アミティーザは便秘に効果抜群!でも副作用(吐き気、下痢)と薬価が残念

スポンサーリンク

従来の便秘薬は大きく分けると2種類です。

  1. 便の水分量を増やして排便を促す
    酸化マグネシウム

  2. 大腸を刺激して排便を促す(下剤タイプ)
    センノシド(プルゼニド)、アローゼン、ラキソベロン

日常の便秘であれば、

酸化マグネシウムを用量調整して使い、どうしても出ないがんこな便秘にはセンノシド(プルゼニド)などの下剤タイプの便秘薬を頓服する

というのが一般的な便秘薬の使い方です。

2012年にアミティーザと呼ばれる新しいタイプ(3種類目)の便秘薬が発売されました。

アミティーザはどちらかというと酸化マグネシウム寄りの便秘薬ですが、薬の作用点が違います。

酸化マグネシウムは大腸で作用し、アミティーザは小腸で作用する点です。

従来の便秘薬と比較しながら、アミティーザの便秘改善効果と副作用、そして気になる薬価(薬の値段)を解説します。

スポンサーリンク

たかが便秘、されど便秘

便秘は日常的によくみられる症状ですが、便秘のみで病院を受診する方は少数です。

便秘市販薬が充実しているため、ほとんどの方が市販で対応しているようです。

しかし、便秘は慢性化するとQOL(生活の質)を低下させ、さまざまは症状を引き起こします。

  • 腹痛
  • 腹の張り(腹部膨満感)
  • おなら(ガス)
  • 肌荒れ
  • 痔の悪化
  • 頭痛
  • 胃痛など
強力ポステリザン軟膏(痔塗り薬)の効果、副作用、使い方
強力ポステリザン軟膏は痔と肛門周辺の湿疹では使い方が違います。2種の成分(大腸菌死菌浮遊液、ヒドロコルチゾン)は3つの効果が期待できます。

便秘の原因はさまざまですが、原因のひとつが便の水分量が低下です。

便の水分量の低下が便秘の原因であるならば、単純に便に水分を与えればいいのです。

便の水分量が増加すれば便はやわらかくなり、スムーズに便が降りてきて肛門を痛める(痔を悪化させる)ことなく排便できるというわけです。

スポンサーリンク

大腸刺激便秘薬の習慣性

大腸を直接刺激するタイプの便秘薬には習慣性があります。

  • ラキソベロン
    (ピコスルファートナトリウム)
  • アジャストA・アローゼン(センナ)
  • プルゼニド・センノサイド(センノシド)
  • テレミンソフト坐剤(ビサコジル)

大腸を刺激し続けると、大腸が刺激に慣れ便秘薬の切れ味が悪くなるからです。

センノシド(プルゼニド)などが効かなくなると、さらにセンノシド(プルゼニド)などを増量せざるをえなくなり腹痛の副作用リスクが増えます。

そして、副作用リスクを抱えたままセンノシド(プルゼニド)などの量は増え続け、便秘薬スパイラルにはまります。

そうならないためには、

通常の便秘には整腸剤(ビオフェルミン、ラックビーなど)や便軟化作用のある酸化マグネシウムを主に使い、

頑固な便秘に限定してセンノシド(プルゼニド)を使うが賢い便秘との付き合い方です。

そして、センノシド(プルゼニド)などの服用で起こりやすい習慣性を減らした便秘薬がアミティーザです。

スポンサーリンク

新便秘薬アミティーザの作用機序
(酸化マグネシウムとの違い)

アミティーザは下図のようなオレンジ色の軟カプセルです。

アミティーザカプセル24μg

アミティーザの有効成分はルビプロストンです。

アミティーザ(ルビプロストン)は、小腸にあるクロライドイオンチャネルに働きかけて腸内への水分分泌を増加させ、便が降りてくるのを助ける作用があります。
【クロライドチャネルアクチベーター】

さらに、クロライドイオンチャネル活性化は、腸粘膜のバリア機能を改善することも確認されています。

まとめると、

アミティーザは便に水分を与えて便をやわらかくして、自然な排便を起こす便秘薬です。

便の水分量を増やして便を軟化させる便秘薬に酸化マグネシウムがありますが、作用点が違います。

酸化マグネシウムは大腸で作用し、アミティーザは小腸で作用する点です。

酸化マグネシウム(マグミット)の便秘改善効果と副作用 下痢したときは?
酸化マグネシウム(マグミット)は大腸を刺激するタイプの便秘薬ではないため、お腹が痛くなりにくく、クセになりにくい自然な排便を促す薬です。

アミティーザの飲み方
(用法用量)

アミティーザは1回1カプセル1日2回(朝夕食後)服用します。

妊婦は服用できません。

酸化マグネシウムやセンノシド(プルゼニド)、アローゼン、ラキソベロンなどの従来の便秘薬と同様に、アミティーザも服用してみないとことには実際の効果がわかりません。

アミティーザの効果が強く出る(効きすぎる)と、下痢する場合があります。
(詳細後述「アミティーザの副作用(吐き気、下痢)」)

