塗り薬の軟膏とクリームの違いは基剤!吸収率、使用感で使い分ける

nurse-thinking

内服薬のカプセルと錠剤の効果が同じように、塗り薬の軟膏とクリームの効果も同じになります。

なぜなら、剤形(軟膏、クリーム、ローションなど)によって違いが出ないようにメーカーが基剤を調整して薬を作っているからです。

とはいえ、軟膏、クリームでは使用感が違うため、なかなかそうは感じられないのも事実です。

塗り薬を使った治療においては、有効成分と同じくらい基剤の選択がキーポイントになります。

基剤により、使用感、吸収率、吸収速度が違っていきます。

スポンサーリンク

塗り薬の皮膚での吸収

軟膏やクリームを皮膚に塗っても、有効成分が皮膚で吸収されなければ効果がありません。

皮膚にはバリア機能があり、異物を体内に入れないようになっています。

皮膚への吸収経路は何通りかありますが、
吸収スピードや吸収量に最も影響を与えるのは、バリア機能を直接突破する経路です。

塗り薬の主な皮膚吸収経路

皮膚の角質・表皮・真皮・皮下組織

  1. 塗り薬の有効成分が、皮膚の一番上の表面部分(角質層)に吸収される
  2. 吸収した有効成分が、角質層で広がり、さらに奥の層(角質層→真皮層→皮下組織)に吸収される

塗り薬の有効成分と基剤

軟膏やクリームなどの塗り薬は、すべてが有効成分で出来ているわけではありません。

少し驚くかもしれませんが、塗り薬の有効成分はたいてい1%以下です。
そのわずかな有効成分が皮膚に吸収されることで、初めて効果を発揮するのです。

有効成分が基剤に溶けている

塗り薬の有効成分は基剤等に溶け込ん状態で安定しています。

塗り薬が皮膚上で効果を得るためには、有効成分を基剤等からはがして、角質層に吸収させる必要があります。

使用している基剤によっては、はがれやすさや皮膚への吸収に違いがあります。

軟膏とは?クリームとは?

マイザー軟膏とマイザークリーム

マイザーの軟膏とクリームを例にとって
軟膏とクリームの基剤による使用感、メリット、デメリットを説明します。

どちらの塗り薬も、0.05%(1g中に0.5mg)が有効成分で、残りの99.95%は基剤を含む添加物です。

マイザーの軟膏とクリームの添加物・基剤一覧

軟膏の使用感と皮膚への吸収率

マイザー軟膏の基剤は、脂溶性油脂性)成分の白色ワセリンを主として、他に5種類添加物が含まれています。

軟膏のメリット

  • 皮膚の保護に優れる
  • 皮膚への刺激が少ないため、あらゆる皮膚症状に対応できる

軟膏のデメリット

  • べとべとする(使用感)
  • 皮膚への吸収率がやや低い

クリームの使用感と皮膚への吸収率

マイザークリームは水溶性と脂溶性の両方の基剤が使用されています。

しかし、水溶性成分と脂溶性成分は通常混ざりません。
それを乳化という現象を使って混合しているのです。

乳化には水溶性成分(グリセリン等)を使います。そのためクリームは軟膏と比べると腐りやすいです。腐敗防止のために、添加物に防腐剤が入っています。

マイザークリームには、軟膏にはない乳化剤や、防腐剤等が含まれています。添加物は基剤を含めて12種類と多くなります。

そのため、クリームは、基剤による副作用(痒み等)が軟膏に比べて高くなります

添付文書によると、マイザーの副作用は、軟膏0.87%、クリーム1.31%です。

クリームのメリット

  • べとつきが少ない(使用感)
  • 皮膚への吸収率が高い

クリームのデメリット

  • 添加物が多いため、皮膚を刺激することがある(皮膚症状によっては使用不可)
  • 混合すると乳化が破壊されることがあるため、安定性に欠ける
  • 基剤によるかぶれなどの副作用が軟膏より起こりやすい
乳化とは

本来混ざりあわないものに、乳化剤を加えて均一に混合したもののことです。通常2パターンがありますが、クリームは水溶性成分をベースとしたものが多いです

軟膏とクリームの皮膚吸収率が違う理由

塗り薬は混合することで、効果が上がる場合もあります

皮膚科の混合軟膏メリット・デメリット 使用期限と保存のルールはある?
【混合動画有】皮膚科に行くと、プラスチック容器に入った薬を渡されることがあると思います。たいていそこには混合軟膏が入っています。軟膏の混合にはメリットとデメリットがあります。

軟膏の吸収

軟膏有効成分が角質と基剤で奪い合う図

矢印の太さが吸収力の強さを示す

軟膏は、脂溶性基剤を使用しているものが多いです。

皮膚の一番表面部分(角質層)は、脂溶性が高いため、脂溶性の有効成分は吸収されやすいです。

脂溶性同士の有効成分と基剤は、安定しているため、なかなか有効成分が基剤からはがれようとしません。

つまり、有効成分を角質層と基剤で奪い合います。

クリームの吸収

クリームの有効成分を角質層と基剤で奪い合う図

矢印の太さが吸収力の強さを示す

クリームは水溶性成分をベースとしているものが多いです。

軟膏と同じように有効成分を角質層と基剤で奪い合いますが、基剤が水溶性成分をベースとしているものが多いため、有効成分は比較的角質層へ移行しやすいです。

塗り薬の体の場所別吸収率

あまり知られていないことかもしれませんが、
塗り薬は塗る場所によって吸収率が全く異なります

こちらは、ステロイド成分(ヒドロコルチゾン)を腕の内側に塗った吸収率を1として、他の部位を比較した図です。

ステロイド軟膏の吸収率(体の正面)

