マグミットで下痢?こういう飲み方をすればノープロブレム!

スポンサーリンク

マグミットで下痢をした経験はありませんか?

マグミットは医師に言われたとおりに飲み続けると、下痢をすることがあるからです。

医師は効くだろう標準的な量を処方します。

しかし、マグミットの効果は個人差が大きく、飲んでみないとどれくらい効くかがわかりません。

そのため、量が足りないと便秘が改善せず、多すぎると下痢するわけです。

マグミットの下痢を抑えて、便秘に効く効果的な飲み方を解説します。

スポンサーリンク

マグミットの3つの効果

マグミットは飲む量(用量)で得られる効果が違います。

マグミット少量
結石の発生予防

少量のマグミット(1日200~600mg)はシュウ酸カルシウム結石の発生を予防する効果があります。

マグミット中用量
制酸剤(胃薬)

中用量(1日500mg~1000mg)マグミットは制酸剤として効果を発揮します。

胃のむかつきや胃酸過多による痛みなどに使います。

マグミット高用量
便秘薬

高用量(1日2000mg)マグミットは便秘薬として効果を発揮します。

現在、マグミットは結石予防、胃薬として使うことはほぼありません。

マグミットは便秘薬として定着しています。

スポンサーリンク

マグミットの便秘改善効果

マグミットは、腸内の水分を集めて便をやわらかくします。

水分の集まった便は適度にふくらみ、腸を刺激してスムーズな排便をうながします。

マグミットは腸を直接刺激するのではなく、ふくらんだ便が腸を刺激するため自然な排便ができる便秘薬です。

くわしくはこちらで解説しています。

マグミットの作用機序は他の便秘薬とは違う!だから腹痛も弱い

マグミットで下痢する理由

マグミットで下痢する理由はひとつ。マグミットの飲む量が多すぎるからです。

マグミットの量
少ない ちょうどいい 多い
効かない 快便 下痢

マグミットは効果の個人差が出やすく、飲んでみないと効く量がわかりません。

マグミットの3つの効果」の解説によると、便秘に使う用量は1日2000mgですが、この用量は多くの人にとって多すぎため、その結果下痢します。

もしくは、最初は快便が続くかもしれませんが、飲み続けるといつか下痢することになります。

マグミットの副作用は下痢だけじゃない!高マグネシウム血症が恐ろしい!

下痢しないマグミットの飲み方

マグミットは、飲む量で効果が違いましたね。

マグミット量 効果
少量 尿路結石予防
中用量 胃痛・むかつき
高用量 便秘

しかし、通常の便秘であれば、マグミット2000mg使うのはまれで、1日750mg~1500mgが標準的です。

マグミットは、便をやわらかくして自然に排便したいときは1日2~3回に分けて飲み、ドバっとたまった宿便を排便したいときは寝る前1回まとめて飲みます。

便に水分を与える作用を後押しするため、多めの水で飲むのがおすすめです。

マグミットで下痢したときの飲み方

先に解説したとおり、マグミットは効果に個人差が出やすい便秘薬です。

全然効かないという人から、ちょっと飲んだだけで便秘が解消する人までさまざまです。

マグミットは便秘に効かない?では どれくらいで効くの?効果時間は?

そのため、マグミットはとにかく種類が多いです。

マグミット錠200mg、250mg、330mg、500mg

マグミット錠は200mg~500mgまで4種類

マグミット細粒0.4g、0.6g、0.8g、1.2g

マグミット細粒も0.4g~1.2gまで4種類

下痢便秘をコントロールするマグミットの飲み方はこうです。

例えば、マグミット錠330mgを1日3回飲んで快便ならば、その量が最適な用量です。

しかし、マグミット錠330mgを1日3回飲んで下痢するならば、その量は多すぎるのです。

そのまま飲み続けると下痢は悪化します。

そういうときは、飲む回数を1日3回から2回に減らすか、マグミット330mgを250mgに減量して、1日のマグミット量を調整しなくてはなりません。

マグミットはこのように自分で量を調整する便秘薬です。

マグミットの作用機序は他の便秘薬とは違う!だから腹痛も弱い

まとめ

  1. マグミットは飲む量で効能効果が違うが、ほとんどが便秘改善を目的に使われている
  2. マグミットは効果の個人差がでやすい
  3. マグミットの量が適正であれば、いい具合に便秘が解消される
  4. マグミットの量が少ないと効かないし、多いと下痢をする
  5. マグミットは医師に言われた飲み方からスタートして、ちょうどいい量を自分で調整しなくてはならない