アレジオン点眼液はコンタクトしたままOKな目薬!花粉症にも大活躍

スポンサーリンク

アレジオン錠は市販薬もあるくらい歴史のある花粉症薬(抗アレルギー薬)です。

アレジオン20(市販)アレジオン(薬局)エピナスチン(ジェネリック)の違い
アレジオンは健康保険が使えますが、病院では診察料、薬局では技術料などが別途必要です。アレジオン(市販)を購入した方が安い場合もあります。

アレジオン点眼液は、アレジオンと同じ有効成分エピナスチンを含む2013年に発売された新しい花粉症目薬(抗アレルギー目薬)です。

アレジオンはパタノールと同等の効果がありますが、薬価(薬の値段)が高いためシェアが伸びませんでした。

しかし、2014年末に防腐剤無添加(防腐剤フリー・BAKフリー)コンタクトをしたまま使えるようになり、シェアを伸ばしつつあります。

BAK:塩化ベンザルコニウム(防腐剤)
コンタクト:コンタクトレンズ

スポンサーリンク

コンタクトと防腐剤

目薬は開封するまでは滅菌されていますが、開封後は非滅菌状態になり少しずつ汚染が始まります。

汚染を抑えるために、抗アレルギー目薬には防腐剤(塩化ベンザルコニウムなど)が添加されています。

防腐剤の主な成分

  • 塩化ベンザルコニウム(BAK)
  • ソルビン酸カリウム
  • パラベン
  • クロロブタノール

防腐剤はコンタクトを痛める原因になるため、コンタクトをしたまま点眼できません。
(ハードコンタクトはOK)

さらに、花粉症もちの方は、普通の方と比べて防腐剤にアレルギー反応(副作用)を起しやすいと言われています。

敏感な目をお持ちの方は、アレジオン、ザジテンUD、インタールUDのような防腐剤フリー(BAKフリー)のコンタクトしたまま使える花粉症目薬がおすすめです。

後述参照
「コンタクトしたままOKな花粉症目薬」

スポンサーリンク

アレジオン点眼液はコンタクトしたままOK

アレジオン点眼液は、2014年末に防腐剤フリー(BAKフリー)になりコンタクトをしたまま使えるようになりました。

アレジオン点眼液は、防腐剤の代わりに緩衝剤(ホウ酸)や安定化剤(エデト酸ナトリウム)を加え、汚染を防止しています。

コンタクトをしたまま点眼できる花粉症目薬は希少のため、値段が高いながらもじわじわとシェアを伸ばしつつあります。

スポンサーリンク

コンタクトしたままOKな花粉症目薬
(薬価が高いのが難点)

防腐剤フリーの抗アレルギー目薬は2017年現在3種類あり、これらはコンタクトしたまま使えます。

コンタクトしたままOKな花粉症目薬(アレジオン、ザジテンUD、インタールUD)

花粉症にも使われるパタノール点眼液1本の薬(値段)は983.5円です。
(パタノールはコンタクトしたまま不可)

パタノール点眼液は花粉症に効かない目薬か?子供、ものもらい、コンタクトは?
花粉症治療に中心的な役割を果たす花粉症目薬がパタノール点眼液などの抗アレルギー目薬ですが、抗アレルギー目薬は効く、効かないの個人差が大きいです。

コンタクトしたままOKな抗アレルギー目薬の薬価

  • アレジオン:1912.5円
  • ザジテンUD:29.1円
  • インタールUD:26円

コンタクトしたままでOKな花粉症目薬は、薬価が高いのがネックです。

ザジテンUDとインタールUDは安く見えますが、ザジテンUDとインタールUDは使い捨てタイプのため、この値段が両目に1回分の値段です。

花粉症の季節はドライアイの季節でもあります

ジクアス点眼液はコンタクトOK!しみるドライアイ目薬の効果と副作用は?
ドライアイは「さまざまな要因により涙液層の安定性が低下する病気」ととらえられています。目薬はヒアレインが主流でしたが、2010年にジクアス点眼液という涙液層を安定させる目薬が開発され、それが主流になりつつあります。

花粉症の目の症状(アレルギー性結膜炎)

花粉症は鼻の症状を想像する方が多いと思いますが、目にもツライ花粉症症状が出ることがあります。

花粉症の目の3大症状は目のかゆみ充血涙が出るです。

このような目の症状を速くしずめるためには、花粉症目薬を使います。

花粉症目薬は4種類

花粉症目薬は大きく分けて症状別に4種類に分類されており、症状によって使い分けます。

花粉症目薬の種類 主な効果 即効性
抗アレルギー型 かゆみ
充血
×~△ パタノール
アレジオン
ザジテン
リボスチン
ステロイド型 かゆみ
まぶたの腫れ
△~○ フルメトロン
リンデロン
オドメール
抗菌型 まぶたの腫れ
充血
目やに
クラビット
ガチフロ
ベガモックス
免疫抑制型 ひどいかゆみ
充血
まぶたの腫れ
タリムス
パピロックミニ

目の花粉症治療に中心的な役割を果たすが抗アレルギー目薬です。

花粉症症状(目のかゆみ、充血、目やに)に効く目薬【結膜炎治療】
目の花粉症症状は主に3種類で、目のかゆみ、充血、目やに(目脂)です。これらの花粉症症状を抑えるために3種類の目薬(抗アレルギー目薬、ステロイド目薬、抗菌目薬)を点眼・併用します。

アレジオン点眼液は効かない?

