インフルエンザの解熱剤はロキソニンNG?カロナール(アセトアミノフェン)OK?バファリンは?

熱を測る子供

インフルエンザの解熱剤にロキソニンが使えないわけではありません。

実際の医療現場でも、インフルエンザの解熱剤にロキソニンを使う医師もいれば、使わない医師もいます。

ただ、最近ではロキソニンではなく、カロナールなどのアセトアミノフェンを有効成分とする解熱剤を使用する医師が増えてきた感じはします。

さらに子供のインフルエンザの解熱剤は、カロナール1択と言ってももいいくらい、カロナールが使用されています。

スポンサーリンク

インフルエンザで解熱剤を使う理由

インフルエンザで解熱剤を使う理由は、インフルエンザの発熱によるだるさ、つらさ、関節痛、頭痛などを軽減して、インフルエンザが治るまでの期間を楽に過ごすためです。

インフルエンザに解熱剤を使う理由は「解熱剤で熱を下げると、インフルエンザが早く治る」と思っている方が意外と多いようです。

むしろ、インフルエンザに解熱剤を使うと、次のようなことが起こる可能性があります。

  • インフルエンザの罹患期間(りかんきかん:症状が出ている期間)が長くなる
  • インフルエンザの症状を悪化させる

解熱剤で熱を下げることは、発熱による殺ウイルス作用を妨げるからです。

インフルエンザに使用しない解熱剤
(バファリン、ボルタレンなど)

タミフル、リレンザ、イナビルはインフルエンザ異常行動の原因?
インフルエンザの時期になると、メーカーからタミフルの異常行動に関する注意喚起の冊子が郵送されてきます。タミフル、リレンザ、イナビルはヤバい薬なのでしょうか?

インフルエンザには使わない、使えない解熱剤も存在します。

インフルエンザに使用できない解熱剤は、おもに3種類です。

  1. サリチル酸系の有効成分を含む解熱剤
    PL配合顆粒、ピーエイ配合錠、バファリン配合錠など
  2. ジクロフェナクを含む解熱剤
    ボルタレン
  3. メフェナム酸を含む解熱剤
    ポンタール
サリチル酸系の有効成分
アスピリン、サリチル酸ナトリウム、サザピリン、サリチルアミド、エテンザミドなど

バファリンという名前の解熱剤の市販がありますが、医療用のバファリン配合錠とは成分が異なります。

すべてのバファリン市販薬が、インフルエンザの解熱剤に使えないわけではありません。

商品名 有効成分 インフルエンザに使用
バファリンルナJ アセトアミノフェン
小児用バファリン
キッズバファリンシロップ
バファリンEX ロキソニンと同成分 △~○
バファリンプレミアム イブプロフェン
アセトアミノフェンなど
バファリンルナi
バファリンA アスピリン ×

「風邪といえばPL」と言われた時代もありましたが、風邪にPL配合顆粒を使う医師は減りつつあります。

おそらく、PL配合顆粒の風邪に対する効果がイマイチで、緑内障、一部の前立腺肥大症等に使用できないため、意外と飲み合わせに気を使うからでしょう。
さらに、眠気の副作用もあります。

ジクロフェナクナトリウム製剤を投与後にライ症候群を発症したとの報告があり、また、同効類薬(サリチル酸系医薬品)とライ症候群との関連性を示す海外の疫学調査報告があるので、本剤を小児のウイルス性疾患の患者に投与しないことを原則とするが、投与する場合には慎重に投与し、投与後の患者の状態を十分に観察すること。

ボルタレン錠添付文書より

小児のインフルエンザに伴う発熱に対しては、原則として本剤を投与しないこと。

ポンタールカプセル添付文書(重要な基本的注意)より

インフルエンザの解熱剤にロキソニンはNG?

インフルエンザ薬タミフル、吸入薬イナビルの効果と副作用
タミフル、イナビルなどのインフルエンザ薬は、インフルエンザの罹病期間の短縮効果と、重症化抑制効果があります。インフルエンザに対する効果には違いがあるのでしょうか?

  • 頭が痛いからロキソニン
  • 腰が痛いからロキソニン
  • 膝が痛いからロキソニン
  • 歯が痛いからロキソニン…

ロキソニンなしでは生きていけないくらい、ロキソニンは使われています。

大人の場合、ロキソニンとライ症候群インフルエンザ脳症との関連性は、今のところ見つかっていません。

そのため、大人のインフルエンザには、ロキソニンは普通に使われています。

ただ、ロキソニンは使わず、カロナール(アセトアミノフェン)を使う医師も多いのも事実です。

ただし、ロキソニンは子供に対する安全性が確率されていません。

  • ボルタレンもダメ
  • バファリンもダメ

となれば、子供のインフルエンザの発熱に関しては、カロナール(アセトアミノフェン)1択になります。

インフルエンザに解熱剤カロナール(アセトアミノフェン)を使用する体温の目安

タミフルドライシロップとイナビルは子供(幼児)に効かない?苦い味VS吸入
子供にタミフルドライシロップ、イナビルなどが使用されることがありますが、苦み味と吸入という使い方のため、どちらも色々な意味で苦労する薬でもあります。

カロナールは、錠剤、細粒、座薬、シロップがありますので、赤ちゃんから大人まで幅広く使えます。

さらにカロナールの座薬は50mg、100mg、200mg、400mgとあり、赤ちゃんから子供の急な発熱には頼りになる解熱剤です。
(カロナールの錠剤は200mg、300mg、500mg)

カロナール(アセトアミノフェン)使用の体温の目安は38.5度です。

大人の感覚で考えると、体温38.5度=ぐったりです。

しかし、子供の場合、体温38.5度の発熱時でも大人と違い元気だったりもします。

インフルエンザで発熱していても、元気があって、食事、睡眠がとれているのであれば、カロナール(アセトアミノフェン)は使う必要はありません。(高熱は除く)

ただし、体温38.5度以下でも、元気がなくぐったりしているようであれば、1回解熱させて様子をみた方がいいかもしれません。

まとめ

  1. ロキソニンとライ症候群やインフルエンザ脳症との関連性は、今のところ見つかっていないが、ロキソニンは使わず、カロナール(アセトアミノフェン)を使う医師も多い
  2. 子供のインフルエンザの発熱にはカロナール(アセトアミノフェン)の1択
    (×ロキソニン、ボルタレン、ポンタール)
  3. 医療用バファリンと市販薬バファリンは、成分が異なる
  4. そのため、インフルエンザに医療用バファリンNGではあるが、市販用バファリンはOKの場合もある
  5. インフルエンザで解熱剤を使う理由は、インフルエンザによる発熱によるだるさ、つらさを軽減して、インフルエンザが治るまでの期間を楽に過ごすため
  6. 解熱剤を使えばインフルエンザが早く治るわけではない
  7. インフルエンザに解熱剤を使うデメリットもある
  8. カロナール(アセトアミノフェン)を使う体温の目安は38.5度