個人賠償責任保険は園児総合保険よりおすすめ!子供の自転車事故も対応

trick

自営業、士業の方は、賠償責任保険のことはよくご存知かと思います。仕事をする上では必須の保険ですからね。

個人賠償責任保険は、賠償責任保険の個人版です。

個人賠償責任保険は、契約者の家族も被保険者となることができるため、対象が広いのも特徴です。
保険料が安い割には頼りになる保険です。

個人賠償責任保険は、子供が幼稚園、保育園に入学したら、もしくは子供が生まれたら入るべきおすすめの保険です。

子供は何をするかわかりません。

特に、子供の自転車事故や子供同士のけんかは深刻な問題です。

スポンサーリンク

子供の賠償責任は、親の賠償責任

子供が幼稚園、保育園に入学したてのころは、かわいくて仕方ありません。うれしい気持ちでいっぱいです。

でも、これくらいの年齢の子供たちは、好奇心旺盛で何をするか予測できません。
幼稚園、保育園で色々と面倒な騒動を起こすこともあるでしょう。

  • 子供が、友達を押して怪我をさせた
  • 子供が、女の子の顔を引っかいて傷を負わせた
  • 子供が、幼稚園でケンカをして怪我を負わせてしまった
  • 子供が、他人の車に傷をつけてしまった
  • 子供が、自転車で他人に追突して怪我をさせた
  • 子供が、友達のおもちゃを壊してしまった
  • 子供が、ボール遊びをしていて、他人の車を傷つけた。他人を傷つけた

考えたくありませんが、どれも子供が起こしそうな事故です。そして、事故は突然やってきます。

子供の自転車事故に多額の賠償金

年金はいくらもらえるか?(遺族基礎年金+遺族厚生年金の支給額)
遺族年金がいくらもらえるのかを計算せず、生命保険は検討できません。遺族年金には、遺族基礎年金と遺族厚生年金がありますが、受給条件や年金支給額の条件が異なります。

特に子供が自転車に乗るようになったら、気を付けなければなりません。

子供が自転車乗車中に、車に突っ込まれる事故も深刻ですが、自分の子供が高齢者、子供、赤ちゃんに自転車で突っ込む事故も深刻です。

ただの自転車事故では済まされないケースもあり、大怪我を負わせる可能性があります。

死亡させた場合は、何千万~何億の賠償責任を負います。

自転車のこととはいえ、子供には責任能力がないため、責任は親が取らなければなりません。

そのための個人賠償責任保険です。

子供の自転車事故関係の判決例

平成25年:神戸地裁判決
当時、小学校5年生だった子供が乗った自転車と、歩行者との衝突。
少年の母親に約9500万円の高額賠償を命じた。

平成17年:横浜地裁判決
当時高校生だった子供が自転車無灯火で携帯電話を操作しながら自転車を運転。看護師女性が追突され、被害者女性は手足に痺れが残って歩行困難になり職も失った。

加害者女性(判決時19歳)に約5000万円の高額賠償を命じた。

このような自転車事故が起こってはいけませんが、個人賠償責任保険に入っていれば、親としての責任は果たせます。

大阪府ついに自転車保険義務化

2016年7月1日から、自転車事故ワースト1の大阪府で、「大阪府自転車条例」がスタートしました。

大阪府内で自転車を利用する方には、自転車損害賠償責任保険等に加入が義務化されています。
ただ、自転車損害賠償責任保険等に加入してなくても、罰則はありません。

それでは、広まらないんじゃないでしょうか?

もちろん個人賠償責任保険も、自転車損害賠償責任保険等に含まれます。

大人の日常生活でも、個人賠償責任保険はおすすめ

大人の世界でも、このような事故が考えられます
  • 飼い犬が噛み付いて、怪我をさせた
  • 洗濯機や風呂水等が原因で、下階へ水漏れさせた

個人賠償責任保険は、こんな日常で起こりうる他人に対しての賠償責任に対する保険です。

民法 第709条(不法行為による損害賠償)
故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。

自室への水漏れは、火災保険「建物(水漏れ特約)」で対応。下階への水漏れも火災保険「建物(水漏れ特約)」で対応できるケースもあります。

個人賠償責任保険の加入方法

個人賠償責任保険は、単品では加入できず、原則何かの保険の特約として加入します。

家を買ったとき、火災保険に入りますね。個人賠償責任保険は火災保険の特約として加入できます。

家の購入と同時期に、子供の出産や入学がある家庭には、個人賠償責任保険の加入をおすすめします。

その他の個人賠償責任保険加入方法

  • 自動車保険等の特約
  • 特定のクレジットカード会員の加入
  • 損害保険の特約など

特定のクレジットカード等で自動付帯されている個人賠償責任保険は、おまけ程度の場合もあるので、一度ご確認ください。

お悩みの方の多いおねしょ。病院で治療できるようになりました

子供のおねしょ対策8選 夜尿症におむつを使うのはOK?
おねしょ(夜尿症)は年齢とともに自然治癒します。しかし、年齢が上がると学校行事等で外泊することもあり、存分に楽しめないかもしれません。自宅でできるおねしょ対策から始めましょう。

