酸化マグネシウムの便秘改善効果と飲み方 効きすぎて下痢したときは?

スポンサーリンク
便秘が治ってスッキリした女性

便秘が解消しないときは、便秘薬を使います。

便秘に使われる便秘薬は多くの種類がありますが、センノシド、プルゼニド、アローゼンなど大腸を直接刺激して排便をうながすタイプの便秘薬を思い浮かべるのではないでしょうか?

センノシド、プルゼニド、アローゼンは便秘に即効性がありますが、癖になりやすいというデメリットがあります。

腸にやさしく自然な排便を促す薬が酸化マグネシウムです。

酸化マグネシウムは腸を直接刺激しないため、キュルキュルっとした腹痛に襲われる可能性が少なく、クセにもなりにくいです。

ただし、酸化マグネシウムは便秘改善効果の個人差が大きいため、少ないと効かない。
効きすぎると下痢する場合があり、自己調整が必要です。

スポンサーリンク

便秘の3大原因

便秘が起こる原因はさまざまですが、3つの原因を解説します。

1.便の水分の低下

便に水分量が足りないときは、うさぎの便のようなコロコロ便になります。

小さなコロコロ便は少しずつ排便できますが、癒着して大きなコロコロ便になると(宿便が増えると)、排便できず便秘になります。

ムリにがんばるとおしりから出血することもあります。

大きな痔は手術が必要ですが、小さい痔であれば塗り薬や飲み薬でも治療できます。こっそり治せる市販薬もあります。ボラギノールAとMの一番の違いはステロイドを含むかどうかです。

2.腸内環境の悪化

大腸内は、ビフィズス菌を代表とする善玉菌が多くを占めています。

腸内細菌はバランスを取っていて、最適なバランスは善玉菌:悪玉菌:日和見菌=2:1:7といわれています。

腸内細菌のバランスが乱れたとき(善玉菌↓、悪玉菌↑)、便秘や下痢などのさまざまな症状を引き起こします。

腸内細菌のバランスはこちらの記事で解説しています。

ビオフェルミンは、腸内フローラのバランスを整え、自然治癒に近い形で下痢・便秘に効果を発揮します。赤ちゃんから大人まで幅広く使用されています。

3.大腸の運動機能の低下
(宿便の増加)

胃に食物が入ってくると、胃腸の運動が活発化します。

便が肛門付近にたまってくると、便意を催すように神経を通して大腸(肛門)に指令を出します。

しかし、ストレスなどで神経伝達がうまく伝わらないと、便がたまっているにもかかわらず、便が外へ排泄されなくなり便秘が起こります。

便秘で長くとどまった便を宿便といい、宿便は腹痛・残便感・吐き気などの原因です。

酸化マグネシウムは種類が多い

酸化マグネシウム錠330mg「ヨシダ」、マグミット錠330mg」
左:酸化マグネシウム錠330mg「ヨシダ」
右:マグミット錠330mg

酸化マグネシウムを主成分とする便秘薬は、酸化マグネシウム「ヨシダ」(旧名マグラックス)、酸化マグネシウム「ケンエー」、マグミットなどがあります。

  • 1錠のmg数も200mg~500mgまで、多くの種類があります。
  • 飲みにくいですが、酸化マグネシウムは粉末薬もあります。
  • 市販薬もあります(後述)。

酸化マグネシウムの3つの効果

酸化マグネシウムは飲む量(用量)で効果が違います。

酸化マグネシウム少量
結石の発生予防効果

腎臓(膀胱)の石とも言われる腎結石(膀胱結石)などは、まとめて尿路結石といいます。

尿路結石のほとんどはシュウ酸カルシウムのかたまりです。

酸化マグネシウムはシュウ酸カルシウム結石の発生を予防する効果があり、1日200~600mgを多量の水で飲みます。

酸化マグネシウム中用量
制酸剤として効果

酸化マグネシウムは、中用量(1日500mg~1000mg)で制酸剤として効果を発揮します。

胃のむかつきや胃酸過多による痛みなどに使います。

ドグマチール(スルピリド)には、2つの作用(交感神経を抑制する作用とドパミンD2受容体をブロックする作用)と3つの顔が(胃薬、抗うつ剤、統合失調症薬)があります。

酸化マグネシウム高用量
便秘薬として効果

酸化マグネシウムは、高用量(1日2000mg)で便秘薬として効果を発揮します。

ただし、通常の便秘であれば、酸化マグネシウム2000mg使うのはまれで、750mg~2000mgが標準量です。

詳細は後述「酸化マグネシウムの副作用」

マグミットは便をやわらかくして自然な形で排便するタイプの便秘薬です。そのため、飲んですぐに効くわけではありません。飲んでから数時間から数日でジワーッと効果が表れます。

