とびひ市販薬 抗生物質テラマイシン軟膏 VS ドルマイシン軟膏

スポンサーリンク
かきむしるペンギン

とびひで使われる医療用薬は、主に次の3種類です。

  1. 抗生物質、抗菌剤の塗り薬
  2. 抗生物質の飲み薬
  3. かゆみ止めの飲み薬

抗生物質飲み薬の市販薬はありませんが、塗り薬の市販薬はあります。

抗生物質の塗り薬テラマイシン軟膏ドルマイシン軟膏は、とびひなどの化膿を抑える市販薬として有名で、ドラッグストアで簡単に手に入ります。

ただし、とびひ市販薬は使い方を誤ると、とびひが治るどころか悪化させる場合があります。

とびひ市販薬も含め、市販薬の使い方には注意が必要です。

スポンサーリンク

子供のとびひは夏に流行

子供(主に幼児)のとびひは、夏に多い病気です。

なぜならば

  • 肌の露出が多くなるため、転んですり傷になり化膿する
  • 虫刺されやあせもをかきむしり化膿する
  • プールで集団感染する など

とびひになる原因が多いからです。

子供のとびひ いつから幼稚園、保育園、プールOK?お風呂は?
とびひの症状が出ている無防備な状態で、幼稚園、保育園、プールへ行くと、とびひは確実に広がります。幼稚園、保育園、プールは、いつから行けるのかを中心に解説します。

肌の接触で火事の飛び火のように広がるためとびひといわれますが、正式な病名は伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)です。

とびひは2種類があります。

  1. 水疱性膿痂疹(すいほうせい)
    →水ぶくれタイプ

  2. 痂皮性膿痂疹(かひせい)
    →かさぶたタイプ

子供の夏のとびひは、水疱性膿痂疹がほとんどです。

※本記事のとびひとは水疱性膿痂疹を指します。

スポンサーリンク

とびひの原因菌と広がる原因

とびひの主な原因菌は黄色ブドウ球菌です。

黄色ブドウ球菌は鼻の周辺に多く、鼻を触るくせがある子供は鼻からとびひが始まることが多いです。

鼻を触った手で傷、あせも、虫刺されなどをかきむしることでとびひが広がります。

とびひが治癒するまで

  1. かいたところに小さな水ぶくれができる
  2. 水ぶくれのまわりが赤くなる
  3. 次第に水ぶくれは大きくなり、その中に膿がたまる

とびひに適切な治療を施すと、とびひは乾燥してかさぶたになり、はがれていきます。

とびひ市販薬は、すべての水ぶくれがかさぶたになるまで塗り続けます。

スポンサーリンク

とびひ市販薬の使用上の注意

テラマイシン軟膏やドルマイシン軟膏など、とびひの塗り薬に限らず、すべての市販薬に言える使用上の注意があります。

次のような場合は、ただちに市販薬をやめて医師の診察を受けてください。

  • 3日から5日間塗っても効かない
  • 塗ると悪化する

皮膚科医ですら、見ただけでは判断がつかない皮膚病はたくさんあります。

私たち素人が独断で市販薬を使い続けることは、危険がいっぱいです。
(とびひを疑い抗生物質の市販薬を使用。本当にとびひなの?)

さらに、テラマイシン軟膏やドルマイシン軟膏などの抗生物質の塗り薬には、耐性菌の問題もあります。

とびひに合っていない抗生物質の市販薬を使い続けると、耐性菌ができてますます薬は効かなくなります。

とびひ薬 抗生物質ゲンタシン軟膏VS抗菌剤アクアチム軟膏【塗り薬】
子供のとびひには、ゲンタシン軟膏、アクアチム軟膏、フシジンレオ軟膏、テラマイシン軟膏などの抗生物質(抗菌剤)の塗り薬を使うことが多いです。

とびひ市販薬1
抗生物質テラマイシン軟膏

医療用と市販用のテラマイシン軟膏の違い

とびひ市販薬テラマイシン軟膏a

市販用テラマイシン(1本6g)

医療用塗り薬テラマイシン軟膏

医療用テラマイシン(1本25g)

テラマイシン軟膏の市販薬は、正式にはテラマイシン軟膏aといい、医療用のテラマイシン軟膏と区別されています。

しかし、どちらの軟膏も同じものですので、本記事ではテラマイシン軟膏で統一します。

テラマイシン軟膏は黄色く目立ちます。

黄色のテラマイシン軟膏

出典:タケダHP

テラマイシン軟膏に似た名前で、テラコートリル軟膏の市販薬もありますが、全く別の市販薬です。

テラコートリル軟膏はステロイドが入った塗り薬です。

とびひにステロイドはOK? リンデロンVG軟膏 VS テラコートリル軟膏
とびひにステロイドを含む軟膏(リンデロンVG、テラコートリルなど)を使う医師もいます。絶対に使わない医師もいます。とびひにステロイドを軟膏を使ったら悪化しました。なぜでしょう?