抗アレルギー目薬は作用で3種類に分類できます。

  1. 抗ヒスタミン作用のある目薬
  2. ケミカルメディエーター遊離抑制作用のある目薬
  3. 両方の作用がある目薬(←アレジオン)
ケミカルメディエーターとは
かゆみの原因となる化学物質。
ヒスタミン、ロイコトリエン、トロンボキサンA2などがある

花粉症の症状に即効性があるのは、抗ヒスタミン作用を持つ抗アレルギー目薬です。

  • 目のかゆみなどの花粉症症状がすでに出ているときは、抗ヒスタミン作用を持つ抗アレルギー目薬を使用しないとなかなか効きません。

  • ケミカルメディエーター遊離抑制作用を持つ目薬は即効性は期待できませんが、アレルギー予防効果が優れています。

アレジオン点眼液は「抗ヒスタミン作用」と「ケミカルメディエーター遊離抑制作用」両方の作用があり、治療と予防に効果が期待できます。

しかし、実際のところは、アレジオンも症状が出てからではすぐに効きません。

後述参照「アレジオン点眼液の効果」

アレジオン点眼液は、花粉症の症状が出る前からを使うのがポイントです。

花粉飛散予測日の約2週前、または症状が少しでも現れた時点で抗アレルギー点眼薬の投与を開始すると効果的であるとの報告がある

日本アレルギー学会ガイドラインより

花粉症予防薬と治療薬 薬(目薬、点鼻薬)は花粉飛散前のいつから?
毎年花粉症の目のかゆみ、鼻水、鼻づまりの症状が出るならば、予防などの対策をとるべきです。通常、症状が出てから薬を開始しますが、症状が出る前からの薬の服用が重要です。

アレジオン点眼液の使い方

アレジオン点眼液の使い方
出典:日本アルコンHP

アレジオン点眼液

アレジオン点眼液は、朝・昼・夕・寝る前1日4回・1回1滴使います。

アレジオンは点眼可能であれば、子供も普通に使えます。

アレジオン(エピナスチン)は子供(小児)も花粉症に寝る前でOK!効果と副作用
アレジオンは効果と副作用(眠気など)のバランスが取れた標準的な花粉症薬です。子供から大人まで1日1回の服用で効果が持続するため、飲み忘れの心配も少ないです。

アレジオン点眼液の使用期限

アレジオンは防腐剤フリーですが、防腐剤添加の目薬と同様に開封から約1カ月使用できます。
(開封前はアレジオン容器に記載の使用期限までOK)

アレジオン点眼液の効果

パタノール点眼液は、花粉症による目のかゆみ充血の症状を緩和します。

目のかゆみへの効果
(眼そう痒感スコアの平均値)

アレジオン点眼液の効果
非盲検非対照試験(長期投与試験)より

アレジオン点眼液は、効果が出るまで1~2週間程度の期間が必要です。

アレジオンを使っても効かないようであれば、フルメトロン、リンデロンを併用する場合もあります。

フルメトロン、リンデロン点眼液の効果、副作用、順番【花粉症ステロイド目薬】
抗アレルギー目薬を使っても効果不十分なとき、花粉症にステロイド目薬を使うことがあります。ステロイド目薬は、成分と濃度によって効果と副作用の強弱があります。

アレジオン点眼液の副作用

アレジオンは点し心地がよく、使用後の刺激感の副作用がほとんどありません。
(後述:アレジオン点眼液はしみない目薬)

副作用 副作用頻度
まぶたの腫れ 0.28%
目の刺激感 0.24%
目の異物感 0.17%
全体 1.33%
  • 7歳未満の子供:副作用0.35%
  • 7歳以上15歳未満の子供:副作用1.63%
    (使用成績調査より)

子供も安心して使えます。

ものもらい(麦粒腫)で使う抗菌目薬クラビット、ガチフロ、ベガモックスを花粉症に使う理由
ものもらい(麦粒腫)などで使用される抗菌目薬クラビット、ガチフロ、ベガモックスの違いとは。花粉症に使うことでどのような利点があるのかを解説します。

アレジオン点眼液はしみない目薬

アレジオン点眼液は、涙の成分に近い目薬です。

  pH 浸透圧比
アレジオン 6.7~7.3 0.9~1.1
7.45 1.0

そのため、アレジオン点眼液は点眼したときの違和感(不快感、刺激感)がほとんどありません。
(涙のpHと浸透圧比に近い→しみない)

花粉症目薬の市販おすすめ 充血をとらない血管収縮剤フリー3選
花粉症用に多くの目薬が市販されていますが、ダメな目薬も多くあります。ダメな理由と使うべきおすすめの花粉症目薬を3種類+アルファ紹介します。

まとめ

  1. アレジオンの有効成分はエピナスチン
  2. アレジオン(抗アレルギー目薬)は効く、効かないは個人差が大きい
  3. 花粉症の症状に即効性があるのは、抗ヒスタミン作用を持つ目薬。
    予防に有効なのが、ケミカルメディエーター遊離抑制作用を持つ目薬。
    であるが、実際は症状が出てからではすぐに効かない
  4. アレジオンは、効果が出るまで1~2週間程度の期間が必要
  5. アレジオンの効果は、花粉症による目のかゆみや充血の症状の緩和
  6. アレジオンはしみない。点眼可能であれば子供でも使える
  7. アレジオンは防腐剤フリーのため、コンタクトをしたままでも使える
  8. アレジオン(コンタクトOK)はパタノール(コンタクトNG)の約2倍の値段
  9. コンタクトしたままでOKな花粉症目薬は、値段が高いのが欠点