アローゼン顆粒の効果と副作用 センノシド(プルゼニド)との違いは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
便秘薬
この記事は約7分で読めます。

アローゼン顆粒やセンノシド(プルゼニド)は大腸を直接刺激して大腸の運動を促す便秘薬(大腸刺激性下剤)です。

アローゼン顆粒は大腸への刺激性が強く即効性があります。

そのため、1回量が多いと大腸を刺激しすぎて腹痛・下痢などの副作用を起こすときがあります。

医師の処方量を基本として自己調整が必要です。

また、アローゼン顆粒の強力な排便効果に頼りすぎると、大腸がアローゼン顆粒の刺激に慣れ、効果が減弱してきます。

アローゼン顆粒は使い方に注意が必要な便秘薬でもあります。

センノシド(プルゼニド)との違いに触れながら解説します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

便秘の3大原因

便秘が起こる原因は様々ですが、3つの大きな原因を解説します。

1.便の水分の低下

便に水分量が足りないときは、うさぎの便のようなコロコロ便になります。

小さいコロコロ便は少しずつ排便できますが、癒着(ゆちゃく)した大きなコロコロ便は便秘の原因です。

硬い便をがんばって出そうとすると、切れて出血する場合があります。

2.腸内環境の悪化

腸内は善玉菌、悪玉菌、日和見菌が2:1:7のバランスで共存しているのがよいと考えられています。

腸の善玉菌と悪玉菌のバランスに違いが生ずると、便秘や下痢などのさまざまな症状を引き起こします。

詳細はこちらの記事で解説しています。

ビオスリーは下痢便秘にジワーッと効く!すぐに効かないけど飲み続けよう

3.大腸の運動機能の低下 (宿便の増加)

胃に食べ物が入ってくると、胃腸の運動が活発化します。

便が肛門付近にたまってくると、便意を催すように神経を通して大腸(肛門)に指令を出します。

しかし、ストレスなどで神経伝達がうまく伝わらないと、便がたまっているにもかかわらず、便が外へ排泄されなくなり便秘が起こります。

便秘で長くとどまった便を宿便といい、宿便は腹痛・残便感などの原因です。

アローゼン顆粒の成分

アローゼン顆粒0.5gと1g

アローゼン顆粒は生薬由来の便秘薬です。

  1. センナ(葉) 577.9mg
  2. センナジツ(実) 385.3mg

 

アローゼン顆粒はセンナの葉と実を1.5:1 の割合に配合し、茶剤の3成分を添加しています。

  1. ミレフォリウム草
  2. オノニス根
  3. タラクサシ根草

 

アローゼン顆粒は独特の茶褐色と臭いがあります。味は苦いです。

アローゼン顆粒の色

 

センナの主成分はセンノシド(プルゼニド)と同じです。

1gあたりセンノシドA・B10~20mgです。

 

センノシド(プルゼニド)は、1錠あたりセンノシドA・Bとして12mg含むため、

便秘改善効果は「アローゼン0.5g ≒ センノシド(プルゼニド)1錠」。
もしくはアローゼン0.5gがやや弱いです

アローゼン顆粒の作用機序

アローゼン顆粒は、腸内細菌の作用を使って大腸を直接刺激して排便を促し、

大腸内の水分吸収を抑えて便が固くならないようにして便秘を改善します。

センノシド(プルゼニド)の作用・効果・時間と副作用 市販は?

アローゼン顆粒の効果と強さ

大腸刺激下剤の中では、センノシドを主成分とするアローゼン顆粒やプルゼニドは強い便秘薬です。

便秘薬の効き目は個人差と用量で違いがありますが、おおむね次の通りです。

  1. センノシド(アローゼン顆粒、プルゼニド)
  2. ビサコジル(テレミンソフト)
  3. ピコスルファート(ラキソベロン)

2と3の間に大きな強さの違いがあるイメージです。

ラキソベロン(ピコスルファート)の効果時間と副作用(下痢・腹痛)

アローゼン顆粒の副作用

アローゼン顆粒は大腸を直接刺激するため、量が多いと腹痛や下痢の副作用があらわれます。
(この副作用、おなかがキュルキュルッとして結構つらいそうです)

アローゼン顆粒は、副作用頻度が明確となる調査が行われていませんが、同成分を含むプルゼニドと同じくらいの副作用頻度と考えられます

 

プルゼニド再評価結果(参考)

副作用副作用頻度(%)
腹痛11.9
下痢1.1
腹鳴0.8
悪心・嘔吐0.8

 

