時間帯、季節、曇り具合で紫外線量は違う! 紫外線指数で日焼け対策

紫外線量は、天気、季節、時間帯、地域で違います。

紫外線で日焼けしやすい条件は、快晴、夏、昼、南地域(沖縄など)です。

逆に紫外線で日焼けしにくい条件は、雨、冬、夜、北地域(札幌など)です。

曇りは意外と日焼けしやすいといいますが、日焼けの程度はどの程度なのでしょうか?

それを数値で解決していくれるのが紫外線指数です。

紫外線指数は日焼け対策に使える、なかなかのすぐれものです。

スポンサーリンク

UVB紫外線量の季節変動

UVBは、UVAに比べて地上に降り注ぐ量は少ないですが、季節により変動が激しい紫外線です。

つくば市の紫外線量(UVB)の季節変動

UVB紫外線量の季節変動
(気象庁データ:つくば市の日積算UVB量の月平均値より作成)

UVBの季節による紫外線量は、春の4月くらいから増え始め、夏の8月頃に最大になると一般的にいわれます。

しかし、2012年から2015年にかけての、つくば市(東京に一番近い観測地点)の日積算UVB量の月平均値は、春の5月に小さなピークを迎え、夏の7月が最大です。

秋の運動会を迎える10月頃のUVBの紫外線量は、夏の1/2程度になり、冬は1/5程度程度です。

UVBの季節による紫外線量は、夏が最大で冬が最小です。

UVB紫外線量の地域変動

紫外線量(UVB)の地域変動

UVB紫外線量の地域変動
(気象庁データ:札幌、つくば、沖縄の日積算UVB量の月平均値より作成)

札幌と沖縄で気温差があるように、UVBの紫外線量も地域によって差があります。

日本では単純に南の地域(温かい地域)はUVBが強く、北の地域(涼しい地域)はUVBが弱く、年間を通して2倍~4倍の差があります。

沖縄に行くときは、日焼け対策が必須であるのもうなずけます。

日焼け対策に使える紫外線指数とは

紫外線はUV(Ultra Violet)と英語表記することが多いです。

紫外線は、波長の長さでUVC~UVAの3種類に分類されています。

UVA、UVB、UVCの波長の違い

日焼けやシミの問題になる紫外線は、UVBUVAです。

紫外線にはUVBとUVAを分けて考えるのもいいですが、どちらの紫外線も肌に有害であることは間違いありません。

なぜ紫外線で日焼け、シミが起こるの? UVA、UVBの違いがヤバい!
地上に降り注ぐ紫外線はUVAとUVBがあり、どちらも体が肌に有害です。日焼け、しわ、シミ、そばかす、皮膚がん、白内障の原因です。若いときから対策をすることは大切です。

紫外線が人体に与える紫外線の強さを数値化した指数があり、それを紫外線指数(UVインデックス)といいます。

世界保健機関(WHO)は、紫外線指数を活用した紫外線対策を推奨しています。

紫外線指数とは

気象庁HPより引用

紫外線指数は、1から11+までの11段階あり、世界共通の指標です。

紫外線指数を使えば、どの国にいても紫外線の強さを知ることができ、適切な日焼け対策ができます。

日焼け止め SPFとPAの効果、サンバーンとサンタンの違い
日焼け止めにある表示「SPF」「PA」。女性ならば、もはや常識なのかもしれません。その意味について日焼けのサンバーンとサンタンと一緒に解説します。

さっそく季節、晴れ曇り、時間帯別の紫外線指数を確認して、紫外線の日焼けへの影響を見てみましょう。

季節による紫外線の強さ(日焼け具合)の違い

1年間の紫外線指数のグラフ(つくば市)。紫外線指数の季節変動

気象庁HPを参考にして作成

1年間の紫外線指数の推移グラフ(つくば市)

  • 点が1日の最大紫外線指数
  • グレーの線が1990年から2015年までの累年平均値

紫外線指数でも、季節では7月から8月にかけての夏が、紫外線が強く日焼けをしやすいことがわかります。

同時に、1日の最大紫外線指数は日によってばらつきがあることもわかります。

なぜでしょうか?
それは天気(晴れ、曇り、雨)による影響です。

天気による紫外線の強さの違い
(曇り具合の日焼けの影響)

天気(晴れ、曇り、雨)による紫外線指数の違い

天気ごとの紫外線指数の割合(快晴時100%)
気象庁HPより引用、改編

晴れの紫外線指数は、快晴とあまり変わりません。

雲のかかり具合によりますが、曇りは15%~40%減で、快晴時の60%~85%の紫外線指数です。

さらに雨の日は70%減で、快晴時の約30%の紫外線指数です。

日焼けは雲のかかり具合の影響を受けます。曇りは意外と日焼けしやすいというのもウソではなさそうです。

日焼け止めの紫外線吸収剤は敏感肌NG? ノンケミカルと何が違う?
日焼け止めの紫外線吸収剤は、肌に負担がかかります。よく聞く話ですが、一概にそうとも限りません。紫外線散乱剤(ノンケミカル)と紫外線吸収剤には、メリット・デメリットがあります。

時間帯による紫外線の強さ(日焼け具合)の違い

夏の時間帯別紫外線指数

夏(7月)の時間帯別紫外線指数

夏の時間帯別紫外線指数
(気象庁HP:つくば市の7月紫外線指数の最大値の平均を参考に作成)

夏の時間帯別紫外線指数を見てください。

紫外線指数は、10時~14時の昼の時間帯が紫外線が強く、昼の時間帯は日焼け対策をしないと強く日焼けするとわかります。

冬の時間帯はどうでしょうか?

冬の時間帯別紫外線指数

冬(12月)の時間帯別紫外線指数

冬の時間帯別紫外線指数
(気象庁HP:つくば市の12月紫外線指数の最大値の平均を参考に作成)

冬も夏と同様に、10時~14時くらいの昼の時間帯が紫外線が強いです。

しかし、12月の紫外線指数は最大でも7月の16時くらいで、日焼けしにくいことが分かります。

日焼け止めの選び方 毎日用のおすすめはSPF、PA最強×肌に優しい○
SPF50+、PA++++が最強であることは間違いないですが、用途に合わせた日焼け止めの選び方が間違っていると、日焼け止めかぶれなど、肌への負担が増えるばかりです。

まとめ

  1. 紫外線で日焼けしやすい条件は、快晴、夏、昼、沖縄
  2. 紫外線で日焼けしにくい条件は、雨、冬、夜、札幌
  3. 紫外線で日焼けやシミの問題になるのは、UVBとUVA
  4. 紫外線指数とは、紫外線が人体に与える紫外線の強さを数値化した指数
  5. 紫外線指数が大きい→日焼けしやすい→日焼け対策必須
  6. 世界保健機関(WHO)は、紫外線指数を活用した紫外線対策を推奨

夏に沖縄に行くときは、日焼け止めが必須で、日焼け対策を忘れると水ぶくれの悲惨な日焼けになります。

紫外線指数 最大 最小
天気の違い 快晴:100% 雨 :15%~40%
季節の違い 夏 :100% 冬 :10%~35%
時間帯の違い 12時:100% 夜 :2%~5%
地域の違い 沖縄:100% 札幌:25%~50%