トランサミン(トラネキサム酸)とシナール(ビタミンC)の美白効果(シミ、肝斑)

薬剤師

トランサミン(トラネキサム酸)、シナールは、美白系の薬としても知られています。

トランサミン(トラネキサム酸)とシナールは併用されることも多く、肝斑、シミ、しわ、ニキビ等の治療薬や予防薬として使用されることが多いです。

ただし、トランサミン(トラネキサム酸)、シナールを美白目的や予防目的で使用する場合は、健康保険は使えません。自費での購入になります。

トランサミン(トラネキサム酸)、シナールのどちらも、効果が目に見えてくるには時間がかかりますが、副作用らしき副作用もほとんどない点で共通しています。

トランサミン(トラネキサム酸)、シナールの効果と副作用の解説の前に、美白の天敵であるシミと肝斑の話から始めます。

スポンサーリンク

美白の天敵1:シミ

シミが出来る原因は日焼け(紫外線)

シミが出来る原因は、日焼けが多くの割合を占め、シミの正体は、メラニン色素です。

メラニン色素は、もともとは肌を日焼けなどから守るためのものですので、体に悪いものではありませんが、多量に作られ沈着すると、シミとなり、美容上の問題となります。

シミとメラニン色素

紫外線UVA、UVBの違いと、日焼け、シミ、しわ、そばかすの原因
地上に降り注ぐ紫外線は、UVAとUVBがあり、どちらも体が肌に有害で、日焼け、しわ、シミ、そばかす、皮膚がん、白内障の原因になります。若いときから対策をすることは大切です。

日焼けやホルモンバランスの変化など、ストレスが原因で、表皮の一番内側にあるメラノサイトが活性化してメラニン色素を作ります。

メラノサイトでメラニンを作る様子

出典:花王HP

メラニン色素は、肌の新陳代謝(ターンオーバー)によって、肌の表面にあらわれますが、通常量であれば、自然に肌の表面から剥がれ落ちていきます。

しかし、過剰に作られたメラニン色素は、肌の表面に押し出される過程で少しずつたまっていきます。それが蓄積してシミとなり、美白の天敵となるのです。

シミが作られる仕組み

出典:スキンケア大学HP

若い間は、肌の新陳代謝(ターンオーバー)は活発ですが、加齢とともに肌の新陳代謝(ターンオーバー)は衰えてきます。

そのため、年齢を重ねると、ちょっとした日焼けが原因でシミになってしまうのです。

美白の天敵:肝斑

肝斑の特徴

肝班

出典:第一三共HP

肝斑とは、30~40歳代の女性に多くみられる特有のシミのことです。

肝斑は、顔の両側の目の少し下側に、クマのようなシミが左右対称に発生する特徴があります。

肝斑の原因と発生の仕組み

女性ホルモンのバランスが乱れてくると、プラスミン(情報伝達物質)が過剰に作られます。

プラスミンは、メラニン色素製造工場であるメラノサイトを活性化させ、メラニン色素の沈着を促進させ美白を妨げます。

メラニン色素の沈着も、少量では目に見えませんが、継続して沈着が続くと、ある日、目に見える肝斑として現れます。

肝斑と日焼け

日焼け止め(サンスクリーン)の塗る量、回数、使い方と選び方
日焼け止めには、日常用、レジャー用、海・山用、海・プール用、敏感肌用、絶対焼かない人用?などがあります。これらは、SPF、PA、紫外線吸収剤、紫外線散乱、,耐水性を基本として作られています。

肝斑の治療中はもちろん、予防のためにも日焼け対策は重要です。

日焼けは肝斑の原因のひとつです。
また、日焼けは、肝斑以外のシミを作る原因でもあります。

さらに、肝斑は日焼けで悪化します。
外出時は日焼け止めを塗って、肝斑が悪化しないように、しっかりとた日焼け対策が必要です。

美白に日焼けは必要なしです。

肝斑薬トランサミン(トラネキサム酸)

