ホクナリンテープの副作用 動機がしたり手が震える理由はこう!

スポンサーリンク

ホクナリンテープは副作用の少ない貼り薬です。

貼り薬であるため、貼った場所がかゆくなったり赤くなったりするのは、想像が付きます。

その他の起こりやすい副作用は、動悸振戦(しんせん)です。

想像しにくいかもしれませんが、貼り薬を貼っただけで心臓がドキドキしたり、手足がブルブル震えたりするのです。

副作用が起こる原因と対策を解説します。

スポンサーリンク

ホクナリンテープとは

ホクナリンテープの主成分はツロブテロールです。

ホクナリンテープは0.5mg、1mg、2mgの3種類の大きさがあります。

ホクナリンテープ(マイラン)

使い方は簡単で、1日1回、上半身にペタッと貼って、24時間経ったら古いホクナリンテープをはがして、新しいホクナリンテープに貼り替えるだけです。

ですので、子供の「咳止めテープ」として広く知られることになりました。

ホクナリンテープは風邪の咳止めシールではない!元々は喘息の貼り薬だ

ホクナリンテープの副作用

ホクナリンテープはツロブテロールを皮膚へゆっくり放出するため、ジワリジワリと効いてきます。

ホクナリンテープはすぐに効かない!効果はジワリとやってくる

即効性はない代わり、副作用の頻度も低いです。

主な副作用 副作用頻度
心臓のドキドキ(動悸) 0.66%
手足の震え(振戦) 0.52%
テープかぶれ
(接触性皮膚炎、紅斑など)
1.62%

データの出典:ホクナリンテープの副作用調査

副作用の動悸はなぜ起こる?

ホクナリンテープで心臓がドキドキする副作用があらわれるのは、心臓のリズム調整に関係するβ1(ベータ1)受容体を刺激するからです。

ホクナリンテープはβ2受容体を刺激して気管支を拡張して咳をしずめる薬ですが、β1受容体もわずかに刺激してしまうのです。

ホクナリンテープの作用と副作用

ホクナリンテープの使い方はこう!貼る場所と効果時間の見極めがポイント

「ホクナリンテープを胸の近くに貼るから心臓がドキドキする」と思っている方も多いようですが、胸の近くに貼るから副作用が出るわけではありません。

副作用の手足の震えはなぜ起こる?

ホクナリンテープが神経系に作用すると、手足が震える副作用が起こります。

ホクナリンテープと同じβ2刺激薬(β2受容体を刺激する薬:主に喘息治療に使われている)には、振戦(手足の震え)という共通の副作用があります。

β2刺激薬 振戦副作用頻度(%)
スピロペント 2.00
ベネトリン 1.65
ベロテック 0.69
メプチン 0.10~5.00

副作用のテープかぶれはなぜ起こる?

湿布がかぶれるのと同じで、ホクナリンテープが貼り薬である以上仕方のないことです。

テープかぶれが起こるのは、主成分が原因ではなくシールです。

副作用の対処と予防方法

心臓のドキドキ感、手足の震え、テープかぶれの副作用が起こったときは、速やかにシールをはがすことです。

テープかぶれは落ち着くのに時間がかかりますが、心臓のドキドキ感と手足の震えはまもなく落ち着きます。

ホクナリンテープが剥がれたらどうする?お風呂やプールは?

かぶれが起こるのは、主成分が原因ではなくシールです。

ホクナリンテープからジェネリック「ツロブテロールテープ」に変更すれば、テープかぶれはなくなるかもしれません。

先発/ジェネリック 薬価(薬の価格)
ホクナリンテープ0.5mg 34.9
ツロブテロールテープ0.5mg 16.4~22.3
ホクナリンテープ1mg 47.7
ツロブテロールテープ1mg 21.9~31.4
ホクナリンテープ2mg 66.6
ツロブテロールテープ2mg 32.1~40.7

※セキナリンテープは、2017年8月にツロブテロールテープ「トーワ」に名称変更されています。

ツロブテロールテープ「トーワ」とセキナリンテープ

ホクナリンテープは風邪の咳に効かない!それでも子供に使う理由は?

まとめ

  • ホクナリンテープの主な副作用は3つ
    1.心臓がドキドキする(動悸) 2.手がブルブル震える(振戦) 3.テープかぶれ(接触性皮膚炎、紅斑)
  • ツロブテロールがβ1受容体を刺激すると、動悸が起こる
  • ツロブテロールが神経系に作用すると、振戦が起こる
  • ジェネリックに変更すれば、テープかぶれはなくなる可能性はある