口唇ヘルペス市販薬3選!アラセナS、アクチビア、ヘルペシアの違いと選び方

スポンサーリンク

口唇ヘルペス再発する可能性が高い病気です。ヘルペスは1回感染すると、生涯神経に残るからです。

ですので、一度口唇ヘルペスになったことがある方は市販薬の常備をおすすめします。

薬局用口唇ヘルペス市販薬

  1. アラセナS/Sクリーム
  2. アクチビア
  3. ヘルペシアクリーム

口唇ヘルペス市販薬が手元にあれば、早く口唇ヘルペスの治療が開始できます。

治療が早ければ、口唇ヘルペスの症状「ピリピリ感」「水ぶくれ」も早く楽になります。

スポンサーリンク

口唇ヘルペスが再発する理由

ヘルペス薬はヘルペスウイルスの増殖を抑えるだけで、すべてのヘルペスを死滅できません。

口唇ヘルペスが治った後も、一部のヘルペスウイルスは知覚神経の奥の方に残ります。
潜伏感染と言います)

ストレスや疲れなどで体力や免疫力が低下したときに、潜伏していたヘルペスウイルスが再活動を起こし、口唇ヘルペス再発させます。

口唇ヘルペスの感染と再発する理由

※ヘルペスに感染しても症状が出ない[不顕性感染(ふけんせいかんせん)と言います]場合も多いです

年に1度も再発しない方もいれば、毎月のように再発する方もいます。

毎月のように再発する方は、口唇ヘルペス市販薬の常備を強くおすすめします。

口唇ヘルペス市販薬と医療用の効能の違い

口唇ヘルペス市販薬は医療用と全く同じ成分の塗り薬ですが、効能が違います。口唇ヘルペス市販薬の効能は「口唇ヘルペスの再発」です。

医療用ヘルペス薬はアラセナAとゾビラックスの2種類あります。

アラセナA ゾビラックス
軟膏の画像 アラセナA軟膏 ゾビラックス軟膏
主成分 ビダラビン アシクロビル
適応 単純疱疹 単純疱疹
剤形 軟膏、クリーム 軟膏、クリーム
眼軟膏
市販薬 アラセナS
アラセナSクリーム
アクチビア
ヘルペシアクリーム

どちらも口唇ヘルペスを含む単純疱疹に使えます。
(口の周辺にできる単純疱疹を口唇ヘルペスと言います)

口唇ヘルペス薬アラセナA VS ゾビラックス軟膏

一方、薬局で買える口唇ヘルペス市販薬は、アラセナS/クリームアクチビアヘルペシアクリーム3種類です。

口唇ヘルペス市販薬は再発専用

口唇ヘルペス市販薬は、過去に医師から「口唇ヘルペス」と診断され、アラセナAもしくはゾビラックスを使った経験がある方のみ使えます。

なぜなら、口唇ヘルペスを初めて発症した方は、その症状が口唇ヘルペス、湿疹、とびひの判断が全くつかないからです。

口唇ヘルペスの初期症状は、特徴的なピリピリ感です。

ピリピリした皮膚が赤くなり→水ぶくれができて→かさぶたになって治ります。

口唇ヘルペスの皮膚症状のパターン

そのピリピリ感は記憶に残りやすく、口唇ヘルペスの再発を繰り返す方は口唇ヘルペスが出そうな感覚がわかるようになります。

また、口唇ヘルペスは同じ場所にできやすいという特徴もあります。

なぜ口唇ヘルペスは繰り返し再発するのか? 感染原因と潜伏期間は?

