トラマゾリン、プリビナ、コールタイジン点鼻薬の使い方 鼻づまりで使いすぎはNG

スポンサーリンク

花粉症などの鼻水、鼻づまり症状(鼻閉症状)に使用される主な点鼻薬は、アラミスト、ナゾネックス、フルナーゼ、エリザスなどのステロイド点鼻薬です。

しかし、ステロイド点鼻薬は効果を実感できるまで1日~1週間程度かかるため、評判はあまりよくありません。

一方、トラマゾリン(旧名称トーク)、プリビナ、コールタイジンなどの鼻づまり点鼻薬(鼻づまりスプレー)は即効性があるため人気です。

しかしながら、トラマゾリン、プリビナ、コールタイジンは、使いすぎると点鼻薬に依存したり、効果がなくなることがあり、気を付けて使用しなくてはならない点鼻薬です。

鼻づまり点鼻薬トラマゾリン、プリビナ、コールタイジンの正しい使い方を解説します。

※鼻づまり点鼻薬(スプレー)は通称名で、正式には点鼻用血管収縮薬です。

スポンサーリンク

鼻づまり点鼻薬トラマゾリン、プリビナ、コールタイジン

鼻づまり点鼻薬(トラマゾリン、プリビナ、コールタイジン)

左:トラマゾリン点鼻薬
  (点鼻スプレーが別途必要)
中:プリビナ点鼻薬
  (点鼻スプレーが別途必要)
右:コールタイジン点鼻薬
  【血管収縮剤とステロイドの合剤】

点鼻スプレー

点鼻スプレー

トラマゾリン、プリビナ、コールタイジンなどの鼻づまり点鼻薬は、花粉症などによる鼻粘膜の腫れを抑えます。

特に鼻づまりに即効性があるため人気があります。

しかし、鼻づまり点鼻薬は、使い方を間違えると恐ろしい点鼻薬依存になることがあり、トラマゾリン、プリビナ、コールタイジンの使いすぎが問題になってきています。

トラマゾリン、プリビナ、コールタイジンの使い方のコツを解説します。

スポンサーリンク

トラマゾリン、プリビナ、コールタイジンと点鼻薬依存

トラマゾリン、プリビナ、コールタイジンなどの鼻づまり点鼻薬は、一時的に鼻粘膜の腫れをとっているにすぎません。

鼻づまり点鼻薬には、ナファゾリン、トラマゾリン、テトラヒドロゾリンなどの血管収縮剤が含まれています。

血管収縮剤は鼻の腫れを素早く抑えられるため、鼻はスッキリします。
(ウソのように鼻のとおりがよくなります)

しかし、血管収縮剤の効果の持続時間は短く、しばらくすると鼻づまりを起こします。

鼻がつまるから、さらに鼻づまり点鼻薬を点鼻するようになります。

薬剤性鼻炎と点鼻スパイラルの説明

そのうち、点鼻薬に依存するようになっていきます。

点鼻薬依存になると、さらに点鼻薬の使用は加速します。

最終的に、鼻の粘膜が厚く腫れあがったような状態になり、トラマゾリン、プリビナ、コールタイジンは効かなくなります。

この症状を薬剤性鼻炎といいます。

リボスチン、ザジテン、インタール点鼻薬の子供(小児)への使い方 効果と副作用は?
リボスチン、ザジテン、インタールなどの抗アレルギー点鼻薬が使われることは少なくなってきましたが、症状の軽い花粉症や、通年性のアレルギー性鼻炎には使われているようです。

トラマゾリン、プリビナ、コールタイジンは長期使用厳禁!
(正しい使い方)

アラミスト、ナゾネックス、フルナーゼ、エリザスなどのステロイド点鼻薬はアレルギー性鼻炎全般の症状改善に効果があります。

【花粉症ステロイド点鼻薬】アラミスト、ナゾネックス、フルナーゼ、エリザス 効果と使い方
ステロイド点鼻薬(アラミスト、ナゾネックス、フルナーゼ、エリザス)は正しく使用すれば、内服薬に匹敵するくらい花粉症に効果があります。点鼻薬の使い方についても解説します。

