ルリコンの市販はない 薬局で買える水虫塗り薬は?

スポンサーリンク

水虫薬は飲み薬と塗り薬がありますが、市販されているのは塗り薬だけです。

「塗り薬だけ」といっても、水虫薬は多くの種類が市販されいるため、何がどう違うのかを理解するのはかなり難しいです。

そこで今回は、病院で処方される水虫薬と薬局で買える水虫薬をまとめました。

スポンサーリンク

ルリコンはジェネリックも市販もない

ルリコンはクリーム、軟膏、の3種類の剤形があり、水虫の症状や使用感で使い分けられています。

ルリコンクリーム、ルリコン軟膏、ルリコン液

水虫塗り薬は市販化(OTC化)がかなり進んでいますが、ルリコンはジェネリックも市販もありません。

ルリコンは2005年に発売された比較的新しい水虫薬だからです。

まだ、特許が切れてないためジェネリックはありません。

ルリコンはジェネリックがないくらいですので、市販もまだ発売されませんよね。

ルリコンはこちらの記事を参照しよう。

ルリコンの効能効果はパワフル!それでも水虫に効かない理由

ルリコンで水虫が悪化!?その原因は副作用だけではない

病院と同じ成分を含む薬局用水虫市販薬

成分名 病院用 主な市販薬
テルビナフィン ラミシール ラミシールAT
ラミシールプラス
タマリングランデX
エクシブ
ラノコナゾール アスタット ピロエースZ
ウィンダム
(販売中止)
ミコナゾール フロリード ダマリンL
アモロルフィン ペキロン ダマリンエース
(販売中止)
ブテナフィン メンタックス ブテナロックVα
スコルバEX
ルリコナゾール ルリコン
ルコナック
なし
ケトコナゾール ニゾラール
ネチコナゾール アトラント
リラナフタート ゼフナート

※リンク先はメーカー公式サイトです。
※ルコナックはルリコンと同成分の爪水虫専用薬です。
爪水虫(爪白癬)塗り薬ルコナックとクレナフィンの比較 効果、副作用、使い方

昔の水虫塗り薬は1日2~3回塗る必要がありましたが、現在販売されている市販は1日1回タイプが主流です。

水虫市販薬は配合剤が多い

病院で処方される水虫薬は、抗真菌作用のある成分(以下、有効成分と記載)単独ですが、

水虫市販薬は有効成分が働くのを助ける成分を加えた配合剤がほとんどです。

付加成分 効果
クロタミトン かゆみを抑える
グリチルリチン 炎症を抑える
メントール 清涼感を与える
尿素 皮膚を柔らかくする
イソプロピルメチルフェノール 殺菌して臭いを抑える
(ニキビ市販にもよく使われている成分)
リドカイン
ジブカイン
かゆみ・痛みを抑える

ニキビ市販はこちらを参照しよう。
イオウカンフルローションの効果、副作用、使い方と 赤ニキビ薬の市販(硫黄)』)

水虫市販薬1:ラミシール

先述のリストで有名な水虫薬は、飲み薬もあるラミシールでしょう。

ラミシールは2種類が市販されています。

  1. ラミシールAT
  2. ラミシールプラス

病院で処方されるラミシールと同じ市販は、ラミシールATです。

ラミシールプラスは、有効成分テルビナフィンにかゆみや炎症などを抑える成分をプラスした配合剤です。

ラミシールはクリーム、液、スプレーの3種類の剤形が販売されています。

どれも1日1回で十分な効果が期待できます。

詳細は『水虫薬ラミシールクリーム、ジェネリック テルビナフィン、市販薬』を参照しよう。

水虫市販薬2:ピロエースZ

ウィンダムは自主回収された後、販売中止になりました。

アスタットと同成分の市販はピロエースZです。

ピロエースZもラミシールATと同様に配合剤です。
有効成分ラノコナゾールにかゆみや炎症などを抑える成分をプラスしています。

ピロエースZはクリーム、液、軟膏の3種類の剤形が販売されています。

剤形別の塗り分けや塗り方はこちらを参考にしよう。
ルリコンクリーム/軟膏/液 水虫塗り薬の効果的な塗り方

こちらも1日1回で十分な効果が期待できます。

水虫市販薬3:ダマリンL

フロリードと同成分の市販はダマリンLです。

ラミシールが発売されるまでは、水虫薬といえばダマリンシリーズだったような…。

フロリードはクリームゲルがありますが、使われているほとんどが口腔カンジダ薬フロリードゲルです。

口腔カンジダ薬フロリードゲル経口用の使い方、効果、副作用、禁忌

ダマリンLも有効成分ミコナゾールにかゆみや炎症などを抑える成分をプラスしています。

ダマリンLはクリームのみの販売で、1日1回で十分な効果が期待できます。

同じダマリンでも、ダマリングランデXはラミシールと同じテルビナフィンを含む水虫薬です。

水虫市販薬4:ブテナロックVα

メンタックスと同成分の市販はブテナロックVα(ブイアルファ)です。

ブテナロックVαも配合剤です。
有効成分ブテナフィンにかゆみや炎症などを抑える成分をプラスしています。

ブテナロックVα剤形の種類が豊富で5種類あります。

  1. クリーム
  2. スプレー
  3. エアー
  4. パウダー

どれも1日1回で十分な効果が期待できます。

まとめ

  1. ルリコンはジェネリックも市販もない
  2. 病院で処方される水虫薬は有効成分単独であるが、水虫市販薬は+アルファ成分を配合している場合がほとんど
  3. その中、ラミシールATはテルビナフィン単独処方
  4. 現在販売されている市販は1日1回タイプが主流