セレスタミンの強さの秘密はステロイド!花粉症に効果抜群だが副作用(眠気)に注意

スポンサーリンク
花粉症マスクと眼鏡をする女性

花粉症の症状が悪化したとき

  • 抗ヒスタミン薬(抗アレルギー薬)
    (アレグラ、アレロック、ザイザルなど)

  • 抗ロイコトリエン薬
    (オノン、キプレス、シングレアなど)

花粉症薬の変更や追加を行っても、残念ながら花粉症はなかなか改善しません。

これらの花粉症薬は即効性がイマイチ(弱い)からです。

一方、セレスタミンは1回の服用でも効果を実感できる強さがあります。

しかしながら、セレスタミンは他の花粉症薬と性質的に違いがあるため長期服用には向きません。
(セレスタミンのジェネリック:ヒスタブロック、サクコルチン、ベタセレニンも同様)

セレスタミンの効果、副作用(特に眠気)、効果的な飲み方を解説します。

※テーマの都合上、セレスタミンを花粉症薬と記載しますが、セレスタミンは花粉症以外の症状にも使われます。

※セレスタミンの正式名称はセレスタミン配合錠です。

スポンサーリンク

ステロイド花粉症薬
セレスタミンとは

セレスタミンは鼻水などのアレルギー症状に使う小児用シロップで有名なポララミンの成分d-クロルフェニラミンマレイン酸塩(以下、クロルフェニラミン)に、

軟膏、目薬などで有名なリンデロンの成分ベタメタゾンをプラスした配合剤です。

セレスタミン=ポララミン+リンデロン

ステロイド配合軟膏についてはこちらの記事を参照しよう
とびひにステロイドはOK? リンデロンVG軟膏VSテラコートリル軟膏

ポララミンは抗ヒスタミン薬
リンデロンはステロイド薬ですので、セレスタミンは両方の効果が期待できます。

セレスタミンの種類

セレスタミンは、通常の錠剤(配合錠)とシロップの2種類があります。

セレスタミン配合錠セレスタミンシロップ

セレスタミン配合シロップは甘く飲みやすいため、子供もしっかり飲んでくれます。

セレスタミン配合シロップ5mLとセレスタミン配合錠1錠の効果副作用は同等です。

セレスタミン配合錠1錠中

  • ベタメタゾン:0.25mg
  • クロルフェニラミン:2mg
セレスタミン配合シロップ1mL中

  • ベタメタゾン:0.05mg
  • クロルフェニラミン:0.4mg

セレスタミンは長期服用NGのステロイド花粉症薬

セレスタミンは1回服用しただけでも、多くの方が効果を実感できる即効型のステロイド花粉症薬です。

セレスタミンの強さの秘密はステロイドにあります。

ただし、セレスタミンは花粉シーズン中は継続服用する他の花粉症薬とは違います。

長期服用する薬ではなく頓服、もしくは1週間程度の服用を限度とするステロイド花粉症薬です。

継続服用する花粉症薬(長期服用)
アレグラ、ザイザル、アレロック、アレジオン、オノン、シングレアなど
症状悪化時に服用(点鼻)する花粉症薬
(長期服用NG)
セレスタミン、プレドニン、リンデロン、ディレグラ配合錠コールタイジンプリビナなど

長期服用NGの花粉症薬1 ディレグラ
ディレグラは長期服用は厳禁!でも花粉症鼻づまりにケタ外れの効果あり

長期服用NGの花粉症薬2 鼻づまり点鼻薬
トラマゾリン、プリビナ、コールタイジン点鼻薬の使い方 鼻づまりで使いすぎはNG

セレスタミンの飲み方

セレスタミンは胃の不快感などの副作用(後述「セレスタミンの副作用」)があるため、食後に服用するのが望ましいです。

成人(セレスタミン配合錠)

通常、成人は1回1~2錠を1日1~4回服用します。
(空腹時服用ではなく食後服用がおすすめ

子供(セレスタミン配合シロップ)

セレスタミンシロップは1日1~4回服用します。
(空腹時服用ではなく食後服用がおすすめ)

年齢 1回量の目安
1カ月 0.5~1.5mL
6カ月 1~2mL
1歳 1.5~2.5mL
3歳 2~3.5mL
7.5歳 2.5~5mL
12歳 3.5~6.5mL
15歳以上 5~10mL