トランサミン錠とトランサミンカプセル

トランサミン(トラネキサム酸)と肝斑

トランサミンはカプセルと錠剤があります。

元々トランサミンは出血を止めたり、喉、耳、皮膚の炎症を抑えたりするトラネキサム酸を有効成分とする薬です。

トランサミン(トラネキサム酸)は、シミ、肝斑、色素沈着、美白などの美容目的で使用されることが多くなりました。

トランサミン(トラネキサム酸)は、美容目的の中でも肝斑に特に効果があり、肝斑の治療に用いられることが多いです。

そのため、「トランサミン(トラネキサム酸)=肝斑治療薬」と思っている方も多いと思います。

トランサミン(トラネキサム酸)のシミ(肝斑)への効果

トランサミン(トラネキサム酸)は、メラノサイトの活性化の原因となる、プラスミンの働きをブロックする作用があります。

トランサミン(トラネキサム酸)でプラスミンの働きをブロックすれば、メラニン色素が必要以上に作られなくなります。

トランサミン(トラネキサム酸)の効果で、少しずつシミ(肝斑)や色素沈着が目立たなくなってきます。

トランサミン(トラネキサム酸)でシミ(肝斑)への効果が実感できる期間

シミ(肝斑)への治療効果を実感できるのは、トランサミン(トラネキサム酸)を飲み始めてから4~5週間程度といわれています。

ただし、トランサミン(トラネキサム酸)への期待する肝斑への効果が大きければ、もう少し効果の実感には時間がかかるかもしれません。

トランサミン(トラネキサム酸)を飲み続けても、全く効果がない場合は、そのシミは肝斑ではないのかもしれません。

トランサミン(トラネキサム酸)の飲み方

市販薬のトランサミンとしても知られる、トランシーノⅡの1日量は、トランサミン(トラネキサム酸)として750mgです。

病院で、肝斑にトランサミン(トラネキサム酸)750mg/日で使用は少ないです。

多くの場合、トランサミン(トラネキサム酸)の1日量は、1500mgで使用され、トランサミン(トラネキサム酸)500mgを1日3回食後に飲みます。

健康保険では、トランサミン(トラネキサム酸)は、あまり長期服用する薬ではありません。肝斑などの美白目的で使用する場合も、同様と考えられます。

ある程度の期間を服用したら、トランサミン(トラネキサム酸)は少し休んで、再開するのが望ましいかもしれません。

トランサミン(トラネキサム酸)の副作用

トランサミン(トラネキサム酸)の添付文書によると、主な副作用は次のとおりで、胃腸系の副作用がごく少数起こる場合があります。

副作用 確率
食欲不振 0.61%
悪心 0.41%
嘔吐 0.20%
胸やけ 0.17%

美白薬シナール(ビタミンC+パントテン酸カルシウム)

シナール錠とシナール顆粒

シナールとシミ

シナールは、錠剤と顆粒剤があり、ビタミンCとパントテン酸カルシウムの配合剤です。

美容目的では、シナールはシミ、肝斑、色素沈着、にきび、美白などに使用します。
シナールはその美容目的の中でも、シミや日焼け、ニキビによる色素沈着によく効きます。

そのため、シナールは美白ビタミンとも言われています。

新薬ゼビアックスローションはニキビに1日1回でOK!効果と副作用
ゼビアックスローションは2016年1月7日発売のニキビ薬です。アクアチムクリーム、ダラシンTゲルと同じ抗菌薬で、赤ニキビの薬として期待されています。比較してみていきましょう。

シナールには、ウイルスや細菌に対する免疫力を高めたり、ストレスに対する抵抗力を高める効果もあると考えられているため、風邪の予防にも使われます。

シナールの効果はビタミンC

シナールのシミ、肝斑、色素沈着、にきび、美白等への効果は、ビタミンCによるものです。

シナールの含まれる微量のパントテン酸カルシウムは、ビタミンCが皮膚に与える効果を高める目的で添加されています。

パントテン酸カルシウムは、腸を動かす作用があるため、シナールをたくさん飲みすぎると腹痛や下痢等の副作用が起こる場合があります。

シナールのシミ、肝斑、色素沈着、にきびへの効果

1.メラニン色素の生成を抑制する美白効果

日焼けなどで体外に排出しきれないほど、過剰にメラニン色素が作られてしまったとき、沈着してシミになるのでしたね。

シナールは、メラニン色素が過剰に作られないようにして、シミができないようにする美白効果があります。

日ごろの日焼け止めの使用は、シミを作らないためには必須です。

日焼け止めの表示と効果 SPFはサンバーン、PAはうっかりサンタンを防ぐ
日焼け止めにある表示「SPF」「PA」。女性ならば、もはや常識なのかもしれません。その意味について日焼けのサンバーンとサンタンと一緒に解説します。