テラマイシン軟膏の成分

テラマイシン軟膏は、オキシテトラサイクリンポリミキシンBの配合剤で、テトラサイクリン系抗生物質です。

テラマイシン軟膏の適応細菌

オキシテトラサイクリン/ポリミキシンBの適応細菌は制限がありません。

案にオキシテトラサイクリン感性菌(オキシテトラサイクリンで死滅する菌)/ポリミキシンB感性菌といいます。

オキシテトラサイクリンは、グラム陽性菌からグラム陰性菌まで幅広く抗菌効果があります。

ポリミキシンBは、グラム陰性菌(特に緑膿菌)に優れた抗菌効果があります。

グラム陽性菌の例
ブドウ球菌、連鎖球菌、肺炎球菌
グラム陰性菌の例
緑膿菌、大腸菌、赤痢菌

テラマイシン軟膏の効能効果

  • とびひ
  • めんちょう
  • 毛のう炎などの化膿性皮膚疾患
毛のう炎
毛穴に細菌が入り込み、赤ニキビのように盛り上がり、中にうみがたまったような症状が出ます。
めんちょう
顔に出きた毛のう炎です。

テラマイシン軟膏の使い方

テラマイシン軟膏を1日2回~3回、とびひが出ているところに限定して塗ります。

とびひが広がってくるようであれば、テラマイシン軟膏は広く塗るという方もいますが、耐性菌の問題(先述:とびひ市販薬の使用上の注意)からおすすめできません。

とびひが広がるということは、テラマイシン軟膏の効果が不十分であるため、ただちに中止して診察を受けるべきです。

とびひの塗り薬 抗生物質フシジンレオ軟膏 VS テラマイシン軟膏
フシジンレオ軟膏、テラマイシン軟膏は、昔からある古いタイプの抗生物質塗り薬ですが、とびひには今もよく使われる塗り薬です。違いと使い方をメインに解説します。

とびひ市販薬2
ドルマイシン軟膏

ドルマイシン軟膏の成分

ドルマイシン軟膏は、コリスチン(コリマイシン)バシトラシンの配合剤の抗生物質の市販薬です。

ドルマイシン軟膏の適応細菌

コリスチンはグラム陰性菌に抗菌効果があります。

バシトラシンはペニシリンと似た抗菌効果を示し、グラム陽性菌からグラム陰性菌まで幅広いです。

溶連菌薬(抗生物質)の種類と 大人も子供も飲まないといけない理由
溶連菌で使う薬は、ペニシリン系抗生物質(パセトシン、サワシリン、ワイドシリン)、セフェム系抗生物質(メイアクト、フロモックス、セフゾン)の使用が多いです。

ドルマイシン軟膏の効能効果

ドルマイシン軟膏は、化膿性皮膚疾患の感染予防や治療に有効です。

外傷・火傷等の化膿予防及び治療、膿痂疹(とびひ)、せつ、癰(よう)、 疔(ちょう)、毛嚢炎、湿疹、グラム陽性・陰性菌の単独及び混合感染による皮ふ疾患、化膿症、伝染性皮ふ炎、皮ふ潰瘍

ドルマイシン軟膏の使い方

ドルマイシン軟膏もテラマイシンと同じで1日2回~3回、とびひが出ているところに限定して塗ります。

とびひが広がってくるようであれば、ドルマイシン軟膏の効果が不十分であるため、ただちに中止して診察を受けてください。

軟膏(塗り薬)の塗り方 いつ、何回、塗る量は?ステロイド軟膏を中心に解説
化粧品と同じで、使用法、量、回数を守らないと塗り薬は効果を発揮できません。ステロイド軟膏を中心に、ニキビ、水虫、保湿剤の塗り方まで解説します。

まとめ

  1. とびひ市販薬は使い方にコツがある
  2. とびひ市販薬は、1日2回~3回、とびひが出ているところに限定して塗る
  3. とびひ市販薬を3日から5日間塗っても効いてこなかったり、塗ると悪化する場合は、ただちに市販薬をやめて医師の診察を受ける
  4. その理由は、
    1. その湿疹は、とびひでない可能性がある、
    2. とびひに合っていない抗生物質の塗り薬を使い続けると、耐性菌が増殖する
  5. テラマイシンと似た名前の市販薬でテラコートリルがあるが、テラコートリルはステロイドを含む全く別の薬