【花粉症目薬】ステロイド目薬フルメトロン、リンデロンの効果、副作用、順番

cats-eye

花粉症といえば、鼻の症状(鼻水、鼻づまり、鼻のムズムズ感、くしゃみ)を想像する方が多いと思いますが、目にもつらい花粉症の症状が現れることもあります。

花粉症の目の3大症状は「目のかゆみ、充血、涙が出る」です。

このような目の症状を速くしずめるために、一番最初に処方される花粉症目薬は、抗アレルギー目薬です。

抗アレルギー目薬だけでは、花粉症による目の痒みと充血症状が治まらない場合は、ステロイド目薬が処方されることがあります。

ステロイド目薬にも強弱があります。

耳鼻咽喉科で目の花粉症症状も診る場合、弱ステロイドのフルメトロンが使用されることが多いですが、
眼科では、目の花粉症症状は、弱ステロイドのフルメトロン~強ステロイドのリンデロンまで使い分けて処方されることが多いです。

スポンサーリンク

花粉症目薬としてのステロイド目薬の役割

【花粉症目薬】抗アレルギー目薬パタノール、アレジオン(防腐剤無添加)、ザジテン、リザベン
花粉症による目のかゆみ、充血の症状に抗アレルギー目薬(アレジオン・パタノール・ザジテン・リボスチン・他)が使用されますが、値段が高いのがネックです。

花粉の飛散量が多い日が続いたときや、花粉症の治療が遅れたたときなどは、抗アレルギー目薬だけでは、花粉症の目のかゆみが治まらないことがあります。

その場合は、フルメトロン、リンデロンなどのステロイド目薬を追加します。

ステロイド目薬は、フルメトロンが最も使用され、
花粉症の目のかゆみ、炎症に対しても高い効果があります。

花粉症(アレルギー性結膜炎)の花粉症目薬と飲み薬の使用イメージ

花粉症(アレルギー性結膜炎)の治療イメージ

花粉症目薬の順番(ステロイド目薬と抗アレルギー目薬)

抗アレルギー目薬だけで、花粉症の症状が治まらないときは、フルメトロン、リンデロンなどのステロイド目薬を追加して使うのでしたね。

では、ステロイド目薬とアレルギー目薬の順番はどうしましょう?

目薬の使う順番の大原則

  1. 医師の順番の指示がある場合は、その順番
  2. 最も効果を期待する目薬は、一番最後に点眼
  3. 水性目薬→懸濁性目薬→油性目薬の順番
  4. 目薬を点した後にゲル化する特殊な目薬や眼軟膏は、普通の目薬の後(最後)に点眼

目薬の種類 目薬の例
水性目薬 リンデロン、アレジオン、パタノール、クラビット等ほとんどの目薬
懸濁性目薬 リボスチンフルメトロン、エイゾプトなど
ゲル化する特殊な目薬 リズモンTG

懸濁性目薬は使う前に振る目薬ですので、わかりやすいと思います。

目薬の点眼間隔の大原則

  1. 水性目薬→懸濁性目薬→油性目薬の順番で点す時は、5分以上間隔をあける
  2. 最後に、ゲル化する特殊な目薬や眼軟膏を使うときは、ひとつ前に点した目薬と10分以上間隔をあける

ステロイド目薬フルメトロン、リンデロンの効果

ステロイド目薬は、花粉症のかゆみと炎症を抑える効果に優れています。

抗アレルギー目薬も炎症を抑える効果もありますが、ステロイド目薬にはとうてい及びません。

ステロイド目薬の効果の強弱

ステロイド目薬の花粉症への効果は、成分とその濃度に依存します。

効果が強い順番にステロイド目薬を並べると、次のようになります。

  1. リンデロン0.1%
  2. リンデロン0.01%
  3. フルメトロン0.1%
  4. フルメトロン0.02%

ステロイド目薬の副作用(ステロイド緑内障)

ステロイド目薬は、全身の副作用がほとんどないため、花粉症の目の症状を抑える薬としては最適です。

しかし、ステロイド目薬は、目への副作用には気を付かなければなりません。

ステロイド目薬で気をつけなければならない副作用は、眼圧の上昇による「ステロイド緑内障」です。

緑内障は色々なタイプがありますが、ステロイド薬(ステロイド目薬)が原因で眼圧が上がり、緑内障になってしまうタイプをステロイド緑内障といいます。

ステロイド目薬には、ステロイドの飲み薬と同様に、花粉症のかゆみ、炎症を抑える作用の強弱があり、強ステロイドほど眼圧も上がりやすい傾向にあります。

リンデロン0.1%の眼圧上昇作用は、フルメトロン0.1%の約8倍です。

ステロイド目薬フルメトロン

【アレグラ、ザイザル、アレロック、アレジオン】副作用(眠気)の少ない花粉症薬はどれ?
「花粉症によく効く抗アレルギー薬は、眠気も強い」と思われがちですが、必ずしもそうではありません。インペアードパフォーマンスが起こりにくい薬が、結果的に良い効果をもたらすと言われています。