2.出来てしまったメラニン色素を薄める美白効果

すでに出来てしまったシミは、残念ながら自然に治りません。

シナールは、すでにできたシミを薄めて、目立たなくする美白効果があります。

3.コラーゲンの生成効果と保存効果

固い肌、やわらかい肌と表現されることがありますが、肌の弾力を決定するひとつは、コラーゲンの含有量です。

シナールは、コラーゲンを作り、肌から逃げないように保存する効果があるため、肌のハリを良くし、しわも目立たなくしてくれます。

天気、季節、時間帯、地域別の紫外線影響を紫外線指数(UVインデックス)で解説
紫外線の影響は、天気、季節、時間帯、地域で異なることが知られています。実際どのくらい異なるかをUVB量、UVA量、紫外線指数(UVインデックス)で解説します。

ビタミンCの1日摂取量

日本人の食事摂取基準2015年版によると、成人のビタミンCの1日摂取量の推奨量は1日100mgで、1日の上限量は1000mgです。

ただし、妊婦さん、授乳中のお母さん、喫煙者は、必要とするビタミンCが増大しますので推奨量は次の表の通りです。

  ビタミンCの摂取量/1日
妊婦 115mg
授乳中 145mg
喫煙中 135mg以上

2014年の国民健康・栄養調査によると、ビタミンCは、通常の食品から男性で平均92mg/日、女性で平均96mg/日摂取できています。

妊婦必見!妊娠中の薬服用不安と心配を解くヒント その薬飲んで大丈夫?
妊娠中の薬の使用に抵抗があるのはあなただけではありません。妊娠の時期によって気を付ける薬も違います。赤ちゃんに対する薬の危険度を示す評価基準(FDA妊婦カテゴリー)で、新しい薬との付き合い方を提案します。

シナールの飲み方と量

ビタミンCは、体内で生命維持に必要なところから、優先的に使用されます。

例えば、運動やストレスなどがあれば、必要とするビタミンCは増大します。美白効果を期待するためには、大量のビタミンCが必要と考えられています。

美容で使用される場合、シナールの量は、1日3錠から9錠(ビタミンCとして600mgから1800mg)の大量摂取をする場合が多いです。

つまり、シナールは、美白目的では1回1錠~3錠を1日3回食後に服用します。

シナールは大量摂取で下痢の副作用

シナールは水溶性のビタミンのため、体が必要としている量のみを吸収して、尿となって排泄されます。

そのため、シナールは副作用がほとんどありません。

ビタミンCを極めて大量摂取(5000mg ~10000mg/日)したとき、消化器症状として、胃不快感、下痢等の副作用が出たとの報告があります。

しかし、ビタミンCを5000mg ~10000mgとは、シナールとして25錠以上に相当します。さすがにシナールはそんなに飲めませんよね。

普通にシナールを服用する限りは、副作用は問題にならないでしょう。

まとめ

  1. シミの正体は、メラニン色素
  2. 日焼けやホルモンのバランス変化などのストレスが原因で、メラノサイトが活性化してメラニン色素を作る
  3. 肝斑とは、30~40歳代の女性にみられる、特有のシミのこと
  4. 肝斑の原因は、プラスミンの過剰生成
  5. トランサミン(トラネキサム酸)は、メラノサイトの活性化の原因となる、プラスミンをブロックする作用がある
  6. 病院では、トランサミン(トラネキサム酸)の1日量は、750mg/日ではなく、1500mg/日が多い
  7. シナールのシミ、肝斑、色素沈着、にきび、美白等への効果は、ビタミンC
  8. シナールには、メラニン色素の生成防止、沈着防止、コラーゲンの生成と保存。3つの効果がある
  9. トランサミン(トラネキサム酸)とシナールは、ほとんど副作用がない
  10. 美白の天敵は、日焼け(シミ、肝斑の原因)。日焼け対策が大事