妊婦は葉酸サプリメントをいつからいつまで飲む?効果は?フォリアミンとは?

take-medicine

「妊娠したら葉酸サプリメントを飲んだ方がいいらしいよ」

女性の会話で一度は話題にあがったことがあると思います。

妊娠前から葉酸を接種することで、赤ちゃんの障害、流産、奇形を予防し、妊婦の貧血、つわりの予防効果を期待することができます。

2002年からは、母子手帳などでも葉酸の摂取が推奨されています。

妊娠中の葉酸摂取について

二分脊椎などの神経管閉鎖障害の発生を減らすためには、妊娠前から妊娠初期の葉酸の摂取が重要であることが知られています。

葉酸は、ほうれん草、ブロッコリーなどの緑黄色野菜や、いちご、納豆など、身近な食品に多く含まれています。

日頃からこうした食品を多くとるように心がけましょう。

葉酸の添加された食品やサプリメントもありますが、とりすぎには注意が必要です。

※神経管閉鎖障害とは、妊娠初期に脳や脊髄のもととなる神経管と呼ばれる部分がうまく形成されないことによって起こる神経の障害です。
葉酸不足の他、遺伝などを含めた多くの要因が複合して発症するものです。

厚生労働省「母子健康手帳の様式」より

葉酸は野菜や果物の食品に多く含まれますが、体内の利用率と蓄積は少なく、毎日摂取する必要があります。

そこで登場するのが葉酸サプリメント(葉酸サプリ)です。

ただ、葉酸サプリメントは、まるで魔法の薬のように広告されている感じがあり、やや行き過ぎだというのが私の考えです。

葉酸の効果と、効果的な葉酸サプリメントの飲み方、いつからいつまで葉酸を接種するのがベターなのかを解説します。

スポンサーリンク

赤ちゃんの葉酸の効果

神経管閉鎖障害の予防効果

葉酸は妊娠前から適量を接種することで、赤ちゃんの「神経管閉鎖障害(しんけいかんへいさしょうがい)」を起こす確率を下げる効果があることがわかっています。

1998年とデータが古いですが、0.06%の確率で神経管閉鎖障害が起こっていることがわかっています。

神経管閉鎖障害とは
神経管は、神経の卵のようなもので、最終的に脳や脊髄などになります。神経管が閉鎖する段階で異常が起こると奇形を起こしたり、死にいたることがあります

ただし、葉酸のみで神経管閉鎖障害を予防できるわけではなく、その他のビタミンなどを含む栄養バランスが重要です。

総合的な栄養管理と、禁煙、禁酒が、神経管閉鎖障害を予防するためには必要です。

流産の予防効果

流産には、さまざまな原因がありますが、流産の原因のひとつが、先天性奇形です。

先天性奇形とは
ダウン症、無脳症など生まれつき普通とは異なった姿がある症状のことです。高齢の出産になればなるほど、先天性奇形を起こす確率が高くなることがわかっています

赤ちゃんの脳や体の成長がうまくいかないことが原因で、流産することがあります。

流産への葉酸の効果の根拠は、はっきりとしていませんが、先天性奇形による流産に対して予防効果があるという報告があります。

妊婦の葉酸の効果

貧血の予防効果

一般的に知られている貧血は、鉄分不足による「鉄欠乏性貧血」ですが、葉酸とビタミンB12が不足すると、「悪性貧血(巨赤芽球性貧血)」を起こします。

葉酸の不足で貧血?

やや疑問かもしれませんが、葉酸は、ビタミンB12とともに血液(赤血球)を作る栄養素のひとつなのです。

葉酸は、体内で作れないため、食物から摂取しなければなりません。
さらに、体に貯めておける葉酸は少量で、毎日かかさず摂取する必要があります。

つわりの予防効果

葉酸に限定されるわけではありませんが、
葉酸を含む妊婦用マルチビタミンを、妊娠前から飲んでいると、つわりを予防する効果があるという報告があります。

食事からの葉酸の摂取

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015年版)」によると、
(成人の場合)葉酸は、食事から1日240μg摂取することが推奨されています。

さらに妊婦、授乳中のときは葉酸の需要量が増えるため、さらに摂取を推奨しています。

  • 妊婦=480μg
    成人量(240μg)+240μg
  • 授乳中=340μg
    成人量(240μg)+100μg

妊婦は葉酸サプリメントはいつから飲む?

妊娠1か月以上前から葉酸サプリメントを飲むことが推奨されています。

ただ、
「妊婦は葉酸サプリメントはいつから飲む?」

という問いかけに対しては、妊婦になる前の妊活を始めたときからというのが理想になります。

なぜなら、妊娠に気がつくのは妊娠4週以降だからです。
神経管の閉鎖は妊娠6週くらいで起こりますので、妊娠に気付いてからでは遅いのです。

少し古いですが、妊婦の葉酸関連の通知(旧厚生省の2000年)

妊娠を計画している女性に関しては、神経管閉鎖障害の発症リスクを低減させるために、妊娠の1か月以上前から妊娠3か月までの間、葉酸をはじめその他のビタミンなどを多く含む栄養のバランスがとれた食事が必要であること

葉酸サプリメントは、いつからいつまでどれくらい飲む?

いつから?はわかりましたね。いつまで?に答えると

特に妊娠1ヶ月前から妊娠3ヶ月までは、食事からの葉酸摂取にプラスして、サプリメント(栄養補助食品など)から1日400μg(0.4mg)の葉酸を摂取することが推奨されています。

ただし、1日あたりは葉酸摂取量は1mgを超えるべきではありません。

妊娠3ヶ月を過ぎても、葉酸サプリメントはいつまで続けたらいいのでしょうか?

