クラリスロマイシン(クラリス/クラリシッド)は風邪には効かない!処方する理由は?

スポンサーリンク
風邪診察中の女性

風邪の症状(発熱、咳、鼻水、喉の痛み、だるさ、頭痛など)が起こる直接的な原因はウイルス感染です。

しかし、風邪薬だと思っている方も多いクラリス・クラリシッドは抗生物質(抗生剤)です。

抗生物質は細菌には効果がありますが、ウイルスには全く効きません。

では、なぜクラリス・クラリシッドは風邪で処方されるのでしょうか?

スポンサーリンク

風邪とは

風邪は通称名で、正しくは風邪症候群といいます。

症候群とは、ある特定の病気を元に表れる一連の症状をいいます。

つまり、風邪症候群とは、「風邪という病気の周りに表れる、咳、鼻水、喉の痛みなどの症状一式」ということになります。

風邪の症状

風邪は鼻水・鼻づまり、喉の痛み・不快感、咳・痰など、上気道系症状から始まる場合が多いです。

症状が進行すると、発熱、頭痛、関節痛、だるさなどの全身症状が出ます。

人にはそれぞれウィークポイントがあり、風邪になると鼻症状が出やすい方もいれば、咳・喉症状が出やすい方もいます。

また、風邪をひいても全く風邪と気づかず、そういえばアレは風邪だったのかな?という方もいます。

風邪の咳止めといえばこれ
メジコンの効能と副作用 効かない、眠気が出るは本当?

風邪症状はウイルス感染が原因

繰り返しますが、風邪はウイルス感染が原因であることがほとんどです。

風邪ウイルスは200種類程度発見されています。

そのため、特定の風邪ウイルスに免疫を得ることは難しく、免疫力が下がるたびに何度でも風邪をひいてしまいます。

ウイルスの種類 主な症状
ライノウイルス 鼻水・鼻づまり
コロナウイルス
RSウイルス 咳・痰
ロタウイルス
ノロウイルス
下痢・嘔吐

スポンサーリンク

クラリス・クラリシッドは風邪に効かない

クラリス・クラリシッドはクラリスロマイシンを主成分とする細菌を殺すための薬です。

クラリス錠200、クラリシッド錠200

(以下、この2つの抗生物質をまとめてクラリスロマイシンと書きます)

クラリスロマイシンはウイルス感染による風邪には全く効きませんが、それでも風邪でクラリスロマイシンが処方された経験はあると思います。

風邪にクラリスロマイシンを処方する理由は一体何なのでしょうか?

スポンサーリンク

クラリスロマイシンを風邪に使う理由1

クラリスロマイシンは二次感染に効果があります。
(くわしくは後で解説「クラリスロマイシンの効果」)

二次感染とは、ウイルス・細菌感染を受けて、それが治る前に続けて別の感染も受けてしまうことをいいます。

風邪は鼻・咳・喉の症状から始まり、全身症状へ発展していく場合が多いですが、4.5日経っても風邪がよくならない場合は二次感染が疑われます。

<二次感染(細菌感染)の例>

クラリスロマイシンを風邪に使う理由2

先に解説したとおり、ウイルス感染による風邪にはクラリスロマイシンを使わないのが基本です。

しかし、クラリスロマイシンを筆頭に、抗生物質は風邪のような症状(咳・痰・喉の痛み)に頻繁に使われているため、「抗生物質=風邪薬」と思っている方は多くいます。

(「抗生物質=風邪薬」←まちがい)

風邪であったとしても、世間はクラリスロマイシン(抗生物質)の処方を期待しているのです。

クラリスロマイシンを風邪に使う理由3

クラリスロマイシンがウイルス感染による風邪に効かないことは、当然医師は知っています。

しかし、少し診察しただけでは、それがウイルス感染か細菌感染なのかわかりません。

細菌?ウイルス?その確証が持てないのであれば、本来ならこうするべきです。

しかし、現代の就業・子育て事情を考えると、次回の受診が難しいケースは多々あります。

現代のニーズに応えるべく、医師はクラリスロマイシンを仕方なく処方するのです。

メジコン配合シロップ/散(子供咳止め)はムコダインとの飲み合わせは良好

クラリスロマイシンと耐性菌

クラリスロマイシンは普通の風邪には効かないので、使わないのが基本です。

しかし、さまざまな事情からその基本が守られておらず、飲み過ぎ使い過ぎのオンパレードともいえるでしょう。

抗生物質は飲んでいる間にある一定の割合で耐性菌(特定の抗生物質に効かなくなった細菌のこと)ができます。

中途半端に飲めば飲むほど耐性菌は増えます。

そして、あるときその抗生物質は効かなくなります。

本来、抗生物質が効かない風邪にクラリスロマイシンを使い続けたらどうなるでしょうか?