フルメトロンはステロイド緑内障になりにくい花粉症目薬

左:フルメトロン0.02%、右:フルメトロン0.1%

ステロイド目薬 有効成分 濃度 2016年
1本薬価
フルメトロン点眼液 フルオロメトロン 0.02% 197.5円
0.1% 314.5円

フルメトロン0.02%は、リンデロンと比較すると眼圧上昇の副作用が相当低いため、比較的使用しやすいです。

そのため、眼科以外では、ステロイド成分が薄いフルメトロン0.02%を使用することが多く、ステロイド緑内障になりにくい花粉症目薬として認知されています。

フルメトロンの使い方

1日2回~4回、1回1滴をよく振ってから点眼します。

フルメトロンは0.02%と0.1%の2規格の濃度があります。

フルメトロン0.02%とフルメトロン0.1%では、保険適応上の使用の違いがあります。

花粉症の炎症治療に関しては、ステロイドの濃度別の使い分けの基準はなく、炎症の重症度に応じて決定されているようです。

フルメトロンは、防腐剤としてベンザルコニウムが添加されているため、コンタクトレンズの上からは点眼することができません。

フルメトロンの副作用

フルメトロンは、副作用として眼圧が高くなる可能性はかなり低いです。

眼圧上昇の副作用
フルメトロン0.02% 0.03%
フルメトロン0.1% 0.13%

添付文書(医療者向け薬の説明書)より

ただし、通年性の花粉症などで、長期にフルメトロンを使用する場合は、ステロイド緑内障に注意が必要かもしれません。

眼圧の上昇はステロイド成分の濃度に依存しますので、眼圧が上がった場合は、点眼回数の減らしたり、濃度を下げることで眼圧は正常に戻ります。

小児やステロイドに強く反応してしまう人は、眼圧が上がりやすいため、特に眼圧のチェックが必要です。

ステロイド目薬リンデロン

ものもらいで使う抗菌目薬クラビット、ガチフロ、ベガモックスを花粉症に使う理由
ものもらいなどで使用される抗菌目薬クラビット、ガチフロ、ベガモックスの違いとは。花粉症に使うことでどのような利点があるのでしょうか。

目薬のリンデロンには3種類

3種類のリンデロン目薬

目薬のリンデロンには3種類の規格があります。

ステロイド目薬 有効成分 2016年
1本薬価
リンデロン0.01% ベタメタゾン 219円
リンデロン0.1% 345円
リンデロンA ベタメタゾン
フラジオマイシン
384円

フラジオマイシン(抗生物質)を含むリンデロンA液は、抗菌作用もあります。

正式名称
リンデロン0.01%:
 リンデロン点眼液0.01%
リンデロン0.1%:
 リンデロン点眼・点耳・点鼻液0.1%
リンデロンA:
 点眼・点鼻用リンデロンA液

リンデロンの使い方

1日3回~4回、リンデロンを1回1滴を点眼します。

フルメトロンのように、振ってから点眼する必要はありません。

リンデロン0.01%とリンデロン0.1%は、花粉症の目の症状に関しては、炎症の重症度に応じて決定されているようです。

リンデロンAの使い方

1日1回~数回、1回1滴を点眼します。

リンデロン0.1%とリンデロンAのステロイド濃度は同じです。

リンデロンAは、抗生物質のフラジオマイシン含有のため、細菌感染を起こして眼やにが出ているときに、主に使用されます。

リンデロンの副作用

リンデロンも、副作用として眼圧が高くなる場合があります。眼圧の上昇はステロイド成分の濃度に依存します。

眼圧上昇の副作用 ステロイド緑内障
リンデロン0.01% 1.2%
リンデロン0.1% 0.4%

まとめ

  1. 抗アレルギー目薬(第1の花粉症目薬)だけでは、花粉症による目の痒みと充血症状が治まらない場合、ステロイド目薬(第2の花粉症目薬)が処方されることがある
  2. ステロイド目薬も、ステロイドの成分と濃度によって効果と副作用の強弱がある
  3. ステロイド目薬の副作用は、眼圧上昇とステロイド緑内障
  4. ステロイド緑内障のリスク リンデロン0.1%>0.01%>フルメトロン0.1%>0.02%