アローゼン顆粒を飲み始めると、尿が赤みを帯びることがありますが、センノシド成分によるものですの問題ありません。

ビオフェルミン錠/散/Rの違い、下痢・便秘改善効果と副作用【赤ちゃん、幼児対応】

アローゼン顆粒の飲み方

アローゼン顆粒は、0.5g~1gを就寝前飲むのが標準量です。
(成人の場合)

先述の通りアローゼン顆粒は大腸を直接刺激するため、量が多いと腹痛や下痢の副作用があらわれます。

反対に、量が少ないとアローゼン顆粒は効きません。

アローゼン顆粒は副作用が起こらないように必要最低限の用量から開始します。

効かない場合は効果が出るまで増量していきます。

ミヤリサン(酪酸菌)の下痢・便秘・おなら改善効果と副作用

アローゼン顆粒の効果時間

個人差はありますが、アローゼン顆粒は服用してから8時間から10時間後が効果時間(トイレに行きたくなる時間)です。

日常の便秘であれば、アローゼン顆粒は寝る前に服用すれば朝にトイレに行きたくなります。

反対に、昼や夕にアローゼン顆粒を飲んでしまうと、睡眠中に便意を催し睡眠の妨げになります。

アミティーザは便秘に速効!でも副作用(吐き気、下痢)と薬価が残念

センノシド(アローゼン、プルゼニド)と妊婦

センノシドを成分とするアローゼンとプルゼニドは妊婦原則禁忌です。

添付文書(医療者向け薬の説明書)には「投与しないことを原則とするが、特に必要とする場合には慎重に投与すること」と記載されています。

妊婦の便秘には便軟化作用のある酸化マグネシウムを使うのが基本ですが、

どうしても出ない妊婦の頑固な便秘にはアローゼンとプルゼニドは使用されています。

ただし、下剤系の便秘薬は子宮収縮を引き起こして流産や早産になる恐れがあるため、慎重に使う必要があります。

妊婦の便秘薬 ビオフェルミン、酸化マグネシウム、ラキソベロンの違い

下剤系便秘薬の習慣性

大腸を直接刺激するタイプの便秘薬は習慣性があります。

  • ラキソベロン
    (ピコスルファートナトリウム)
  • アジャストA・アローゼン顆粒(センナ)
  • プルゼニド・センノサイド(センノシド)
  • テレミンソフト坐剤(ビサコジル)

 

大腸を刺激し続けると、大腸がアローゼン顆粒の刺激に慣れ、便秘薬の切れ味が悪くなるからです。

アローゼン顆粒が効かなくなると、さらにアローゼン顆粒を増量せざるをえなくなり腹痛の副作用リスクが増えます。

そして、副作用リスクを抱えたままアローゼン顆粒の量は増え続け、便秘薬スパイラルにはまります。

そうならないためには、

通常の便秘には整腸剤(ビオフェルミン、ラックビーなど)や便軟化作用のある酸化マグネシウムを主に使い、

頑固な便秘に限定してアローゼン顆粒を使うが賢い便秘との付き合い方です。

酸化マグネシウムで宿便を撃退!何錠までなら飲んでもOK?

アローゼンとセンノシド(プルゼニド)の違い

アローゼン顆粒センノシド
(プルゼニド)
成分生薬由来の
センノシドA・B
センノシドA・B
剤形顆粒剤錠剤
標準量0.5g~1g1錠~2錠
効果アローゼン0.5g
≒センノシド(プルゼニド)1錠

便秘薬(下剤)7種類(飲み薬&座薬) 効果と副作用 ピッタリはどれ?

まとめ

  • 便秘の3大原因は、1.便の水分低下 2.腸内環境の悪化 3.大腸の運動機能低下。
  • アローゼンは大腸を直接刺激して排便を促す便秘薬。
  • 大腸刺激下剤の中では、アローゼンは強い便秘薬。
  • アローゼンは最少量からスタートする。
  • 効かないときは増量していく(下痢・腹痛に注意)。
  • アローゼンは服用してから8時間から10時間後が効果時間。
    (寝る前に飲むと朝にトイレに行きたくなる)
  • アローゼンは妊婦に原則禁忌であるが、頑固な便秘には使用する場合がある。
  • 便秘改善効果は「アローゼン0.5g ≒ センノシド(プルゼニド)1錠」。
  • 酸化マグネシウム(マグミット)は、便を柔らかくして自然に排便したいときおすすめの便秘薬。
  • アローゼンには習慣性がある。
    (大腸を刺激し続けると、便秘薬の切れ味が悪くなる)

コメント

タイトルとURLをコピーしました