口唇ヘルペス塗り薬アラセナA軟膏、ゾビラックス軟膏と市販薬アクチビア、ヘルペシアの違い

口唇ヘルペスの塗り薬はドラッグストアなどにも市販されています。

1度口唇ヘルペスの症状が出た方は、再発する可能性が高いです。ヘルペスの塗り薬を1本常備しておくことをおすすめします。

早くヘルペスの塗り薬を使えば、口唇ヘルペスの症状である「ピリピリ感」「水ぶくれ」が軽くすむ場合があります。

  1. ヘルペスの塗り薬
    アラセナA、ゾビラックスの違い
  2. 薬局用(アラセナA、ゾビラックス)と市販薬(アラセナS、アクチビア、ヘルペシア)の違い
  3. 口唇ヘルペスの周辺の「とびひ」に使う抗生物質(テラコートリルなど)

この3点をメインに解説します。

スポンサーリンク

口唇ヘルペスの治療薬

口唇ヘルペスの治療は、抗ヘルペスウイルス薬の塗り薬と飲み薬が主に使用されます。場合によっては、抗生物質の塗り薬も使うときもあります。

塗り薬にせよ、飲み薬にせよ、口唇ヘルペスだと感じたらすぐに治療を開始します。

そうすることで、口唇ヘルペスの水ぶくれの症状が広がるのを抑えたり、ピリピリ感を抑えられるからです。

口唇ヘルペスの塗り薬【薬局用】

口唇ヘルペスの塗り薬
アラセナA、ゾビラックスの違い

口唇ヘルペスの症状が軽い場合は、飲み薬ではなく塗り薬だけで対処できます。

口唇ヘルペスで使用される薬局用の塗り薬は、アラセナAゾビラックスです。
アラセナA、ゾビラックスは口唇ヘルペスへの効果の差はありません。

アラセナAとゾビラックスの違い

  アラセナA ゾビラックス
薬の画像

アラセナA軟膏

ゾビラックス軟膏
有効成分 ビダラビン アシクロビル
適応 単純疱疹
(口唇ヘルペスなど)
単純疱疹
帯状疱疹
剤形 軟膏 軟膏
クリーム 眼軟膏
市販薬 アラセナS アクチビア
ヘルペシア

アラセナA、ゾビラックスの主な違いは、保険適応(帯状疱疹に使えるか)と剤形(軟膏、クリーム、眼軟膏)です。

アラセナAは、クリームがあり、軟膏独特のテカリを気にする方におすすめです。
口唇ヘルペスへの効果も、軟膏とクリームは同等です。

塗り薬の軟膏とクリームの違いは基剤!吸収率、使用感で使い分ける
使用感、効果、吸収率、吸収速度を決める要素のひとつが基剤です。塗り薬の治療は、有効成分と同じくらい基剤の選択が重要です。軟膏とクリームの効果の優越はあるのでしょうか。

