デュアック配合ゲルはニキビ長期使用NG!効果的な使い方と副作用

スポンサーリンク
  1. ディフェリン(2008年発売)
  2. ベピオ(2015年4月発売)
  3. デュアック配合ゲル(2015年7月発売)

2大ニキビ薬と言えばディフェリンベピオです。

デュアック配合ゲルはディフェリン・ベピオとは少し違う性質を持ったニキビ薬です。

性質の違いとは、ディフェリン・ベピオはニキビに長期使えますが、デュアック配合ゲルは長期使ってはいけないということです。

ただ、デュアック配合ゲルを赤ニキビに使うと、ウソのようにキレイにツルツルなるため、ずっと使っちゃう方がいるのも事実です。

スポンサーリンク

デュアック≒ベピオ+ダラシン

デュアック配合ゲルはベピオ(過酸化ベンゾイル)にダラシンを加えた日本初のニキビ配合剤です。

デュアック配合ゲル≒ベピオ+ダラシン

ただし、デュアック配合ゲルとベピオは、過酸化ベンゾイル濃度の違いがあります。

  • ベピオ:2.5%
  • デュアック:3%(少し濃い)

スポンサーリンク

デュアック配合ゲルの効果

デュアック配合ゲルはベピオとダラシンの2種の成分の効果が期待できます。

効果 効果の詳細 ベピオ ダラシン
ピーリング効果 古い角質をはがして毛穴のつまりを防ぐ ×
抗菌効果 アクネ菌の増殖をおさえる
抗炎症効果 ニキビの化膿をおさえる

ベピオとは

ベピオは革命的ニキビ薬ディフェリンに次ぐニキビ薬です。

主成分は過酸化ベンゾイルで、白ニキビ(微小面皰:びしょうめんぽう)から黄色ニキビ(膿疱:のうほう)まで幅広く使えます。

白黒ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビの写真

画像出典:大塚製薬HP(一部改変)

詳しくはこちらをチェック!
ベピオゲルは背中ニキビもOK!効果、副作用、使い方 ディフェリンとの違い

ダラシンとは

ダラシン(正しくはダラシンT)はアクネ菌を殺菌する作用のある抗生物質です。

主成分はクリンダマイシンで、ニキビ薬のオールドスタンダードともいうべきでしょうか。

赤ニキビに好んで使われますが、耐性菌(特定の抗生物質に抵抗性を持った細菌)が問題です。

スポンサーリンク

デュアック配合ゲルとダラシンの効果比較

デュアック配合ゲルとダラシンの赤ニキビへの効果を比較した臨床試験を紹介します。

顔の赤ニキビに12週間使ってから、赤ニキビ数の減少率を調べた結果
デュアック配合ゲルとダラシンの効果の比較(グラフ)
(左軸:ニキビ減少率)

デュアック配合ゲルは、ダラシンより赤ニキビに効果があることがわかります。

さらに、デュアック配合ゲルは1日1回よりも1日2回使った方がわずかながら赤ニキビに効果があることもわかりますね。
(ただし正しい使い方は1日1回洗顔後。記事の後半に解説)

デュアックの効果はこちらでくわしく解説中!
デュアックの3つの効果!ベピオ/ダラシンと比較すると意外だった

デュアック配合ゲルの副作用

デュアック配合ゲルにはベピオのような副作用(皮膚がめくれる、赤くなる、カサカサになる、かゆくなる)があります。

ヒリヒリ感、赤みの副作用

デュアック配合ゲルを顔に使うと、独特の乾燥感(ヒリヒリ感)が朝まで残る場合があります。
(ひどいと赤みで顔がパンパンになることも!)

塗りはじめ数週間は特にヒリヒリと赤みがツライかもしれません。

  ベピオ デュアック
副作用 44% 31%
主な副作用 乾燥感 7% 10%
皮膚のはがれ 19% 6%
赤み 14% 6%

(添付文書:臨床試験結果(副作用)を編集)

※単純にデータを比較してデュアック配合ゲルはベピオより副作用が少ないとは言えません。(被験者が違うため)
実際のデュアック配合ゲルの副作用頻度はベピオ+αです。

デュアック配合ゲルの副作用は、ベピオが原因であることもわかりますね。

赤み(副作用)を予防する方法

デュアックの赤みはいつまでも続くわけではありません。

たいてい1カ月程度で治まってきます。

ただ、1カ月も痛い思いをするのもツライです。

赤みが出ないようにする予防方法があります。

デュアックを使う前に、ヒルドイド・ビーソフテンなどの保湿剤や、化粧水、乳液などをタップリ使うのです。

そうすれば、ヒリヒリ感や赤みが軽減されることでしょう。

デュアックの副作用はコチラでくわしく解説中!
デュアックの副作用がひどい!この赤みはいつまで続くの?悪化させない秘策は?

