湿布貼りすぎ!?ボルタレンテープ市販と病院用は1日何枚まで?

スポンサーリンク
階段を上る途中で腰痛

飲み薬の用法用量は添付文書(医療者向け薬の説明書)に丁寧に記載されています。

通常、成人にはジクロフェナクナトリウムとして1日量75~100mgとし原則として3回に分け経口投与する。
また、頓用する場合には25~50mgとする。
なお、空腹時の投与は避けさせることが望ましい。

ボルタレン添付文書より

ボルタレンの1日量の上限の目安は、4錠(ボルタレンは1錠25mg)です。

しかし、湿布薬はどうでしょう?

1日1回患部に貼付する

ボルタレンテープ(病院用)添付文書より

1日1回患部としか記載がなく、1日何枚までの枚数制限の記載がありません。

  • 湿布を肩、首、膝、肘、膝に貼っていますが、貼りすぎですか?
  • 湿布は何枚まで貼っていいですか?

このような疑問にお答えしようと思います。

スポンサーリンク

湿布薬の市販は枚数制限がある

湿布の市販には、1日何枚までという枚数制限があります。ボルタレンテープEX(市販)であれば1日2枚までです。

1日1回、1枚~2枚を患部に貼って下さい。
ただし、1回あたり2枚を超えて使用しないで下さい。

ボルタレンEXテープ(市販)添付文書より

ボルタレンテープEX(市販)は1日3枚貼ると貼りすぎになりますが、きっと多くの方が3枚以上の貼りすぎ状態だと思います。

病院用湿布は1日何枚以上が貼りすぎ?

ロコアテープ(後で解説します)や市販湿布を除けば、病院用の湿布には1日何枚までという枚数制限はありません

なぜなら、湿布の主成分は、皮膚>>>皮下組織>筋肉>血漿(けっしょう)の順に濃度が高く移行しますが、血漿中に入る主成分はわずかだからです。

なぜ、病院用湿布は1日何枚という上限がないのかをボルタレンテープとボルタレン錠のインタビューフォーム(医療者向け詳細説明書)を使って説明します。

ボルタレンテープのジクロフェナク量

(ボルタレンテープのインタビューフォームより)

ボルタレンテープ15mg(以下ボルタレンテープ)を8枚体に貼付すると

貼付後から48時間までの血漿中のジクロフェナクの総量 ≒ 950ng・hr/ml

ボルタレン1錠のジクロフェナク量

(ボルタレン錠のインタビューフォームより)

ボルタレン錠を1錠服用すると

服用1時間後から24時間後血漿中のジクロフェナク総量 ≒ 1000ng・hr/ml

ボルタレン錠1日服用量のジクロフェナク量

ボルタレン錠は、通常1日3回服用します。

つまり、1日3000ng・hr/ml(1000×3)のジクロフェナク量は体外へ排泄できます。

ボルタレンテープは1日何枚まで貼っていいか

以上のことから、ボルタレンテープは24枚まで(8枚×3)、あるいはそれ以上貼付可能と判断できます。

(湿布24枚も十分貼りすぎだと思いますが…。そんなに貼りませんよね?)

モーラス・ロキソニン・ボルタレン・ミルタックス一番効く湿布はどれ?

ボルタレンテープを12枚相当貼ったときの感想

私はピップエレキバンマグネループのお世話にもなるくらいの肩こり、首痛、頭痛持ちです。レビューもしています。

ピップエレキバン効果レビュー 磁気は肩こりに効く?効かない?

ピップマグネループEX効果レビュー 磁気ネックレスは肩こりに効く?効かない?

ボルタレンテープ30mgを、両肩、首、両背中、腰に合計6枚(ボルタレンテープ15mgで12枚相当)貼ったこともあります。

そのときは、少しヒリヒリしたくらいで、特に何ともありませんでした。
(さすがに貼りすぎかな?とは思いましたが…)

肩こりに効く湿布はどの種類?温湿布、冷湿布、テープ、パップの違い

ロコアテープは1日3枚で貼りすぎ

ロコアテープの袋と本体

ロコアテープは2016年に発売された最強湿布です。

そのため「ロコアテープは1日2枚まで」と厳格に1日何枚という枚数制限されているので、1日3枚貼ると貼りすぎになります。

ロコアテープは他の湿布とは違い、併用薬や副作用にもいろいろと気を使います。くわしくはコチラの記事で解説しています。

ロコアテープを使ったら最強だった!でも副作用と使い方に気を付けて

まとめ

  • ロコアテープを除いて、病院用湿布は1日何枚までという枚数制限はない
  • 湿布の市販は、1日の枚数制限がある
    (ボルタレンテープEX(市販)は3枚で貼りすぎ)