食べすぎによる胃痛、胸焼けでダウン寸前!市販胃薬パンシロンキュアがおすすめ

ハンバーガー

食べすぎ、飲みすぎによる、胃痛、吐気、むかつき、胸焼け…何とも言えないあの胃の不快感。

だれもが一度は経験したことがあると思います。

胃痛、吐気、むかつき、胸焼けに対応する医療用の胃薬の種類は多くありますが、市販の胃薬も負けないくらい多くの種類が発売されています。

市販胃薬の中には、医療用と全く同じ成分を使用しているスイッチOTCと呼ばれる市販薬があります。

その中でも「食べすぎ症状」に頼りになるのが「パンシロンキュア」です

スポンサーリンク

食べすぎによる胃痛、胸焼け、むかつきの原因

(胃の病気が隠れていなければ)
食べすぎ、飲みすぎで、胃痛、胸焼け、むかつきが起こる原因は、一気に食物が胃に入ってきた反射で胃酸が過剰分泌され、胃酸が逆流するからです。

胃酸の逆流のそもそもの原因は胃酸の過剰分泌ですので、ガスター10(市販胃薬)も食べすぎ、飲みすぎの症状に効果があります。

しかし、
今回はあえてガスター10ではなく、胃酸中和成分、胃酸分泌抑制成分、胃粘膜再生成分を含む、パンシロンキュアを食べすぎ症状の緩和におすすめします。

胃薬市販ガスター10(ファモチジン)の効果と副作用 胃痛、胸焼けにおすすめ!
ガスター10(ファモチジン)は、過剰な胃酸の分泌を抑えるH2ブロッカーです。胃痛、胸焼けなどのつらい症状におすすめの市販胃薬です。

胃薬市販パンシロンキュアの剤形と有効成分

パンシロンキュアは、かわいい名前をしていますが、6種類の有効成分+αを含む、食べすぎ症状に頼りになる市販胃薬です。

パンシロンキュアの6種の成分

出典:ロート製薬HP(一部改変)

胃酸中和成分(制酸剤)

3包中

有効成分名 用量 その有効成分を含む
医療用胃薬の例
合成ヒドロタルサイト 780mg
沈降炭酸カルシウム 900mg SM配合酸
水酸化マグネシウム 450mg マグミット
炭酸水素ナトリウム 240mg SM配合酸

パンシロンキュアの胃酸中和成分は、過剰に分泌した胃酸を中和し、胃粘膜が消化されるのを防ぐ効果があります。

胃酸中和成分の種類にもよりますが、ガスターなどのH2ブロッカーと比べると、効果が現れるのが速いが、効果の持続時間は短いという特徴があります。

パンシロンキュアの服用で、胃痛、胸焼け、むかつきなどの食べすぎ飲みすぎ症状が速やかに和らぎます。

胃酸分泌抑制成分

有効成分名 用量 その有効成分を含む
医療用胃薬の例
ピレンゼピン塩酸塩水和物 46.9mg ガストロゼピン

パンシロンキュアの胃酸分泌抑制成分ピレンゼピンは、過剰に胃酸が分泌されないようにする効果があります。

パンシロンキュアの服用で、胃痛、胸焼け、むかつきなどの食べすぎ症状がゆっくりと和らぎます。

胃粘膜再生促進作用

有効成分名 用量 その有効成分を含む
医療用胃薬の例
アルジオキサ 150mg イサロン

パンシロンキュアの胃粘膜分泌促進成分アルジオキサは、胃酸によって消化された胃粘膜を修復する効果があります。

パンシロンキュアの服用で、胃痛、胸焼け、むかつきなどの食べすぎ症状を起こさない強い胃粘膜を作ります。

パンシロンキュアが飲めない方

ピロリ菌除菌薬ランサップで下痢(副作用)発生!成功と失敗のキーは?
ピロリ菌が感染すると、自然に除菌されることはほとんどありません。ピロリ菌除菌薬を使って除菌する必要があります。除菌薬の費用は安く、除菌成功率も70%以上あります。

人工透析を受けている方は、パンシロンキュアを服用できません。

(緑内障や排尿関係の病気を患っている方も、要注意です)

パンシロンキュアの併用注意

パンシロンキュアはマグネシウムやカルシウムを含んでいるため、

  • ニューキノロン系抗菌薬
  • テトラサイクリン系抗生物質

などの薬と一緒に飲むと、併用薬の効果が減弱されます。

2時間程度時間をあけて飲む必要があります。

パンシロンキュアの副作用

下痢の副作用

パンシロンキュアの水酸化マグネシウム(酸化マグネシウム)は、胃薬市販では胃酸中和成分として使用されますが、医療現場では便秘の改善成分として使用される場合が多いです。

そのため、パンシロンキュアの服用を続けた場合、下痢の副作用が起こることがあります。

喉の渇き、排尿困難の副作用

パンシロンキュアの胃酸分泌抑制成分であるピレンゼピンは、M1ブロッカーと言われています。

胃酸の分泌に関係している受容体は、H2受容体以外にもM1受容体があります。

ムスカリンがM1受容体に結合する前に、パンシロンキュアのピレンゼピンが先回りしてM1受容体に結合するのです。

これで、胃酸が過剰に分泌することもありません。

しかし、M1受容体は胃以外にもあります。
胃以外のM1受容体をブロックすることにより、喉の渇き、排尿困難の副作用が起こるのです。

パンシロンキュアの用法用量と効能効果

パンシロンキュアの剤形は、錠剤と顆粒剤の2種類です。

パンシロンキュアは錠剤・顆粒剤ともに同成分、同用量含まれていますので、効果はすべて同等です。

15才以上の成人は、1回2錠(1包)を1日3回、食前または食後に服用します。

パンシロンキュアはメントールが添加物に使われているため、胃がすっきりするはずです。

効能効果
胃痛、胸やけ、胃酸過多、胃部不快感、胃部膨満感、もたれ(胃もたれ)、胃重、胸つかえ、げっぷ(おくび)、はきけ(むかつき、胃のむかつき、二日酔・悪酔のむかつき、嘔気、悪心)、嘔吐、飲み過ぎ(過飲)

まとめ

  1. 食べすぎ、飲みすぎによる、胃痛、吐気、むかつき、胸焼けなどの症状はガスター10(市販)も効果があるが、パンシロンキュアの方がおすすめ
  2. その理由は、パンシロンキュアは胃酸中和成分を含むため、素早い効果が期待できる
  3. パンシロンキュアは3種類の作用(胃酸中和、胃酸分泌抑制、胃粘膜再生促進)を持つ市販胃薬