ヒルドイドフォームとヘパリン類似物質外用泡スプレーの6つの違い

スポンサーリンク

泡スプレーはジェネリックのヘパリン類似物質外用泡スプレーが独占していましたが、2018年9月13日にヒルドイドフォームが発売されました。

やはり、気になるのはヒルドイドフォームとヘパリン類似物質外用泡スプレーの違いです。

ヒルドイドフォームとヘパリン類似物質外用泡スプレーの6つの違いを解説します。

スポンサーリンク

量と薬価の違い

「ヘパリン類似物質外用泡スプレーは1本当たり100g」であるのに対し、「ヒルドイドフォームは1本92g」と変わった薬用量です。

ヒルドイドフォームは高圧ガスを噴射剤に使っているため、このような変わった薬用量になっているのでしょう。

薬価 1本値段
ヒルドイドフォーム 22.2 2042
ヘパリン類似物質外用泡状スプレー 14.7 1470

薬価:1gあたりの薬の値段

実際に薬局の窓口で支払う薬代は、3割負担でヒルドイドフォーム約600円ヘパリン類似物質外用泡状スプレー約440円です。

ヒルドイドフォーム発売!薬価と泡スプレーの使用感はこう

使用感の違い

ヒルドイドフォームはガスを使っているのでプシューッと形の整った泡が出ます。
(ただし、開封時1回目のみダラッとした泡が出ます)

一方、ヘパリン類似物質外用泡状スプレーはガスを使っていないので、ほわほわ~っとした泡がでます。

こんな感じです。

ヒルドイドフォームの泡とヘパリン類似物質外用泡状スプレーの泡の違い

これを軽く塗りのばすと同じ質感になりますが、使用感が全く違います。

ヒルドイドフォームの泡とヘパリン類似物質外用泡状スプレーののばした泡の違い

ヒルドイドフォームはビーソフテンローションに似た使用感で、さっぱりしてベタツキがありません。

ビーソフテンローションは顔、ニキビにピッタリ!使い方はシンプルでOK

一方、ヘパリン類似物質外用泡状スプレーはヒルドイドクリームとローションの中間の使用感で、しっとりしています。

ヒルドイドローションの効能効果はコレ!だから顔もぷるっぷるに

添加物の違い

この使用感の違いは、添加物の違いが原因で起こります。

添加物とは主成分以外に使う薬効を持たない成分のことで、薬の安定性や使用感を決めます。

ヒルドイドフォームは油分を添加物に使っていないため、さっぱりとした使用感なのです。

ヒルドイドフォーム ヘパリン類似物質外用泡状スプレー
画像 ヒルドイドフォーム ヘパリン類似物質外用泡状スプレー
主成分 ヘパリン類似物質
添加物 グリセリン
パラオキシ安息香酸メチル
マクロゴール 精製ヒアルロン酸ナトリウム
ポリソルベート65 1,3-ブチレングリコール
ポリオキシエチレンベヘニルエーテル ラウロマクロゴール
パラオキシ安息香酸プロピル ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油60
pH調節剤 ステアリン酸ポリオキシル40
D-ソルビトール
クエン酸水和物
クエン酸ナトリウム水和物

使い方の違い

ヒルドイドフォームはガスを噴射剤に使っています。

ガスを均一にするため使う前にしっかり振りますが、ヘパリン類似物質外用泡状スプレーは振ってはいけません。

<顔への使い方>

  1. クレンジングをしてメイクを入念に落とします。
  2. (洗顔後、化粧水・乳液をしっとりするくらい塗ります)
  3. 使用量の違い」を参考にして適量を手の平に取ります
  4. やさしく顔全体に円を描くように、クルクルッと塗り伸ばします。
    顔をこすらず塗り広げるのがポイントです
  5. 目と口のまわりは、入らないように気を付けて塗り伸ばします
  6. 耳の後ろも忘れずに塗ります

ヒルドイドフォームは顔腕体に万能保湿!使い方はこれでOK

使用量の違い

ヒルドイドフォームは専用キャップの大きさの泡量(約1g)を手のひら4枚分の面積に使います。
顔に使うなら、キャップの半分くらいの大きさです。

ヘパリン類似物質外用泡状スプレーはワンプッシュ分の量(約0.5g)を手のひら2枚分の面積に使います。
顔に使うなら、ワンプッシュ分です。

ヒルドイドの使い方 7つのポイント

まとめ

  • ヒルドイドフォームはヘパリン類似物質外用泡状スプレーより薬用量は少ないが、1本あたりの値段は高い
  • ヒルドイドフォームの使用感はさっぱり。
    ヘパリン類似物質外用泡状スプレーの使用感はしっとり
  • ヒルドイドフォームは油分を含まないため、ベタツキが少ない
  • ヒルドイドフォームはガスを使っているため使う前にしっかり振る。
    ヘパリン類似物質外用泡状スプレーはノンガスなので振らない