しかし、

トラマゾリン、プリビナ、コールタイジンなどの鼻づまり点鼻薬の効果は「諸種疾患による鼻充血・うっ血」です。

トラマゾリン、プリビナ、コールタイジンは、一時的に鼻粘膜の腫れをとっているにすぎないということです。

「鼻アレルギー診療ガイドライン(2013年版)」では、鼻づまり点鼻薬について次の様な記載があります。

必要に応じて点鼻用血管収縮薬を治療開始時の1~2週間に限って用いる

※点鼻用血管収縮薬は、鼻づまり点鼻薬の正式名称。

花粉症などの治療開始直後は、鼻づまりがひどくて眠れない夜もあると思います。

そのときだけ、1日1~2回程度を限度に、トラマゾリン、プリビナ、コールタイジンなどの鼻づまり点鼻薬を点鼻します。

鼻づまりの症状には、できるだけオノン、キプレス、シングレアなどの飲み薬で対処します。

キプレス、シングレア(モンテルカスト)は花粉症鼻づまりに効果良好!副作用と飲み合わせは?
キプレス、シングレア、オノン、モンテルカスト、プランルカストは、もともとは喘息薬ですが、花粉症の鼻づまりに特に効果がある薬としても知られています。

トラマゾリン、プリビナ、コールタイジンは常時使用するのではなく、限定的に使うのが正しい使い方です。

そうすれば、点鼻薬依存になりにくいといわれています。

トラマゾリン、プリビナ、コールタイジンなどの血管収縮点鼻薬は、2歳未満の乳幼児には使えません(禁忌)。

コールタイジンは原則6歳以上が使用できます。

鼻づまりに特に効く飲み薬にディレグラがありますが、ディレグラもクセになりやすい薬です。

ディレグラは長期服用は厳禁!でも花粉症鼻づまりにケタ外れの効果あり

血管収縮剤(ナファゾリン、トラマゾリン、テトラヒドロゾリン)を含む点鼻薬の市販に注意

市販点鼻薬は、血管収縮剤を含む薬が多いです。
鼻がすっきりして効いた気がするからでしょう。

変に鼻づまりに効くときは疑ってください。パッケージのどこかに血管収縮剤の記載はありませんか?

血管収縮剤 商品名(医療用)
トラマゾリン トラマゾリン
ナファゾリン プリビナ
テトラヒドロゾリン コールタイジン
花粉症点鼻薬の市販は血管収縮剤NG!?ステロイド点鼻薬がおすすめ
血管収縮剤入り点鼻薬の長期使用は、後で問題になる場合があります。短期的使用に制限しましょう。おすすめの花粉症点鼻薬市販はパブロン、ナザールなどのステロイド点鼻薬です。

まとめ

  1. トラマゾリン、プリビナ、コールタイジンなどの鼻づまり点鼻薬は、一時的に鼻粘膜の腫れをとっているにすぎない
  2. トラマゾリン、プリビナ、コールタイジンなどの鼻づまり点鼻薬を使いすぎると、効果が少しずつなくなってくる。点鼻薬依存になることもある
  3. トラマゾリン、プリビナ、コールタイジンなどの鼻づまり点鼻薬の正しい使い方は、鼻づまりで眠れないときなど、1日1回~2回を限度に点鼻
  4. 市販の点鼻薬は、血管収縮剤を含む薬が多い
  5. 抗アレルギー点鼻薬は、市販薬も多いが、効果が出るのに時間がかかる
セレスタミンの強さの秘密はステロイド!花粉症に効果抜群だが副作用(眠気)に注意
セレスタミンは1回の服用でも効果を実感できる強さがあります。しかしながら、セレスタミンは他の花粉症薬と性質的に違いがあるため長期服用には向きません。効果的な飲み方を解説します。