ザイザルシロップは赤ちゃんからOK!でも飲み方は大人と子供では違う

スポンサーリンク

「ザイザル錠5mgはジルテック錠10mgと同等の効果がある」として発売され、数年経過しました。

現在では、ザイザル錠は期待以上の効果を持ち、副作用も少ないという評価が多いです。

花粉症などのアレルギーは大人だけの問題ではありません。

ザイザル錠は7歳以上の子供が対象であるため、7歳未満の子供でも服用しやすい剤形の開発が求められていました。

そして2014年、6カ月の赤ちゃんから服用可能なザイザルシロップが発売されました。

※ジルテックの錠剤には5mgと10mgがあります。
特に記載のない場合、本記事のジルテックとは10mgの錠剤を指します。

スポンサーリンク

ザイザルはジルテックの改良型薬

ザイザルはジルテックの改良型抗アレルギー薬です。

ザイザルは、ジルテックの成分セチリジンから抗アレルギー作用に関係する主成分レボセチリジンを抽出して、眠気などの副作用を軽減し効果も高めています。

ザイザル(レボセチリジン)とジルテック(セチリジン)の関係

スポンサーリンク

ザイザルの種類

ザイザルには錠剤(主に大人用)と、2014年に発売されたシロップ(主に子供用)があります。

ザイザル錠とザイザルシロップ

ザイザル錠は特殊なシートのため錠剤が出しにくいです。

子供用のザイザルシロップは液だれ防止キャップがないため、調剤するときに液だれします。

→「調剤しにくい」との意見が多いためか、2018年の早い時期に液だれ防止キャップが付くという連絡を受けました。
→2018年4月に液だれ防止キャップ付に変更

ザイザルは副作用(眠気)が少なく花粉症にも効果も抜群!
ザイザルはジルテックの改良型抗アレルギー薬です。理論上はジルテックと同等の効果ですが、現実ではジルテック以上の効果を持ち、眠気などの副作用も少ないです。

ザイザルシロップの味

小児用であるにも関わらず、味がおいしくない粉薬やシロップはたくさんあります。

タミフル、クラリスがなど。

タミフルドライシロップとイナビルは子供(幼児)に効かない?苦い味VS吸入
子供のインフルエンザにタミフルドライシロップ、イナビルなどのインフルエンザ薬使用されることがあります。タミフルは苦く、イナビルは一発勝負です。どちらも服用には苦労する薬です。
マイコプラズマ肺炎薬(子供) 抗生物質クラリス、ジスロマック、オゼックス
2000年くらいからマクロライド耐性マイコプラズマが増え、マイコプラズマ肺炎の治療が思うように進まない例が見られるようになっています。

ザイザルシロップの味が原因で飲めなかった。という話を今のところ聞いたことがありません。

ザイザルシロップを口に入れると薬独特の苦みも感じますが、それ以上に甘みが口の中に広がります
(甘すぎる場合は、1回服用水でうすめて飲みます)

甘みのせいか、手や服に付くとかなりベトベトとします。

ザイザルシロップの飲み方

ザイザルシロップは原則小児用ですが、大人も使えなくはないです。

しかし、大人と子供では、1日に飲む量と回数が違います。

大人

大人(15歳以上)は、ザイザルシロップ10mLを1日1回就寝前に服用します。

効果が不十分な場合、ザイザルシロップ20mLまで増量できます

赤ちゃんから子供
(小児が1日2回飲む理由)

1歳以上15歳未満の子供は、1日2回服用しないと大人と同じ効果を得られません。

  • 6カ月以上1歳未満
    ザイザルシロップ1回2.5mLを、1日1回服用する

  • 1歳以上7歳未満
    ザイザルシロップ1回2.5mLを、1日2回(朝食後と就寝前)服用する

  • 7歳以上15歳未満
    ザイザルシロップ1回5mLを、1日2回(朝食後と就寝前)服用する

赤ちゃんが飲める便秘薬

赤ちゃんの便秘薬マルツエキス(麦芽糖)の効果と飲ませ方 大人にも効く?
ほとんど見る機会がなくなりましたが、マルツエキスは赤ちゃんから幼児を対象にした便秘薬です。作用がやわらかく自然な排便をうながします。

