しもやけ飲み薬ユベラ錠(ビタミンE)ユベラNとの効果の違い

スポンサーリンク
しもやけの足

冬は冷え性の方には厳しい季節です。

手足の冷えにしもやけが加わってつらい日々を過ごすこともあるでしょう。

しもやけの原因は血行不良であるため、ほとんど冬に限定して起こります。

朝昼の気温差が血行を悪くし、しもやけを悪化させていきます。

しもやけの飲み薬と言えば、ユベラ錠です。

ユベラ錠は血行を改善してしもやけに効果があります。

同じユベラと名の付く飲み薬にユベラNソフトカプセルがありますが、こちらはしもやけには使いません。

スポンサーリンク

しもやけの原因

体には体温調節機能があります。

  • 温かいと血管を広げて血流をよくしたり、汗をかいたりして熱を放出します

  • 冷たいと血管を縮めて血流を抑えて、熱を外に逃がさないようにします

そのため、寒い冬になると血管が収縮して血圧が上がったり、血行が悪くなります。

手足指先や耳などが、血管の収縮・拡張(気温の冷温)を繰り返すと、しもやけになります。
(1日の気温差が10度以上になるとしもやけは起こりやすい)

なぜなら、もともと手足指先や耳などには細かい血管が多く、血行のコントロールが難しいからです。

また、しもやけは子供や高齢者に多い病気です。

大人になると、しもやけはほとんどできなくなりますが、成人女性の中には毎年のように繰り返す人もいます。

しもやけは病院で治せる

しもやけぐらいで病院にいくのもね。と思っている方も多いと思います。

しかし、しもやけは凍瘡(とうそう)と呼ばれる抹消循環障害のひとつですので遠慮はいりません。

しもやけは、内科・皮膚科で診てくれます。

しもやけはひどくなると、かゆみ痛みをともないます。

そのため、冬になると意外としもやけで内科、皮膚科にかかる人は多いのです。

内科、皮膚科を受診してしもやけ薬をもらいにいきましょう。

しもやけ薬ユベラ錠(飲み薬)

しもやけ薬はユベラ軟膏が有名ですが、飲み薬のユベラ錠もあります。
(ユベラNもあるがしもやけ薬ではない。詳細は後述「ユベラ錠とユベラNの違い」)

ユベラ錠50mg

ユベラ錠の主成分

ユベラ錠トコフェロール酢酸エステル(ビタミンE)が主成分です。

ユベラ軟膏とユベラ錠は同じユベラでも主成分に違いがあります。

ユベラ錠にはユベラ軟膏に含まれているビタミンAは含まれていません。

冬になると発生するしもやけ。ひどくなると痛くかゆく、我慢できなくなってきます。早い間に内科皮膚科でしもやけ薬をもらって治してしまいましょう。

ユベラ錠の飲み方

ビタミンは油に溶ける脂溶性と、水に溶ける水溶性の2種類のビタミンがあります。

脂溶性ビタミン:ビタミンA・D・E・K
水溶性ビタミン:ビタミンB・Cなど
        ほとんどのビタミン
シナール(ビタミンC)には、メラニン色素の過剰生成を抑え、シミをうすめたり予防したりする美白効果があります。肝斑薬トランサミン(トラネキサム酸)との併用も多いです。

ビタミンEは脂溶性ビタミンであるため、食後服用の方が吸収がよいです。

1回1~2錠ユベラ錠を1日2~3回食後に服用します。

効果が不十分な場合は、増量できます。

ユベラ錠の効果

ユベラ錠に含まれるビタミンEは、血行を良くして皮膚の温度が下がるのを防止し、しもやけによる痛み・かゆみ・腫れなどに効果があります。

効能又は効果

  1. ビタミンE欠乏症の予防及び治療

  2. 末梢循環障害
    (間歇性跛行症、動脈硬化症、静脈血栓症、血栓性静脈炎、糖尿病性網膜症、凍瘡(しもやけ)、四肢冷感症)

  3. 過酸化脂質の増加防止

ユベラ錠添付文書より

ビタミンEは痔治療薬(市販)にも応用されています。

大きな痔は手術が必要ですが、小さい痔であれば塗り薬や飲み薬でも治療できます。こっそり治せる市販薬もあります。ボラギノールAとMの一番の違いはステロイドを含むかどうかです。

ユベラ錠の副作用

ユベラ錠にも重大な副作用は報告されていませんが、総症例3586例中、32例(0.89%)の副作用が報告されています。(再評価結果時)

ユベラ錠の主な副作用

副作用 副作用頻度(%)
便秘 0.2
胃部不快感 0.17

ユベラ錠とユベラNの違い

ユベラNソフトカプセルというビタミンEもありますが、ユベラNソフトカプセル(以下、ユベラN)はトコフェロールニコチン酸エステルが主成分です。

ユベラNソフトカプセル

ユベラNにも血流改善作用があるため、しもやけにも効果があると考えられますが、健康保険の都合上、ユベラNはしもやけには使いません。

同じビタミンEでも若干の種類の違いがあります。

トコフェロールニコチン酸エステルには、コレステロールや中性脂肪を低下させる作用があるため、

ユベラNは、コレステロールや中性脂肪の改善目的で使用される場合が多いです。

ただし、単独使用はあまり見られません。
【コレステロール薬+ユベラN】が多いです。

コレステロール薬
クレストール、リバロ、リピトール、メバロチンなど

冬に頻発!かかとひび割れ

多くの女性を悩ませている冬の足トラブルのが、かかとひび割れです。かかとの角質ケアの塗り薬はケラチナミン・ウレパールが有名ですが、皮膚科ではサリチル酸ワセリンを使用することも多いです。

ユベラ錠の市販

ユベラの名前が付いている市販(栄養機能食品)にユベラ贅沢ポリフェノールがありますが、しもやけ薬ではありません。

ユベラックスがユベラ錠の市販薬です。

↓結構いい値段がしますよ

まとめ

  1. ユベラ錠はトコフェロール酢酸エステル(ビタミンE)が主成分
  2. ビタミンEは脂溶性ビタミンであるため、ユベラ錠は食後服用の方が吸収がよい
  3. ユベラ錠に含まれるビタミンEは、血行を良くして皮膚の温度が下がるのを防止し、しもやけによる痛み・かゆみ・腫れなどを改善する
  4. ユベラ錠に似た薬にがユベラNがあるが、ユベラNはしもやけ薬ではない
    (ビタミンEの種類に若干の違いがある)
  5. ユベラNはコレステロールや中性脂肪の改善目的で、併用薬として使用される場合が多い