パスタロンクリーム/ソフト軟膏/ローション(手荒れ薬)は かかと・顔にも効果ある?

スポンサーリンク

手・顔・体などに使う保湿系の塗り薬はヒルドイドが有名ですが、他にも保湿系塗り薬はあります。

パスタロンにはヒルドイドにはない角質軟化作用があり、手荒れや足のガサガサ、かかとひび割れを緩和する効果が期待できます。

パスタロンは顔にも使えますが、わざわざパスタロンを顔に使わなくても。というのが本音です。

スポンサーリンク

パスタロンは尿素製剤

尿素を主成分とする尿素製剤は、パスタロン、ケラチナミン、ウレパール、アセチロール、ワイドコール、ベギンあたりが有名です。

尿素製剤の違いは、尿素濃度、軟膏、クリーム、ローション、薬価(薬の値段)です。

尿素クリーム 尿素濃度
(%)
種類 薬価
(円)
GE
パスタロン 20 クリーム 6.8 ×
パスタロン 10 クリーム
ローション
6.6 ×
パスタロン 10
20
クリーム
ソフト軟膏
ローション
6.6~6.8 ×
アセチロール 10
20
クリーム
軟膏
5.2
ワイドコール 20 クリーム 5.2

GE:ジェネリック ○→ジェネリック

尿素濃度が違えば、当然効果も違います。

また、同じクリーム同士であっても、基剤の違いがあるため塗り心地が違います。

例えば、ワイドコールクリームはパスタロンクリームよりのびがいいので塗り広げやすいです。

パスタロンクリーム/ソフト軟膏/ローションの違い

パスタロン10%には、クリーム、ソフト軟膏、ローションの3種類

パスタロンクリーム、ソフト軟膏、ローション(10%)

パスタロン20%にクリーム、ソフト軟膏の2種類があります。

パスタロンクリーム、ソフト軟膏(20%)

それぞれ使っている基剤が違うため、塗り心地や安定性に違いがあります。

使用感、効果、吸収率、吸収速度を決める要素のひとつが基剤です。塗り薬の治療は、有効成分と同じくらい基剤の選択が重要です。軟膏とクリームの効果の優越はあるのでしょうか。

↑水中油型(O/W型)などの解説

  • パスタロンクリームは、水中油型(O/W型)のクリームです。
  • パスタロンソフト軟膏は、軟膏と名前が付いていますが、正確には油中水型(W/O 型)のクリームです。
    油中水型クリームは、保護性が高い油脂性軟膏に近い性質があります。
    (乾燥した皮膚には保湿力の強い油脂性基剤の使用が多い)
  • パスタロンローションは、アルコールを含まない乳液状のローションです。
    乳液状ローションは、のびがよくベタツキが少ない特徴があります。
    広範囲の乾燥した皮膚に塗るのに適しています。

パスタロンの2つの効果

パスタロンは保湿効果角質軟化効果の2つの効果が期待できます。

1.保湿効果

パスタロンクリームの尿素は、角質に水分をとりこむ保湿成分です。
水分保持量を増加させる効果があります。

水分保持量の増加は尿素濃度に応じて増加することがわかっています。

20%尿素クリーム >10%尿素クリーム

2.角質軟化効果

尿素は古い角質を溶かして、分厚くなった角質をやわらかくします。

パスタロンは10%尿素クリーム(ローション)ですので、足のガサガサ(かかとひび割れ)に使ってもパスタロンほど効果が期待できません。

足のガサガサ(かかとひび割れ)に使うならば、20%のパスタロンを選びたいです。

かかとひび割れには、パスタロンよりサリチル酸ワセリンの方が有用です。

多くの女性を悩ませている足トラブルに「かかとひび割れ」があります。かかとの角質ケアの塗り薬はケラチナミン・ウレパールが有名ですが、皮膚科ではサリチル酸ワセリンを使うことが多いです。

パスタロンの効能効果

パスタロンの保湿効果と角質軟化効果は、さまざまな皮膚疾患に使われています。

パスタロンクリーム10%の効能効果

効果 疾患名 通称名
(よみ)
効果
(有効率%)
保湿効果 老人性乾皮症 老人皮膚 89.3
アトピー皮膚 アトピー 76.7
進行性指掌角皮症 手荒れ 66.7
角質軟化効果 魚鱗癬 (ぎょくりんせん) 87.1
足蹠部皸裂性皮膚炎 かかとひび割れ 83.3
掌蹠角化症 (しょうせきかっかしょう) 41.2
毛孔性苔癬 (もうこうせいたいせん) 42.9

※パスタロンローションは7つの効能にプラスして頭部粃糠疹(とうぶひこんしん:ふけ症)にも効果(67.3%)があります。

パスタロンはアトピー・老人皮膚にも効果がありますが、ヒルドイドの使用が多い印象です。

パスタロン ヒルドイド
主成分 尿素 ヘパリン類似物質
効果 保湿効果
皮膚軟化効果
保湿効果
血流改善効果
傷をキレイにする効果
主な使用部位 手、足、かかと 顔を含む全身
頻用疾患 かかとひび割れ
手荒れ
アトピー
老人皮膚
ネットではアンチエイジングクリームとして話題のヒルドイド。ヒルドイドは保湿効果にすぐれ、顔、首、全身に使えます。塗り方、量、回数を守ればもっと効果を引き出せます。

パスタロンは、手荒れの使用が圧倒的です。

パスタロンを顔に?