ザイザルの飲み方(大人・子供)のまとめ

年齢 6カ月以上
1歳未満
1歳以上
7歳未満
7歳以上
15歳未満
15歳以上
ザイザル錠1回量 × 0.5錠 1錠~2錠
ザイザルシロップ1回量 2.5mL 5mL 10mL~20mL
1日服用回数 1回 2回 1回

ザイザルの食事の影響

食事の影響を受けて効果が減弱する抗アレルギー薬は意外と多いです。
(アレグラ、アレジオンなど)

アレグラ(フェキソフェナジン)は眠気なしだから花粉症には効果がない?
アレグラ(フェキソフェナジン)は眠くならないけれど花粉症に効かないとも聞きます。花粉症薬の使い方を工夫すれば解決するかもしれません。
アレジオン(エピナスチン)は子供(小児)も花粉症に寝る前でOK!効果と副作用
アレジオンは効果と副作用(眠気など)のバランスが取れた標準的な花粉症薬です。子供から大人まで1日1回の服用で効果が持続するため、飲み忘れの心配も少ないです。

ザイザルは空腹時に服用すると、食後服用より10%程度効果の増加が期待できますが、

食事の影響による効果の差は誤差の範囲内で、アレグラ、アレジオンほど空腹時服用の効果の増加は期待できません。

ザイザルの空腹時と食後服用の効果の違い
ザイザルインタビューフォームより

【薬の飲み方の理由】ロトリガ、エパデールが食直後 ボナロン(ビスホスホネート)が空腹時(起床時)の訳
薬は食後が基本ですが、それ以外の飲み方で飲む薬があります。なぜでしょう?骨粗鬆症治療薬の起床時、高脂血症エパデール・ロトリガの食直後を例に挙げて解説します。

ザイザルシロップの効果

ザイザルシロップ2週間服用後の効果は次のとおりです。

  • アレルギー性鼻炎:75%(中等度改善以上)
  • 皮膚のかゆみ:73%(中等度改善以上)

(6カ月~2歳までの子供を対象にしたザイザルシロップの国内臨床試験より)

また、ザイザルシロップは赤ちゃんから子供のアレルギー性の咳にも使われますが、風邪の咳には効果がありません。
(細菌性、ウイルス性の咳には効果がない)

ホクナリンテープ(ツロブテロール) 咳止めシールの効果、副作用、使い方
最近では、ホクナリンテープは気管支喘息ではなく、気管支炎の咳に使われるケースが多いです。しかし、効かない印象を持っている方がいるのも事実です。

ザイザルと副作用(眠気)

花粉症などに強く効く抗アレルギー薬は、眠気などの副作用も強いと考えられてきました。

しかし、最近の研究では、効果(強さ)と副作用(眠気)は比例しないことが分かってきています。

つまり、ザイザルが花粉症などに強く効くから、副作用(眠気)も強いわけではありません

花粉症薬アレグラ、ザイザル、アレロック、アレジオンの強さ 眠くならない抗アレルギー薬は?
「花粉症に強く効く抗アレルギー薬は眠気も強い」「弱いと眠くならない」と思われがちですが、必ずしもそうではありません。インペアードパフォーマンスが起こりにくい花粉症薬の選択がベストです。

6カ月以上2歳未満の子供を対象にしたザイザルシロップの臨床試験では、副作用は認められませんでした。

※ただし、ザイザルシロップも薬である以上、胃腸系の副作用(吐き気、下痢、便秘など)が起こる可能性はあります。

まとめ

  1. ザイザルはジルテックの改良型抗アレルギー薬
  2. ザイザルには錠剤(主に大人用)と、シロップ(主に子供用)がある
  3. ザイザルシロップは原則小児用ではあるが、大人も使えなくはない
    ただし、同じシロップでも大人と子供では服用回数が違う
  4. ザイザルシロップの味は悪くない(飲みやすい)
  5. 1歳以上15歳未満の子供が1日2回服用する理由は、1日1回では大人と同じ効果を得られないから
  6. ザイザルシロップは花粉症や皮膚のかゆみに効果がある
  7. ザイザルシロップはアレルギー性の咳にも使われることがあるが、風邪の咳には効果はない