ホクナリンテープが剥がれたらどうする?お風呂やプールは?

スポンサーリンク

ホクナリンテープは一度貼ったら、自然に剥がれることはほとんどありません。

ですが、このように剥がれることは考えられます。

  • 子供が剥がしてしまった
  • お風呂で洗ったときに剥がれた
  • プール後に体を拭いているときに剥がれた

ホクナリンテープが剥がれてしまった場合、どのように対処するのがベストなのでしょうか。

スポンサーリンク

ホクナリンテープとは

ホクナリンテープは0.5mg、1mg、2mgの3種類の大きさがあります。

ホクナリンテープ(マイラン)

ホクナリンテープの主成分はツロブテロールです。

ツロブテロールは気管支を拡げて呼吸を楽にしたり、ゼーゼーした咳をしずめる効果があります。

ホクナリンテープは使い方が簡単であるため、子供の「咳止めシール」として広く知られていますが、実際は風邪の咳にはほとんど効きません。

ホクナリンテープは風邪の咳止めシールではない!元々は喘息の貼り薬だ

ホクナリンテープの剥がれない貼り方

ホクナリンの貼り方(フローチャート)

出典:マイランHP

  1. 貼る場所の水分をタオルなどで取ります(←重要)
  2. 切り口に沿って切り取ります(切り口は2カ所)
  3. ホクナリンテープを取りだす(このとき、接着面を指で触わると粘着力が弱くなる)
  4. ホクナリンテープを山折にして、片方のライナー(剥離シール)を剥がす
  5. ホクナリンテープを皮膚に貼りつける
  6. 貼った後、シールの全体を軽く指で押さえる(←重要)

ホクナリンテープはお風呂やプールOK

ホクナリンテープを貼ったままお風呂やプールに入っても、こすらないかぎり自然に剥がれることはありません。

もちろん、お風呂やプールに浸しても、効果が落ちるようなこともありません。

私はお風呂に入ったときにホクナリンテープを剥がして、入浴後に貼り替えることをおすすめします。

なぜなら、お風呂のお湯に浸した状態で剥がす方法は、剥がす痛みを軽くできるからです。

ホクナリンテープの使い方はこう!貼る場所と効果時間の見極めがポイント

ホクナリンテープは剥がれたら再利用不可

ホクナリンテープの粘着力は強力です。

しかし、ホクナリンテープを一度剥がしてしまうと、粘着力はなくなります。(貼り直してもベロッと剥がれるだけです)

子供がシールとまちがって剥がしてしまうことがあるため、ホクナリンテープは手の届かない背中に貼るのがよいでしょう。

ホクナリンテープは風邪の咳に効かない!それでも子供に使う理由は?

ホクナリンテープが剥がれたときはどうする?

一度剥がれたホクナリンテープは再利用できないため、剥がれたときの選択肢は2つです。

  • すぐに、新ホクナリンテープに貼り替える
  • 次の貼り替えのタイミングまで貼る替えを待つ

この答えはこうです。

  • ホクナリンテープを貼って12時間経過前に剥がれたら、すぐに貼り替える
  • ホクナリンテープを貼って12時間経過後に剥がれたら、次に貼り替えるタイミングまで待つ

この理由は、「ツロブテロール(主成分)がテープからどれくらの時間で放出されるか」を知れば理解できます。

ホクナリンテープを貼って12時間経過、ツロブテロールの約70%は皮膚に放出されています。

24時間のツロブテロールの放出率を100%とすると、12時間後の放出率は約85%で、ほとんどのツロブテロールを放出していることになります。

ホクナリンテープのツロブテロール放出率

ホクナリンテープインタビューフォームを参考に作成

つまり、12時間が経過してからホクナリンテープ剥がれたときは、貼りなおす必要はないという結論にたどり着きます。

ホクナリンテープはすぐに効かない!効果はジワリとやってくる

まとめ

  • ホクナリンテープはお風呂やプールに貼ったまま入ってOK
  • ホクナリンテープの粘着力は強力であるが、一度剥がすと粘着力はなくなる
  • ホクナリンテープを貼ってから12時間経過前に剥がれたら、すぐに貼り替える
  • ホクナリンテープを貼ってから12時間経過後に剥がれたら、次に貼り替えるタイミングまで待つ