酸化マグネシウムの便秘改善効果

酸化マグネシウムは、腸内の水分を集めて便をやわらかくします。

水分の集まった便は適度に膨らみ、腸を刺激してスムーズな排便を促します。

酸化マグネシウムは腸を直接刺激するのではなく、膨らんだ便が腸を刺激するため自然な排便ができる便秘薬です。

また、癖になりにくい便秘薬でもあります。

通常の便秘には便軟化作用のある酸化マグネシウムを主に使い、頑固な便秘に限定して下剤タイプ便秘薬を使うが賢い便秘との付き合い方です。

酸化マグネシウムの飲み方

酸化マグネシウムは、飲む量で効果が違いましたね。

酸化マグネシウム量 効果
少量 尿路結石予防
中用量 胃痛・むかつき
高用量 便秘

酸化マグネシウムは、便をやわらかくして自然に排便したいときは1日2~3回に分けて飲み、ドバっとたまった宿便を排便したいときは寝る前1回まとめて飲みます。

便に水分を与える作用促進ため、多めの水での服用がおすすめです。

個人的な話ですが、筋トレを始めてから高タンパク食に切り替えました。

すると、便が硬くなりおしりが出血することが増えました。

便秘は痔の大敵です。

強力ポステリザン軟膏は痔と肛門周辺の湿疹では使い方が違います。2種の成分(大腸菌死菌、ヒドロコルチゾン)は3つの効果が期待できます。

そのときに使った薬が酸化マグネシウムです。

330mgを寝る前に飲むだけで十分な効果があり、出血は治まりました。

整腸剤の服用も欠かせません。

ビオスリーの特徴の違う3種類の細菌は、互いを助け合って下痢・便秘に効きます。しかし、即効性はなく、ジワーッと効いてくる特徴があります。

酸化マグネシウムの副作用

酸化マグネシウムは副作用発現頻度が明確となる調査が行われていませんが、2つの副作用が知られています。

酸化マグネシウムの重大な副作用
高マグネシウム血症

高齢者など腎機能が弱っている方は、マグネシウムの排泄不足により高マグネシウム血症を起こすリスクがあります。

高マグネシウム血症とは、血中のマグネシウム濃度が上昇する電解質代謝異常で、不整脈、ショック、呼吸停止を起こす場合がある危険な状態です。

高マグネシウム血症の初期症状は、悪心・嘔吐、起立性低血圧、徐脈、皮膚潮紅、筋力低下、傾眠、全身倦怠感などです。

酸化マグネシウムを飲んでこのような症状があるならば、中止して血液検査をする必要があります。

酸化マグネシウムの副作用
下痢、腹痛、吐き気(効きすぎ)

酸化マグネシウムの便秘に使う処方量は750mg~2000mg/日が多いですが、便秘への効果は飲んでみないことにはわかりません

酸化マグネシウムが効きすぎた場合、下痢をします。

下痢したときは、酸化マグネシウムを減量して下痢も便秘もしないちょうどいい量を探らなくてはなりません。

酸化マグネシウムは自己調整が必要な便秘薬です。

大腸刺激下剤タイプの便秘薬の中ではセンノシド(プルゼニド)は強い便秘薬です。ただし、使い続けると効果が減弱して、増量を重ねる便秘薬スパイラルにおちいる場合があります。

酸化マグネシウムの市販

酸化マグネシウムは市販もあります。

酸化マグネシウムE便秘薬を市販の代表として解説します。

1錠あたりのマグネシウム量は333mgですので、医療用の酸化マグネシウム330mgと同等の効果が期待できます。

市販の飲み方は酸化マグネシウムと同じです。

ただし、市販薬であるがため安全性を考慮して年齢別に用量が設定されています。

  • 大人(15歳以上)1回:3〜6錠
  • 11歳以上15歳未満1回:2〜4錠
  • 7歳以上11歳未満1回:2〜3錠
  • 5歳以上7歳未満1回:1〜2錠
  • 5歳未満:服用不可

詳細はこちらの記事で解説しています。

酸化マグネシウムは大腸を刺激するタイプの便秘薬ではないため、おなかが痛くなりにくく、クセになりにくいです。「酸化マグネシウムE便秘薬」を例にして、有効的な便秘薬市販の飲み方を解説します。

まとめ

  1. 便秘の3大原因は、1.便の水分低下 2.腸内環境の悪化 3.大腸の運動機能低下
  2. 酸化マグネシウムは大腸を直接刺激しないため、自然な排便ができる癖になりにくい便秘薬でもある
  3. 酸化マグネシウムを便秘に使う場合、750mg~2000mg/日の使用が多い
  4. 酸化マグネシウムは、便をやわらかくして自然に排便したいときは1日2~3回に分けて飲み、宿便を排便したいときは寝る前1回まとめて飲む
  5. 酸化マグネシウムが効きすぎると下痢する→減量
  6. 反対に効かないときは増量していく(下痢に注意)
  7. 酸化マグネシウムは市販も多い