個人賠償責任保険の保険料は格安

個人賠償責任保険の保険料は、支払い方法や保険会社によって異なりますが、年間実質1,000円~2,000円で、賠償額は1億円というのが多いです。

保険料の安さも、個人賠償責任保険をおすすめする理由のひとつです。

自分への事故は自己責任ですが、他人への事故は賠償しなくはいけません。

前述の自転車事故や、子供の事故で、いつ賠償責任を問われるかわからないため、私も賠償責任保険には加入しています。

火災保険の特約として加入して、35年一括で個人賠償責任保険の保険料は、年間1,000円以下でした。

こちらも、おすすめ!保険料が高いが入る価値あり

【地震保険加入率】地震保険料は都道府県別で違う(マンション、戸建て)
地震や津波に危機感を持つ方は増えつつありますが、まだまだ地震保険加入率は低いです。都道府県別でも温度差があります。

個人賠償責任保険の対象者(被保険者)の範囲

  • 契約者本人
  • 配偶者(妻・夫)
  • 同居の親族(子供・祖父母・義父母等)
  • 生計を一にする別居の子供(仕送り中の大学生など)

世帯主が個人賠償責任保険に加入すれば、子供を含めてほとんどの家族が被保険者となることができます。

個人賠償責任保険の保険金が支払われない例

子供が親の車や所有物を傷つけた

子供に賠償責任を問う親なんていませんが、
被保険者と同居の親族に対する損害は、個人賠償責任保険は使えません。

わざと事故(損害)を起こした・起こさせた場合

被保険者の故意によるものは、個人賠償責任保険は使えません。

地震・津波が原因による被害

地震保険で対応します

【地震保険加入率】地震保険料は都道府県別で違う(マンション、戸建て)
地震や津波に危機感を持つ方は増えつつありますが、まだまだ地震保険加入率は低いです。都道府県別でも温度差があります。

仕事中に起こった事故等

仕事中や通勤中の事故は、個人賠償責任保険は使えません。仕事中や通勤中の事故は、労災保険で対応します。

労災保険の休業補償と療養補償 怪我、病気、入院でもらえる金額を計算
サラリーマンには、仕事中・通勤中の怪我や病気が原因で、医療機関を受診したり、入院や療養で仕事を休むことになってしまった場合の補償があります。労災保険の療養補償給付と休業補償給付です。

車を運転中の事故・車の盗難等

自動車保険・車両保険で対応します。

他人からの借り物を壊した場合の賠償事故

「被保険者が所有、使用、管理する財物の損壊について、その財物につき正当な権利を有する者に対して負担する損害賠償責任」と約款に難しい言葉で記載されています。

あまり知られていませんが、受託物賠償責任保険で対応します。

他人への名誉毀損やプライバシー侵害に対する事故

日常生活で起こる、他人にケガを負わせたり、他人のものを壊してしまう事故に対してのみ補償されます。

ツイッター等でのつぶやき、ブログの書き込み内容等には注意が必要です。

園児総合保険(子供総合保険)はおすすめしない

幼稚園や保育園に入ったら、園児総合保険(子供総合保険)のパンフレットをもらって帰ってくると思います。

園児総合保険(子供総合保険)は、個人賠償責任保険と比較すると保険料が割高のため、おすすめしません。

園児総合保険(子供総合保険)の保険内容

園児総合保険(子供総合保険)は、個人賠償責任保険に子供の傷害保険と親の生命保険がプラスされた保険です。

園児総合保険=個人賠償責任保険+傷害保険+生命保険+

  1. 子供の傷害保険は、子供の怪我や病気のときの通院費用や入院費用が支払われます。
  2. 親の生命保険は、親にもしものことがあった場合に保険金が支払われます。

園児総合保険(子供総合保険)をおすすめしない理由

  1. 保険料が個人賠償責任保険と比較すると割高です。
  2. 6歳まで(小学校入学前まで)は、ほとんどの市町村で、公的扶助を受けられるため、通院費用も入院費用も負担は少ないです。
    つまり、園児総合保険(子供総合保険)の傷害保険の部分の必要性は低いです。
  3. 子供を持つ親は生命保険に加入しているはずです。
    生命保険の二重加入の必要はありません。

15歳まで(中学校卒業まで)としている市町村も増えてきました。詳しくは各市町村にお問い合わせください。

長期入院が必要な病気はこれだ!平均在院日数(平均入院日数)も発表
平均在院日数(32.8日)の10倍以上の入院期間を必要とする病気があります。長期入院する病気で入院する確率は低いですが、入院することになった場合、1年以上入院することも考えられます。

個人賠償責任保険の加入は内密に?

個人賠償責任保険に入っていることは、家族以外は内密にしておくことが無難です。

通常であれば、少しの金銭等のやり取りで終わることも、保険加入を知られれば、保険金目当てに裁判を起こされる可能性があるかもしれません。(少し考えすぎでしょうか?)

紛争費用を払うのは保険会社ですが、裁判となってしまえば、時間もとられ、ストレスもかかり面倒です。

まとめ

個人賠償責任保険をおすすめする理由

  1. 個人賠償責任保険は、日常起こりうる賠償責任を負担
  2. 子供の予測不能な出来事(自転車事故、けんか等)にも対応
  3. 高額の賠償金の請求例のある、子供の自転車事故にも対応
  4. 被保険者の範囲が広い
  5. 保険料が格安

園児総合保険(子供総合保険)をおすすめしない理由

  1. 保険料が割高
  2. 園児総合保険(子供総合保険)の傷害保険部分は、市町村の公的扶助でカバーできる
  3. 園児総合保険(子供総合保険)の生命保険部分は、他の生命保険に加入していた場合、二重加入になるため、もったいない