ配合錠(鼻づまり特効薬)がありますが、ディレグラ配合錠も使いすぎ(飲みすぎ)に注意が必要です。

ディレグラは長期服用は厳禁!でも花粉症鼻づまりにケタ外れの効果あり

トラマゾリン、プリビナ、コールタイジンの使い方

トラマゾリン、プリビナ、コールタイジンは使い続けるのではなく、限定的に使うのが正しい使い方です。

トラマゾリン、プリビナ、コールタイジン点鼻薬の使い方 鼻づまりにはこう使おう!

花粉症などの治療開始直後は、鼻づまりがひどくて眠れない夜もあると思います。

そのときだけ、1日1~2回程度を限度に、トラマゾリン、プリビナ、コールタイジンを使うのです。

鼻づまりには、できるだけオノン、キプレス、シングレアなどの飲み薬で対処します。

キプレス、シングレア(モンテルカスト)は花粉症鼻づまりに効果良好!

花粉症の点鼻薬はステロイドがメイン

アラミスト、ナゾネックス、フルナーゼ、エリザスなどのステロイド点鼻薬は4つの花粉症症状(鼻水・鼻づまり・鼻のかゆみ・くしゃみ)に効果があります。

トラマゾリン、プリビナ、コールタイジンは短期的に使うのであればメリットがありますが、使いすぎて薬剤性鼻炎を起こす、もろ刃の剣のような薬です。

一方、ステロイド点鼻薬は効果が実感できるのに一定の日数が必要ですが、長期的にみるとメリットが多いです。

そのため、現在の鼻花粉症の点鼻薬はステロイドがスタンダードです。

ナゾネックスの使い方 ステロイド点鼻薬は花粉症にこう使おう!

ただし、同じステロイドでもセレスタミン、リンデロン、プレドニンなど内服薬は、花粉症の最後の切り札的に使うべきです。

セレスタミンの飲み方は頓服がベスト!こうすれば花粉症に効く

まとめ

  • トラマゾリン、プリビナ、コールタイジンなどの鼻づまり点鼻薬は、一時的に鼻粘膜の腫れをとっているにすぎない
  • トラマゾリン、プリビナ、コールタイジンは使いすぎない。どうしてもツライときのみ使う
  • トラマゾリン、プリビナ、コールタイジンを使いすぎると、効果が少しずつなくなりる
  • 市販の点鼻薬は血管収縮剤を含む薬が多いため、薬剤性鼻炎に注意