セレスタミン配合シロップの子供量のルールはありませんが、Von Harnackの表を使って子供が服用する1回量の目安を計算しています。

Von Harnackの表
(成人量を1としたときの小児用量の目安)

1カ月 6カ月 1歳 3歳 7.5歳 12歳 15歳
0.125 0.20 0.25 0.33 0.50 0.67 1.0

妊婦

セレスタミンの添付文書には、次のお決まりの記載があります。

妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する

セレスタミンの構成薬は、FDA妊婦カテゴリーでは次のとおりに分類されています。

  • リンデロン(ベタメタゾン):C
  • ポララミン(クロルフェニラミン):B

カテゴリー FDA妊婦カテゴリーの概要
A ヒト対照試験で、危険性がみいだされない
B ヒトでの危険性の証拠はない
C 危険性を否定することができない
D 危険性を示す確かな証拠がある
X 妊娠中は禁忌

セレスタミンは妊婦も比較的安全に服用できるステロイド花粉症薬です。

妊婦と薬はこちらの記事を参照しよう。
妊婦必見!妊娠中の薬服用不安と心配を解くヒント その薬大丈夫?

セレスタミンの効果的な飲み方
(よくある飲み合わせ)

先述のとおり、セレスタミンは長期服用には向かない花粉症薬です。

普段は、抗ヒスタミン薬や抗ロイコトリエン薬を服用して、花粉症が悪化したときのみ短期間(もしくは頓服で)セレスタミンをプラスする飲み方がベストです。

  • 鼻水症状の飲み方
    アレグラ、ザイザル、アレロック+セレスタミン

  • 鼻づまり症状の飲み方
    キプレス(シングレア)+セレスタミン

→『キプレス、シングレア(モンテルカスト)は花粉症鼻づまりに効果良好!副作用と飲み合わせは?

セレスタミンの効果

セレスタミンの花粉症(アレルギー性鼻炎)に対する有効率(効果)は82.7%です。
(二重盲検比較試験より)

他の疾患のセレスタミンの有効率(効果)は次のとおりです。

  • 蕁麻疹:84.4%
  • 湿疹・皮膚炎群:87.0%
  • 薬疹:100%

セレスタミンは風邪に効く?

セレスタミンは、風邪に直接的効果はありません。

しかし、セレスタミンを風邪の症状緩和目的に使っているのだろうな。と思われる処方箋に出くわすことはあります。

  • 鼻水・鼻づまり
  • 喉の炎症・痛み

ただし、風邪も花粉症の飲み方と同じで、長期服用はおすすめできません。

なぜなら、風邪症状は体の防御反応の表れだからです。

  • 喉の痛みは炎症を起こして免疫を強化
  • 鼻水はウイルスや細菌を体外へ

抗生物質と風邪の誤解はこちらの記事を参照しよう
抗生物質クラリス・クラリシッド(クラリスロマイシン)は風邪に効果がある?副作用は?

セレスタミンの禁忌
(飲めない方)

  1. 適応、症状を考慮し、他の治療法によって十分に治療効果が期待できる場合には、本剤を投与しない。
    また、局所的投与で十分な場合には局所療法を行う。
  2. 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
  3. 緑内障の患者(眼内圧の上昇により、緑内障が増悪することがある)
  4. 前立腺肥大等下部尿路に閉塞性疾患のある患者(抗コリン作用により排尿困難、尿閉等があらわれ、症状が増悪することがある)

セレスタミン添付文書(禁忌)より

セレスタミンは、緑内障前立腺肥大症の疾患のある方は服用できません。

セレスタミンのポララミンの成分クロルフェニラミンは、第1世代抗ヒスタミン薬だからです。

第1世代抗ヒスタミン薬は、花粉症などに対する抗アレルギー作用の効果が強いですが、抗コリン作用も強いです。

抗コリン作用により、眼圧の上昇(緑内障)、尿道筋肉の収縮と弛緩のバランスの変化(前立腺肥大症)などを起こす可能性があります。

セレスタミンの副作用
(眠気、喉の渇き)

セレスタミンは長期服用する花粉症薬ではありません。

セレスタミンを長期服用すると、副作用が起こる可能性は高いです。

  • 高血圧
  • 消化性潰瘍
  • 緑内障
  • ステロイド骨粗鬆症など

本記事では、短期服用でも問題となりやすいセレスタミンの副作用にしぼって解説します。

セレスタミンは、ポララミンとリンデロンの両方の副作用が出る可能性があります。

ポララミン(抗ヒスタミン薬)の副作用

ポララミンは第1世代の抗ヒスタミン薬です。

花粉症などのアレルギーなどに対する効果は強いですが、同時に副作用も強くでる場合があります。

花粉症薬が眠くなる理由はこちらを参照しよう。
花粉症薬アレグラ、ザイザル、アレロック、アレジオンの強さ 眠くならない抗アレルギー薬は?

