胃薬市販ガスター10(ファモチジン)の効果と副作用 胃痛、胸焼けにおすすめ!

胃痛を起こす男性

胃痛、吐気、むかつき、胸焼け 

これらの胃の症状は、食べすぎ、飲みすぎ、ストレス、緊張などが原因で起こることが多く、ほとんどの方が体験したことがあるのではないでしょうか。

胃痛、吐気、むかつき、胸焼けに対応する医療用の胃薬の種類は多くありますが、胃薬の市販も負けないくらい多くの種類があります。

市販されている胃薬の中には、医療用と全く同じ成分を使用しているスイッチOTCと呼ばれる市販薬があります。

病院で胃薬をもらったことがある方ならば、ガスター10(ファモチジン)という胃薬の市販は聞いたことがあると思います。

ガスター10は、どのような胃の症状に効果があるのかを中心に解説します。

スポンサーリンク

胃痛、胸焼け症状の原因

食事をすると、胃酸などによって食物は分解され、吸収しやすい形になります。

しかし、ストレスや緊張などが続くと、神経のバランスが崩れ、胃酸のコントロールの制御が不安定になります。

胃痛や胸焼けの原因のひとつは、胃酸が必要以上に分泌されて胃の粘膜を攻撃し、胃を消化することです。

常に胃に不快感(空腹時胃痛)がある

ストレスや緊張などが続くと、交感神経と副交感神経のバランスが乱れてきます。

通常、胃に食物が入ると、反射的に胃酸が分泌され食物を消化します。

神経のバランスが乱れると、食物がない状況でも胃酸の分泌が起こり、胃酸で胃粘膜を自己消化し、空腹時胃痛という症状として現れます。

空腹時胃痛は、食事をすると食物が胃酸を吸収するため、胃痛が治まるのが特徴です。

空腹時胃痛は十二指腸潰瘍の典型的症状

胃潰瘍と十二指腸潰瘍の起こりやすい場所

出典:治療と再発防止のために(胃潰瘍・十二指腸潰瘍)

胃炎や胃潰瘍であれば、食後に胃痛症状が出ることが多いですが、空腹時に胃痛が発生する場合は、十二指腸潰瘍の可能性が高いです。

ガスター10は、胃酸の過剰分泌が原因の胃痛がある方、特に空腹時に胃痛を感じる方におすすめです。

ただし、ガスター10は胃潰瘍や十二指腸潰瘍の治療薬ではありません。
空腹時胃痛が続く場合は、できるだけ速く病院を受診してください。

ガスター10(市販)の有効成分と剤形

食べすぎによる胃痛、胸焼けでダウン寸前!市販胃薬パンシロンキュアがおすすめ
食べすぎ、飲みすぎによる、胃痛、吐気、むかつき、胸焼けなどの症状はガスター10(市販)も効果があるが、パンシロンキュアの方が素早い効果を期待できるためおすすめ

ガスター10の有効成分は、ファモチジンです。

市販のガスター10は、普通錠、S錠と呼ばれる口腔溶解錠、散剤、内服液の4種類があります。

医療用のガスター錠剤は20mgと10mgがありますが、市販薬のガスター錠剤は、10mgのみの販売です。

ガスター10(市販)のジェネリック

個人輸入を除くと、ガスター10(市販)のジェネリックは販売されていません。

医療用のガスター10であれば、数多くのジェネリックが販売されています。
ジェネリックの薬の価格は、ガスターと比べると格安です。

先発品 価格
(1錠、1g)
ガスター10 \24.6
ガスターD10
ガスター20 \42.2
ガスターD20
ガスター散2% \49.9
ガスター散10% \213.3
ジェネリック 価格
(1錠、1g)
ファモチジン10 \9.6~\13.6
ファモチジンD10
ファモチジン20 \10.9~\22.2
ファモチジンD20
ファモチジン散2% ¥19.20
ファモチジン散10% ¥83.10

D:崩壊錠(口の中で溶ける)

ガスター10の胃酸分泌抑制効果(H2ブロッカー)

