くじらの博物館で餌やり/カヤック/トレーナー体験してきたよ!

スポンサーリンク
マダライルカ(くじらの博物館)

和歌山県太地町は捕鯨発祥の地です。
およそ400年の歴史があり、現代も捕鯨は続いています。

そして、水族館のイルカのほとんどが和歌山県太地町出身です。

ですので、和歌山県太地町のくじらの博物館は「イルカの聖地」と言っても言い過ぎではないでしょう。

ふれあい体験を中心に楽しんできました。

スポンサーリンク

くじらの博物館 実はイルカだらけ

くじらとイルカは同じ鯨類(げいるい)で、違いは大きさです。

3m~4.5mを超えるとくじら。
それ以下で歯があるくじらをイルカと呼んでいます。

ですので、本館の「捕鯨歴史の展示」を除くと、私たちが想像するあの大きなくじらは見当たりません。

大きいと飼育がたいへんなので、イルカサイズのくじらが飼育されているのでしょう。

実際、くじらの博物館はイルカだらけでした。

くじら博物館で飼育中

  • ハナゴンドウ
  • ピンクのハナゴンドウ
  • コビレゴンドウ
  • オキゴンドウ
  • カマイルカ
  • バンドウイルカ
  • 白いバンドウイルカ(アルビノ)
  • カマイルカ
  • マダライルカ
  • スジイルカ

くじらの餌やり体験

くじら博物館は餌を購入してバケツに入れてもらい、お気に入りのくじらに餌やり体験ができるフリースタイルです。

くじらの餌 2バケツ分(600円)はこれくらい

くじらの餌(2バケツ分)

バンドウイルカがすごい勢いで近寄ってきます。
キレイに並んでいますね。1.2.3.4.5頭!

餌に群がるバンドウイルカ5頭

餌くれい!餌くれい!

餌を欲しがるバンドウイルカ

こんなに口の近くまで

バンドウイルカに餌をあげる子供

ほらよっ!と

餌に食いつくバンドウイルカ

こちらのくじらは餌が欲しすぎて岸に激突
口が出血中!

口が出血しているバンドウイルカ

餌を欲しがる口出血バンドウイルカ

運がいいとピンク色のハナゴンドウにも餌やりできます。

餌を欲しがるピンクのハナゴンドウ ピンクのハナゴンドウ ピンクのハナゴンドウの口

すごい口

飼育されているくじら(イルカ)はショーに出たり、海洋水族館アリナリゥムに展示されたり、餌やり体験エリアに行ったり…と、ローテーションしているそうです。

ですので、サインを出すと普通にサインを返してきます。

餌やりが楽しすぎて、20回分バケツくらいおかわりしてしまいました。

2016年に訪れたときは餌やり体験用バケツ1杯200円だったような気がしますが、2017年以降は1杯300円でした。

イルカトレーナー体験

くじらの博物館のふれあい体験「イルカトレーナー体験」では、イルカショーが行われているステージに立ち、イルカにサインを出すことができます。

最後に記念撮影もOKです。

さっそく胴長(胴付き長靴)に着替えてLet’s Go!

最初はイルカに手を振って仲良くなりましょう。イルカに手のひらを見せてヒラヒラヒラ~!

イルカにサイン出し(手を振る)

イルカがむなびれをバチャバチャ動かします

サインを見て、むなびれを動かすイルカ

次は、イルカを回転させるサイン出しです。

イルカに手のひらを見せて、グルングルン回転させると

イルカにサイン出し(手のひらを回転)

イルカも一緒にぐるんぐるん

サインを見てくるくる回るイルカ1 サインを見てくるくる回るイルカ2

最後はイルカにジャンプのサインを出します。

右手を腰のところへ持ってきて、

イルカにサイン(手を腰に)

勢いよく上に手を振り上げます。

イルカにサイン(手を上に振り上げる)

すると、イルカが勢いよくジャンプします!

サインを見てジャンプするイルカ

トレーナー体験の詳細

料金 1人1000円
所要時間 15分
定員 8名
集合時間 13:30
予約 当日
前日に電話予約も可能

こちらの記事もおすすめ!
イルカと泳ぐドルフィンスイム&ふれあいは 和歌山県太地町で叶う!

カヤックアドベンチャー

くじらの博物館のふれあい体験「カヤックアドベンチャー」では、クジラショーエリアで小型ボートに乗って、くじらの観察や餌やりができます。

「カヤックアドベンチャー」はくじらと距離が近いので、よりリアルに観察できます。

カヤックに乗ったところ

カヤックは自分で(大人)操縦しないといけません。慣れないとなかなか行きたい所へいけません。

ハナゴンドウとイルカが、ガンガンカヤックを押してきます。

ハナゴンドウとイルカにカヤックを押される

知らない間に取り囲まれてしまうかも?

