セレスタミンの副作用 異次元の眠気にはこう対処しよう!

スポンサーリンク

セレスタミンの副作用には、眠気、胃の不快感、喉の渇き、血圧上昇、眼圧上昇などがありますが、多くの方が体験する副作用は眠気です。

セレスタミンで眠くなる人は吸い込まれるように眠いそうで、眠すぎてムリ!という方にも何度か遭遇しています。

この記事にたどり着いたあなたも、そのタイプかもしれませんね。

そして、何を隠そう私もセレスタミンで眠気が出るタイプですが、眠気を抑えた飲み方を使って何とか花粉症シーズンを乗り切っています。

※セレスタミンの正式名称はセレスタミン配合錠です。

スポンサーリンク

セレスタミンは配合錠

セレスタミンは小児用シロップで有名なポララミンに、軟膏・目薬などで有名なリンデロンをプラスした配合剤です。

シロップと軟膏は混ざりませんが、イメージするとこうです。

セレスタミン=ポララミン+リンデロン

ステロイド点眼薬の種類と強さ こう使えば花粉症も吹っ飛ぶよ!

ポララミンは抗ヒスタミン薬でリンデロンはステロイド薬ですので、セレスタミンは両方の効果が期待できるメリットがあります。

しかし、両方の副作用が起こるデメリットもあり、それがたびたび問題になります。

セレスタミンの副作用

セレスタミンは飲み続ける薬ではありませんが、副作用は短期服用で起こる副作用と、長期服用で起こる副作用をわけて考える必要があります。

セレスタミンは眠気の副作用に注意
(短期服用副作用)

セレスタミンはポララミン(抗ヒスタミン薬)とリンデロン(ステロイド)の両方の副作用に気を付けなくてはなりません。

抗ヒスタミン薬の副作用

セレスタミンの副作用で気を付けるべき副作用は眠気です。セレスタミンで眠くなる人は吸い込まれるように眠いそうです。(他の副作用:喉の渇き、残尿感)

なぜなら、セレスタミンの成分のひとつポララミンは第1世代抗ヒスタミン薬で、花粉症などのアレルギーに対する効果は強いですが、副作用も強く出るケースがあるからです。

→ヒスタミン薬が眠くなる理由はコチラの記事で解説しています。

花粉症薬で眠くなるのは嫌!眠くならない抗アレルギー薬はこれだ!

また、眠気のせいで、体のだるさの副作用に発展する場合もあります。

ステロイドの副作用

セレスタミンのふたつめの成分リンデロンはステロイドです。

セレスタミンの強さの秘密はステロイドにありますが、胃の不快感吐き気下痢などの胃腸系の副作用には注意が必要です。

セレスタミンの強さの秘密はステロイド!だから花粉症に効果抜群

胃が弱い方はムコスタやセルべックスなどのの併用をおすすめします。

セルベックスとムコスタの違いは4つ!併用したらどうなる?

セレスタミンは飲み続けてはダメ
(長期服用副作用)

セレスタミンは長期服用する花粉症薬ではありません。

なぜなら、セレスタミンを飲み続けると、次の副作用が起こる可能性があるからです。

  • 高血圧
  • 消化性潰瘍
  • 緑内障
  • 骨粗しょう症
  • 適応、症状を考慮し、他の治療法によって十分に治療効果が期待できる場合には、本剤を投与しない。
  • 緑内障の患者(眼内圧の上昇により、緑内障が増悪することがある)
  • 前立腺肥大等下部尿路に閉塞性疾患のある患者(抗コリン作用により排尿困難、尿閉等があらわれ、症状が増悪することがある)

セレスタミン添付文書(禁忌)より

セレスタミンの副作用まとめ

セレスタミンの国内臨床報告副作用出現率、再評価結果の抜粋

副作用 頻度 副作用の原因
眠気 8.02% 抗ヒスタミン作用
不眠 0.34% ステロイド
倦怠感 1.24% 抗ヒスタミン作用
悪心 0.79% ステロイド
嘔気 0.11% ステロイド
下痢・便秘 0.22% ステロイド
喉の渇き 0.23% 抗ヒスタミン作用

セレスタミンの眠気の対処方法

セレスタミンの眠気がツライ場合は、寝る前に少し多めの水で飲むのがいいです。

ただし、寝る前に飲んだ場合、朝まで眠気が続いて起きづらかったり、だるさが残ったりする場合もあります。

そんなときは、夕食後の服用で試してみましょう。

セレスタミンシロップの小児用量 赤ちゃん子供にはこう使おう!

セレスタミンは長期服用NGのステロイド花粉症薬

セレスタミンは1回服用しただけでも、多くの方が効果を実感できる即効性と強さがありますが、先に解説したとおり、長期服用には向かない花粉症薬です。

普段は、抗ヒスタミン薬や抗ロイコトリエン薬を服用して、花粉症が悪化したときのみ短期間(もしくは頓服で)セレスタミンをプラスする飲み方がベストです。

セレスタミンの飲み方は頓服がベスト!こうすれば花粉症に効く

まとめ

  • セレスタミンはポララミンとリンデロンの配合剤であるため、両方の効果と副作用が表れる
  • 短期的服用で表れるセレスタミンの副作用は、眠気、だるさ、喉の渇き、胃の不快感
  • 長期的服用で表れるセレスタミンの副作用は、骨粗しょう症、高血圧、緑内障、消化性潰瘍
  • セレスタミンの眠気がツライ場合は、寝る前もしくは夕食後の服用がベスト