ガスター10の胃酸分泌抑制効果

出典:第一三共ヘルスケアHP

胃酸は、胃粘膜から分泌されるのでしたね。
この胃粘膜には、H2受容体というヒスタミンが結合する場所(H2受容体)があります。

ヒスタミンがH2受容体に結合すると、胃粘膜から胃酸が分泌されます。

ヒスタミンがH2受容体に結合する前に、カスター10の有効成分ファモチジンが先回りしてH2受容体に結合するのです。

ガスター10(ファモチジン)は、H2受容体にヒスタミンが結合するのをブロックして、胃酸の分泌を抑制する効果を示すため、H2ブロッカーとも呼ばれています。

ガスター10(市販)の用法用量

市販のガスター10は、全ての剤形にファモチジンが10mg配合されています。
普通錠、S錠、散剤、内服液のガスター10の効果は同等です。

ガスター10は、15歳から80歳までの成人が、胃痛、胸焼けなどの症状があるときに、頓服的に服用する薬です。
(医療用と市販は用法用量が違う)

ガスター10は、1回服用すると8時間程度は効果が持続します。
8時間たっても胃痛、胸焼けなどの症状が改善しない場合は、もう1錠追加で服用します(1日2回まで服用OK)。

ガスター10を3日間連続服用しても、胃痛、胸焼けなどの症状が改善しない場合は、原因がストレスや緊張以外にある可能性もありますので、一旦中止して医療機関を受診してください。

ガスター10の効果

ガスター10を1日2回3日間服用したときの、胃痛、胸焼けなどの自他覚症状の改善率(効果)は63.5%です。

ガスター10の効果(自他症状の改善率)

出典:第一三共ヘルスケアHP

ガスターの効果が出てくる時間と効果持続時間

ガスター10の効果が出る時間と効果持続時間のグラフと表

出典:ガスター錠インタビューフォーム

市販と医療用のガスター10mg製剤を直接比較した結果はありませんが、効果は同等です。(添加物も同じ)

そのため、医療用ガスターの試験結果は、市販ガスターと共通するはずです。

ガスター10(ファモチジン)の最高血中濃度到達時間(Tmax)は2.2時間ですので、効果が最大になるのは約2時間後です。

ガスター(ファモチジン)の消失半減期(t1/2)は2.63時間ですので、服用して8時間後には1/4程度の効果になります。

ガスター10の副作用

ピロリ菌除菌薬ランサップで下痢(副作用)発生!成功と失敗のキーは?
ピロリ菌が感染すると、自然に除菌されることはほとんどありません。ピロリ菌除菌薬を使って除菌する必要があります。除菌薬の費用は安く、除菌成功率も70%以上あります。

ガスター10(ファモチジン)には重大な副作用がないわけではありませんが、ほとんど気にならない程度の頻度だと考えられます。

医療用のガスターのインタビューフォームによると、ガスター10の副作用の発現率は1.79%です。

便秘、蕁麻疹、発疹、かゆみなどの副作用が起こる可能性があります。

副作用 副作用発現率
発疹・皮疹 0.08%
便秘 0.24%
肝機能異常 0.30%
白血球減少 0.15%

ガスター10 市販と医療用の違い

市販と医療用ガスターは、効能効果、用法用量などが違います。

市販ガスター 医療用ガスター
剤形 錠剤 錠剤
S錠 D錠
散剤 散剤
内服液
錠剤規格 10mg 10mg
20mg
年齢制限 15歳以上
80歳未満
15歳以上
用法用量 1回10mgを
1日2回まで
1回10mgを1日2回
1回20mgを寝る前
服用日数制限 2週間 なし
効能効果 胃痛 ※急性胃炎、慢性胃炎の急性増悪期
胸焼け
もたれ
むかつき

※ガスター10mgの効能効果
ガスター20mgは、主に胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、上部消化管出血(消化性潰瘍、急性ストレス潰瘍、出血性胃炎による)、逆流性食道炎、Zollinger-Ellison症候群に使用する

まとめ

  1. ストレスや緊張などが続くと神経のバランスが崩れ、胃酸のコントロールの制御が不安定になり、その結果、胃痛、胸焼けなどの症状が現れる
  2. 空腹時胃痛の原因は、胃粘膜を胃酸で自己消化
  3. 空腹時のみに胃痛が発生するのは、十二指腸潰瘍の典型的な症状
  4. ガスター(ファモチジン)には、H2受容体にヒスタミンが結合するのをブロックする効果がある
    (胃酸の分泌を抑制するH2ブロッカー)
  5. 市販のガスター10と医療用のガスター10の効果は同等
  6. しかし、市販と医療用では、効能効果、用法用量などが異なる