睡眠薬マイスリー(ゾルピデム)VSルネスタVSアモバン(ゾピクロン) 効果(強さ)と副作用の違い

スポンサーリンク
スポンサーリンク
睡眠薬
この記事は約10分で読めます。

不眠症の治療で使われている薬の多くは「ベンゾジアゼピン系」と言われる睡眠薬です。

代表例は、ハルシオン、レンドルミン、サイレース…です。
聞き覚えのある睡眠薬かもしれません。

 

ベンゾジアゼピン系睡眠薬は、副作用(ふらつき、転倒、耐性、依存など)が起こることが多く、特に高齢者には使いにくいです。

非ベンゾジアゼピン系睡眠薬は、ベンゾジアゼピン系と比較すると、睡眠効果(強さ)はやや劣りますが、副作用が起こる頻度を減らしたバランスの取れた睡眠薬です。

 

発売年睡眠薬名主成分名
1989年アモバンゾピクロン
2000年マイスリーゾルピデム
2012年ルネスタエスゾピクロン

非ベンゾジアゼピン系睡眠薬は現在3種類発売されており、効果(効果)、副作用など違いも若干あります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アモバン(ゾピクロン)、マイスリー(ゾルピデム)、ルネスタ(エスゾピクロン)の作用機序

ベンゾジアゼピン系睡眠薬、非ベンゾジアゼピン系睡眠薬は、GABA受容体の働きを強めて効果(睡眠作用)を発揮します。

GABA受容体は脳の活動を抑制させる神経に関係しています。
GABA受容体の働きが強いと、脳の働きが抑えられ眠くなります。

 

GABA受容体のω受容体(オメガ受容体)には、ω1受容体とω2受容体があります。

ω1受容体:睡眠に関係する
ω2受容体:筋弛緩、けいれん、不安、記憶などに関係する

 

ベンゾジアゼピン系睡眠薬と非ベンゾジアゼピン系睡眠薬の作用の違い

ベンゾジアゼピン系睡眠薬は、ω1受容体とω2受容体の両方を強めるため、副作用(ふらつき、転倒など)が出ることがありますが、

アモバン(ゾピクロン)、マイスリー(ゾルピデム)、ルネスタ(エスゾピクロン)は、ω1受容体を選択的に強めるため、ふらつき、転倒などの副作用が起こりにい睡眠薬です。

レム睡眠、ノンレム睡眠

睡眠が「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」の2種類があることはよく知られています。

レム睡眠

レム睡眠のレムはRapid Eye Movementsの略語REMで、英語の通り睡眠中の眼球運動が特徴的です。

レム睡眠中は脳の活動は活発で血圧と脈拍の変動が比較的多いですが、体の筋肉は緩いんでリラックスしています。

ノンレム睡眠

ノンレム睡眠は、浅い睡眠のステージ1から深い睡眠のステージ4まであります。

ノンレム睡眠眠りの質別名
ステージ1かなり浅い睡眠
ステージ2浅い睡眠
ステージ3中程度の睡眠徐派睡眠
(リラックス状態)
ステージ4深い睡眠

 

中程度~深い睡眠である徐波睡眠は睡眠の最初に多く見られ、加齢と共にその時間が短縮していきます。

歳を取ると、眠れているのに眠った気がしなくなるのはこのためです。

ノンレム睡眠とレム睡眠の周期

ノンレム睡眠とレム睡眠の周期は約90分間です。
朝になるにつれ、徐波睡眠が減っていきます。

入眠時

ノンレム睡眠
(ステージ1→2→3→4→3→2→1)

レム睡眠

ノンレム睡眠
(ステージ1→2→3→4→3→2→1)

朝になるにつれ

レム睡眠

ノンレム睡眠
(ステージ1→2→(3)→(4)→(3)→2→1)

目覚め

睡眠の質

ベンゾジアゼピン系睡眠薬は、中程度~深い睡眠である徐波睡眠と、リラックスした睡眠であるレム睡眠を減少させ、浅い眠りを増加させます。

そのため、深く眠った感じが得られにくい睡眠薬でした。

 

アモバン(ゾピクロン)、マイスリー(ゾルピデム)、ルネスタ(エスゾピクロン)は、中程度~深い睡眠である徐波睡眠を増加させ、レム睡眠に対する影響が少ない睡眠薬です。

そのため、自然に眠った感覚に近い睡眠を得ることができます。

【不眠症改善】睡眠薬をやめたい!離脱症状、反跳性不眠に注意
睡眠薬は理由なく長期服⽤する薬ではありません。不眠症が改善したら、減量もしくは中止するべきです。睡眠薬をやめたい方向けの内容です。

 

効果(強さ)の違い

睡眠薬の効果は個人差が大きく、強さの比較は難しいです。

【睡眠薬の種類】睡眠薬は効果(強さ)と副作用のバランスが大事
よく受ける質問が「一番強い睡眠薬は何ですか?長く眠れる睡眠薬は強いですか?」です。難しい質問ですが、私なりに答えてみます。

 