  • 妊娠3ヶ月から出産まで
    ⇒食事からの葉酸摂取で480μg
  • 授乳期
    ⇒食事からの葉酸摂取で340μg

これだけの葉酸量を、食事から摂取するにはたいへんですね。

2012年の国民健康・栄養調査では、女性15歳から39歳の食事からの葉酸摂取は220μgから230μgくらいです。

年齢層 食事からの葉酸摂取量
1-6歳 148μg
7-14歳 222μg
15-19歳 229μg
20-29歳 217μg
30-39歳 233μg
40-49歳 234μg
50-59歳 284μg
60-69歳 327μg
70歳以 316μg
平均 271μg

葉酸サプリメントに使用されている葉酸は、食事の葉酸と比べると、体内の利用効率が高いです。

葉酸サプリメントからの葉酸摂取の目安は、次のように計算できます。

  • 妊娠3ヶ月から出産まで
    ⇒葉酸サプリメントでの葉酸摂取130μg
  • 授乳中
    ⇒葉酸サプリメントでの葉酸摂取60μg

妊娠3ヶ月からは、妊娠1ヶ月前から妊娠3ヶ月までの葉酸サプリメントからの葉酸摂取推奨量の15%から30%程度を摂取すればいいことになります。

妊娠3ヶ月以降も葉酸サプリメントを飲み続ける理由

妊娠に気付くのは妊娠4週以降で、神経管の閉鎖は妊娠6週くらいで起こるため、葉酸サプリメントは、妊娠1カ月前から妊娠3カ月までが最重要時期でしたね。

妊娠3カ月以降の葉酸サプリメントの摂取理由は、葉酸とビタミンB12が不足する「悪性貧血(巨赤芽球性貧血)」を予防するためです。

食事の葉酸と葉酸サプリメントの、葉酸の質の違い

葉酸サプリメントに使用されている葉酸は、「モノグルタミン酸型葉酸」です。

野菜等に含まれる「ポリグルタミン酸型葉酸(食事性葉酸)」と比較すると、体内での利用効率(効果)が約2倍高いと言われています。

つまり、葉酸サプリメントを利用することで、効率良く葉酸を摂ることができます。

18歳から49歳までの女性、妊婦、授乳中の方の葉酸推奨摂取量(μg)

18歳~49歳までの女性、妊婦、授乳中の方の葉酸推奨摂取量

出典:国民生活センター発表資料

1日あたりの葉酸摂取量は1mgが上限の理由

  1. 葉酸を大量に摂取すると、発熱、蕁麻疹、紅斑、かゆみなどの葉酸過敏症を起こすことがあります。
  2. ビタミンB12欠乏症や、悪性貧血の診断ミスを起させる原因となる場合があります。
  3. 大量の葉酸は、亜鉛の小腸からの吸収を抑制します。
  4. 「妊娠後期(30から34週)に1mgの葉酸サプリメントを飲んでいた場合、子供が3.5歳の時点で喘息になるリスクが1.26倍高かったという報告があります。

医療用の葉酸フォリアミン

葉酸の薬としての使い方

「フォリアミン」という葉酸成分の医療用の薬があります。

もともとフォリアミンは、「葉酸が欠乏状態となりやすい薬」と併用されることが多い薬です。

葉酸が欠乏状態となりやすい薬

薬の名前 成分名 薬の用途
デパケン バルプロ酸 抗けいれん薬
セレニカ
テグレトール カルバマゼピン
リウマトレックス メトトレキサート 抗リウマチ薬
メソトレキセート

フォリアミンの妊婦の保険適応

フォリアミンには、妊婦性貧血予防という保険適応があります。

下記疾患のうち、葉酸の欠乏又は代謝障害が関与すると推定される場合

  • 栄養性貧血
  • 妊娠性貧血
  • 小児貧血
  • 抗けいれん剤、抗マラリア剤投与に起因する貧血

フォリアミン添付文書より

フォリアミンを妊婦に使うとき

神経管閉鎖障害の赤ちゃんを出産した事実がある妊婦の場合は、医師の管理下で、4mgの葉酸の摂取が推奨されています。

1日0.4mgの葉酸の摂取は、神経管閉鎖障害の発症率を36%低下させ、1日4mgの摂取では、82%、5mgの摂取では85%の発症率の低下が予測される

産婦人科診療ガイドラインより

神経管閉鎖障害の赤ちゃんの出産の有無はわかりませんが、薬局でもフォリアミン(葉酸)とフェロミア(鉄剤)の併用処方をたまに見かけることがあります。

まとめ

  1. 葉酸サプリメントは、魔法の薬ではない
  2. 葉酸に期待できる主な効果
    1. 神経管閉塞障害の予防効果
    2. 流産の予防効果
    3. 貧血の予防効果
    4. つわりの予防効果
  3. 食事からとる葉酸と、葉酸サプリメントから取る葉酸は、吸収の質が異なる
  4. Q:葉酸サプリメントは、いつからいつまで飲むのが望ましいか?
  5. A:葉酸サプリメントは、妊娠の1カ月前から授乳中まで、続けて飲むことが望ましい
  6. 葉酸サプリメントや食事からの葉酸の摂取推奨量は、妊娠の時期によって異なる
  7. 葉酸には、薬(フォリアミン)が存在する