ホクナリンテープの使い方はこう!貼る場所と効果時間の見極めがポイント

スポンサーリンク

ホクナリンテープの使い方を簡単に解説するとこうです。

「上半身にペタッと貼って、24時間ごとに貼り替える」

ホクナリンテープは使い方自体は簡単ですが、次のような疑問を持っている方は多いです。

  • 剥(は)がれたらどうする?貼り替える?
  • 効果はどれくらいの時間続く?
  • 貼る場所はどこでもいいの?

本記事を読めば、この疑問は解消されるはずです。

スポンサーリンク

ホクナリンテープとは

ホクナリンテープは0.5mg、1mg、2mgの3種類の大きさがあります。

ホクナリンテープ(マイラン)

ホクナリンテープの主成分はツロブテロールです。

ツロブテロールは気管支を広げて呼吸を楽にしたり、ゼーゼーした咳をしずめる効果があります。

ホクナリンテープは使い方が簡単であるため、子供の「咳止めシール」として広く知られていますが、風邪の咳には効きません。

ホクナリンテープは風邪の咳に効かない!それでも子供に使う理由は?

ホクナリンテープと年齢

薬は体重で量をコントロールすることが多いですが、ホクナリンテープは例外です。

ホクナリンテープは年齢で使い分ける

ホクナリンテープは年齢で使う大きさ(mg)を使い分けます。

ホクナリンテープの大きさ3種類

  • 6カ月以上~3歳未満:0.5mg
  • 3歳以上~9歳未満:1mg
  • 9歳以上(大人も含む):2mg

ホクナリンテープは切って使える?

ホクナリンテープ2mg(1mg)を半分に切って使えば、1mg(0.5mg)と同じ効果になります。(ただし、メーカーは半分に切って使うことは非推奨)

ホクナリンテープは面積当たりのツロブテロール量は同じですので、次の公式が成り立つからです。

「ホクナリンテープの面積=ツロブテロール含有量=効果」

ホクナリンテープの使い方1
貼り方

ホクナリンの貼り方(フローチャート)

出典:マイランHP

  1. 貼る場所の水分をタオルなどで取ります(←重要)
  2. 切り口に沿って切り取ります(切り口は2カ所)
  3. 接着面を指で触わらないように、ホクナリンテープを取りだす
  4. ホクナリンテープを山折にして、片方のライナー(剥離シール)を剥がす
  5. ホクナリンテープを皮膚に貼る
  6. 貼った後、シールの全体を軽く指で押さえる(←重要)

一度剥がれたホクナリンテープは粘着力がなくなっているため、貼り直しができません。

ホクナリンテープが剥がれたらどうする?お風呂やプールは?

ホクナリンテープの使い方2
貼る場所

年齢に対応したホクナリンテープを1日1回、胸、背中、腕のどこかへ貼ります。

ホクナリンテープの貼る位置(胸、腕、背中)

出典:マイランHP

「ホクナリンテープは肺に近いところに貼ると効果がある」という噂がありますが、ホクナリンテープの効果は胸、背中、腕のどこに貼っても同じです。

ツロブテロールの血中濃度

ホクナリンテープの貼る位置による効果の違い
ホクナリンテープインタビューフォームより

子供に使う場合は、自分でシールを剥がす可能性があるため、手の届かない背中に貼るといいでしょう。

ホクナリンテープは風邪の咳止めシールではない!元はこういう薬です

ホクナリンテープの使い方3
貼り替える時間(効果時間)

24時間が経過したら古いホクナリンテープを剥がし、新しいホクナリンテープに貼り換えます。

ホクナリンテープを貼り替えるタイミングが24時間後である理由は、貼って24時間が経過すると、ほとんどのツロブテロールを皮膚に放出しているからです。(効果時間は約24時間)

24時間ごとにホクナリンテープを貼り替えると、体に入ってくるツロブテロール量と外へ出ていくツロブテロール量がつり合います。(これを定常状態といいます)

ホクナリンテープを連続で貼付したときの血中濃度

定常状態になったときから、効果は安定します。
(24時間ごとに貼り替える限り、効果時間は永久)

ホクナリンテープはすぐに効かない!効果はジワリとやってくる

ホクナリンテープの使い方4
貼り替えるときは貼る場所をずらす

ホクナリンテープを貼り替えるとき、同じ場所にシールを貼ってはいけません。少し貼る場所をずらして貼り替えます。

なぜなら、同じ場所にホクナリンテープを貼り続けると、シールかぶれを起こすからです。

ホクナリンテープの副作用 動機がしたり手が震える理由はこう!

まとめ

  • ホクナリンテープは年齢で大きさ(mg)を使い分ける
  • ホクナリンテープは半分に切って使えるが、おすすめはしない
  • 一度剥がれたホクナリンテープの再利用は不可
  • ホクナリンテープを1日1回、胸、背中、腕のどこかへ貼る
  • 24時間が経過したら古いホクナリンテープを剥がし、貼る場所を変えて新しいホクナリンテープに貼り替える。そうすれば、効果は永遠に続く