ポララミン(セレスタミン)の副作用で気をつけなければならない副作用は、眠気喉の渇き残尿感です。

ポララミン(セレスタミン)で眠気の副作用がでる方は、吸い込まれるように眠いそうです。

眠気のせいで、体のだるさの副作用に発展する場合もあります。
(ただし、ポララミンは第1世代抗ヒスタミン薬ではあるが、比較的眠気の頻度は少ない)

リンデロン(ステロイド薬)の副作用

リンデロンはステロイドです。

セレスタミンの強さの秘密はリンデロン(ステロイド)にありますが、胃の不快感吐き気下痢などの消化器症状の副作用に注意が必要です。

胃が弱い方は胃薬との併用がおすすめです。
(その理由は『ロキソニンに胃薬ムコスタ、セルべックスを併用する理由』を参照しよう)

セレスタミンの飲み方が空腹時ではなく食後服用であるのは、消化器症状の副作用を軽減するためです。

ステロイドを服用すると不眠の副作用が出る方もいます。
(眠気と不眠が相殺される場合もある)

セレスタミン・シロップの国内臨床報告副作用出現率、再評価結果の抜粋

副作用 頻度 副作用の原因
眠気 8.02% 抗ヒスタミン作用
不眠 0.34% ステロイド
倦怠感 1.24% 抗ヒスタミン作用
悪心 0.79% ステロイド
嘔気 0.11% ステロイド
下痢・便秘 0.22% ステロイド
喉の渇き 0.23% 抗ヒスタミン作用

セレスタミンとジェネリックの価格

セレスタミン自体は安い薬ですので、ジェネリックを使うメリットはほとんどありません。

薬剤名 薬価
先発 セレスタミン配合錠 9.9円
セレスタミン配合シロップ 5.2円
ジェネリック ヒスタブロック
サクコルチン
ベタセレミンなど
5.6円

セレスタミン配合シロップのジェネリックはありません。

花粉症薬は薬価(薬の値段)が高い薬が多いです。

セレスタミンは安いため、費用対効果はかなり高いです。

花粉症薬 薬価
アレジオン20mg 120.3円
ザイザル5mg 96.4円
アレロック5mg 51.5円
アレグラ60mg 64.9円

花粉症薬のスタンダード薬
アレジオン(エピナスチン)は子供(小児)も花粉症に寝る前でOK!効果と副作用

ジルテック進化薬
ザイザルは副作用(眠気)が少なく花粉症にも効果も抜群!

最強!?抗ヒスタミン
アレロック(オロパタジン)は花粉症に強い効果!でも副作用で眠い?

知名度No1花粉症薬
アレグラ(フェキソフェナジン)は眠気なしだから花粉症には効果がない?

セレスタミンはドーピング違反

セレスタミンはステロイド(糖質コルチコイド)を含むため、ドーピング違反になります。

糖質コルチコイドは、エネルギー代謝を活性化させるからです。

スポーツ選手はドーピング違反に注意して花粉症薬を選ばなくてはなりません。

詳しくはこちらを参照しよう。
東京オリンピックまでに確認したいアンチドーピングと薬の基礎知識

まとめ

  1. セレスタミンは1回の服用でも、多くの方が効果を実感できるステロイド配合錠
  2. セレスタミンの強さの秘密はステロイドにある
  3. ただし、セレスタミン(ベタセレニン、サクコルチン、ヒスタブロック)は長期服用する花粉症薬ではない
  4. セレスタミンは、通常の錠剤(配合錠)とシロップの2種類がある
  5. セレスタミン錠1錠=セレスタミンシロップ5mL
  6. セレスタミンは、ポララミン(抗ヒスタミン薬)+リンデロン(ステロイド)のデュアル効果が期待できる
  7. ただし、副作用や注意事項も他の花粉症と比較すると多い
  8. セレスタミン(ベタセレニン、サクコルチン、ヒスタブロック)はドーピング違反