ルリコンで水虫が悪化!?その原因は副作用だけではない

スポンサーリンク

ルリコンを使って水虫を悪化させてしまう方は毎年訪れます。

その原因は主に2つです。

  1. ルリコンによる副作用
  2. ルリコンを使うタイミングがはやい

副作用は仕方ありませんが、ルリコンを使うタイミングは調整できます。

ルリコンをダイジェストで解説した後、本題(副作用と悪化)に入ります。

スポンサーリンク

ルリコンとは

ルリコンはルリコナゾールを有効成分とする水虫の塗り薬です。

ルリコンクリーム、ルリコン軟膏、ルリコン液

ルリコンはクリーム軟膏の3種類です。

水虫の皮膚の状態によって使い分けます。

  • ルリコンクリーム
    ジュクジュクした水虫に使用する場合が多いです。
    ただし、ジュクジュクがひどいところに塗ると、水虫が悪化する場合があります。

  • ルリコン軟膏
    刺激が少ないためあらゆる水虫の症状に使用できますが、ベタつきが嫌われあまり積極的には使用されません。

  • ルリコン液
    ルリコン液は乾燥した指間型足水虫(指と指の間にできる水虫)への使用が多いです。

ルリコンの塗り方とクリーム/軟膏/液の使い分けはこちらでチェックしよう。
ルリコンクリーム/軟膏/液 水虫塗り薬の効果的な塗り方

効能効果

ルリコンは足水虫だけではなく、ぜにたむし、いんきんたむし、カンジダ、癜風(でんぷう)にも効果があります。

種類 解説
足水虫
(足白癬)
足にできる水虫
ぜにたむし
(体部白癬)
体にできる水虫
いんきんたむし
(陰部白癬)
股にできる水虫
カンジダ カンジダ菌の増殖で起こる皮膚病
癜風 癜風菌の増殖で起こる皮膚病

ルリコンの効能効果はこちらの記事を参照しよう。
ルリコンの効能効果はパワフル!それでも水虫に効かない理由

水虫塗り薬は最低でも2カ月は続け、できれば3カ月塗り続けるのが理想です。

スポンサーリンク

ルリコンの副作用

クリームと液の水虫の塗り薬はかぶれやすいと言われますが、かぶれ、赤み、刺激感などの副作用が起こる実際の頻度は1~2%くらいです。

ルリコンクリーム/液の副作用頻度もその程度です。

副作用 副作用頻度
クリーム
接触皮膚炎
(かぶれ)
1.10% 2.05%
刺激感
(しみる)
0.11% 0.23%
発赤
(赤くなる)
0.07%

これらの副作用が起こった原因は、2つ考えられます。

  1. ルリコンクリーム/液の基剤が合わなかった
    (基剤は『塗り薬の軟膏とクリームの違いは基剤!吸収率、使用感で使い分ける』を確認しよう)

  2. 水虫へのアプローチの仕方がまちがっていた
    (副作用というよりは悪化)

ルリコンで水虫が悪化する理由

通常、水虫の皮膚の状態でルリコンクリーム/軟膏/液を塗り分けますが、ジュクジュク水虫は注意が必要です。

ジュクジュクがひどくなっている水虫(以下、強ジュクジュク水虫)にルリコンを塗ると、それが刺激になり悪化するケースが多いからです。

強ジュクジュク水虫の初期治療

強ジュクジュク水虫へのファーストアプローチは4パターンあります。

  1. ステロイドで炎症を抑える
    (だたし長期使用すると水虫は悪化する:理由は後述)

  2. 亜鉛華軟膏でジュクジュクを抑える

  3. 1と2の両方
    (ステロイドと亜鉛華軟膏の混合薬

  4. 飲み薬を使う

(混合薬のメリットデメリットは『皮膚科の混合軟膏 塗り薬の使用期限と保存のルールはある?』を確認しよう)

亜鉛華軟膏とは
皮膚科では皮膚の保護を目的に使うことが多い固い軟膏。
アトピー、おむつかぶれ、水虫など。
塗ると真っ白になるのでよく伸ばして使う。

ステロイドは水虫を悪化させる

真菌・細菌・ウイルスが原因で起こる病気にステロイドを塗ると悪化します。

病気 原因
水虫(白癬) 真菌
とびひ
(伝染性膿痂疹:でんせんせいのうかしん)
細菌
ヘルペス(疱疹:ほうしん) ウイルス

ステロイドは真菌・細菌・ウイルスの増殖を助けるため禁忌だからです。

禁忌(次の患者には投与しないこと)

細菌・真菌・スピロヘータ・ウイルス皮膚感染症及び動物性皮膚疾患(疥癬・けじらみ等)

→感染を悪化させるおそれがある

デルモベート軟膏(ステロイド)添付文書より

ですので、ステロイドは1週間を限度に塗ってみて、水虫の炎症が治まったら速やかにルリコンに切り替えます。
(ステロイドを塗り続けて水虫を悪化させる方も多い)

ステロイドを塗っている間に水虫菌が増殖しないように、ステロイド塗布期間のみ水虫内服薬を併用する場合もあります。

とびひとステロイドの詳細はこちら
とびひにステロイドはOK? リンデロンVG軟膏 VS テラコートリル軟膏

ルリコンで水虫が悪化したときの対処

水虫の悪化が「ルリコンの副作用が原因」であるならば、ルリコンは中止して別の塗り薬に変更します。

水虫の悪化が「強ジュクジュク水虫にルリコンを使った」のが原因であるならば、ステロイド+亜鉛華軟膏で炎症とジュクジュクを取り除かなくてはなりません。

ルリコンの市販

ルリコンはジェネリックも市販もありませんが、水虫市販薬は多く販売されています。

ただし、先述のとおり、最初のアプローチをまちがえるとひどい目に合います。

水虫市販薬は皮膚科医、薬剤師とよく相談して上手に使いましょう。

水虫市販はこちらの記事をチェックしよう
ルリコンの市販はない 薬局で買える水虫塗り薬は?

まとめ

  1. ルリコンはかぶれなどの副作用が出やすいといわえるが、実際かぶれるのは少数
  2. ジュクジュクがひどい水虫に、いきなりルリコンを使い始めると、悪化する場合が多い
  3. そのため、ステロイドや亜鉛華軟膏で炎症を抑えてから水虫治療に入るのがセオリー
  4. ただし、ステロイドは水虫を悪化さえる原因になるため、長期使用は厳禁
  5. 水虫市販薬を自己判断で使い始めると、余計に水虫を悪化させる可能性がある