口唇ヘルペス市販薬の使い方

口唇ヘルペスのピリピリ感を感じたら、すぐに口唇ヘルペス市販薬を使い始めることが大切です。

口唇ヘルペスの水ぶくれが広がるのを抑えたり、ピリピリ感を抑えられるからです。

口唇ヘルペス市販薬は、1日4回を目安に唇の水ぶくれのところや赤いところへ使い、よくなってくれば回数を少しずつ減らしても問題ありません。

いつまで口唇ヘルペス市販薬を使うかが悩ましいところですが、口唇ヘルペスの水ぶくれがかさぶたになるまで塗り続ければ十分です。

口唇ヘルペスを早く治したいときは、飲み薬の併用も有効です。

ヘルペス薬 バルトレックス、ゾビラックス、ファムビルの違い

口唇ヘルペス市販薬1
アラセナS/クリーム

アラセナSはアラセナAを市販化

アラセナSは医療用ヘルペス塗り薬のアラセナAを市販化した塗り薬で、主成分はビダラビンです。

アラセナAの口唇ヘルペス市販薬がアラセナS

アラセナSには白色ワセリンを基剤とする軟膏と、乳化剤を使用したクリームの2種類があります。

アラセナS軟膏とクリームの選び方

アラセナS軟膏とクリームの効果は同等ですので、塗り心地で選べばOKです。

白色ワセリン基剤で作られたアラセナS軟膏は刺激性が低く、ほとんどの皮膚の状態に使えます。

一方、アラセナSクリームは、べたつき感が少なくテカリもほとんどないため、唇の周りに塗っても目立ちにくいです。

軟膏はベタツキとテカリがあるため、顔や唇の周りへの塗布に抵抗がある場合は、クリームがおすすめです。

塗り薬の軟膏とクリームの違いは基剤!吸収率、使用感で使い分ける

口唇ヘルペス市販薬2
アクチビア軟膏

アクチビアはゾビラックスを市販化

アクチビアは医療用ヘルペス塗り薬のゾビラックス軟膏を市販薬化した塗り薬で、主成分はアシクロビルです。

アクチビア軟膏はゾビラックス軟膏の口唇ヘルペス市販薬

アクチビアの特徴

アクチビアは軟膏と名前が付いていますが、クリームのような白い基剤(マクロゴール)を使った水溶性軟膏で、アラセナS軟膏と比べると目立ちにくいです。

口唇ヘルペス市販薬3
ヘルペシアクリーム

ヘルペシアクリームはゾビラックスクリームを市販化

ヘルペシアクリームは医療用ヘルペス塗り薬のゾビラックスクリームを市販化した塗り薬で、主成分はアシクロビルです。

ヘルペシアクリームはゾビラックスクリームの口唇ヘルペス市販薬

ヘルペシアクリームの特徴

ヘルペシアクリームはアラセナSクリームと同様にべたつき感が少なく、テカリもほとんどないため、唇の周りにぬっても目立ちにくいです。

口唇ヘルペス市販薬の違いと選び方

アラセナS(クリーム)、アクチビア、ヘルペシアクリームは、塗り方と効果の違いはありません。

塗り心地に違いがあるのみです。

医師が使った剤形(軟膏orクリーム)で、同じ成分を含む市販薬がおすすめです。

医療用ヘルペス薬 アラセナA ゾビラックス
口唇ヘルペス市販薬 アラセナS アクチビア ヘルペシア
主成分 ビダラビン アシクロビル
効能 口唇ヘルペスの再発
剤形 軟膏 軟膏 クリーム
クリーム
効果 同等
目立ちにくさ 軟膏:3 2 1
クリーム:1

まとめ

  • ヘルペス薬はヘルペスウイルスの増殖を抑えるだけで、すべてのヘルペスを死滅できない。そのため、口唇ヘルペスは再発を繰り返すことがある
  • 医療用と同成分のヘルペス塗り薬が、薬局用に市販薬化されている
  • ただし、口唇ヘルペス市販薬と医療用ヘルペス塗り薬は効能が違う
  • 口唇ヘルペス市販薬の効能は「口唇ヘルペスの再発」
  • アラセナSは、アラセナAの口唇ヘルペス市販薬
  • アクチビアは、ゾビラックス軟膏の口唇ヘルペス市販薬
  • ヘルペシアクリームは、ゾビラックスクリームの口唇ヘルペス市販薬
  • 口唇ヘルペス市販薬は、医師が使った剤形、かつ同じ成分を含む市販薬がおすすめ