非ベンゾジアゼピン系睡眠薬の睡眠薬全体としての効果(強さ)の印象は次のとおりです。

バルビツール酸系
>ベンゾジアゼピン系
非ベンゾジアゼピン系
>ベルソムラ
>ロゼレム

 

アモバン(ゾピクロン)、マイスリー(ゾルピデム)、ルネスタ(エスゾピクロン)の効果(強さ)の印象は次の通りです。

アモバン(ゾピクロン)
>マイスリー(ゾルピデム)
>ルネスタ(エスゾピクロン)

ただし、使用する用量(mg数)により印象は違います。

 

アモバン(ゾピクロン)はマイスリー(ゾルピデム)より眠れるが、苦みのため起きる、朝まで苦いのが嫌という意見が多いです。

 

参考

睡眠薬の安全性
ロゼレム
>非ベンゾジアゼピン系
>ベルソムラ
≧ベンゾジアゼピン系
>>バルビツール酸系

ただし、ベルソムラは発売後のデータの蓄積が不十分で、わからないことが多いです。

今のところ、睡眠薬の安全性は上記のように(私は)考えていますが、ベルソムラは一部のベンゾジアゼピン系に劣るかもしれません。

睡眠薬ベルソムラの7つの特徴 効かない・太る・悪夢は本当?
ベルソムラは新しい作用を持つ睡眠薬です。発売後のデータの蓄積がまだまだ不十分で、わからないことが多いですが、メーカーが公表しているデータに基づいて効果、副作用、依存性を中心に解説します。

効果発現時間の違い (最高血中濃度到達時間)

どの睡眠薬も服用後30分~60分程度で効果がでてきますが、睡眠薬の効果が最大になる時間は「最高血中濃度到達時間」から推測できます。

睡眠薬マイスリーの効果発現時間と持続時間(作用時間)はどれくらい?
睡眠薬が効いた、効かなくなったと感じる時間は個人差があります。しかし、メーカーが発表しているデータから「効果持続時間」や「効果発現時間」をある程度推測することが可能です。

 

睡眠効果発現の速さ
マイスリー(ゾルピデム)
>アモバン(ゾピクロン)
≒ルネスタ(エスゾピクロン)

 

睡眠薬用量最高血中濃度到達時間
アモバン
(ゾピクロン)
7.5mg1.17時間
10mg0.75時間
マイスリー
(ゾルピデム)
5mg0.8±0.3時間
10mg0.8±0.3時間
ルネスタ
(エスゾピクロン)
1mg1.0時間
2mg1.0時間
3mg0.75時間

 

効果が弱くなる時間の違い (消失半減期:t1/2)

非ベンゾジアゼピン系睡眠薬は超短時間型睡眠薬に該当するため、睡眠効果はあまり持続しませんが、

睡眠薬の効果が半減するだろうと考えられる時間は、添付文書の「消失半減期」から推測できます。

睡眠効果が持続する時間
ルネスタ(エスゾピクロン)
>アモバン(ゾピクロン)
>マイスリー(ゾルピデム)

 

睡眠薬用量消失半減期
アモバン
(ゾピクロン)
7.5mg3.66時間
10mg3.94時間
マイスリー
(ゾルピデム)
5mg2.06±0.3時間
10mg2.30±0.3時間
ルネスタ
(エスゾピクロン)
1mg4.83±0.89時間
2mg5.08±1.62時間
3mg5.16±0.85時間

非ベンゾジアゼピン系睡眠薬の消失半減期と効果持続時間(作用時間)

睡眠薬ロゼレム(ラメルテオン)の標的はメラトニン受容体!効果、副作用、禁忌
ロゼレムは従来の睡眠薬と違う作用を持つ、向精神薬・習慣性医薬品に分類されていない唯一の睡眠薬です。メーカーが公表しているデータからも最も安全な睡眠薬に分類されると考えられます。

 

主な副作用の違い

アモバン
(ゾピクロン)
マイスリー
(ゾルピデム)
ルネスタ
(エスゾピクロン)
副作用1苦み(4.18%)ふらつき(4.0%)味覚異常(21.0%)
副作用2ふらつき(0.89%)眠気(3.4%)頭痛(10.7%)
副作用3眠気(0.51%)頭痛(2.8%)傾眠(7.8%)
副作用4口渇(0.48%)倦怠感(2.8%)浮動性めまい(5.1%)
副作用合計831例(7.12%)190 例(17.2%)819 例(50.0%)

アモバン:再審査終了時
マイスリー:承認時
ルネスタ:外国並行群間比較試験

 

