日焼け止めの紫外線吸収剤は敏感肌NG?紫外線散乱剤と何が違う?

painting-sunscreen

日焼け止めの紫外線吸収剤は、肌に負担がかかります。

敏感肌の方、アレルギー体質の方、子供は、
紫外線吸収剤フリー、ノンケミカルの日焼け止めを選びましょう。

呪文のように、唱えられていることだと思います。

果たしてその通りなのでしょうか?
紫外線吸収剤フリー、ノンケミカルの日焼け止めは、肌に本当にやさしいのでしょうか?

日焼け止めの紫外線散乱剤と紫外線吸収剤が紫外線を反射、吸収する仕組み、メリット・デメリットを中心に解説します。

スポンサーリンク

日焼け止めが紫外線をブロックする仕組み

日焼け止めの表示と効果 SPFはサンバーン、PAはうっかりサンタンを防ぐ
日焼け止めにある表示「SPF」「PA」。女性ならば、もはや常識なのかもしれません。その意味について日焼けのサンバーンとサンタンと一緒に解説します。

日焼け止めが紫外線をブロックする仕組みは、2種類あります。

  • 紫外線散乱剤を使用して、紫外線を反射する
  • 紫外線吸収剤を使用して、紫外線のエネルギーを吸収する

日焼け止めの紫外線散乱剤と紫外線吸収剤には、メリットとデメリットがあります。

日焼け止めの紫外線散乱剤

紫外線散乱剤のみを含む日焼け止めは、いわゆる紫外線吸収剤フリー、ノンケミカルタイプの日焼け止めになります。

紫外線散乱剤が紫外線をブロックする仕組み

紫外線散乱剤が紫外線をブロックする仕組み

紫外線散乱剤を使用した日焼け止めを使用すると、紫外線散乱剤が角質の上に貼りつきます。

貼りついた紫外線散乱剤が、紫外線を反射させて、紫外線が角質に透過するのを防いでくれます。

これが、日焼け止めの紫外線散乱剤が紫外線をブロックする仕組みです。

主な紫外線散乱剤の成分

  • 酸化亜鉛
  • 酸化チタン

酸化亜鉛も酸化チタンも、もともとは白いパウダー状の結晶です。それを基剤に溶かしこんで、日焼け止めとして使用しています。

塗り薬の軟膏とクリームの違いは基剤!吸収率、使用感で使い分ける
使用感、効果、吸収率、吸収速度を決める要素のひとつが基剤です。塗り薬の治療においては、有効成分と同じくらい基剤の選択がキーポイントになります。軟膏とクリームのどちらがよく効くのでしょうか?

紫外線散乱剤のメリット

  • 化学構造が壊れにくいため、日焼け防止効果が長持ちしやすい
  • UVAとUVBの両方の紫外線に効果がある
  • 有機化合物ではないため、肌刺激が少ない

紫外線散乱剤のデメリット

  • 日焼け止めを塗ったところが白くなりやすい
  • 普通の洗顔では、日焼け止めが肌に残ることがある

日焼け止めの紫外線散乱剤成分である酸化チタンや酸化亜鉛は、どちらも白色のパウダーのでしたね。

最近の紫外線散乱剤タイプの日焼け止めは、酸化チタンや酸化亜鉛の微粒子化などの工夫で塗った後の白浮きを軽減されています。

日焼け止めの紫外線吸収剤

天気、季節、時間帯、地域別の紫外線影響を紫外線指数(UVインデックス)で解説
紫外線の影響は、天気、季節、時間帯、地域で異なることが知られています。実際どのくらい異なるかをUVB量、UVA量、紫外線指数(UVインデックス)で解説します。

紫外線吸収剤が紫外線をブロックする仕組み

紫外線吸収剤が紫外線をブロックする仕組み

紫外線吸収剤を使用した日焼け止めを使用すると、紫外線吸収剤が角質の上に貼りつきます。

貼りついた紫外線吸収剤が、紫外線エネルギーを取りこんで、熱や赤外線などに変化させます。その作用が紫外線が肌への透過を防ぎます。

これが、日焼け止めの紫外線吸収剤が紫外線をブロックする仕組みです。

紫外線吸収剤の成分

  • メトキシケイヒ酸エチルヘキシル
  • ブチルメトキシジベンゾイルメタン
  • メトキシケイヒ酸オクチルなど

その他、UVBの紫外線吸収剤、UVAの紫外線吸収剤は、非常にたくさんあります。

日焼け止め成分の表示で、長い横文字は紫外線吸収剤の可能性が高いです。

紫外線吸収剤のメリット

  • 無色透明なので日焼け止めで白くならない
  • 日焼け止めの塗り心地がいい

紫外線吸収剤のデメリット

  • 成分名の通り、紫外線吸収剤は有機化合物です。
    最近の日焼け止めは、かなり改善されていますが、肌への刺激が起こることがあります
  • 紫外線エネルギーを吸収した時に、分子構造が変化するため、日焼け防止効果が短縮されやすい
  • 汗に強く、流れ落ちにくい