センノシド(プルゼニド)の作用・効果・時間と副作用 市販は?
下剤タイプの便秘薬の中ではセンノシド(プルゼニド)は強い便秘薬です。ただし、使い続けると効果が減弱して、増量を重ねる便秘薬スパイラルにおちいる場合があります。

アミティーザの効果

便秘の方の便秘重症度(主観)の比較試験では、アミティーザを服用して1週間後から効果を発揮しています。

アミティーザの効果(主観)
アミティーザ添付文書を参考に作成

便秘重症度:
4:極めて重度の便秘(全く出ない)

1:軽度の便秘(便秘症状がわずか)

アミティーザ服用後1週間の合計排便回数も増えています。
(2回以下→5回以上)

アミティーザの効果(短期)
アミティーザ添付文書を参考に作成

48週間の長期にわたって服用するアミティーザの臨床試験(長期投与試験)においては、ほぼ毎日排便できる(週に5~6回)ように便秘をコントロールできています。

アミティーザの効果(長期)
アミティーザ添付文書を参考に作成

この結果からアミティーザはセンノシド(プルゼニド)、アローゼン、ラキソベロンの便秘薬であるような習慣性が少なく、長期服用しても効果は持続すると考えられます。

ラキソベロン(ピコスルファート)の効果時間と副作用(下痢・腹痛)
ラキソベロン内用液は同じ大腸刺激タイプのセンノシド(プルゼニド)と比べると副作用がマイルドです。そのため、妊婦の便秘にはよく使用されます。

アミティーザの効果発現時間

アミティーザを初めて飲んで効果が出るまでの時間(排便までにかかる時間)は23.5±29.1時間です。
(効果発現時間の個人差が大きい
(臨床試験では58.1%の方が24時間以内に排便があった)

つまり、アミティーザは、センノシド(プルゼニド)、アローゼン、ラキソベロンのように、寝る前に飲んだら朝にトイレに行きたくなるわけではありません

アミティーザは翌日の日中や睡眠中に便意を催す可能性があります。(←かなり厄介)

アローゼン顆粒の効果と副作用 センノシド(プルゼニド)との違いは?
アローゼン顆粒は大腸への刺激性が強く即効性があります。そのため、1回量が多いと大腸を刺激しすぎて腹痛・下痢などの副作用を起こすときがあり、自己調整が必要です。

アミティーザの副作用(吐き気、下痢)

先述のとおり、アミティーザは便秘改善効果が持続します。

しかし、アミティーザは副作用が比較的発生しやすい便秘薬(全体で62%)です。

特に服用初期に起こる吐き気が原因で続けられなくなる方が多いです。

アミティーザの主な副作用と頻度

副作用 副作用頻度(%)
下痢 30
吐き気(悪心) 23

(臨床試験より)

ただ、下痢の副作用に関してはアミティーザの便秘に対する効果が強すぎるため起こっており、1日2回を1回にするなどの対応で何とかなる場合が多いです。

また、市販後調査期間中に収集された副作用も、363例593件あり、

そのほとんどが吐き気(132件)下痢(114件)嘔吐(47件)腹痛(21件)などの消化器系症状です。

消化器系症状の副作用はアミティーザを服用した1~2日目に起こることが多く、約90%が2週間以内です。

吐き気や嘔吐の副作用は食後すぐの服用で抑えられる傾向があり、アミティーザは食後服用がおすすめです。
(海外の臨床試験で、食前投与に比べて食後投与において吐き気の副作用頻度が低下したのが確認されている)

ネリプロクト軟膏/坐剤の痔改善効果と使い方(塗り方) 市販は?
ネリプロクト軟膏(坐剤)は痛みや炎症を抑える効果が強く、強力ポステリザン軟膏で取りきれない痛みと腫れに使っていみる価値があります。

アミティーザの薬価

アミティーザは、従来の便秘薬と比較すると薬価がかなり高いです。

ジェネリックがあるといいのですが、アミティーザは2012年に発売されたまだまだ新しい便秘薬であるためジェネリックもありません。

便秘薬 薬価(円)
アミティーザ 161.1
プルゼニド 5.6
ラキソベロン内用液 24.2
酸化マグネシウム330mg
「ヨシダ」
5.6

まとめ

  1. 2012年にアミティーザと呼ばれる新しいタイプ(3種類目)の便秘薬が発売
  2. アミティーザ(ルビプロストン)は、小腸に働きかけて腸管内への水分分泌を増加させ、便が降りてくるのを助ける作用がある
  3. 便の水分量を増やして便を軟化させる便秘薬に酸化マグネシウムがあるが、作用点が違う
    (酸化マグネシウムは大腸で作用し、アミティーザは小腸で作用する)
  4. アミティーザの3つの良い効果(特徴)
    1.便秘改善に対する満足度の向上
    2.定期的な排便の促進
    3.長期間にわたる便秘改善
  5. アミティーザは効果発現時間の個人差が大きいため、必ずしも服用翌朝にトイレに行きたくなるわけではない
  6. アミティーザは下痢、吐き気などの消化器系副作用頻度が高い
  7. 消化器系症状の副作用はアミティーザを服用した1~2日目に起こることが多い
  8. アミティーザは、従来の便秘薬と比較すると薬価がかなり高いのがネック
    (薬価161.1円)