しもやけ薬ユベラ軟膏の効果と市販 ヒルドイドとの違いは?

スポンサーリンク
雪と男

冬は冷え性の方には厳しい季節です。

手足の冷えにしもやけが加わってつらい日々を過ごすこともあるでしょう。

しもやけはほとんど冬に限定して起こります。

しもやけの原因は血行不良で、朝昼の気温差がしもやけを悪化させるからです。

そんなときに頼りになるしもやけ薬がユベラ軟膏です。

あまり知られていませんが、ヒルドイドは血行促進作用もあるためしもやけにも応用できます。

本記事では次の3点を中心に解説します。

  1. しもやけ薬ユベラ軟膏
  2. しもやけにも使われることのあるヒルドイド
  3. ユベラ軟膏とヒルドイドの違い
スポンサーリンク

しもやけの原因

体には体温調節機能があります。

  • 温かいと血管を広げて血流をよくしたり、汗をかいたりして熱を放出します
  • 冷たいと血管を縮めて血流を抑えて、熱を外に逃がさないようにします

そのため、寒い冬になると血管が収縮して血圧が上がったり、血行が悪くなります。

手足指先や耳などが、血管の収縮・拡張(気温の冷温)を繰り返すと、しもやけになります。
(1日の気温差が10度以上になるとしもやけは起こりやすい)

なぜなら、もともと手足指先や耳などには細かい血管が多く、血行のコントロールが難しいからです。

また、しもやけは子供や高齢者に多い病気です。

大人になると、しもやけはほとんどできなくなりますが、成人女性の中には毎年のように繰り返す人もいます。

しもやけは病院で治せる

しもやけぐらいで病院にいくのもね。と思っている方も多いと思います。

しかし、しもやけは凍瘡(とうそう)と呼ばれる抹消循環障害のひとつです。遠慮はいりません。

しもやけは、内科・皮膚科で診てくれます。

しもやけはひどくなると、かゆみ痛みをともないます。

そのため、冬になると意外としもやけで内科、皮膚科にかかる人は多いのです。

内科、皮膚科を受診してしもやけ薬をもらいにいきましょう。

しもやけ薬1:ユベラ軟膏

ユベラには軟膏と錠剤がありますが、しもやけ薬といえばユベラ軟膏です。

しもやけ薬ユベラ軟膏(チューブ)
中途半端な1本56g

ユベラ軟膏は、トコフェロール(ビタミンE)とビタミンAを含む血行改善薬です。

  • トコフェロール20mg/g
  • ビタミンA油5mg/g
    (ビタミンAとして5000ビタミンA単位)

ビタミンは油に溶ける脂溶性と、水に溶ける水溶性の2種類のビタミンがあります。

トコフェロール(ビタミンE)とビタミンAは脂溶性ビタミンです。脂溶性ビタミンは皮膚から吸収されることが知られています。

脂溶性ビタミン:ビタミンA・D・E・K
水溶性ビタミン:ビタミンB・Cなど
ほとんどのビタミン
シナール(ビタミンC)には、メラニン色素の過剰生成を抑え、シミをうすめたり予防したりする美白効果があります。肝斑薬トランサミン(トラネキサム酸)との併用も多いです。

ユベラ軟膏の使い方

しもやけ薬ユベラ軟膏の使い方は簡単です。

1日2~3回、しもやけとその周囲にユベラ軟膏を塗りこみます。

しもやけの原因は血行不良ですので、マーサージをするようにユベラ軟膏を塗りこむのがいいです。

化粧品と同じで、使用法、量、回数を守らないと塗り薬は効果を発揮できません。ステロイド軟膏を中心に、ニキビ、水虫、保湿剤の塗り方まで解説します。

ユベラ軟膏の効果

  1. ユベラ軟膏に含まれるトコフェロール(ビタミンE)は、血行を良くして皮膚の温度が下がるのを防止します。
  2. ビタミンAは、皮膚の代謝を良くして皮膚が固くなるのを防止します。

効能又は効果

凍瘡(しもやけ)、進行性指掌角皮症、尋常性魚鱗癬、毛孔性苔癬、単純性粃糠疹、掌蹠角化症

ユベラ軟膏添付文書より

ユベラ軟膏の副作用

ユベラ軟膏には重大な副作用は報告されていませんが、総症例1461例中、33例(2.26%)の副作用が報告されています。(再評価結果時)

ユベラ軟膏の主な副作用

副作用 副作用頻度(%)
紅斑(赤み) 0.75
瘙痒感(かゆみ) 0.96
疼痛(痛み) 0.21
小水疱 0.34

赤みと痛みはユベラ軟膏の主成分、もしくは基剤が合わなかったため起こったのでしょう。

使用感、効果、吸収率、吸収速度を決める要素のひとつが基剤です。塗り薬の治療は、有効成分と同じくらい基剤の選択が重要です。軟膏とクリームの効果の優越はあるのでしょうか。