想像はつきますよね?

抗生物質と耐性菌の問題は、2000年くらいから表面化してきました。

  • クラリスロマイシンが効かない肺炎マイコプラズマが増え、マイコプラズマ肺炎の治療が思うように進まなくなりつつあります。

  • クラリスロマイシン耐性のピロリ菌が多く存在したとき、ピロリ菌の除菌に失敗する場合があります。

クラリスロマイシンの効果

クラリスロマイシンには、風邪のような症状を起こす病気に対する効果と、ピロリ菌を除菌効果があります。

風邪のような症状を起こす病気への効果

クラリスロマイシンは、風邪のような症状を起こす次の病気に効果を発揮します。

成人有効率(%)
(効果)
小児有効率(%)
(効果)
咽頭・喉頭炎 75.8 93.1
扁桃炎 88.4 95.8
急性気管支炎 83.1 89.6
肺炎・肺膿瘍 88.4 94.9
中耳炎 66.0 88.7
副鼻腔炎 72.4 85.7

(クラリスの臨床効果より)

クラリスロマイシン、ジスロマックなどのマクロライド系抗生物質は、マイコプラズマ肺炎の特効薬としても知られています。

しかし、先に解説したとおり、クラリスロマイシンが効かないマイコプラズマが増えつつあります。

くわしくはこちらで解説しています。

マイコプラズマ肺炎薬  抗生物質クラリス、ジスロマック、オゼックス

ピロリ菌の除菌効果

クラリスロマイシンはピロリ菌の除菌にも効果を発揮します。

ピロリ菌は3種類の薬(タケプロン、アモリン、クラリス)がワンパックになった除菌薬ランサップが有名です。

左:ランサップ400、右:ランサップ800

クラリスのピロリ菌除菌効果はくわしくはこちらで解説しています。
ランサップで下痢(副作用)発生! ピロリ菌除菌に失敗する原因は?

クラリスロマイシンの副作用

クラリスロマイシンの副作用頻度は3%程度です。

そして、その副作用の多くは、腹痛・下痢などの消化器症状(2.67%)です。

抗生物質は消化器症状の副作用が起こる頻度が高いですが、クラリスロマイシンは比較的副作用頻度が低いです。

だから、風邪には無難なクラリスロマイシンが使われるのかもしれません。

クラリスロマイシンと併用薬

クラリスロマイシンは、風邪症状を緩和する薬との併用が多いです。

症状 併用例
総合感冒薬 PL
カフコデ
発熱
喉の痛み
ロキソニン
カロナール
メジコン
フスコデ
アスベリン
ホクナリンテープ
ムコダイン
ムコソルバン

カフコデN配合錠は喉の痛みをともなう鼻咳風邪薬?ロキソニンとの併用は?

ホクナリンテープ(ツロブテロール) 咳止めシールの効果、副作用、使い方

しかし、クラリスロマイシンは飲み合わせ(併用)に注意しなくてはならない薬も多く、本当は使いにくい薬です。

クラリスロマイシンは飲み合わせ(併用薬)に注意!安易に飲むと本当は危ない

まとめ

  1. 風邪の原因のほとんどはウイルス感染
  2. 抗生物質はウイルスには効かない。
    だから、クラリスロマイシンは風邪には効かない
  3. しかし、クラリスロマイシンは風邪に使われているケースがある。その理由は
    1. 二次感染の治療のため
    2. 世間は風邪でもクラリスロマイシンの処方を期待しているから
    3. 初期症状だけでは、その風邪が細菌感染でないと確証が持てないから
  4. クラリスロマイシンは抗生物質の中では副作用が少ないが、飲み合わせ(併用)には気を付ける
  5. 本来、抗生物質が効かないはずの風邪にクラリスロマイシンを飲み続けると耐性菌が増える