ハナゴンドウとオキゴンドウに取り囲まれるカヤック

ハナゴンドウとオキゴンドウが、口をあけて近寄ってきました。

口を開けてカヤックに寄ってくるハナゴンドウとオキゴンドウ

オキゴンドウ:餌くれぇ~い!

口を開けて近づいてくるオキゴンドウ

餌をヒョイッ!
(イルカ少年、さすがになれています)

オキゴンドウにエサあげ

料金 1人1000円
所要時間 10分
参加条件 カヤック操縦可能者1名以上乗船
(大人2人、子供含めて3人まで)
受付時間 9:00~15:30
予約 不可

野生イルカに会いたくなった方はこちら!
天草イルカウォッチングに感動!野生イルカに癒されたい

ビーチでふれあい

くじらの博物館のふれあい体験「ビーチでふれあい」では、タッチしたり、餌を与えているかと仲良くなる体験ができます。

胴長(胴付き長靴)に着替えて、浅瀬でイルカが近づいてくるのを待ちます。

ちなみに近づいてきたのは出血イルカです。

まずは餌でイルカのご機嫌をとります

エサでイルカをおびきこせる、くじらの博物館トレーナー

くじらの尾びれを触りながら、イルカの生体についてお勉強中

イルカの尾びれを触る子供

イルカの頭と体をタッチしてなでなでしてみましょう

イルカの頭と体にタッチする子供

イルカと仲良くなれたので、サイン出し!

腹をみせるイルカ(イルカにサイン出し)

イルカにバイバイ!
イルカもさみしそう?

イルカにバイバイする子供

トレーナーのお兄さんと帰っていきます
(何の話をしていたのでしょうか?ナイショだそうです)

子供とくじらの博物館トレーナーの後ろ姿

ふれあい体験の詳細

料金 1人1000円
所要時間 5分
参加条件 身長120cm以上
受付時間 9:00~15:30
予約 当日可能

名古屋港水族館のベルーガ(シロイルカ)がかわいい!イルカショーもお勧め【動画有】

海洋水族館アリナリゥム

海洋水族館アリナリゥムは水族館です。

でも、くじらの博物館の水族館はただの水族館ではありません。

マダライルカスジイルカがいます。

マダライルカとスジイルカは飼育が難しいそうで、水族館ではあまり見ることができない種類です。

スジイルカに出会えるのは、世界中を探してもくじらの博物館だけです。

2013年現在、和歌山県の太地町立くじらの博物館で2011年10月に搬入したオスの個体が飼育される。

また、スジイルカが飼育されている施設は世界で太地町立くじらの博物館のみである。

それまでは、スジイルカの飼育は試みられたことがあるものの、給餌がうまくいかず2週間以内で死んでしまい、長期間の飼育には成功していなかった。

wikipediaより

アルビノのバンドウイルカ(白いイルカ)も飼育されています。

スジイルカと泳ぐアルビノ(白いイルカ)

スジイルカと泳ぐアルビノ(白いイルカ)

スジイルカと泳ぐアルビノ(白いイルカ)2

アルビノ(白いイルカ)はスジイルカと仲良し?

くじらの博物館のイルカは不思議なくらい人慣れしています。
まるで、話しかけているようです。

子供に話しかけるスジイルカ 子供に話しかけるスジイルカ2

スジイルカ:どこから来たの?餌まだ?

これがイルカ飛行機!日本にたった1機
天草エアライン「イルカ飛行機」搭乗記 伊丹(大阪)-熊本-天草空港

くじらの博物館のアクセス
(電車&バス)

和歌山県太地町のくじらの博物館は、このでっかいくじらの看板が目印です。

くじらの博物館(和歌山県太地町)

和歌山県太地町のくじらの博物館周辺は車がないと不便ですが、特急電車と町営バスでもアクセスできます。

特急くろしお1号オーシャンアロー主要停車駅時刻例

主要停車駅 出発時刻
新大阪 7:33
天王寺 7:54
和歌山 8:51
白浜 10:12
太地 11:27

新大阪駅から太地駅(和歌山県)まで4時間かかります。

特急くろしお(オーシャンアロー)は山道と海岸沿いを走るためけっこう揺れます

心配な方は酔い止め必須です。
酔い止め薬トラベルミンの効果、副作用、飲み方【子供用市販薬対応】

和歌山県太地駅

太地駅(くじらの画)

太地駅にくじらがいます。
ハナゴンドウ&オキゴンドウでしょうか?

太地駅(イルカの画)

イルカもいっぱいです。

太地駅に着いたらタクシーを捕まえればいいと思っていてはいけません。
太地駅にはタクシーはいません。無人駅です。

町営バス(写真はフリー乗降タイプ)が循環しています。

太地町営バス

太地駅11:40発→くじら館11:45分着
太地町バス時刻表

くじらの博物館は、くじら館バス停を降りてすぐです。