パスタロンは手荒れクリームなどの愛称で知られていますが、顔の保湿に使えないわけではありません。

しかし、顔には他に最適な保湿剤があり、顔にわざわざパスタロンを使う必要はありません。

  • ヒルドイド(ヘパリン類似物質)
  • ビーソフテン(ヘパリン類似物質)
  • プロペト(白色ワセリン)

ビーソフテンローションは白色ワセリン・アルコール無添加です。

顔のテカリもなく刺激感が少ないため、顔の保湿にはおすすめです。

ヒルドイドローションのジェネリックがビーソフテンローションですが、使っている基剤が違うため、塗り心地や満足感(しっとり感)に違いがあります。

パスタロンの副作用

パスタロンは副作用に神経質になる必要はありませんが、皮膚のうすいところやひび割れのひどいところに塗ると尿素が原因でピリピリ感を起こす場合があります。

ピリピリ感が強い場合は、尿素濃度の低いパスタロン(10%)の使用をすすめます。

パスタロンクリーム10%の副作用

主な副作用の種類 副作用の頻度
刺激感
(ピリピリ感、しみる、痛い)
4.6%
かゆみ 1.2%
赤くなる 1.3%

(副作用調査終了時)

ケラチナミンはヒルドイドにはない角質軟化作用があり、手や足のガサガサ(かかとひびわれ)を緩和する効果が高いです。

パスタロンの塗る量

パスタロンは皮膚にすりこむように塗ると、尿素の吸収量が増えより効果が得られるといわれています。

パスタロンの塗る量のルールはありませんが、塗ってしっとりするくらいの量(ティッシュが貼りつくくらいの量)をすりこみます。

ケラチナミンの塗る量の目安
出典:マルホHP

パスタロンを塗るタイミング

添付文書(薬の説明書)によると、パスタロン10%は1日2~3回。
パスタロン20%は1日1~数回ですが、あまり回数にこだわる必要はありません。

1日2回入浴後と朝で十分でしょう。

入浴後に塗るのは、入浴後の水分を逃がさないためです。
入浴後に塗り忘れたときは、思い出したときにできるだけ早くすり込みます。

朝に塗るのは、日常の活動に入る前の朝が塗り忘れが少ないからです。

手荒れにパスタロンを使っているのであれば、水仕事後の塗布も有効です。

ウレパールは保湿作用もありますが、ヒルドイドにはない角質軟化作用も併せ持ちます。そのため、乾燥肌、手足のガサガサ、かかとひびわれによく使われます。

パスタロンクリームとステロイドの混合

皮膚科では、パスタロンクリームとステロイド軟膏の混合も行われます。

ステロイド軟膏と、パスタロンソフト軟膏、ケラチナミンクリーム、ヒルドイドソフト軟膏、のようなW/O型クリームの保湿剤を混合すると、皮膚への浸透力が上がることが知られているからです。

ステロイド(リドメックス、アンテベート)と保湿剤混合の相乗効果
出典:ノバルティスファーマHP

※ケラチナミン軟膏はケラチナミンクリームの旧式名称
※アンテベート、リドメックス→ステロイド軟膏

【混合動画有】皮膚科に行くとプラスチック容器に入った塗り薬を渡されることがあると思います。そこにはたいてい混合軟膏が入っています。しかし、軟膏の混合にはメリットとデメリットがあります。

パスタロンとステロイド軟膏の塗る順番

パスタロンクリームとステロイド軟膏は、同じ場所に一緒に使用される場合も多いです。

パスタロンとステロイド軟膏の塗る順番による効果の違いを検証したデータはありませんが、パスタロン→ステロイド軟膏の順番に塗るのが理にかなっています。

  • ステロイド軟膏は、炎症部分などに部分的に塗ります。
  • パスタロンは炎症部分はもちろん、乾燥部分に全体的に塗るケースが多いです。

塗る場所が限定されているステロイド軟膏を先に塗ると、パスタロンを塗る際に関係のない皮膚に、ステロイド軟膏をぬり広げてしまいます。

洗顔から化粧までに順番があるように、ニキビ薬(ベピオ/ディフェリン/デュアック/エピデュオ/ダラシン/アクアチム/ゼビアックス)と保湿剤(ヒルドイド)の順番にもルールがあります。

まとめ

  1. 手荒れクリームとも呼ばれるパスタロンの尿素には2つの効果がある
  2. 角質の水分保持量を増加させる保湿効果
    (手のカサカサ、手荒れ)
  3. 角質をやわらかくする角質軟化効果
    (かかとのガサガサ)
  4. パスタロンは顔に塗ってはいけないことはないが、顔にはヒルドイド、ビーソフテン(ヘパリン類似物質)がおすすめ
  5. パスタロンは、1日1回以上入浴後すぐにすり込むのが効果的
  6. パスタロンとステロイド軟膏の混合、併用はよく行われる