デュアック配合ゲルの使い方

デュアック配合ゲルは顔ニキビだけではなく背中ニキビにも使えます。

ただし、デュアック配合ゲルには漂白作用もあります。

服に付くと色が脱色する場合があるため、背中ニキビに使うときは白い肌着を着て寝るのがよいでしょう。

使う量の目安

デュアックを人差し指の第一関節から指先まで取った量は約0.3gです。

デュアック配合ゲルの量、約0.3g

出典:デュアック患者様用説明資料

手のひら1枚分の面積に使う量の目安が0.3gです。

顔全体に使う場合は指2本分(約0.6g)です。

顔ニキビへの使い方

洗顔後デュアック配合ゲルを指にとって、赤ニキビの上にポツンポツンと塗ります。

こんな感じにです。(青丸)

デュアックの塗り方

そして、ニキビの周辺に塗り広げていきます。(赤点線)

ただし、塗りはじめの約1カ月はほとんどの方がヒリヒリ感がでます。
(ひどい場合は、顔が赤くパンパンに腫れます)

最初は赤ニキビの上に塗ってみて、様子(ヒリヒリ)を見ながらニキビ周辺に少しずつ広げていく使い方がベターです。

それでも腫れるようであれば、すでに解説した赤みを予防する方法が有効です。

ニキビ薬の順番と塗り方も要チェック!
7つのニキビ薬は この順番で こういう塗り方をするとパーフェクト!

デュアック配合ゲルはいつまで使う?

ディフェリン、ベピオ、デュアック配合ゲルを直接比較したデータはありませんが、デュアック配合ゲルが赤ニキビに最強でしょう。

そうであるならば、いつまでも使い続けたいところですが、デュアック配合ゲルは抗生物質(ダラシン)を配合しているため、12週間を超える長期使用には向きません。

抗生物質を使い続けると耐性菌を作る原因になるからです。

耐性菌を増やさないためには、ニキビが出やすいところにディフェリンやベピオを塗り続け、赤ニキビが出てきたときのみ抗菌作用のあるアクアチム、ダラシン、ゼビアックスをプラスするのがセオリーです。

ベピオ、ディフェリンとダラシン、アクアチム、ゼビアックスの使い方

ゼビアックス?という方はこちらをチェック!
ゼビアックスはニキビに1日1回でOK! 効果、副作用、使い方

ベピオとダラシンの配合剤であるデュアック配合ゲルは、この使い分けができないため意外と使いにくいニキビ薬です。

こちらでもっと詳しく解説中!
デュアックは使い続けてはいけない!正しい使い方はこうだ!

まとめ

各社インタビューフォームを参考に作成

  ベピオ デュアック
主成分 過酸化ベンゾイル2.5% 過酸化ベンゾイル3%
クリンダマイシン1%
使用場所 主に顔、背中 (粘膜、傷部以外)
用法 1日1回洗顔後
中止の目安 記載なし 12週間で効果がないとき
抗菌効果 アクネ菌 ブドウ球菌属
アクネ菌
プラセボとの比較 約28%優位※1 約55%優位※1
主な副作用 乾燥7.4% 乾燥9.8%
刺激感14.0% 接触皮膚炎6.8%※2
はがれ18.6% はがれ5.8%
赤くなる13.8% 赤くなる5.8%
保存 25℃以下
(夏は冷蔵庫)
2℃~8℃
(冷蔵庫)
使用上の注意 服につかないように(漂白注意!)
妊婦 不明
授乳 不明
処方日数制限 なし※3 なし※4

※1試験条件が違うため、単純に効果を比較できません
※2接触皮膚炎とは薬が皮膚に接触して起こる炎症の総称です
※3ベピオは2016年3月から処方量制限解除
※4デュアック配合ゲルは、2016年6月から処方量制限解除

ベピオとディフェリンをMIXしたニキビ薬もあります。
エピデュオゲルとディフェリン/ベピオの効果比較 効かない噂は本当?