とびひにステロイド(リンデロン)を塗ると悪化!それでも使う2つの理由

スポンサーリンク

とびひにステロイドを含む軟膏(リンデロンVGやテラコートリルなど)を使う医師もいます。

絶対に使わない医師もいます。

なぜでしょう?

とびひにステロイドを含む軟膏を使ったら悪化しました。

なぜでしょう?

このような疑問にお答えしたいと思います。

ステロイドでとびひが悪化する理由を知るためには、ステロイドとは何なのかを先に知る必要があります。

ステロイドの作用と副作用の解説から入ります。

※テラコートリルの正式名称は「テラ・コートリル」です。

スポンサーリンク

ステロイドの作用

ステロイドの主な作用は次の3つです。

  1. 抗アレルギー作用
    アトピー性皮膚炎、蕁麻疹、湿疹などによるかゆみを抑える

  2. 抗炎症作用
    虫刺され、日焼けなどによる赤み・腫れを抑える

  3. 免疫抑制作用
    (後述「ステロイドの副作用」)

とびひはかゆみの強い皮膚病です。

ステロイドのかゆみを抑える作用を期待して使用します。

ステロイドの副作用

ステロイドには免疫抑制作用があります。
(免疫抑制作用は使い方次第で、主作用・副作用のどちらにもなります)

免疫を抑制すると、細菌・ウイルスなどの感染を受けやすくなります。

そのため、教科書的にはステロイドはとびひ、水虫、ヘルペスなどの細菌・真菌・ウイルス感染症には使用禁止です。

しかし実際は、ステロイドと抗生物質の配合剤はとびひ、ヘルペス、水虫などの腫れ、炎症、かゆみ、二次感染を抑えるための初期治療として使用されています。

とびひの種類

とびひは2種類あります。
(とびひの正式な病名は伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん))

  1. 水疱性膿痂疹(すいほうせいのうかしん)
    →水ぶくれタイプ
    →原因細菌:ブドウ球菌

  2. 痂皮性膿痂疹(かひせいのうかしん)
    →小さなかさぶたタイプ
    →原因細菌:溶血性連鎖球菌(溶連菌)

子供がなりやすいとびひ水疱性膿痂疹で、夏に多発します。

痂皮性膿痂疹は季節に関係なく一年中起こるとびひです。

スポンサーリンク

とびひにステロイドを使うと悪化する理由

賢明なユーザーの方は、とびひにステロイドを使うと悪化する理由がすでにわかったと思います。

とびひは細菌感染で起こる皮膚病です。

ステロイドの免疫抑制作用が副作用となり、細菌が増殖してとびひは悪化するのです。

それが事実ならば、とびひにステロイドを使う理由はないように見えます。

しかし、ステロイドと抗生物質の配合剤はとびひの治療に使う2つの理由があります。

とびひにステロイドを使う理由1:
かゆみがとびひを悪化させるから

とびひはかゆみが強いため、かきむしりで広がります。

とびひのかきむしりを防止するため、ステロイドと抗生物質の配合剤リンデロンVGテラコートリルを使います。

とびひが悪化しないように、ステロイド配合剤塗布期間中は抗生物質の内服薬(セフゾン、フロモックスなど)の併用を行うときもあります。

また、とびひのかゆみには抗ヒスタミン薬も有効です。

抗ヒスタミン薬はこちらを参照しよう。
花粉症薬アレグラ、ザイザル、アレロック、アレジオンの強さ 眠くならない抗アレルギー薬は?

