爪水虫薬クレナフィンの使い方はこれでバッチリ!使用期間も完璧マスター

スポンサーリンク

水虫はかゆいイメージが先行していますが、爪水虫はかゆみがありません。

放置すると、爪が分厚くなったり、色が変わったり、変形してきます。

そして痛みが出るようになり、ようやく皮膚科の受診につながります。

爪水虫は完治させない限りどんどん広がり、一生水虫と付き合わなくてはならなくなります。

しかし、爪水虫の完治は難しく10%~20%程度だといわれています。

ただ、爪水虫の完治が難しいのは病気の問題だけではありません。

爪水虫の知識不足が完治を難しくしています。

「薬の使い方」や「爪水虫との付き合い方」をまちがえなければ、根気よく「クレナフィンを必要期間使い続ける」ことができれば、爪水虫は終息していくはずです。

爪水虫の知識をフォローアップしながら、クレナフィンの使い方と使用期間を解説します。

※爪水虫は通称名です。正式名称は爪白癬(つめはくせん)です。

スポンサーリンク

クレナフィンとは

クレナフィン(正式名称:クレナフィン爪外用液10%)は爪水虫への効果が認められた日本初の塗り薬です。
(2014年9月発売)

クレナフィン爪外用液10%

クレナフィンの有効成分はエフィナコナゾールです。

ケラチンとの親和性を低くして、エフィナコナゾールを高濃度化することで、爪への透過性を高めています。

クレナフィンは次の方を中心に使われています。

  • 爪水虫の飲み薬を飲めない方
  • 飲み薬を増やしたくない方
  • 血液検査を嫌う方

スポンサーリンク

クレナフィンの使い方(塗り方)

クレナフィンの使い方は簡単です。

1日1回入浴後に爪の水気をふき取ってから、クレナフィンを爪に塗るだけです。

<ルコナックの使い方>

  1. 爪水虫を石鹸で洗って、よく乾燥させる
  2. クレナフィンを下に向けて、薬をハケに浸透させる(特に開封初回)
  3. 爪水虫になっている全ての爪全体にクレナフィンを塗る
  4. 爪と皮膚の境界、爪先の中もしっかり塗る
  5. 皮膚に付いたクレナフィンをティッシュでふき取る
    (皮膚につくと副作用の原因になる)

使い方のポイントを見ていきましょう。

使い方のポイント1:
ハケを使って爪全体に塗る

クレナフィンの先端にはハケがついています。

クレナフィンはハケの使い方がポイント
出典:科研製薬HP(一部改編)

クレナフィンの側面を押すと、液がハケに染み渡ります。

ハケを使って爪水虫になっている全ての爪全体に塗ります。

使い方のポイント2:
爪と皮膚の境界、爪先も塗る

爪と皮膚の境界、爪先の中にも水虫菌はひそんでいます。

もれなくクレナフィンを塗ります。

クレナフィンの使い方(境界、爪中)
出典:科研製薬HP(一部改編)

使い方のポイント3:
塗る量

「クレナフィン1本で何日分?」という質問も良く受けますが、塗る爪の本数で塗る量が違います。

何とも答えられません。

変形、変色している爪全体光るくらいクレナフィンを塗りこみます。

クレナフィンの使い方(塗る量)
出典:科研製薬HP(一部改編)

爪水虫以外の爪にクレナフィンを塗ってはいけません。

関係のない指にクレナフィンがついた場合は、かぶれの副作用の原因になるため、しっかりと拭きとります。

クレナフィンの使用期間

クレナフィンを1回使って来なくなる方もいますが、1本使っても爪水虫は全く治りません。

なぜならば、クレナフィンには、変形、変色した爪を直接治す効果はないため、水虫爪が押し出されて新しい健康爪に生え変わるまでの期間、クレナフィンを塗り続けなくてはならないからです。

クレナフィンで爪水虫が完治するまでの爪の様子
出典:爪白癬治療の心得

水虫爪が生え変わる期間は、手の爪で半年〜1年、足の爪で1年〜1年半といわれています。

そのため、クレナフィンの使用期間は次が目安になります。

  • 手爪水虫の使用期間:1年程度
  • 足爪水虫の使用期間:1.5年程度

爪水虫の治療には長い治療期間が必要です。

爪水虫は1年から1年半が治療期間の目安ですが、2年の治療期間をついやしても完治しないと言う方も多いです。

その理由はこちらの記事で解説しています。
爪水虫(爪白癬)の症状と治らない3つの理由 正しい治療法とは?

