【睡眠薬ベルソムラの効果、副作用、禁忌、悪夢】効かないってホント?

dream-girl

睡眠薬は大きく5種類に分類されています。

  1. バルビツール酸系睡眠薬
    (ほとんど使用されない)
  2. ベンゾジアゼピン系睡眠薬
    (ハルシオン、レンドルミン、他)
  3. 非ベンゾジアゼピン系睡眠薬
    (アモバン、マイスリー、ルネスタ)
  4. メラトニン受容体作動系睡眠薬
    (ロゼレム)
  5. オレキシン受容体拮抗系睡眠薬
    (ベルソムラ)

ベンゾジアゼピン系睡眠薬は、超短期間型から長期間型まで種類が豊富なため、使用される頻度が高いです。

しかし、ベンゾジアゼピン系睡眠薬には特有の副作用等があります。

新しいタイプの3種類の睡眠薬は副作用が比較的少なく、特に高齢者に使用しやすい睡眠薬といわれています。

  1. 非ベンゾジアゼピン系睡眠薬
    (アモバン、マイスリー、ルネスタ)
  2. メラトニン受容体作動系睡眠薬
    (ロゼレム)
  3. オレキシン受容体拮抗系睡眠薬
    (ベルソムラ)

3種類の睡眠薬の中では、ベルソムラは最新のため使用例も多くありません。

ベルソムラは効かないなどのうわさもありますが、メーカーが発表している資料をもとに、ベルソムラの効果、依存性、禁忌、悪夢の副作用を検証したいと思います。

スポンサーリンク

ベルソムラは処方日数制限なし

麻薬、向精神薬、新薬、湿布には処方日数(投与)制限がある 薬局規制事項
新薬・麻薬・向精神薬は、体調の変化に気付かず服用を続けた場合、病状を悪化させることがあります。14日・30日・90日の処方制限があります。

ベルソムラ錠15mg(左)、ベルソムラ20mg(右)

ベルソムラの有効成分はスボレキサントです。

ベルソムラは向精神薬ではなく、習慣性医薬品というグループに属する睡眠薬です。

習慣性医薬品とは、薬事法で厚生労働大臣の指定した習慣性がある医薬品のことで、睡眠薬や抗不安薬などが該当します。

ベルソムラは、アレルギーの薬や糖尿病の薬のように、医師が必要と認めた場合は30日を超える処方が可能です。
(2015年12月1日に新薬ベルソムラの14日処方日数制限が解除されました)

ベルソムラの飲み方(用法用量)と作用時間

ベルソムラは15mg20mgの2種類の錠剤があります。

1日1回就寝直前にベルソムラ20mg錠を服用する。

これが標準的な用量ですが、高齢者はベルソムラ15mg錠を服用します。
(ベルソムラは食事の影響を受けるため、夜食をとってはいけません)

睡眠薬の最大効果を発揮する時間を推測するには、一般的に最高血中濃度到達時間を使います。
睡眠薬の効果持続時間を推測するには、消失半減期を使います。

ベルソムラの最高血中濃度に達するまでの時間は約1.5時間です。
消失半減期は10時間です。

睡眠薬の作用時間(最高血中濃度・消失半減期)について

睡眠薬マイスリーの効果発現時間と持続時間(作用時間)はどれくらい?
睡眠薬が効いた、効かなくなったと感じる時間は個人差があります。しかし、メーカーが発表しているデータから「効果持続時間」や「効果発現時間」をある程度推測することが可能です。

ベルソムラとベンゾジアゼピン系睡眠薬の違い

ベルソムラには、ベンゾジアゼピン系睡眠薬と比較して、次のような特徴があります

  1. 併用できない薬(禁忌薬)が意外と多い
  2. 食事の影響を受ける
  3. 即効性は期待できない
    (「ベルソムラが効かない」とうわさされる原因のひとつ)

【睡眠薬の種類】睡眠薬は効果(強さ)と副作用のバランスが大事
よく受ける質問のひとつが「一番強い睡眠薬は何ですか?効果が長い睡眠薬は強いですか?」です。難しい質問ですが、私なりに答えてみます。