トランサミン(トラネキサム酸)とシナール(ビタミンC)の美白効果(シミ、肝斑)
加齢とともに気になるシミ。肝斑薬トランサミンや美白ビタミンのシナールなどの飲み薬や塗り薬を使って、ある程度のシミは消すことができると言われています。

紫外線散乱剤タイプ(紫外線吸収剤フリー、ノンケミカル)のおすすめ日焼け止め

成分
シクロメチコン,水,BG,ジメチコン,テトラオクタン酸ペンタエリスリチル,ジメチコンコポリオール,グリセリン,ポリメタクリル酸メチル,シリカ,ジ ステアリン酸Al,ジステアルジモニウムヘクトライト,セスキイソステアリン酸ソルビタン,キシリトール,イソステアリン酸,水酸化Al,メタリン酸 Na,トコフェロール,酸化亜鉛,酸化チタン

ドゥーエ日焼け止めノンケミカルは、紫外線吸収剤フリー、ノンケミカルの日焼け止めです。

メーカーのHPには
「よりお肌が敏感な方に配慮し、紫外線散乱剤のみを配合したノンケミカルタイプの日焼け止め」とあります。

しかし、Amazonのレビューを見てみると、
紫外線吸収剤フリー、ノンケミカルの日焼け止めでも、かぶれる方は一定数いることがわかります。

興味がないと思いますが、ドゥーエ日焼け止めノンケミカルは、私も使用しています。
しっかり伸ばさないと肌が白くなり、やや塗っている感がありますが、その分紫外線防御に対しては頼りになります。

紫外線吸収剤タイプのおすすめ日焼け止め

成分
水、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、エタノール、PG、ジメチコン、エチルヘキシルトリアゾンジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル、 BG、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、クインスシードエキス、ヒメフウロエキス、キハダ樹皮エキス、ヒアルロン酸Na、(アクリレーツ/アクリル酸 アルキル(C10-30))クロスポリマー、カルボマー、酢酸トコフェロール、水酸化Na、BHT、メチルパラベン

ニベアサンプロテクトウォータージェルは、紫外線吸収剤配合タイプの無香料、無着色
、アレルギーテスト済みの日焼け止めです。

メーカーのHPには「日常紫外線から素肌をやさしく守る。みずみずしい、化粧水感覚のUVジェル。とろけるように肌になじむ」とあります。

まさにその通りです。

もっと興味がないと思いますが、ニベアサンプロテクトウォータージェルは、妻と子供が使用しています。私もたまに使います。
メーカーのうたい文句通り、確かに白くなりませんし、塗っている感覚がほとんどありません。

さらにAmazonのレビューを見てみると、
ニベアサンプロテクトウォータージェルは、紫外線吸収剤配合タイプの日焼け止めですが、ほとんど被れたというレビューが見当たりません。

紫外線吸収剤フリーやノンケミカルにこだわらなくても、かぶれにくい紫外線吸収剤配合タイプの日焼け止めはあるいういい例だと思います。

日焼け止めの落とし方

日焼け止めも、化粧と同じで肌にのっている間は、肌に負担をかけています。

日焼け止め使用後は、しっかり落とさなくてはいけません。日焼け止めの落とし方については、使用説明書に記載があります。それを守って使用して下さい。

女性の場合は日焼け止めの上からメイクをするため、クレンジングをして洗顔をするのが一般的かと思います。

日焼け止めの落とし方に「クレンジングで」と表記があるならば、普段のメイク落としでクレンジングします。

特に白浮きしにくい紫外線散乱剤を使った日焼け止めは、酸化亜鉛や酸化チタンを微粒子化や、表面加工等をしているため、肌に残りやすいです。

しっかりクレンジングする必要がありそうです。

まとめ

  1. 日焼け止めの紫外線をブロックする仕組みは、「紫外線を反射する紫外線散乱剤」「紫外線を吸収する紫外線吸収剤」のどちらかしかない
  2. 紫外線散乱剤の主な成分は、酸化亜鉛と酸化チタン
  3. 紫外線散乱剤は、白くなりやすいが、最近の日焼け止めはそうでもない
  4. 紫外線吸収剤の成分名は、長い横文字であることが多い
  5. 紫外線吸収剤は、有機化合物であるため、アレルギーや刺激の原因となる可能性はある
  6. 紫外線吸収剤フリーやノンケミカルにこだわらなくても、かぶれにくい紫外線吸収剤配合タイプの日焼け止めはある
  7. 日焼け止めは、しっかりと落とさないと、肌への負担が残る
日焼け止め(サンスクリーン)の塗る量、回数、使い方と選び方
日焼け止めには、日常用、レジャー用、海・山用、海・プール用、敏感肌用、絶対焼かない人用?などがあります。これらは、SPF、PA、紫外線吸収剤、紫外線散乱、,耐水性を基本として作られています。