ステロイド軟膏の吸収率(背中側)

表皮のうすい、首から上は比較的塗り薬は吸収しやすいですが、手のひらや足の裏は表皮も厚いため、塗り薬の吸収率はよくありません。

主なステロイド軟膏の強さの強弱

アトピー治療で使うステロイドの副作用の真実とウソ
ステロイド軟膏は正しく使えば、アトピーなどの炎症をすばやく押さえ込み、QOLの向上させる薬です。しかし、ステロイドは怖いものとして認知されているようです。Q&A形式で副作用を整理します。

ステロイド軟膏は、成分によって強弱があります。

薬の強さ 商品名 成分名
ストロンゲスト
(最強)
デルモベート クロベタゾールプロピオン酸エステル
ダイアコート ジフロラゾン酢酸エステル
ベリーストロング
(かなり強力)
マイザー ジフルプレドナート
アンテベート 酪酸プロピオン酸ベタメタゾン
リンデロン‐DP ベタメタゾンジプロピオン酸エステル
ネリゾナ 吉草酸ジフルコルトロン
トプシム フルオシノニド
ビスダーム アムシノニド
フルメタ モメタゾンフランカルボン酸エステル
ストロング
(強力)
メサデルム プロピオン酸デキサメタゾン
エクラー デプロドンプロピオン酸エステル
ボアラ デキサメタゾン吉草酸エステル
リンデロン‐V
(※リンデロン‐VG)
ベタメタゾン吉草酸エステル
ベトネベート
(※ベトネベートN)
ベタメタゾン吉草酸エステル
プロパデルム ベクロメタゾンプロピオン酸エステル
リドメックス プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル
フルコート
(※フルコートF)
フルオシノロンアセトニド
ミディアム
(中)
アルメタ アルクロメタゾンプロピオン酸エステル
ロコイド ヒドロコルチゾン酪酸エステル
キンダベート クロベタゾン酪酸エステル
ウィーク
(弱い)
プレドニン プレドニゾロン

※抗生剤との合剤

ステロイド軟膏は「薬の強さ」の表現が誇張されているため、若干恐怖を感じられる方も少なくないと思います。

「ストロング=標準」のイメージで大丈夫です。

同じランクでも、上位に記載があるから単純に強いというわけではありません。

ステロイド軟膏の強さの比較

軟膏(塗り薬)の塗り方 いつ、何回、塗る量は?ステロイド軟膏を中心に解説
化粧品と同じで、使用法、量、回数を守らないと効果を発揮できません。ステロイド軟膏を中心に、ニキビ、水虫、保湿剤の塗り方まで解説します。

アンテベートはアルメタより強さが上位のため、効果が高い(強い)と言う方がいますが、半分は当たっていますが、半分は間違っています。

医師は、ステロイド軟膏の強さ、塗る場所、皮膚の状態等を考慮して処方する薬を決定しています。

塗り薬は、塗る場所によって吸収率が異なるため、
ステロイドの強さの強弱のみで、一概に塗り薬の効果を比較することができません

ステロイド軟膏の効果の比較を質問されると返答に困ってしまいます。

皮膚の状態による塗り薬の皮膚吸収の違い

皮膚のバリア機能を突破が、塗り薬の効果のキーワードでした。

もし、そのバリア機能が低下していたらどうなるのでしょうか?

もちろん、塗り薬の吸収率等が高まるため、効果が上がると考えられます。

バリア機能が低下している状態とは

  • 皮膚に傷がある部分
  • アトピー性皮膚炎のある部分(角質の水分量の減少)
  • 湿疹の症状が出ている部分

湿布の添付文書(薬の説明書)に、次のようなことが記載されているのは、バリア機能低下による吸収率を考えてのことなのです。

  • 損傷皮膚および粘膜に使用しないこと
  • 湿疹または発疹の部位に使用しないこと

塗り薬も湿布も吸収に関しては、同じ考え方でOKです

まとめ

  1. 軟膏は塗る場所を選ばないことが多い
  2. クリームは塗る場所の皮膚の状態によって使えないことがある
  3. 塗り薬の使用感の違いは、基剤の違い
  4. クリームは、軟膏と比べると添加物が多いため、副作用を起こしやすい
  5. ステロイド軟膏の効果は、ランクのみでは語れない
  6. 塗り薬は、塗る皮膚の場所によって、吸収率が違う
  7. クリームやローションは伸びがいいため、軟膏と比べてうすく塗る傾向がある
  8. クリームやローションも軟膏と同じ量を塗らないと、軟膏と同じ効果をえられない