とびひにステロイド軟膏はOK?リンデロンVG、テラコートリルの違い

スポンサーリンク

リンデロンVGやテラコートリル(正式にはテラ・コートリル)はとびひの初期治療に使われます。

なぜならば、ステロイドと抗生物質の配合剤であるため、かゆみを抑えながら細菌感染を鎮めることができるからです。

しかしながら、ステロイドは感染症には通常使いません。

当然、とびひに使うデメリットもあり、使い方には工夫が必要です。

スポンサーリンク

ステロイドと抗生物質の配合剤1
リンデロンVG

リンデロンVGは軟膏/クリーム/ローションの3種類がありますが、とびひに使われるのはリンデロンVG軟膏がほとんどです。

リンデロンVG軟膏/クリーム/ローション

リンデロンはVG以外にも「V」「A」「DP」など多くの塗り薬があります。
これらは全くのベツモノですので注意が必要です

リンデロンV/A/DP軟膏

成分と強さ

リンデロンVGは、リンデロンV(吉草酸ベタメタゾン)とゲンタシン(ゲンタマイシン)の配合剤です。

リンデロンVG軟膏=リンデロンV軟膏+ゲンタシン軟膏

吉草酸ベタメタゾンがステロイド、ゲンタマイシンが抗生物質です。
(「ステロイドと抗生物質の作用」は後述)

ステロイドには5段階の強さがあります。

  1. ストロンゲスト(最強)
  2. ベリーストロング(とても強い)
  3. ストロング(強い)
  4. マイルド(普通)
  5. ウィーク(弱い)

リンデロンVGの強さはストロングです。

ストロングは日本語で「強い」ですが、皮膚科ではストロングは標準的な強さとして扱われています。

効能効果

リンデロンVGはかゆみをともなう細菌性の湿疹(とびひなど)に特に効果がありますが、アトピーや虫刺されなどにも使用されています。

また、二次感染(何かに感染してそれが治る前に、別の細菌の感染を受けること)の予防にも使われます。

アレルギー性の湿疹はリンデロンV軟膏などのステロイド単独が適しています。

副作用

リンデロンVGは長期使用する塗り薬ではありません。
(理由は後述「リンデロンVGとテラコートリルは長期使用NG」)

短期的使用で起こる副作用は、皮膚の赤み、かゆみ、刺激感で、問題となる副作用はほとんどありません。

使い方

リンデロンVGは、1日2回~3回、とびひが出ているところに限定して塗ります。

アトピーの湿疹がひどいようであれば、湿疹全体に塗る場合もあります。

湿疹が広がってくるようであれば、アトピーもしくはとびひへのリンデロンVGの効果が不十分です。

そのまま使い続けると効かないだけではなく、耐性菌を増やす原因になります。
(耐性菌は後述「リンデロンVGとテラコートリルは長期使用NG」参照しよう)

スポンサーリンク

リンデロンVGの問題点

リンデロンVGは、皮膚科、小児科、内科で1度は処方されたことがあるのではないでしょうか。

リンデロンVGは、ステロイドと抗生物質のいいとこ取りができ、効果も良好で使い勝手が良いからです。

<医師の心の声>

ゲンタシン(抗生物質)で十分か?それともリンデロンV(ステロイド)を足しておくべきか?

迷うなぁ。とりあえずリンデロンVGを使って経過観察するか?

つまり、リンデロンV(ステロイド)もしくはゲンタシン(抗生物質)で十分な病気にも、リンデロンVGは使われている可能性があるのです。

スポンサーリンク

ステロイドと抗生物質の配合剤2
テラコートリル

成分と強さ

テラコートリル軟膏

テラコートリルは、オキシテトラサイクリン塩酸塩(テトラサイクリン系抗生物質)とヒドロコルチゾン(ステロイド)の配合剤です。

ステロイドの強さはマイルド~ウィークです。

軟膏は真っ黄色でインパクトがあります。

黄色のテラコートリル軟膏
出典:タケダHP

テラコートリルに似た名前に、テラマイシン軟膏があります。テラマイシン軟膏は抗生物質同士の配合剤です。

テラマイシンは市販もあります。
詳しくはこちらを参照しよう。

ゲンタシンに市販はない とびひにはテラマイシンorドルマイシンで代用OK!

