ヒルドイドローションとジェネリック ビーソフテンの5つの違い

なるほど!と思ったらシェアしよう

スポンサーリンク

先発医薬品(以下、先発)の特許が切れて、次々に発売される医薬品をジェネリックといいます。ジェネリックは先発と同じ成分を同濃度使っているため、効果は同等です。

ですので、ヒルドイドローション(先発)とビーソフテンローション(ジェネリック)は効果は同等です。

しかし、薬剤の見た目でもわかるとおり、ヒルドイドローションは白色の乳液状で、ビーソフテンローションは透明の液状です。

使用感(しっとり・さっぱり・べったり)などが全く違います。

スポンサーリンク

量の違い

「ビーソフテンローションは1本あたり50g」の1種類です。

ビーソフテンローション(ヘパリン類似物質ローション)

一方、「ヒルドイドローションは1本25gと50g」の2種類です。

ヒルドイドローション25g、50g

ただし、50でわりきれない(75g、125gなど)処方がされた場合、50gのみでは対応できないため、25gのヒルドイドローションが多く使われています。

薬価の違い

先発医薬品とジェネリックでは、先発の方が高価です。

なぜなら、先発医薬品はゼロから開発しなくてはならないため、ジェネリックと比較にならないくらいの開発費がかかるからです。

薬価 1本の値段
ヒルドイドローション
(先発医薬品)
22.2 550円(25g)
1100円(50g)
ビーソフテンローション
(ジェネリック)
8 400円

薬価:1gあたりの薬の価格

保湿剤は健康保険が使えます。薬局の窓口で支払う薬代は(3割負担で)ヒルドイドローション約160~330円、ビーソフテンローション120円です。

ヒルドイドの値段と処方上限 保険適用外になったらどうなる?

使用感の違い

ヒルドイドローションワセリンを添加物に使っている白い乳液状です。

ヒルドイドローションを手の平に出す

一方、ビーソフテンローションはワセリンやアルコール(エタノール)を添加物に使っていない透明の化粧水状です。

ビーソフテンローションを手のひらへ出す

ですので、使用感が全く違います。

ヒルドイドローションは肌への定着性が良い半面、少しヌルッとした使用感です。

ヒルドイドローションを腕に塗る

ヒルドイドローションを化粧水代わりにしないでね 美容成分はなし!

一方、ビーソフテンローションは肌への定着性は少ないですが、すぐに肌になじみサラッとした使用感です。

ビーソフテンローションを腕に塗る

ビーソフテンローションを化粧水代わりに使うと 美容効果で顔がぷるん?

添加物の違い

ヒルドイドローションとビーソフテンローションの使用感の違いは、添加物に由来しています。

添加物とは主成分以外に使う薬効を持たない成分のことで、薬の安定性や使用感を決めます。

ヒルドイドローション ビーソフテンローション
グリセリン
白色ワセリン
スクワラン
セタノール
還元ラノリン
セトマクロゴール1000
モノステアリン酸グリセリン
パラオキシ安息香酸エチル
パラオキシ安息香酸プロピル
カルボキシビニルポリマー
ジイソプロパノールアミン
カルボキシビニルポリマー
ヒプロメロース
PPG
1,3-ブチレングリコール
グリセリン
トリエタノールアミン
パラオキシ安息香酸メチル
パラオキシ安息香酸プロピル

PPG:ポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリコール

ビーソフテンローションは油分を添加物に使っていないため、さっぱりとした使用感なのです。

ヒルドイドとジェネリック(ビーソフテン/ヘパリン類似物質)3つの違い

副作用の違い

先発とジェネリックは同じ成分を同用量使っているため、効能効果は同じです。

ヒルドイドローションの効能効果はコレ!だから顔もぷるっぷるに

しかし、先に解説した通り添加物が違い、それが副作用に微妙な影響を与えることがあります。

ヒルドイドローションを使うとかゆくないが、ビーソフテンローションを使うとかゆくなる(またはその逆)

そんなときは、先発をジェネリック(またはその逆)にしてみると、解決する場合があります。

ヒルドイドに副作用はない?合わないときはジェネリックに変えてみよう

まとめ

ヒルドイドローションとビーソフテンローションの効果は同等であるが、5つの違いがある。

  • 量の違い
    ヒルドイド1本25g~50g、ビーソフテン50g
  • 薬価の違い
    ヒルドイド > ビーソフテン
  • 使用感の違い
    ヒルドイド:ヌルッとした乳液状
    ビーソフテン:サラッとした液状
  • 添加物の違い
  • 副作用の違い