アモバン(ゾピクロン)とルネスタ(エスゾピクロン)の苦みの副作用

アモバン(ゾピクロン)、マイスリー(ゾルピデム)、ルネスタ(エスゾピクロン)の中で、マイスリー(ゾルピデム)が最も使用される頻度が高い決定的な理由があります。

アモバン(ゾピクロン)とルネスタ(エスゾピクロン)は、口の苦みの副作用があり、朝まで苦い思いをする場合があるからです。

苦みの副作用がでる理由

苦みの副作用は、アモバン(ゾピクロン)、ルネスタ(エスゾピクロン)の成分そのものと、その代謝物が原因だと言われています。

睡眠薬を飲んだ時だけ苦いのであれば多少我慢できますが、アモバン(ゾピクロン)、ルネスタ(エスゾピクロン)は、飲んだ後もじわじわと苦みが続きます。

アモバン(ゾピクロン)、ルネスタ(エスゾピクロン)は2度苦い

苦みの副作用は、アモバン(ゾピクロン)、ルネスタ(エスゾピクロン)の成分そのものと、その代謝物が原因だと言われています。

  1. アモバン(ゾピクロン)、ルネスタ(エスゾピクロン)の成分が吸収されて
  2. 代謝を受けて全身の血管をめぐり
  3. アモバン(ゾピクロン)、ルネスタ(エスゾピクロン)の代謝物が唾液からも分泌され

 

睡眠薬を飲んだときだけ苦いのであれば多少我慢できますが、アモバン(ゾピクロン)、ルネスタ(エスゾピクロン)は、飲んだ後もじわじわと苦みが続きます。

苦みは慣れるか?

薬を飲んでいると、副作用に耐性ができて副作用に慣れるということがあります。

しかし、アモバン(ゾピクロン)、ルネスタ(エスゾピクロン)の苦みには、副作用の耐性はなく、苦みが軽減さえるということはありません。

苦みが気になって、さらに眠れないという方もいるくらいです。

 

副作用の苦みのデータでは、ルネスタ(エスゾピクロン)の副作用が突出していますが、データを取った時期が違うため単純比較は出来ません。

実際の苦みは、ルネスタ(エスゾピクロン)の方がマシだそうです。

睡眠薬ルネスタ(エスゾピクロン)も苦い!効果、副作用、依存性
従来の睡眠薬からルネスタに変更することで、依存・ふらつき等から解放される可能性があります。超短期型睡眠薬の中では持続時間も長いため、途中で起きるタイプの不眠症にも効果が期待できます。

 

処方日数の違い

ルネスタ(エスゾピクロン)は向精神薬の指定を受けていない睡眠薬です。
処方日数制限がなく、医師が必要と認めれば、30日を越える処方できます

マイスリー(ゾルピデム)は30日の処方を限度とする向精神薬のため、ゴールデンウィーク、正月、海外旅行など、特別な事情があっても30日を越える処方はできません

アモバン(ゾピクロン)は、以前は向精神薬ではありませんでしたが、2016年10月に向精神薬に指定され、2016年11月から30日の処方日数制限を受けるようになりました。

麻薬、向精神薬、新薬の処方日数制限のすべて(GW/年末年始対応)
体調の変化に気付かずに、新薬・麻薬・向精神薬を飲み続けることは多くのリスクを負います。そのため、それらの薬には14日/30日/90日の処方日数制限があります。記事内に規制を受ける薬のリストも示します。

 

服用量の違い

アモバン
(ゾピクロン)
マイスリー
(ゾルピデム)
ルネスタ
(エスゾピクロン)
成人用量7.5~10mg5~10mg2mg~
高齢者記載なし5mg~1mg~
最大用量10mg10mg成人3mg
高齢者2mg

 

アモバン(ゾピクロン)とルネスタ(エスゾピクロン)は兄弟関係にある

アモバンの主成分は、ゾピクロンです。

ルネスタ(エスゾピクロン)の主成分は、エスゾピクロン(S-ゾピクロン)です。

このエスゾピクロンは「ゾピクロンからより効果のある成分を抽出した成分」と考えると分かりやすいと思います。

アモバンとルネスタの関係

 

エスゾピクロンこそが効果を示す大部分と考えられているため、少量でもアモバン(ゾピクロン)より強い効果が期待できると考えられて開発されました。

しかし、各睡眠薬の最大用量で効果(強さ)を比較すると、

アモバン10mg >ルネスタ3mg

アモバン(ゾピクロン)の方が、しっかりとした睡眠効果を得られるようです。

まとめ

  1. アモバン(ゾピクロン)、マイスリー(ゾルピデム)、ルネスタ(エスゾピクロン)は、睡眠に直接関係する受容体に対する選択性が高いため、ふらつき、転倒などの副作用が起こりにくい
  2. アモバン(ゾピクロン)、マイスリー(ゾルピデム)、ルネスタ(エスゾピクロン)は、自然に眠った感覚に近い睡眠をえられる
  3. 睡眠効果の強さの違い
    アモバン(ゾピクロン)>マイスリー(ゾルピデム)>ルネスタ(エスゾピクロン)
  4. 睡眠効果が出てくる速さの違い
    マイスリー(ゾルピデム)>アモバン(ゾピクロン)≒ルネスタ(エスゾピクロン)
  5. 睡眠効果の持続力の違い
    ルネスタ(エスゾピクロン)>アモバン(ゾピクロン)>マイスリー(ゾルピデム)
  6. アモバン(ゾピクロン)とルネスタ(エスゾピクロン)には、口の苦みの副作用があり、不人気
  7. ルネスタ(エスゾピクロン)は30日を越える処方が可能だが、マイスリー(ゾルピデム)、アモバン(ゾピクロン)とは30日を超える処方はできない

コメント

タイトルとURLをコピーしました