まず、ベルソムラの特徴的な作用の仕方から見ていきましょう。

ベルソムラの作用部位はオレキシン受容体

ベルソムラの作用機序

オレキシン(覚醒維持に関わるホルモンの一種)がオレキシン受容体に結合する前に、ベルソムラの有効成分スボレキサントが、オレキシン受容体に結合します。

そのため、オレキシンが作用が弱まり、覚醒力が下がり、眠気を誘います。

ベルソムラの併用禁忌(一緒にのんではいけない薬)

ベルソムラには、一緒に飲んではいけない薬(併用禁忌)が8成分存在します。

禁忌の成分名 主な商品名 薬の種類
イトラコナゾール イトリゾール 抗真菌薬
ボリコナゾール ブイフェンド 抗真菌薬
クラリスロマイシン クラリス 抗生物質
クラリシッド
リトナビル ノービア 抗ウイルス化学療法剤
(HIV感染症)
※カレトラ配合錠
※ヴィキラックス配合錠 抗ウイルス化学療法剤
(C型慢性肝炎)
サキナビル インビラーゼ HIVプロテアーゼ阻害剤
(HIV感染症)
ネルフィナビル ビラセプト 抗ウイルス化学療法剤
(HIV感染症)
インジナビル クリキシバン 抗ウイルス化学療法剤
(HIV感染症)
テラプレビル テラプレビル 抗ウイルス剤
(C型慢性肝炎)

※添付文書の禁忌には記載がありませんが、リトナビルを含むため記載しました。

イトリゾール(水虫薬)、クラリス、クラリシッド(咳、痰など)は、世間一般でよく使われる薬ですので併用に注意が必要です。

これらの薬と併用した場合、ベルソムラの効果が増強します。

逆に、寝る前に食事を摂った場合、ベルソムラの効果発現時間が遅延します。

ベルソムラは食事の影響を受ける

【薬と食事と効果】ビスホスホネートが起床時、ロトリガ、エパデールが食直後の理由
薬は食後に服用することが基本ですが、それ以外の用法で服用する薬があります。糖尿病治療薬の食直前、骨粗鬆症治療薬の起床時、高脂血症エパデールの食直後の用法は遵守しないと薬は効きません

ベルソムラは食事の影響を受けます。

グラフの時間軸が長いため分かりにくいですが、食事中や食後にベルソムラを服用すると、睡眠効果の発現が遅れることがあります。
(最高血中濃度到達時間:約1.5時間延長)

ベルソムラの食事の影響を示す線グラフ

メーカー公表資料より作成(一部画像引用)
Tmax:最高血中濃度到達時間(薬が最も効く時間)

ベルソムラの依存性

依存性試験(ラット使用)では、ベルソムラには依存性は認められなかったとあります。

しかし、ベルソムラは習慣性医薬品に指定されています。

習慣性とは依存性のことであり、ベルソムラにも何らかの依存性があるものと私は考えています。

睡眠薬で習慣性医薬品に指定されていない薬はロゼレムだけです。

睡眠薬ロゼレム(ラメルテオン)の標的はメラトニン受容体!効果、副作用、禁忌
ロゼレムは従来の睡眠薬と違う作用を持つ、向精神薬・習慣性医薬品に分類されていない唯一の睡眠薬です。メーカーが公表しているデータからも最も安全な睡眠薬に分類されると考えられます。

ベルソムラの副作用:悪夢

睡眠薬の独特の副作用について

睡眠薬ルネスタ(エスゾピクロン)も苦い!効果、副作用、依存性
従来の睡眠薬からルネスタに変更することで、依存・ふらつき等から解放される可能性があります。超短期型睡眠薬の中では持続時間も長いため、途中で起きるタイプの不眠症にも効果が期待できます。