ユベラ軟膏は遮光冷蔵庫保存

ユベラ軟膏は少し黄色かかった軟膏です。

しもやけ薬ユベラ軟膏

ビタミンAは光によって分解されます。

ユベラ軟膏は遮光して冷蔵庫に保存します。

それでも、ユベラ軟膏は使っている間にどんどん黄色くなります。

黄色くなったユベラ軟膏でも1シーズンは普通に使えますが、次のシーズンまでは有効期限は持たないでしょう。

なぜなら、ユベラ軟膏は製造されてからチューブ入りで21カ月、容器入りで15カ月が有効期限であり、

ユベラ軟膏は製造・流通後、薬局に納品されたころには数カ月は経過しているからです。
(しもやけ薬は繁忙期以外の流通が少ない)

つまり、冬に使い切れなったユベラ軟膏は、次のしもやけシーズンには有効期限が切れています。

しもやけの飲み薬と言えばユベラ錠です。ユベラ錠は血行を改善してしもやけに効果があります。同じユベラと名の付く飲み薬にユベラNがありますが、こちらはしもやけには使いません。

ユベラ軟膏の市販

ユベラ軟膏の市販にはユベラリッチがありましたが、2015年に製造中止されました。

2017年現在、ユベラ軟膏の市販はありません。

トコフェロール(ビタミンE)を含む市販はザーネクリーム(医薬部外品)があります。

ザーネ軟膏とクリームは同じメーカーが作っていますが成分が違います。誤解を生むので名前を変更してほしいくらいです。ユベラ軟膏やケラチナミンクリームとの違いも解説します。

ザーネクリームはしもやけ薬としても使えます。

しもやけ薬2:ヒルドイド

ヒルドイドゲルは、打撲後の腫れ、腱鞘炎、筋肉痛、関節炎などの痛みに使用され、

ヒルドイドクリーム、ソフト軟膏、ローションは主に保湿剤として使用されています。

ヒルドイドゲル、クリーム、ソフト軟膏、ローション

ヒルドイドローションは、顔にも使いやすい乳液状です。

ヒルドイドローションで顔にうるおい100%!使い方をホンキで解説

ヒルドイドの血行促進効果

あまり知られていませんが、ヒルドイドの成分ヘパリン類似物質には血行を良くする効果もあります。

<ヒルドイドの主な効果>

  1. 保湿効果
  2. 血行促進効果
  3. 傷痕をきれいにする効果

ヒルドイドをしもやけ薬として使う医師もいます。

ネットではアンチエイジングクリームとして話題のヒルドイド。ヒルドイドは保湿効果にすぐれ、顔、首、全身に使えます。塗り方、量、回数を守ればもっと効果を引き出せます。

ヒルドイドの使い方

ヒルドイドの使い方(塗り方)はユベラ軟膏と同じです。

1日2~3回、しもやけとその周囲にマッサージするようにヒルドイドを塗りこみます。

ヒルドイドの市販

ヒルドイドとその市販は保湿目的で使用されるケースがほとんどですが、しもやけ薬としても使えます。
(ヒルドイドをしもやけに使うのはメジャーではありませんが…)

ヒルドイド市販はドラッグストアなどで販売されています。種類も多いので迷うことでしょう。ヒルドイド(ビーソフテン)の塗り心地に近い市販をおすすめとして紹介します。

ヒルドイドは市販薬が充実しています。

ユベラ軟膏とヒルドイドの違い

ユベラ軟膏 ヒルドイド
成分 ビタミンE
ビタミンA
ヘパリン類似物質
種類 軟膏 ソフト軟膏
ローション
クリーム
ゲル
作用 血行促進 保湿
血行促進
傷をキレイに
主な使用 しもやけ 保湿

顔はしもやけにならない
保存 冷蔵庫 室温
市販薬 ×

まとめ

  1. しもやけの主な原因は温度差による血行不良
  2. 皮膚科ではユベラ軟膏、ユベラ錠、ヒルドイドなどがしもやけ薬として使用される
  3. ユベラ軟膏はビタミンE+ビタミンAが主成分
  4. ユベラ軟膏は、使っている間に黄色が濃くなっていくが1シーズン使用できる(冷蔵庫保存)
  5. ヒルドイドは保湿剤として有名ではあるが、血行促進作用もあるためしもやけにも応用できる
  6. ユベラ軟膏、ヒルドイドは1日2~3回マッサージするようにしもやけにすり込む