ゾビラックス軟膏は軟膏と名前が付いていますが、クリームのような白い水溶性軟膏で、普通の油脂性軟膏と比べると目立ちにくいです。

目立ちにくさの順番

  1. アラセナAクリーム
  2. ゾビラックス軟膏
  3. アラセナ軟膏とゾビラックス眼軟膏

アラセナAとゾビラックスの使い方

口唇ヘルペス特有のピリピリ感を感じたら、すぐに塗り薬アラセナAとゾビラックスはを使って治療を開始します。

1日4回くらいの塗布が目安です。

いつまでアラセナA、ゾビラックスを使うのか

いつまで口唇ヘルペスの塗り薬を使うかが悩ましいところです。

口唇ヘルペスの水ぶくれが、かさぶたになるまで塗り続ければ十分です。

口唇ヘルペスの塗り薬【市販薬】

薬局用(アラセナAとゾビラックス)と市販薬(アラセナS、アクチビア、ヘルペシア)の違い

アラセナAとゾビラックスと同じ成分を含む口唇ヘルペス市販薬は、ドラッグストアなどでアラセナSアクチビアヘルペシアと言う名前で販売されています。

口唇ヘルペス市販薬のアラセナS、アクチビア、ヘルペシアは、薬局用のアラセナAとゾビラックスと全く同じ成分の塗り薬ですが、効能が違います。

アラセナS、アクチビア、ヘルペシアの効能は「口唇ヘルペスの再発」です。

薬局用のアラセナAとゾビラックスは、口唇ヘルペス以外のヘルペスに使えますが、市販薬アラセナS、アクチビア、ヘルペシアは、口唇ヘルペス専用の塗り薬です。

口唇ヘルペスの市販薬を使える方、使えない方

口唇ヘルペス市販薬は、過去に医師から「口唇ヘルペス」と診断され、アラセナAとゾビラックスのどちらかを治療に使った経験がある方のみ使用できます。

なぜならば、初めて口唇ヘルペスを発症した方は、その症状が口唇ヘルペス、湿疹、とびひのの判断が全くつかないからです。

口唇ヘルペスは、特徴的なピリピリした感覚があります。
その感覚は記憶に残りやすく、口唇ヘルペスの再発を繰り返す方は「口唇ヘルペスが出そうな感覚」がわかるようになります。

口唇ヘルペスがまたまた再発!? 感染原因と症状と潜伏期間は?
口唇ヘルペスの原因は、ヘルペスウイルスの感染と再発です。治癒後もウイルスは体内に潜伏し、一生の間に何度も再発する方もいます。

顔面ヘルペスに市販の口唇ヘルペスの塗り薬は効くか?

口のまわりではなく、目の周りなどにもヘルペスが出るときがあります。

顔面ヘルペスと呼ばれていて、口唇ヘルペスとは区別されています。

顔面ヘルペスに市販の口唇ヘルペス薬が効かなくはありませんが、顔面ヘルペスの治療が遅れた場合、顔に麻痺を残すことがあるため、早期の受診が必要です。
(市販薬アラセナS、アクチビア、ヘルペシアの効能は「口唇ヘルペスの再発」です)

また、顔面ヘルペスは傷のようなズキズキする痛い感覚のため、ただの傷だと思われ放置されることもあり注意が必要です。

口唇ヘルペス市販薬(アラセナS、アクチビア、ヘルペシア)の違い

口唇ヘルペスの市販薬 アラセナS アクチビア ヘルペシア
有効成分 ビダラビン アシクロビル
効能 口唇ヘルペスの再発
剤形 軟膏 軟膏 クリーム
クリーム
効果 同等
目立ちにくさ 軟膏:3 2 1
クリーム:1

抗生物質(塗り薬)
テラコートリル、テラマイシン

とびひの塗り薬 抗生物質ゲンタシン軟膏VS抗菌剤アクアチム軟膏
子供のとびひには、ゲンタシン軟膏、アクアチム軟膏、フシジンレオ軟膏、テラマイシン軟膏などの抗生物質(抗菌剤)の塗り薬を使うことが多いです。

抗生物質はウイルスには効果がありません。細菌のみに効果があります。

しかし、テラコートリル、テラマイシンなどの抗生物質の塗り薬が、口唇ヘルペスに使用される場合があります。

口唇ヘルペスの水ぶくれやその周辺に細菌が感染して「とびひ」になることがあるからです。

とびひの予防や治療のために、抗生物質(テラコートリル、テラマイシンなど)を使います。テラコートリル、テラマイシンは市販薬としても販売されています。

抗生物質(テラコートリル、テラマイシンなど)の使い方は簡単で、1日2.3回口唇ヘルペスの出ているところと、その周辺にを塗ります。

地味でも厄介な口内炎

口内炎薬ケナログ(塗り薬)の効果を引き出すベストな塗り方と副作用
口内炎薬には飲み薬、塗り薬、貼り薬(シール)、噴霧薬がありますが、塗り薬ではケナログが有名で、標準的な口内炎薬です。口内炎によくなる方は、1本常備しておいても損はないと思います。

まとめ

  1. 抗ヘルペスウイルス薬の飲み薬は、病院、薬局で発売
  2. 抗ヘルペスウイルス薬の塗り薬は、ドラッグストアなどでも薬局用と同じ成分の市販薬がある
  3. 口唇ヘルペスは治療薬の開始が早ければ、症状が軽くすむことがある
  4. アラセナA、ゾビラックスの口唇ヘルペスへの効果は同等
  5. 口唇ヘルペスに、テラコートリル、テラマイシンなどの抗生物質の塗り薬を使う理由は、とびひの予防や治療のため