副作用

テラコートリルも長期使用する塗り薬ではありません。
(理由は後述「リンデロンVGとテラコートリルは長期使用NG」)

短期的使用で起こる副作用は、皮膚の赤み、かゆみ、刺激感で、問題となる副作用はほとんどありません。

使い方

テラコートリルもリンデロンVGと同様に1日2回~3回、とびひが出ているところに限定して塗ります。

アトピーの湿疹には全体に塗りますが、リンデロンVGの使用が多いです。

抗生物質をとびひに使う理由

とびひの原因は黄色ブドウ球菌の感染です。

感染したところは強いかゆみをともない、爪で掻(か)いて傷を増やしながら全身に飛び火していきます。

細菌感染には抗生物質が有効です。

リンデロンVGのゲンタマイシンは次の細菌に効果があります。

ゲンタマイシンに感性のブドウ球菌属、レンサ球菌属(肺炎球菌を除く)、大腸菌、クレブシエラ属、エンテロバクター属、プロテウス属、モルガネラ・モルガニー、プロビデンシア属、緑膿菌

ゲンタシン軟膏添付文書より

ゲンタシンの表在性皮膚感染症(とびひ、カミソリ負け、毛のう炎など)に対する効果(有効率)は82.8%というデータもあります。

ゲンタシンの詳細はこちらを参照しよう。
とびひを悪化させるな!ゲンタシン軟膏の効果的な使い方はこうだ!

ステロイドをとびひに使う理由

とびひにはステロイドの2つの作用を期待します。

  1. 抗アレルギー作用
    アトピー性皮膚炎、蕁麻疹、湿疹などによるかゆみを抑える

  2. 抗炎症作用
    虫刺され、日焼けなどによる赤み・腫れを抑える

とびひはかゆみが強いため、かきむしりで全身に広がるのは先述の通りです。

ステロイドの2つの作用はとびひのかゆみに頼りになるのです。

かゆみが特に強い場合、花粉症にもよく使われる抗ヒスタミン薬(アレロック、ザイザル、アレジオンなど)を使うケースもあります。

抗ヒスタミン薬はこちらを参照しよう。

アレロックは花粉症に強い効果!でも副作用で眠い?

ザイザルは副作用(眠気)が少なく花粉症にも効果も抜群!

アレジオンは子供も花粉症に寝る前でOK!効果と副作用

また、ステロイドには免疫抑制作用もあります。

しかし、免疫を抑制すると、細菌・ウイルスなどに感染を広げやすくなります。
(免疫抑制作用は、使い方次第で主作用にも副作用にもなあります)

そのため、とびひにステロイドのみを塗ると、細菌が増殖してとびひは悪化します。

とびひの悪化を抑えるためには、ステロイドと抗生物質の配合剤(リンデロンVGやテラコートリル)が最適なのです。

とびひにステロイドで悪化する理由の詳細はこちらを参照しよう。
とびひにステロイド(リンデロン)を塗ると悪化!それでも使う2つの理由

とびひが悪化しないように、ステロイド塗布期間中は抗生物質の内服薬(セフゾン、フロモックスなど)の併用を行うときもあります。

リンデロンVGとテラコートリルは長期使用NG

リンデロンVGとテラコートリルの長期使用は好ましくありません。

なぜならば、先述の通り、リンデロンVGとテラコートリルのステロイドはとびひのかゆみを抑えるメリットがありますが、とびひを悪化させるというデメリットもあるからです。

かゆみがなくなり次第、ゲンタシン・フシジンレオ・テラマイシンなどの抗生物質単独の軟膏に変更するのが理想です。

とびひの塗り薬 抗生物質フシジンレオ軟膏 VS テラマイシン軟膏

また、ゲンタシンなどの抗生物質も長期使用する薬ではなく、必要がなくなれば中止する必要があります。

さもないと、耐性菌(特定の抗生物質に抵抗力を持つ細菌)が増え、いつかその抗生物質は効かなくなってしまいます。

リンデロンVGとゲンタシンの使い分けはこちらを参照しよう。
とびひにゲンタシン&リンデロンVG こうすればうまく使い分けられる!

まとめ

  1. 抗生物質とステロイドの配合剤(リンデロンVG/テラコートリル)はとびひの初期治療によく使われる
  2. 抗生物質はとびひの細菌感染を抑える
  3. ステロイドはとびひのかゆみを抑えるが、細菌増殖を起こして悪化するリスクもある
  4. リンデロンVGは、リンデロンV(ステロイドの強さは「ストロング」)とゲンタシンの配合剤
  5. リンデロンVGは使い勝手がよいため、迷ったら使われる印象がある
  6. テラコートリルはヒドロコルチゾン(ステロイドの強さは「マイルド~ウィーク」)とオキシテトラサイクリンの配合剤
  7. 真っ黄色な軟膏が印象的
  8. リンデロンVGとテラコートリルは、とびひに長期使用はNG

関連記事
とびひ塗り薬 抗生物質ゲンタシンとアクアチムを比較した意外な結果