ステロイドをとびひに使わない医師は、抗生物質(ゲンタシン、フシジンレオ、テラマイシンなど)+抗ヒスタミン薬で治療を行うケースが多いです。

とびひの塗り薬 抗生物質フシジンレオ軟膏 VS テラマイシン軟膏

とびひにステロイドを使う理由2:
ステロイドと抗生物質の塗り分けが困難だから

子供がなりやすい夏のとびひは水疱性膿痂疹でしたが、アトピー肌や乾燥肌の方がなりやすいとびひは、痂皮性膿痂疹(以下、かさぶた型とびひ)です。

どちらのとびひも、黄色ブドウ球菌や溶連菌などの細菌感染が原因ですので、治療にはゲンタシンアクアチムが有効です。

ゲンタシンとアクアチムの違いはこちらを参照しよう。

とびひ塗り薬 抗生物質ゲンタシンとアクアチムを比較した意外な結果

アトピー性皮膚炎(以下、アトピー)や乾燥肌の方は、皮膚のバリア機能が弱いため、とびひなどの細菌感染を受けやすいです。
そのため、日々の保湿は必須です。

ヒルドイドの保湿効果をひきだそう!使い方と塗り方 副作用は?

かさぶた型とびひの治療

かさぶた型とびひはアトピーに合併しているケースが多いため、かさぶた型とびひとアトピーの両方の治療が必要です。

先述のとおり、アトピーの治療で使用される塗り薬はステロイドです。

ステロイドの使用はとびひを悪化させますが、急にステロイドを中止するとアトピーが悪化する場合が多いです。
(あちらを立てればこちらが立たず)

アトピーが悪化する理由はこちらで解説しています。
脱ステロイドとアトピー 離脱症状を防ぐ止め方は?

そのためアトピー合併とびひの治療は、次のように湿疹の原因別に軟膏を塗り分けるのが理想です。

  1. アトピーの湿疹
     →今まで使用していたステロイド
  2. とびひの湿疹
     →抗生物質の塗り薬

しかし、医療に素人である私たちが、アトピーの湿疹ととびひの湿疹を見分けて使うことは現実的ではありません。

このようなアトピー肌にとびひが合併したときに重宝されるのが、リンデロンVGやテラコートリルなどのステロイドと抗生物質の配合剤です。

<参考>ステロイドを含まないアトピー薬
プロトピック軟膏の効果と塗り方使い方 ステロイドとの違い

とびひが悪化しないステロイドの使い方

ステロイドと抗生物質の配合剤リンデロンVGテラコートリルが処方されたとき、

とびひの診察後に「3日くらいしたら、もう一度診察に来てください」と言われたことはないでしょうか。

その理由は2つ(+アルファ)あります。

  1. ステロイドでとびひが悪化していないか確認するため
  2. 抗生物質のとびひへの効果を確認するため
  3. (アトピーの状態を確認するため)

リンデロンVG(テラコートリル)が効かないとびひに、リンデロンVG(テラコートリル)使い続けると、耐性菌ができてもっと効かなくなります。

ステロイドと抗生物質の配合剤は、実は使い方が難しくもろ刃の剣です。安易にベトベトぬる薬ではないのです。

抗生物質の使い方と耐性菌はこちらを参照しよう。
とびひを悪化させるな!ゲンタシン軟膏の効果的な使い方はこうだ!

まとめ

  1. ステロイドの免疫抑制作用が副作用となり、とびひは悪化する場合がある
  2. ステロイドはとびひ、水虫、ウイルスの感染症に塗るのは原則禁止
    その理由の詳細はこちらを参照しよう。
    ルリコンで水虫が悪化!?その原因は副作用だけではない
  3. ただし、とびひのかきむしりを防止するため、ステロイドと抗生物質が配合剤は使われる
  4. かさぶた型とびひは、アトピーに合併している場合が多いため、とびひとアトピーの両方の治療が必要
  5. 急にステロイドを中止すると、アトピーが悪化することが多い
  6. アトピーにとびひが合併したとき、ステロイドと抗生物質の配合剤は重宝される
  7. リンデロンVG(テラコートリル)は、ステロイドと抗生物質のいいとこ取りができるため使い勝手が良い
  8. 結局は、とびひにステロイドを含む軟膏を使うかどうかは、医師の考え方による