プロペトと白色ワセリンの違いはこれ!市販も色々あるけど何が違うの?

スポンサーリンク
どのワセリンかいいか悩む女性

プロペトと白色ワセリンは、処方薬もしくは市販薬としていろいろな目的で使われています。

  • 保湿
  • 皮膚の保護
  • ステロイドとの混合
  • ヒルドイドとの混合

乾燥肌で悩んでいる方なら、一度は聞いたり使ったことがあるのではないでしょうか?

この2つは、どれも日本薬局方(医薬品の性質、純度、常用量などを定めたルールブック)にある黄色ワセリンをベースに作られています。

主な違いは、色、純度、使用感(塗り心地)、満足感などです。

スポンサーリンク

黄色ワセリン

黄色ワセリンの軟膏色

黄色ワセリンを上から見た画

黄色ワセリン石油の成分(パラフィン基原油)から精製され作られています。

石油の成分?

肌に悪そうですが、精製の過程で石油不純物はほとんど除去されています。

しかし、わずかな不純物を含み、かぶれなどの副作用を起こす確率はゼロではありません。

不純物の種類

  • 硫黄化合物
  • 窒素化合物
  • 金属化合物
  • 芳香族炭化水素
  • 不飽和炭化水素など

スポンサーリンク

白色ワセリン

白色ワセリンの軟膏色

白色ワセリンを上から見た画

白色ワセリンは黄色ワセリンを脱色したワセリンです。違いは色です。

白色ワセリンとは、通常日本薬局方の白色ワセリンを指します。
(例外もあり)

日本薬局方の白色ワセリン
1g中 日局白色ワセリン 1g含有

(日本薬局方の白色ワセリンの基準を知りたい方は、日局白色ワセリンの「ワ行」をどうぞ)

白色ワセリンは「黄色ワセリンから不純物を除いたワセリン」と思っている方もいますが、白色ワセリンと黄色ワセリンの不純物量は同程度です。

白色ワセリンと黄色ワセリンの違いはです。
(ワセリンの色がより白色(透明)に近づく)

そのため、塗り心地の面では黄色ワセリンと違いはなく、ベトベト(べたべた?)しています。

白色ワセリンは紫外線(光)や熱による酸化が起こります。

使っている間に自然に黄色くなっていきますが、普通に使う分には問題ありません。

プロペトと白色ワセリンの違い

プロペトの軟膏色

プロペトを上から見た画

プロペトは白色ワセリンから不純物をさらに精製し、純度を高めた白色ワセリンです。
(夾雑有機酸類が白色ワセリンの約1/10)

プロペトも色はやや黄色かかっていますが、より白色に近いです。

プロペトと白色ワセリンとの大きな違いは、プロペトは目に使う軟膏基剤として使えることです。プロペトはそれくらい純度が高い白色ワセリンなのです。

そして、皮膚科ではステロイドやヒルドイドと混合して使われるケースも多いです。

乾燥肌にヒルドイド、白色ワセリン(プロペト)、混合薬 どれを選ぶ?

ただし、ステロイドにプロペトを混合しても、ステロイドの強さが弱くなるわけではありません。

ステロイドが怖い!? ヒルドイド/ワセリンで薄めると強さも弱くなる?

また、プロペトは白色ワセリンより純度が高いため、独特のベトベト感が少なくなっています。
(粘度が低い→ベトベトしてない)

プロペトと白色ワセリンの粘度(べとべと感)の比較

出典:丸石HP

プロペトは持ち運びに便利なチューブタイプもあります。

プロペトチューブタイプ

(プロペトの市販は後で解説)
(2017年10月、200gのプロペトも発売)

サンホワイトは市販のみ

最高級のワセリン「サンホワイト」を無視するわけにもいきません。

タイトルの趣旨からそれますが、少し解説します。

サンホワイト(サンホワイトP-1)は白色ワセリンから不純物をさらに精製し、純度を高めた香料、着色料、保存料無添加の究極の白色ワセリンです。

サンホワイト

ただし、プロペトと白色ワセリンと違い、病院で処方することができません。

その理由とサンホワイトの詳細はこちらで解説しています。
サンホワイトは純度で勝負!プロペト/白色ワセリンとの違いは何?

白色ワセリンの市販

  • 日局白色ワセリン
  • 日本薬局方 白色ワセリン

商品に下線の記載がある白色ワセリンの市販は、どのメーカーも同じ基準を満たしたワセリンです。

しかし、

  • 白色ワセリン
  • ワセリン
  • ヴァセリン(Vaselin)

と記載されている白色ワセリンの市販は、塗り心地や色などがメーカーによって違います。

特にヴァセリン(Vaselin)の色はかなり黄色かかっています。白色ワセリンではなく黄色ワセリンよりです。

プロペトの市販

プロペトの市販にはプロペトホームがあります。

市販用のプロペトホームと病院用のプロペトは、パッケージが違うだけです。中身の白色ワセリンは同じモノを使っています。

ワセリン(プロペト)の効果で顔がプルン!美容美肌にはこう使おう

白色ワセリン、プロペトホームの市販価格

2018年5月現在のアマゾンの値段
(リンクをクリックすると最新の値段を調べられます)

市販薬 白色ワセリン プロペトホーム
写真 白色ワセリン(大洋製薬) プロペトホーム
メーカー 大洋製薬  丸石製薬
用量(g) 500 100
値段(円) 960 960
1gあたりの値段 1.92 9.6

1gあたりの値段は白色ワセリンが抜群に安いです。

プロペトホームはチューブタイプのみ市販されています。

プロペトホームは携帯するのにはいいですが、値段を比べてしまうと約5倍「ん~」と悩んでしまいますね。

白色ワセリンを買って百均の小さなケースで小分けして使うのが、一番お得なワセリンの利用方法でしょう。

万能すぎる!白色ワセリン、プロペト、サンホワイトの使い方7選

まとめ

  1. 白色ワセリンとプロペトは日本薬局方の黄色ワセリンをベースに作られている
  2. 白色ワセリンは、黄色ワセリンを脱色したワセリン
  3. プロペトは、白色ワセリンから不純物をさらに精製し、純度を高めた白色ワセリン
  4. 黄色ワセリン、白色ワセリン、プロペトは健康保険が使えるが、サンホワイトは健康保険が使えない
  5. 白色ワセリンのおすすめ市販はニーズで違う