ヘパリン類似物質外用スプレーは顔に使うと爽快!使い方をシンプルに解説

スポンサーリンク

ヘパリン類似物質外用スプレーはヒルドイドのジェネリックです。

ただし、ヒルドイドにはスプレー製剤はありませんので、ヘパリン類似物質外用スプレーは利便性を高めたジェネリックと言えます。

ヘパリン類似物質外用スプレーに限らず、ヒルドイド系の保湿剤は顔に使ってもいいのか?という質問をよく受けます。

答えはもちろんYES!

特に、ヘパリン類似物質外用スプレーは、夏場に顔にシュッと使うと冷たくキモチイイです。

しかしながら、ヘパリン類似物質外用スプレーはあまり人気がなく処方数は限られています。

その理由は、薬価(薬の値段)と最初のイメージが原因でしょう。

スポンサーリンク

ヘパリン類似物質外用スプレーとビーソフテンローションの違い

ヘパリン類似物質外用スプレーはこんな感じのスプレー式ボトルです。

ビーソフテン外用スプレー(ヘパリン類似物質外用スプレー)

実は、中身はこのビーソフテンローションと全く同じなんです。

ビーソフテンローション(ヘパリン類似物質ローション)

ビーソフテンローションは顔、ニキビにピッタリ!使い方はシンプルでOK

違いは2点です。

  1. スプレーできるか
  2. 薬価(薬の値段)

スポンサーリンク

ヘパリン類似物質外用スプレーは薬価が高い

先に解説したとおり、ヘパリン類似物質外用スプレーはヒルドイドのジェネリックです。

効果や塗る順番はヒルドイドと同じ扱いでOKです。

<参考記事>

ヒルドイドの保湿効果は凄すぎる!さらに傷跡、ケロイド、しもやけにも

ヒルドイドの塗る順番 化粧水/乳液/ニキビ薬/ステロイド どれから?

ただ、このヘパリン類似物質外用スプレー。中身はビーソフテンローションと同じなのに薬価(円/g)が2倍近くします。

種別 名称 薬価
先発 ヒルドイドローション 22.2
ジェネリック ヘパリン類似物質外用スプレー 14.7
ビーソフテンローション 8.0

そのためか、あまり広まっていません。

ヘパリン類似物質にはクリ―ムもあります
ヘパリン類似物質油性クリームは顔より体におすすめ 効果的な使い方

ヘパリン類似物質外用スプレーは初期不良品が多かった

発売当時、ヘパリン類似物質外用スプレーはスプレーポンプに問題があり、詰まって使えなくなる事例が多かったです。

ウチの薬局も何本返品したことやら…。
(現在は改善されています)

薬価も高いこともあり、ぶっちゃけほとんど処方されてません。

その代わり、2016年12月に発売されたヘパリン類似物質外用泡状スプレーが好調です。

ヘパリン類似物質外用泡状スプレー

ヘパリン類似物質外用泡状スプレーは顔もOK!使い方もこれで完璧に

最初のイメージって本当に大切だと思い知らされましたね。

ヘパリン類似物質外用泡スプレーは顔もOK!

ヘパリン類似物質外用スプレーは、もともとは「手の届きにくい背中などに直接スプレーできるように」と開発された保湿剤です。

逆さ向けでも使えるようにスプレー容器が改良されています。

もちろん顔に直接スプレーもOKです。

夏は冷蔵庫で冷やして使うとスッキリ爽快ですが、冬は飛び上るほど冷たいのでシュッとするのが苦痛です。

そういうときは、ヘパリン類似物質外用泡状スプレーが最適ですね。

ヘパリン類似物質外用泡スプレーの使い方1
顔への塗り方

  1. (入浴時)クレンジングをしてメイクを入念に落とします。

  2. (洗顔後、化粧水・乳液をしっとりするくらい塗ります)

  3. 顔にシュシュッと直接スプレーするか、手の平に取って顔に使います

  4. シュッとしたワンプッシュ分を顔全体に塗り広げます

3~4を4回くらい繰り返します。

ヘパリン類似物質外用泡スプレーの使い方2
顔へ塗る量

ヘパリン類似物質外用スプレーを顔に使う場合、目安量は4プッシュ分(約0.5g)です。

顔以外に使う場合は、0.5gを大人の手のひら2枚分に相当する面積に使うのが目安ですが、ヘパリン類似物質外用スプレーは塗り広げやすいため、薄く塗ってしまいがちです。

保湿のためには少し多すぎると思うくらいの量が適量です。

ビーソフテンローションを化粧水代わりに使うと 美容効果で顔がぷるん?

ヘパリン類似物質外用スプレーの使い方3
顔への使用回数

ヘパリン類似物質外用スプレーは1日2回顔に使うのがおすすめです。

なぜなら、先発ヒルドイドは1日2回使った方が保湿効果が高かったという結果があり、ヘパリン類似物質外用スプレーも同様の結果になると考えられるからです。

ヒルドイドの塗る量と回数と効果

出典:マルホHP(改変)

ヘパリン類似物質外用スプレーの使い方4
顔に使うタイミング

顔に1日2回使うならば、使うタイミングは朝の洗顔後と入浴後がベストです。

朝の洗顔後に使う理由

朝起きたら洗顔しますよね。(たぶん)

洗顔すると顔はキレイになりますが、皮脂が取れて乾燥します。

その乾燥を抑えるために朝の洗顔後に使います。

入浴後に使う理由

次もヒルドイドのデータですが、近い結果がでると予測できます。

入浴1分後と60分後の保湿効果のグラフ

出典:マルホHP

入浴後1分後にヒルドイドを塗る場合と、入浴後60分後にヒルドイドを塗る場合では、わずかながら2週間後の肌の水分量に違いがあります。

メーカーが作成している「ヘパリン類似物質外用スプレーを使用されている方へ」では、入浴後5分以内の使用を推奨しています。

ヒルドイドを使い方をしるための7つの真実

ヘパリン類似物質外用スプレーの市販

ヘパリン類似物質外用スプレーのようにスプレータイプの市販はありませんが、ビーソフテンローションにそっくりな市販はあります。

くわしくはこちらをチェック!
ヒルドイド市販 ビーソフテンの代わりはHPローションがおすすめ

まとめ

リンクをクリックすると、対応する記事内に戻ります。

  1. ヘパリン類似物質外用スプレーの中身は実はビーソフテンローションと同じ。
    そのわりには薬価が2倍近くする
  2. ヘパリン類似物質外用スプレーは背中など手が届かない場所に使うのに最適であるが、顔にも使える
  3. ヘパリン類似物質外用スプレーの使い方(顔)
    1. 顔前面にはワンプッシュ量で充分
    2. しっかり伸ばす(伸ばさないと白くなる)
    3. 朝の洗顔後と入浴後に使用する
      (特に入浴後の使用は有効)