睡眠薬に限らず、薬には何らかの副作用はつきものです。ベルソムラも例外ではありません。

ベルソムラの市販直後調査(2015年7月発表)によると、ベルソムラの処方があった推定7.5万人に対して1427件の副作用が報告されています。

ベルソムラの副作用報告抜粋

副作用 件数 副作用発現率
傾眠 201 14.1%
悪夢 148 10.4%
異常な夢 45 3.2%
頭痛 79 5.5%
めまい 50 3.5%

傾睡とは、うとうとしている状態のことです。

ベルソムラは他の睡眠薬と比較して、異常な夢を含めて悪夢を見ることが多いようです。

私の薬局でも、悪夢の副作用による中止が1件ありました。

悪夢、異常な夢の副作用は、約80%の方がベルソムラを服用した初日に起こり、ベルソムラの中止により、悪夢、異常な夢の副作用はなくなったというデータもあります。

ベルソムラとナルコレプシー、カタプレキシー

ナルコレプシー又はカタプレキシーのある方には、症状を悪化させるおそれがあるため慎重に投与する

ベルソムラの添付文書(医療者向けの薬の説明書)には、ナルコレプシー、カタプレキシーについての注意があります。

2015年7月に発表したベルソムラの市販直後調査では、ナルコレプシー、カタプレキシーとの関連報告はありませんでした。

ナルコレプシー
耐え難い眠気と居眠り発作。オキシトシン不足状態で発生することがある
カタレプシー
感情が高ぶったときなどに脱力する発作(情動脱落発作)

ベルソムラには、まだまだわからないこと(副作用など)が多くありそうです。
次は、ベルソムラの効果の解説に入ります。

ベルソムラは効かない?

睡眠薬マイスリー(ゾルピデム)VSルネスタVSアモバン(ゾピクロン) 効果(強さ)と副作用
マイスリー(ゾルピデム)、アモバン(ゾピクロン)、ルネスタ(エスゾピクロン)は、ふらつきなどの副作用が起こりにくく、効き目もそこそこ良いため、睡眠薬の標準薬となりつつあります。

効果1:睡眠潜時の延長

ベルソムラを1年間服用したときの睡眠潜時(眠れるまでの時間)の推移

ベルソムラを1年間服用したときの睡眠潜時の推移の折れ線グラフ

メーカー公表資料より作成(一部画像引用)

ベルソムラはあまり即効性は期待できず、2週間服用したくらいから睡眠改善効果を示し、3カ月服用したころから安定した効果が期待できます。

「ベルソムラは効かない」と判断する前に、悪夢などの副作用がなければ、最低2週間は続けてください。

効果2:睡眠時間の延長(中途覚醒時間の短縮)

1年間ベルソムラを服用した時の総睡眠時間の推移

1年間ベルソムラを服用した時の総睡眠時間の推移

メーカー公表資料より作成(一部画像引用)

ベルソムラは睡眠潜時と同様に、睡眠時間の延長(中途覚醒時間の短縮)効果も即効性が期待できません。

ベルソムラ服用約2週間後から効果を示し、3カ月服用したころから安定した効果が期待できます。

ベルソムラは、同用量の服用継続による耐性は見られません。

ベンゾジアゼピン系睡眠薬と
ルネスタ、ロゼレム、ベルソムラの比較(まとめ)

【不眠症改善】睡眠薬をやめたい!離脱症状、反跳性不眠に注意
睡眠薬は理由なく長期服⽤する薬ではありません。不眠症が改善したら、減量もしくは中止するべきです。睡眠薬をやめたい方向けの内容です。

睡眠薬の服用で、悪夢などの変な夢をみることがありますが、ベルソムラは特にその頻度が高いようです。

ベルソムラの消失半減期は10時間程度ありますので、睡眠効果が持続するように見えます。

しかし、ベルソムラは今までの睡眠薬とは作用の仕方が異なります。

ベルソムラの効果の持続時間は、超短時間型睡眠薬~短時間型睡眠薬くらいではないかと言われています。

眠れない?夜中に目が覚める?睡眠薬の種類を見直そう【入眠障害と中途覚醒】
睡眠薬の効果には「強い、弱い」がありますが、効果の持続時間が「長い、短い」もあります。睡眠薬は持続時間の長さで4種類に分類され、おもに3種類の不眠症タイプに使い分けられています。

  従来の
睡眠薬
ルネスタ ロゼレム ベルソムラ
分類 ベンゾジアゼピン系 非ベンゾジアゼピン系 メラトニン受容体作動薬

オレキシン受容体拮抗薬

ジェネリック
最大血中濃度到達時間 短~長 1時間 0.75時間 1.5時間
消失半減期 短~長 5.08時間 ※0.94時間 10時間
投与制限 30日~90日 なし
併用禁忌 無~有 ルボックス 8成分あり
デプロメール
特異な副作用 なし 苦み なし 悪夢
食事の影響 受ける薬も有 受けない 受ける 受ける
即効性 △~有
抗不安作用
筋弛緩作用 無~△ 無~△ 無~△
依存性
耐性
高齢者 非推奨 推奨 不明
(新薬のため)