クレナフィンの塗り忘れ

爪水虫の治療には長い期間が必要であることがわかりましたね。

その間には、クレナフィンの塗り忘れもあるのでしょう。

塗り忘れのときに、いつもの2倍量のクレナフィンを使用すると、かぶれの副作用の原因になります。塗り忘れてもいつもの量を使用します。

入浴後にクレナフィンを使用している場合

  • 寝る前にクレナフィンの塗り忘れをを思い出したら、そのとき使用して次の日はいつもどおり入浴後に塗ります。

  • 次の日に昨日クレナフィンを使ってないのを思い出したら、今晩忘れず入浴後に塗ります。

クレナフィンの使用期限

クレナフィンは開封するまでは、容器に記載の使用期限まで使えます。

ただし、クレナフィン開封後の使用期限は4週間です。

使用期限4週間の理由は承認前の苛酷試験(約60度、暗所、4週間)で、添加物であるエタノール減少にともなう質量減少などが起こったからです。

クレナフィンの薬価(値段)は高い

クレナフィンは日本初の爪水虫専用塗り薬です。そのため薬価(薬の値段)は高いです。

爪水虫の薬 薬価
(1錠or1本)
1日量 28日薬代 3割負担
イトリゾール
(飲み薬)
354.2 8 ¥19,835 ¥5,950
ラミシール
(飲み薬)
184.2 1 ¥5,158 ¥1,550
クレナフィン 5900.7 ¥11,801 ¥3,540
  • イトリゾールは1日8錠を1週間服用して3週間休む。それを3回繰り返す
  • ラミシールは毎日1回1錠服用
  • クレナフィンは1本14日分で換算

イトリゾールとラミシールを使った爪水虫治療はこちらを参照しよう。
爪水虫(爪白癬)飲み薬 ラミシール VS イトリゾール 効果と副作用

クレナフィンが高くて薬代がつらい方は、ルコナックに変更すれば1本あたり700円ほど安くなります。(3割負担)

爪水虫塗り薬ルコナックとクレナフィンの比較 効果、副作用、使い方、薬価

ただし、クレナフィンは1回の処方本数に制限がありませんが、ルコナックは2017年4月末までは、1回1本の処方制限があります。
(健康保険ではクレナフィン・ルコナック1本14日分と換算します)

薬の処方制限はこちらを参照しよう。
麻薬、向精神薬、新薬、湿布には処方日数(投与)制限がある

クレナフィンの効果と副作用

クレナフィンの効果(52週後完全完治率)は17.8%です。

クレナフィンの効果(0週から52週)
縦軸:完全治癒率
横軸:使用期間
出典:科研製薬HP(一部改編)

クレナフィンは36週をさかいに急激に効いてくるのが特徴です。

水虫の塗り薬はかぶれやすいと言われますが、クレナフィンの副作用頻度は2%程度です。

効果と副作用はこちらを参照しよう
クレナフィンの効果 爪水虫飲み薬の副作用が心配なら塗り薬で治そう

まとめ

  1. クレナフィンは、爪水虫の効果が認められた日本初の塗り薬
  2. クレナフィンの使い方(塗り方)は簡単。1日1回入浴後に塗布
  3. ハケを使って爪水虫全体(さかい目、爪中も)に塗る
  4. ただし、皮膚に付いたらティッシュでふき取ること
    (副作用に原因になる)
  5. クレナフィンの使用期間の目安は、半年から1年半